2005年12月25日

温故知新

70e1948f.jpg

最近、グーグルのサーチにもこのブログがヒットするようになり、またたくさんのブログがリンクしてくれるようになって、下手なことはもう書けないなと痛感してきました。w ランキングも上位に連なるようになってきたので、本当は自分の勉強のために始めたブログでしたがこれからはもっと気合をいれて書いていきたいと思います。

年末になると、皆その年を振り返りたくなり、なんかノスタルジーな雰囲気になりますね。そこで、わたしも、2005年総括、そして歴史を振り返ろうとおもいます。w

まず、2005年はなんといっても、アメリカの原油と金などの先物ブームと日本の日経平均高騰とドル高になるでしょう。

アメリカでは、DOWやNASDAQのチャンネル相場に見られるように、先物市場に投資家を奪われてしまっていますね。原油高になると、DOW指数は毎日のように下がるので、なかなか日経のような右肩上がりの相場にはなっていきません。一方日本では、原油が上がると銀行株が買われたりと、とっても不思議な相場で日経も、半年で4000円以上も上がってきましたね。ある意味で、一時期日経平均が8000円ぐらいだったこともあったわけで、こんなローラーコースターな相場は世界でもまれにみるものではないでしょうか?世界市場の投資家が商品先物に流れていく中で、日本だけが株式相場に流れていったのは、なぜなのでしょうか?

日本では、商品先物がまだ投資家にわかりずらいものなのでしょう。アメリカが24時間取引であるのに対し、日本は平日日中だけです。また、ストップ安やストップ高などが障害です。新規のネット先物業者がたくさん参入してきましたが、それらも、アメリカのようなシステム検証ソフトを提供しているところはほとんど皆無で、レバリッジリスクを考えたら敬遠されてしまいます。アメリカでは、ひとつのアカウントで株、先物、為替と全部取引できたりしますが、そういうサービスもまだないですね。

国際化の流れの中で、日本のいつものおきまりのパターンで金融庁主導の制度などは少しも、変わっていかないのでしょう。東証の2度の不祥事や金融庁のなげやりな業務改善命令などもひどいですね。業務改善命令が必要なのは本当は金融庁なのではないでしょうか?w 先物業界はもっと危険かもしれません。証券業界では、Eトレードなどが参入してきましたが、先物業界で果たしてアメリカのネット取引業者などが参入できるのでしょうか?

システムトレーダーはもっと声を大にして、先物業者になんとかしてもらわないといけないかもしれません。アメリカのようにシステムがプログラム言語で組めたり、その検証やリスクが計算できるようなものでなければ、いつまでたってもシステムトレーダーは育たないでしょう。

90%以上の投資家が負ける先物相場で、それの流れを変えようとしない政府や先物業者の談合はひどいものがあります。

あまり愚痴ばかりいってもしょうがないので、ここでなつかしの映画でも紹介します。アメリカでは、結構古くなった映画でもヒット作なら何回でも再放送していく文化があります。つい最近も、1983年のトレーディングプレイスという映画がやってました。

http://videodetective.com/home.asp?PublishedID=353

これは、泥棒と先物ディーラーがひょんなことから身分を入れ替われていってしまうお話で、色々考えさせられるつくりになっています。この映画が、きっかけでCEOと従業員を入れ替えてしまう番組とか自分の夫や妻を入れ替える番組とか結構アメリカでは流行しています。

日本の官僚というのも実は、東大でてなにも業務経験もなく金融庁で出世のために問題をおこさないように生きているわけです。業界のことなんか少しも理解していないわけですね。そんな人たちから業務改善命令受けても、日本はよくなっていかないのではないでしょうか?!

よかったら、ランキング協力してください!

先物・為替・投資サイトランキング

トレードで負けたら、オートサーフで取り戻そう!下のバナーをクリック!


devilsadvocate_2_1999 at 13:22│Comments(5)TrackBack(0)システム戦略 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by あまの   2005年12月26日 17:36
オートサーフの詳しい解説については下記のサイトでどうぞ。

http://ameblo.jp/allaboutautosurf/theme-10001316403.html
2. Posted by トレンドマニア   2005年12月27日 08:40
あまのさん

相互リンクの依頼を受けたトレンドマニアです。数少ない米のトレーダー環境が分かるブログと思い喜んで相互リンクさせていただきます。

私も将来は、株価指数、債券、商品、為替となんでもやる方針であり日本の先物・オプション市場の環境のへぼさにうんざりです。

オプションなんて、ほぼ日経225先物一本ですからね〜・・・。

今後ともよろしくお願いします。
3. Posted by ほーがん   2005年12月27日 16:29
相互リンクのお誘いありがとうございます。

早速、リンクを張らせていただきました。

今後ともよろしくお願いします。
4. Posted by O7   2005年12月27日 23:34
あまのさん、始めまして。
相互リンクさせていただきました。
今後ともよろしくお願いします。
5. Posted by いうはやすし   2006年01月03日 21:18
はじめまして。システムトレード関係のリンクをたどって流れ着きました。私も一時はアメリカのトレードシステムとかを調べたのですが、生来のものぐさ故、参入せずに終わりました。こちらはとても充実した内容で、参考にさせていただきたいと思います。

ところでTrading placesですが、デニスとエックハートの、トレーダーの才能は先天的か後天的かについての有名な賭け(この結果タートルズが生まれた)をネタにしているという話があります。たとえば
http://nittanfx.at.infoseek.co.jp/depot/book/bt05.html

ちょっと面白いと思ったので、ご紹介しました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
 
 
Profile

devilsadvocate_2_1...