2005年12月21日

日経先物と日本の外国人差別

最近、日経225先物システムトレード日記のTAKさんほかいくつかのブログ内でリンクしてもらいかなりアクセスが増えてきました。

http://tak0709.blog9.fc2.com/

TAKさんのブログは日経先物サイトとしてはかなり人気があるようです。ラリーウィリアムズの本をヒントに自作システムを作ったようで、かなり儲かってそうです。w ウップスかボラティリティブレイクアウトの変形ではないかとおもいますが、はっきりと書いてないのでよくわかりませんでした。寄り付き買いで、引け売りなのでトレードテクニックもいらずいいですね。売買シグナルもだしているので、今度試してみたいです。w

日経先物が、システムトレードで一番成功しているかもしれません。結構な数の日経先物ブログを読んでみましたが、システムトレーダーまたは、会員サイトが多いです。また、スパでもシステムトレードが紹介されたらしく、取材を受けたブログ人もいるようです。過去データも充実していて、ベイズ統計などの確率論を利用したり、片張り、鞘取りとなんでもいけそうです。今年の上げはかなりすごいので、原油先物なんかより儲かっているかもしれませんね。アメリカでもS&Pミニ先物が人気があるのと似ていますね。あまり、ニュースの影響も受けずに、銘柄探しも大変だという人にはもってこいです。CMEと連動しているはずだし、シカゴの先物を見て判断するシステムとかもできそうですね。S&Pミニ先物システムはかなり売られているので、値動きは日経先物と比べたらたいしたことないかもしれません。これから、ますますシステムトレーダーが増えて日経先物がどうなっていくのか見てみたいです。

最近、ニュースでも、先物主導で日経平均があがるってコメントをよく耳にしますが、まさしくこの日経先物ブログ軍団が強力な影響力をもってきたことには間違いないでしょう。為替なども相当な数のブログがあります。ドル高に振れるということは、スワップ収入があるわけで、個人投資家は当然買い進むわけですね。また、為替ネット会社各社も生き残りをかけて、ものすごい宣伝競争をネットで繰り広げているわけで、そんなところからも円安に動いてきたのではないでしょうか?

NYタイムズが東証のトップの辞任について取り上げていました。

http://www.nytimes.com/2005/12/21/business/worldbusiness/21glitch.html

日本のシステムはもっとアップグレードされなければいけいないということだそうです。一層のこと、昼休みを辞めたり、ストップ高安もやめてみてはどうなのでしょうか?おそらく、それらがシステムを複雑にしているはずだし、ほかの国でもそんな規制をしている国はもうないのではないでしょうか?ジェイコム事件も空売りのできないIPO市場のおかげで過熱しすぎているわけですし、やっぱりシステムもそうですが、取引環境も変えていかないと、いつまでたっても、穴だらけのシステムをトレーダーや仕手筋につけこまれ続けるのではないでしょうか?UBSも数年前に同じ経験をしたそうですが、そのときはUBSは全部損害をかぶったそうで、東証の外資差別のことも記事になっています。やはり、東証は体質からしてどこか古いのではないでしょうか?このままでは、また株バブルがはじけるのは時間の問題でしょう。

日経先物ランキングに参加してみました。よかったら、クリックしてみてください。

日経先物ランキング

 


devilsadvocate_2_1999 at 23:15│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
 
 
Profile

devilsadvocate_2_1...