2020年01月01日

この記事は、『バドミントン・メモ』というブログの紹介のためのものです。

 ここでは、初めてブログを訪れていただいた方のために、目的や概要を紹介します。

 1)基本的な理念について

 基本的な理念については、バドミントン・メモの理念みたいなものに書きました。

 要約すれば、「運動神経が全くなかった自分でも、それなりに上手くなることができましたので、その方法を公開したい」みたいなことです。

 また、才能のほかにも、環境が成果を決めるといった論議もありますけれど、自分は十分な指導者がいない環境でも成長することができましたし、最近は忙しいですが、短い練習の中でもうまくなっていることが実感できます。

 しかも自分の練習は、大抵一人練習ですから、チームメイトにもあまり依存していませんし、技術と知識で戦うバドミントンなので年齢をとっても戦えるように工夫しています。

 つまり、「才能がなくても、環境が悪くても、考え方次第でバドミントンの上達はできる」というのが自分の信念です。

 上達=勝利ではありませんが、バドミントンの魅力の1つは「自分の可能性を広げること」ですから、どんなに境遇が悪くてもあきらめないでほしいと願います。

 もう1つ書きたいことは自分は「上達ための論理」は提供しますが、具体的な方法は教えませんし、直接上手くしてあげることもできません。

 だから、上手くなるためには、このブログにある考え方を応用して、自分なりに実践しながら改善していってください。

 そして最後には「自分の力で、強くなった」と自信を持って言えるようになってください。

 2)見てほしい記事

 <目次>
 すべての記事は目次に、リンクがありますので、記事を探す参考にしてください。

 バドミントン・メモ 目次

 分割版もありますが、こちらはすべての記事を網羅していませんので、気を付けてください。

 バドミントン・メモ 目次(分割版)

 <おすすめの記事>
 自分が見てほしい記事というのは大抵見てもらえないので、ここで紹介します。

 ほとんど理論の話ですが、必ず役に立つと個人的には思っています。

 具体的な方法論の前に、まずは基本(理論)を押さえておくことは、かえって近道になります。

 (バドミントンのトレーニング理論)

レフトレーニング
レフトレーニングの実践
トレーニングの原理と原則
バドミントンのスタミナ
バドミントンの要素
バドミントンの練習方法
コート内練習の重要性
練習に条件を付ける
ミスは付き合うもの
練習の作り方

 (練習自体についての考え方)
選手の成長と環境
新しい技術を身に着ける(インナーゲーム)
究極の鍛錬
フィードバックを得る為に
限界への挑戦
練習で選手に考えてほしいこと
一度立ち止まって

 (やや難しい抽象的な上達論ー指導者向け)
知識と上達
知識と上達2
上部・下部構造と上達
フィードバックと上達
言語と上達
技術と上達
修正能力と上達
モチベーションと上達
トレーニングと上達
模倣と上達
心のあり方と上達
理想の練習について

 (心理戦の論理)
認知パターンとバドミントン
認知パターンの分類
認知パターンの応用
認知パターンの対策
認知の本質的弱点について 補足解説(および訂正)

 (配球論の前提)
バドミントンはどういう競技なのか
ストレートの特徴
クロスの特徴
センターの特徴
サービスについての持論
点数の考え方
点数の考え方補足
より高く、より速く、より前で
攻めるということ
起こりうることを整理する
起こりうることを整理する2
起こりうることを整理する3

 (フットワーク総論)
バドミントンのフットワーク
バドミントンのフットワーク2
バドミントンのフットワーク3

 (新しいトレーニングへ)
ゆっくり
東洋的トレーニングの時代
身体と意識について
身体と意識について2
站椿(立禅)
瞬間に生きる「マインドフルネス」
システマと動きの原則
高岡英夫のゆるウォーク―自然の力を呼び戻す
胴体トレーニング
コーチングとティーチング
問いかけと主体性
考えてはいけない

 (短期間で成果を出すためのマネジメント)
練習管理のためのワークフロー
アジャイルという考え方
アジャイルのプラクティス(個人でやること)
アジャイルのプラクティス(チームでやること)

 非常に多くなってしまいましたが、どれも練習を考えるうえで、とても重要な意味を持っていると思いましたので、時間があれば読んでいただけると嬉しいです。

 少なくとも興味のある分野については、読んでおくと理解が進むと感じます。

dexia2 at 15:18コメント(12)トラックバック(0)バドミントン・メモ 表紙 

2017年04月16日

大東流合気武術 佐川幸義 神業の合気 力を超える奇跡の技法“合気
大東流合気武術 佐川幸義 神業の合気 力を超える奇跡の技法“合気"への道標

 今回は色々考えたのですが、自分が自宅でやっているトレーニングについて書いてみようと思います。

 技術的な体の使い方について伝えようと思ったのですが、実際にトレーニングを通して感覚を共有したほうが多分はっきりと意図が伝わるような気がしました。

 なので、今回は今時点でベストだと考えているトレーニングを紹介します。トレーニングではなく、その意図が伝わればいいなと思います。

<基本的なアイデア>

 社会人になってからは忙しくなったため、自宅か外でできる簡単なトレーニングしかしていません。

 ウェイト的なものもやってはみたのですが、動きが強引になりすぎてマイナス面がプラス面を上回ったので今はほとんどしていません。

 どちらかといえば、ゆっくりと色んな方向に全身を均一に伸ばすことを意識しています。

 シングルスは動きの切り替え、素早さが重要なので、トレーニング中でもよく方向や動きを変えたりしています。

 回数は一応記録していて、増やすようにしています。とはいえ、限界まで追い込むようにはせず、明日も同量のトレーニングをできるくらいに抑えています。

 代わりにトレーニングは毎日欠かさずに、休養日は作っていません。自重なので、たぶん大丈夫だと思います。

<トレーニング内容>

 # 腕立て伏せ

 普通の腕立て伏せです。

 意識としては腰から動き始めて、全身の動きにつなげていくというイメージでやっています。

 腕を意識するというよりは、全身を1枚の板にするようにという感覚です。

 達人と呼ばれる人は500回とか1000回くらいやっているという話を聞くので、そこらへんまで増やすことが目標です。

 今のところ、200回くらいで停滞しています。

 何に効果があるかといわれれば、スマッシュかなと思います。全身のエネルギーを一瞬で発揮する感覚が養えれば、スマッシュが早くなる感じがあります。

 あとは腰とか肋骨とか普段使わない筋肉に負荷をかけられているような気がします。

 # 指立て伏せ

 こちらは指で体を支えて、腕立て伏せをします。

 意識としては腕立て伏せと変わらないのですが、鍛えられる部位は指の力、握力になります。

 慣れてくれば、4本、3本……と指を減らしていくといいでしょう。

 こちらはレシーブとか、強く握る系のストロークに効果があります。

 合計100回くらいやっています。目指しているのは300回です。

 # 拳立て伏せ

 システマの影響です。

 今度はスタンスを狭くして、拳で体を支えて腕立て伏せをします。

 こちらはスタンスが狭いので、肩に負荷がかかりやすいです。とはいえ、当然全身をつなげるように意識します。

 瞬間的なスピードが出しやすいのと、拳が鍛えられること、上手く地面を使って体を動かせるところに特徴があります。

 上二つに比べてそこまで重要視はしていませんが、ここまでやれば強い上半身を作れるように感じています。

 これは100回くらいやっています。

 一応書きましたが、指立てと拳立ては慣れない人がやると結構痛かったりするので、怪我が怖い場合はやめておいたほうがいいかもしれません。


 
 # レッグレイズ

 これも、システマの影響です。

 普通のレッグレイズではなく、足を勢いよく頭の後ろまで持って行きます。足を止めないので、全く腹筋には効きません。

 後転に近い感じでしょうか。前後にずっと転がっている感じです。

 力感なく素早く転がるように意識していると、背骨や体がよく伸びて素早く動けるようになります。

 また、うまくやると一瞬で力を出すコツがつかめるので、これまたスマッシュや鋭いストロークに効きます。

 慣れてくるといろんな方向に転がったりします。

 ↓を素早くやっている感じです。



 # 四股

 個人的にトレーニングを1つ選べ、と言われればこれを推します。

 バドミントンは片足で立つシーンが比較的多いので、四股で片足でのバランス感覚を養うことで動きがよくなります。

 また、片足に重心を乗せ換える動きもそのままフットワークにつながります。

 片足で立ちながら、浮いている足を自在に動かすことでフットワークのステップの1歩1歩に近い動きになったりもします。

 また脇腹がよく伸びて重心移動が素早くなります。

 こんな感じでバドミントンの動きに一番近く、しかも筋力もそれなりに鍛えられるので、とても好きなトレーニングです。

 足を高く上げるよりは、小さく上げてバドミントンの動きにちかづけて数をこなすのがいいですね。

 達人は1000回くらいらしいですが、今のところ100回くらいですね。
 
 あとは歩行の時に四股に近い動きにしているので、そこらへんを踏まえると結構やっています。

 # 足あげ

 上段蹴りに近い動きです。高く足をけり上げて、足を伸ばします。

 結構、腰を意識しないと足をうまく動かせません。なので、足腰の鍛錬ですね。

 四股よりは重心が高くなるので、バドミントンにはそこまで近くないのですが、片足支持というところも含めて共通点もあります。

 補強として左右100回くらいやっています。

 # スワイショウ

 普通に立って腕を体に巻き付けるように左右に回します。背骨を大きく回せば、回すほど鋭く回旋します。

 体を回す練習と、背骨のストレッチをかねています。あとは力を抜いて、自然に腕が降られる感覚が大事です。

 慣れてくると鋭く体を捻れるようになるので、確実にスマッシュは早くなります。腕を振るというよりは、腕が降られるという感覚になります。

 ちなみに腕立て伏せのところでもスマッシュが早くなると書きましたが、理論は別ものです。

 あっちは一瞬で発揮できる力を増やすもので、こちらは脱力による技術の向上です。

 10分とか、20分とか結構長い間やると健康にいいそうですが、自分は100回から200回くらいしかやっていません。



 # 構えの練習

 前に書いていた站椿です。
 
 普通に構えて、主に重心移動の練習をします。

 たとえば、

 ・足の裏の外側の1点に重心をかけて、そのまま重心を移しながら足の裏を1周する。
 ・まず右足に重心をかけて、左足に重心を移す。移し終えたら戻す。

 こんな感じのことをします。大体1つのワークで1分〜5分くらいかけます。

 とにかくゆっくりやりながら、重心移動の感覚や片足で立つ感覚を覚えます。

 あとは、移動中に別の方向に転換したり、足の幅を変えたり、手の位置を変えたりしながら、どの方向にでもいつでも動けるような体を作ります。

 昔は両足で立って両足を同時に動かす練習をよくしていましたが、最近は片足で交互に立つように重心を傾けるようになりました。

 # 移動の練習

 構えの練習の延長で、足を動かします。

 最初は構えから足を1歩だしては戻すを繰り返します。方向はもちろん、バドミントンと同じです。前、後ろ、横×左右です。

 最初は右足支持、次は左足支持でやります。

 ゆっくり重心を移しては戻すのは構えと同じです。

 これができると試合中も動きの調整が楽になり、遠い球でも重心を移し変えながら取り行けるようになります。

 動きだしも当然できるようになりますね。

 慣れてくると、3歩とか4歩とかで、右足と左足で自由にいつでも重心を切り替えれるように練習します。

 といいながら、家でやるなら精々2歩が限界かなという気はします。

 さらに調子が出てくると、ラケットワークを入れながら、自由に動けるように訓練します。

 # マインドフルネス

 マインドフルネスは瞑想みたいなものです。

 呼吸や筋肉の動きを観察します。

 まだ効果は出ていませんが、調子がいいときは体の隅々まで意識が通っている感じがするので、それがいつも出せたらいいなと思って、練習しています。

<まとめ>

 大体、こんな感じのメニューを1時間〜1.5時間くらいかけてやっています。
 あとはヨーガとかもちょこちょこ入れているので、若干長いですが。

 考えていることはシンプルで、

 ・片足で地面を支え、すぐに片方の足に重心を移せる
 ・力を抜いて全身が降られるように動く
 ・腰から全身にエネルギーを伝える
 ・どの方向にでもいつでも動きを変えられる

 こういう技術をトレーニングを通じて身につけようというところに主眼を置いています。

 1か月くらいトレーニングをやり始めて、やっとここらへんができるようになりつつあって、シングルスで結構自在に動く感じができつつあります。

 これがベストなトレーニングかはわからないのですが、ここで挙げたトレーニングは奥が深く、やるたびに学びがあるので個人的には気に入っています。

 基本的には昔からあるトレーニングが多く、自分で考えたものはないですしね。

 なので、一度トレーニングとして何個か取り入れてみて、自分なりに色々工夫してみると面白いと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

佐川幸義神業の合気 [ 『秘伝』編集部 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/4/16時点)




dexia2 at 19:45コメント(2)トラックバック(0)部活の練習風景 

2017年04月01日

一流選手になるためのスポーツビジョン トレーニング
一流選手になるためのスポーツビジョン トレーニング

 最近、バドミントンをしていてミスショットがどうにも多かったです。

 カットやレシーブ、ネット前のロブで面にきれいに当たらないこと増えて、練習不足かなと思っていたのですが、今日その理由がわかりました。

 多くのショットでシャトルがラケットにあたる前に目を切っていたんです。

 慣れてくるとバドミントンは軌道を読めるようになるので、なんとなく打てるわけですが、本当に早い球、厳しい球を返そうとした場合はそれではダメなようです。

 あたりまえのことに思えますが、意識しないと癖になります。

 例えば、理想的なスマッシュレシーブはぎりぎりまでシャトルをひきつけて、その間にコースを判断し、一瞬で強く鋭く打つことです。

 これができれば、相手にコースを読ませないことができるうえに、コントロールも安定しミスヒットも減ります。さらに早い球でも対応しやすい。

 逆に相手がスマッシュを打ってすぐにラケットを振りにいくと、ガシャンとあたりやすく、コントロールもアバウトになります。

 また、ネット前ではぎりぎりまでシャトルをひきつけることでよいフェイントが打てます。

 あるいは、コート奥からよいカットを打つときはちゃんとシャトルを見て、切り方を精緻に調整しないとコントロールがつきません。

 簡単なようですがシャトルをよく見てインパクトのぎりぎりまで意識を集中させることは、とても大事な技術なんだと今日実感しました。

 もちろん、前提はあります。

 例えばぎりぎり触れるようなコースにきた球はそういう時間を作れないことがあります。

 また、相手が準備で来ていないときはできるだけ早いタッチでコースを変えて、ラリーを切りたいです。

 さらにいうとシャトルをひきつけて打つということは、それなりにコンパクトに強く打てる技術が必要です。

 そういった判断はあるのですが、それでもよりよいバドミントンのためにはこの時間をぎりぎりまで使う技術は必要です。

 もう少し技術的な話をすると、シャトルをみるためには以下のことも大事になります。

 ・テイクバックを早めにとる
 ・きちんと足をつける
 
 シャトルをぎりぎりまで待てるのは、打つべき時に瞬間的に打つ準備ができているからです。

 シャトルがきてからテイクバックをとっていると、差し込まれますし、待つ意味がありません。

 そして、足がついていて体がまっすぐであることです。現実的に完全に静止して打てることはシングルスではほぼないです。

 それでも一瞬でも安定した姿勢でシャトルをとらえることができれば、時間が作れます。

 要するに、ちゃんと準備するということですね。そのうえで、シャトルをぎりぎりまでとらえましょう。
 
 レベルが上がれば準備する時間はどんどん減っていきます。

 だからこそ、できるだけ早く準備して、できるだけシャトルを見て時間を作って、確実に打って行くということが大事になります。

 早いラリーでこそきちんと待ちきることが大事なんだと思います。

 とても簡単であたりまえのことのような気がしますが、自分にとっては大きな発見でした。

 この技術はシングルスでもダブルスでも、共通なのでぜひ意識してみてください。




dexia2 at 16:14コメント(2)トラックバック(0)技術特集 

2017年02月26日

考具 ―考えるための道具、持っていますか?
考具 ―考えるための道具、持っていますか?

 最近は「考えるとはどういうことか」について考えることが多いので、そこで学んだ知見を紹介します。

 結論からいうと、「自分の頭で考える」ということは全く重要ではありません。

 これまでいろんな人が考えてきた知恵を利用すればいいのです。それでも、わからないことがあれば、初めて頭を使います。

 考えることには確かに意味がありますが、考えることを目的にしてはいけません。


<まずググる>

 練習をしているとわからないことはたくさん出てきます。どうすれば早いスマッシュが打てるのか、どうすればレシーブがよくなるかとか。

 そういうときに悩んだまま、放置する人が多いです。それで同じ課題を1週間くらい続けている。

 そういう行動は時間の無駄です。15分考えてわからなければ、人に聞いてください。

 何でも人に聞くのは問題ですが、15分以上考えてわからなければ多分自分で解決できない問題です。

 人に聞くなり、ネットで調べるなり、本読んだり、動画を見るなりして情報を調べてください。

 バドミントンを練習する人は自分で問題を解決しようとしすぎる傾向があります。

 上達すればなんでもいいのです。でも時間は有限です。だから、とにかく調べる癖をつけることから始めたらどうでしょうか。

 その上で調べ方という話がでてきます。

 例えば、フットワークはプロの動画を見るのが一番いいと思います。文字で見ても分かりづらいので。

 でもスマッシュなどは逆に動画を見ても分かりづらいので、解説を探します。バドミントンの情報は少ないので、テニスのサーブとかを参考にすると結構情報があります。

 あとは目的を明確に決めて、自分なりの仮説を立ててから調べると、比較的すぐに解決に至ります。

 調べ方については数をこなせばすぐにうまくなります。だから、大事なことはすぐに調べる癖をつけることだと思います。


<考えることを定型化しよう>

 反省をするときにフリーフォーマットで書くのはあまりお勧めしません。

 初めから、視点を決めておきましょう。

 例えば、KPTというフレームワークがあります。

 Keep(これから続けていきたい新しい習慣)
 Problem(発生した問題)
 Try(今後試したいこと)

 個人的にKPTは少し足りないかなとは思いますが、KPTを使うことで効率よくアイデアを出せるとは思います。

 考えるというのは本質的に難しいのです。だから、一から考えるより枠組みを作って考える習慣が大事だと思います。

 バドミントンの戦略、戦術も試合中に一から組み立てている人はいません。大体、基本形をみんな持っています。

 だからやけに考えている時間が長いなと思ったら危険信号です。基本形がないということです。

 考えるという作業を減らして、思考を自動化できないか検討してみてください。


<体に聞く>

 上の話に近いのですが、自分は練習パターン100みたいなものを持っています。

 とりあえずバドミントンに使うかなーという技術やシチュエーションを思いつくままに、かき集めたものです。

 本当にバドミントンに悩んだときはこれを一から全部やってみます。

 そうすると、どこかで解決のヒントに技術や考え方が落ちているので、それを拾うと悩みが解決したりします。

 結局、考えていないのです。体で感じたことを拾っているだけです。こういう問題解決の方法だってあります。

 頭を使わない方法もあるということです。


<何も考えずに練習を始める>

 どうしても練習に気が乗らない日というのはあります。そういうときに「練習をやるべきか?」と考えてはいけません。

 そういうときは大抵やりません。

 だから、考える前に練習を始めるような仕組みを用意しておいたほうがいいです。

 家に帰った瞬間トレーニングを始めたり、遊び道具を全部片づけておくとか、環境を全部そうするように仕向けておきます。

 あるいは、家に帰らず外で練習してくるとか。

 とにかく考えずに行動する仕組みを作っておくと、トレーニングとかが継続しやすいです。


<文武両道を目指そう>

 社会人であれば仕事、学生であれば勉強を頑張ってください。

 頑張るというのはPDCAを回すということであり、集中力を100%上げるための仕組みを作るということであり、成果を出すためにできることは全部やるということです。

 バドミントンだけ頑張っていると、もろいです。

 最近思うのは、仕事がバドミントンのセーフティネットになっているということです。

 どういうことかというと、最近は仕事の改善に精を出していて、そこから色々なことを学びました。

 その知見とか、改善する習慣は当然バドミントンにも生きてきます。

 だから、バドミントンが上手くいかなくても、仕事がうまくいけばそこからバドミントンもいい状態に戻せます。

 2つは両輪だと思います。だから、同じように考えて、同じように本気で取り組むべきだと思います。


<すべてはつながっている>

 自分の専門は経営学、英語、ITです。

 今感じていることはその全部はバドミントンにつながっているということです。

 経営学の知見からチーム作り、知識の管理方法を学び、英語の情報を広い、ITからシステム化の方法を学びました。

 最近はバドミントンを数学的、幾何学的な記号で処理できないかとか、もっと物理学的に運動を解釈できないか考える日が続いています。

 考えるということはこれまでの経験を全部つなげることだと思っています。

 経営戦略を学んでいるのなら、どうすれば相手(選手)に勝つかという思考につなげて、英語を学んでいるのならバドミントンの英語のサイトを見に行ってみればどうでしょう?

 学門は自分の問題を解決するためにあるのだと思います。だから、自分の全部をバドミントンに活かせないか考えてはどうでしょうか。


<運動と言語>

 運動は言語だけで考えていてもだめだと思います。

 本来運動とは言語を介さないもので、どちらかといえば幾何学的なイメージのほうが近いと思います。

 難しい言い方をしましたが、どちらかといえば立体的なイメージによって身体は動くので、3次元的な思考が正しいです。

 なにを言いたいかといえば、頭でどうすればいいのかと考えるだけではダメということです。

 左脳というより右脳でイメージをとらえて、そのなかで考えるということが重要だと思います。

 運動選手は頭が悪いという人がいますが、それは運動選手が右脳で考えていて、それを非難する人は左脳で考えているからでないかと思います。

 立体的に考えれば、運動選手は高度な脳の使い方をしています。ただ、それを言語化する習慣がないだけです。

 要するに正しく運動をとらえるときは言語以外の記号も使ったほうがいいということです。

 具体的に言えば、できるだけバドミントンを図や表、絵で表現してみたらどうでしょう?

 言葉で反省するのではなく、たくさんの絵、グラフ、図、記号、動画などを使ってみたらどうでしょう。

 そうすればまだ、バドミントンという運動に近くなります。

 あるいはイメージ。鞭みたいに打つ、水みたいに動くとか。

 擬音語でもいいですよね。ピタッと止まる。パシっとうつ。びゅんと振る。

 コーチはあらゆる技術を言語化できなくてはいけないとはよく言いますが、運動とは本来言語的なものではなく、視覚的で立体的で五感を使うものではないでしょうか。

 昔の人は頭ではなく「腹で考える」といいました。

 本当に自分の体に寄り添った考え方だと思います。

 考えるということについて考えるのであれば、言語だけではなくもっと立体的なものの見方をしたほうがいいのではないでしょうか。


<まとめ>

 とりとめのなく書いていきましたが、結論としては「自分で考えるということは重要ではない」ということです。

 どちらかといえばいろんな人や情報をつなげる力、再構成する力が重要だと思います。

 自分の問題について考えることではなく、解決すること。そのための手段を持っていることが大事です。

 なかなか抽象的な話になりましたが、こういうことについて考えるのもたまにはいいんじゃないでしょうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

考具 [ 加藤昌治 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/2/26時点)




dexia2 at 11:12コメント(0)トラックバック(0)小ネタ 
記事検索
livedoor プロフィール
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
バドミントンサイトRSS
お勧めトレーニング用品
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

融資