2020年01月01日

この記事は、『バドミントン・メモ』というブログの紹介のためのものです。

 ここでは、初めてブログを訪れていただいた方のために、目的や概要を紹介します。

 1)基本的な理念について

 基本的な理念については、バドミントン・メモの理念みたいなものに書きました。

 要約すれば、「運動神経が全くなかった自分でも、それなりに上手くなることができましたので、その方法を公開したい」みたいなことです。

 また、才能のほかにも、環境が成果を決めるといった論議もありますけれど、自分は十分な指導者がいない環境でも成長することができましたし、最近は忙しいですが、短い練習の中でもうまくなっていることが実感できます。

 しかも自分の練習は、大抵一人練習ですから、チームメイトにもあまり依存していませんし、技術と知識で戦うバドミントンなので年齢をとっても戦えるように工夫しています。

 つまり、「才能がなくても、環境が悪くても、考え方次第でバドミントンの上達はできる」というのが自分の信念です。

 上達=勝利ではありませんが、バドミントンの魅力の1つは「自分の可能性を広げること」ですから、どんなに境遇が悪くてもあきらめないでほしいと願います。

 もう1つ書きたいことは自分は「上達ための論理」は提供しますが、具体的な方法は教えませんし、直接上手くしてあげることもできません。

 だから、上手くなるためには、このブログにある考え方を応用して、自分なりに実践しながら改善していってください。

 そして最後には「自分の力で、強くなった」と自信を持って言えるようになってください。

 2)見てほしい記事

 <目次>
 すべての記事は目次に、リンクがありますので、記事を探す参考にしてください。

 バドミントン・メモ 目次

 分割版もありますが、こちらはすべての記事を網羅していませんので、気を付けてください。

 バドミントン・メモ 目次(分割版)

 <おすすめの記事>
 自分が見てほしい記事というのは大抵見てもらえないので、ここで紹介します。

 ほとんど理論の話ですが、必ず役に立つと個人的には思っています。

 具体的な方法論の前に、まずは基本(理論)を押さえておくことは、かえって近道になります。

 (バドミントンのトレーニング理論)

レフトレーニング
レフトレーニングの実践
トレーニングの原理と原則
バドミントンのスタミナ
バドミントンの要素
バドミントンの練習方法
コート内練習の重要性
練習に条件を付ける
ミスは付き合うもの
練習の作り方

 (練習自体についての考え方)
選手の成長と環境
新しい技術を身に着ける(インナーゲーム)
究極の鍛錬
フィードバックを得る為に
限界への挑戦
練習で選手に考えてほしいこと
一度立ち止まって

 (やや難しい抽象的な上達論ー指導者向け)
知識と上達
知識と上達2
上部・下部構造と上達
フィードバックと上達
言語と上達
技術と上達
修正能力と上達
モチベーションと上達
トレーニングと上達
模倣と上達
心のあり方と上達
理想の練習について

 (心理戦の論理)
認知パターンとバドミントン
認知パターンの分類
認知パターンの応用
認知パターンの対策
認知の本質的弱点について 補足解説(および訂正)

 (配球論の前提)
バドミントンはどういう競技なのか
ストレートの特徴
クロスの特徴
センターの特徴
サービスについての持論
点数の考え方
点数の考え方補足
より高く、より速く、より前で
攻めるということ
起こりうることを整理する
起こりうることを整理する2
起こりうることを整理する3

 (フットワーク総論)
バドミントンのフットワーク
バドミントンのフットワーク2
バドミントンのフットワーク3

 (新しいトレーニングへ)
ゆっくり
東洋的トレーニングの時代
身体と意識について
身体と意識について2
站椿(立禅)
瞬間に生きる「マインドフルネス」
システマと動きの原則
高岡英夫のゆるウォーク―自然の力を呼び戻す
胴体トレーニング
コーチングとティーチング
問いかけと主体性
考えてはいけない

 (短期間で成果を出すためのマネジメント)
練習管理のためのワークフロー
アジャイルという考え方
アジャイルのプラクティス(個人でやること)
アジャイルのプラクティス(チームでやること)

 非常に多くなってしまいましたが、どれも練習を考えるうえで、とても重要な意味を持っていると思いましたので、時間があれば読んでいただけると嬉しいです。

 少なくとも興味のある分野については、読んでおくと理解が進むと感じます。

dexia2 at 15:18コメント(12)トラックバック(0)バドミントン・メモ 表紙 

2017年06月17日

片山卓哉のバドミントンボディ革命
片山卓哉のバドミントンボディ革命

 今回は力のコントロールについて書きます。

 力のコントロールはバドミントンの技術の中で、最も基本的でありながら語られることの少ないトピックです。

 ストロークであれ、フットワークであれ、どんな技術も本質的には力をコントロールすることで達成されます。

 言い換えれば、力のコントロールという基本さえできていれば、他の技術を覚えるのは簡単です。

 よく「センスのある選手」という言い方をしますが、そういう選手は力のコントロールが上手だということだと思います。

 しかし、力のコントロールは努力次第で磨くことができ、先天的なものではありません。

 前置きが長くなりましたが、早速書いていこうと思います。

 かなり抽象的なことが多いですが、頑張って理解して、自分なりに動きに応用してもらえればいいなと思います。

<力を発揮するために>

 力を発揮するためには筋力を増やして、常に筋力を発揮するようなイメージを持たれている方が多いですが、そうした力は役に立ちません。

 そうした筋力任せの力は、1方向的で、スキが多く、固い動きにしかなりません。

 本当に使える力は、弾力があり、鋭く変化に富み、柔らかいものです。

 そうした力を発揮するためにはまず力を抜くところから始めなくてはいけません。

 筋力で動くのではなく、体の中心から出る柔らかい力を無駄なく四肢に伝えるような回路が必要です。

 また仮に筋力任せで打つとしても、力は変化の大きさですから、脱力しておいて急激に筋力を発揮したほうがより大きな力を作れます。

 軸足から完全に力を抜くのは難しいですが、それ以外の箇所については完全に脱力が可能です。

 呼吸や緊張>脱力の練習、ストレッチなどの練習を通して、全身のあらゆる箇所をぎりぎりまで脱力する練習をするのが力のコントロールの第1歩です。

<力の種類>

 力は色々な方向の力の組み合わせです。色々なパターンを作りながら、立体的に動けるようにしましょう。

 # 上げる力

 一番わかりやすい力かなと思います。

 例えば屈伸してからジャンプするとか、立ったまま前屈した状態から上半身を跳ね上げるようなあのイメージです。

 こうした動きをするとかなり強いエネルギーを作れるのは経験者であれば、全員覚えがあるかと思います。

 上記は極端な例でしたが、この力を使うと低い球が来ても強く、返すことができますし、逆に高い球が来ても大きくジャンプして打てます。

 ポイントとしては、足裏>股関節>腰>背中>手の順番に地面からもらったエネルギーを伝えることですかね。

 レシーブで打つときは地面の力をそのまま伝えてあげれば、結構簡単に飛ばせます。

 # 落ちる力

 スマッシュを打ちきるときや、スプリットステップを入れたときはこうした力を使っているかと思います。

 あるいは、プッシュを打ちきるときや、強いドライブを打つときとか。

 これは重心を上げておいて、それを落とす力を利用するものです。

 あるいは急激に上半身を畳んだり、腰をきれにまげたり(スクワットの要領)とかそういう方法もあります。

 上げる力と組み合わせると効果的ですね。体を沈ませて、その力を上に向けて打つとかバドミントンでは多いですよね。

 脱力して自分の重さを利用すること、腰や股関節をきれいに曲げることがポイントですね。無理やり曲げると怪我につながります。

 # 回る力

 よく打つときは手首の回内、回外に気をつけるように言われます。あれも回る力の一種です。

 現実的には前腕だけでなく、上腕、肩、肩甲骨、胸、肋骨、背骨、骨盤、股関節、膝、足裏……と人間のあらゆるパーツは回転可能です。

 特に重要なところはどこかといわれると、股関節、骨盤、背骨、肩の4つじゃないかと思います。

 さらに言うと、股関節と骨盤を中心に回転運動を行い、そのエネルギーを四肢につなげていくのが大事ですね。

 全身がきれいに回れば、手首の回内・回外は勝手に起こるので、個人的にはことさら重要であるとは思っていません。

 回転運動のコツは軸をしっかり理解して行うこと、重心移動を伴うことでしょうか。あとは回転半径を小さくすること。

 バドミントンのあらゆる動きはここからくるので特に練習が大事なポイントです。

 もちろん上げる力+回転運動、落ちる力+回転運動もそこそこ使います

 # 開合の力

 開合というのは開く力と閉じる力の総合です。

 すごい簡単にいうと、バドミントンのバックは開く力、フォアは閉じる力です。

 開合は前後に働く力と左右に働く力の組み合わせです。これらが同時に効くことを弾力がある体とか、球体のような体とか言ったりします。

 もしくは前後と左右なので十字に働く力という呼び方もしたりします。

 体を開くとコートを大きく動きやすくなります。逆に、体を閉じると素早く力強い動きができます。

 なのでこれらを組みあわせて、より変化にとんだ力を使うようにします。

 開くときは体の内側の筋肉、閉じるときは裏側の筋肉を使います。その切り替えを素早く、いつでもおこなえることが大事です。

 開合の力を応用すると、左右の重心移動が簡単になります。左右の体でばらばらに開合の力を使うことになります。

 これを応用すると左右の重心移動で強いレシーブをしたり、打つ瞬間に軸足を変えてコースを変えるといったこともできるようになります。

 個人的に開合は回る力と相性がいいのかなという気がします。

<力のコントロール>
 
 # より大きな力を発揮する

 まずはイメージが大事です。

 よく言うイメージは、上げる力を使うときは「地を割るように」、落ちる力を使うときは「空を引き落とすように」とかです。

 要するに自分が最大の力を発揮しなくてはいけないイメージを作って、力を発揮します。

 あとは、全身の関節を使いましょう。股関節、肩、肘、膝、手、足を合わせて6合といいます。

 少なくとも手だけではなく、これらの6つの関節の動きを合わせて動きます。

 最後に呼吸と動きを合わせることです。息が止まっていたり、小さな呼吸しか使えないと強く動けません。

 # 左右不均衡

 バドミントンの動きで重心が中心にあることはないといってもいいと思います。

 必ず右か左に重心が偏っていて、そのバランスが10:0〜6:4くらいまで偏っているのが普通です。

 逆にいえば、そのずれした重心を逆に移す動きが大事になります。

 それを鋭く強くできれば、あらゆる力を大きくできますし、また重心移動を使って打つことでコントロールが効くようになります。

 # 連続で力を発揮する

 連続で動きを発揮するためには、まず関節の余裕を作ることです。

 つまり、体を伸ばしきらないこと、加えて力を発揮した後はすぐに脱力することです。

 また、上がる力と落ちる力のように、逆の動きを連続で行えるような練習がいいでしょう。これができると、連続で動き続けることができます。

 力をためる動きと発揮する動きを連続でできるようにといってもいいでしょう。

 1呼吸で強い力の発揮を1回ではなく、3~5回程度できるのが理想的な鋭い動きです。

<まとめ>

 これまでに書いた記事の中でもトップクラスに難しい内容になりました。

 それでもやはりこれくらい抽象的に書かないと、本当に伝えたいことは伝わらないので仕方ないのかなという気もします。

 練習では今どんな力をどういうレベルで使っているのかを考えて、組み合わせてもらえればそれなりに理解はしてもらえると思います。

 こういう世界に興味があれば、とりあえず片山先生の「片山卓哉のバドミントンボディ革命」という本がお勧めでです。

 それが終われば、胴体トレーニング
の世界を勉強してみるのがいいかなと。

 体の世界は深いので、個人的にはもう少し突っ込んで研究できればいいなと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

片山卓哉のバドミントンボディ革命 [ 片山卓哉 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/6/17時点)




dexia2 at 14:04コメント(2)トラックバック(0)技術特集 

2017年06月11日

極意の解明―武術の秘伝妙術とは
極意の解明―武術の秘伝妙術とは

 今回はチャンスボールについて、思うところをつらつらと書いてみようと思います。

<チャンスボールのレベル>

 まず大事なのはどこまでがチャンスかという判断です。おおざっぱにいって、次のようなレベルがあります。

 1.確実に決めることができる
 2.余裕をもって自分のタイミングでベストの打点がとれる
 3.ややスピードを上げれば、ベストの打点がとれる
 4.ベストの打点はとれないが、打ち分けれる

 1であればほぼ誰でも決めることができますが、それ以上は判断が伴います。

 ベストの打点で打てば決まるというのは理想ですが、それがすべての相手に通じるかというと微妙です。

 したがって100%決めることができるチャンス以外では必ず、「コースを狙うこと」「角度をつけること」「すぐに前に詰めること」「できるだけ打ち分けること」の4つを守る必要があります。

 少しでもうまい選手であればコースが限定されたプッシュ、内側に入ったスマッシュを逆にカウンターで仕留める技量があります。

 だから全く遠慮せず、徹底的に決めきることが大事です。

 中高生のそこそこうまいくらいの選手は特にベストの打点で打てば決まると思っているので、そこらへんの覚悟が若干甘い感じがします。

 3以上もなかなか難しい話があって、少し頑張ればベストの打点がとれるのにもかかわらず、このレベルを全部緩い球でつなげる選手がいます。

 こういう相手を処理するのはとても楽で少し厳しい球を打っておけば、全部のラリーで主導権をとれます。

 バランスを崩してまで打ちきる必要はないと思いますが、少しの努力で攻められる場合は少し負荷を上げてでも攻めに行く姿勢に変えるのがいいと思います。

 シングルスは打点の取りあいみたいなところがあるので、ここまでがチャンスという範囲が広ければ広いほうが強いです。

 とはいえ、姿勢が多少悪くなりそうなら、そこそこの打ち分けで乗り切ることも必要です。

 苦しい姿勢だから必ずクリア・ロブというよりはそういうときに打ち分けでごまかす判断力があれば、多少展開を変えやすくなります。

 これも自分の姿勢と相手の余裕・持ち球によりますが……

 このようにチャンスボールにも色々種類があって、どうやって対応すべきかは異なります。

 ここらへんの判断を適切にできれば、試合でも有利な局面を作りやすくなります。

<チャンスに見せる>

 フォア奥で特にできる技術なのですが、やや追い込まれた状況でも相手にとってチャンスに見せる技術があります。

 簡単にいうとしっかり体を入れてタメを作り、あとはできるだけ気持ちを出すようにします。

 打点的に強打は難しいと思っても、体を入れて時間を作れると相手は「もしかして打てるのか?」と思ってくれます。

 そこでクロスカットやゆるい球でごまかすと結構効きます。

 ネット前でもプッシュを打てる打点でなくても、「打てるぞ」という入り方で最後にヘアピンにすると意外に効きます。

 あとは高いスマッシュやドライブを返すときにでわざとラウンドで入って当てて返すとかも効果があります。

 こうやってチャンスでなくても、「チャンスに見せる」ことができると点がとりやすいです。

 まぁ、小手先の技術なので上級者には効きませんが、一応使えるとはかどることもあります。

<レシーブとタイミング>

 レシーブも相手の姿勢によってタイミングや構え、気持ちを変えると返しやすいです。

 相手の姿勢が悪ければ、緩い球にタイミングを合わせ、逆に姿勢がいいときは一番早い球にタイミングを合わせると返しやすいです。

 基本的にタイミングは普段通りが一番いいとは思いますが、相手とその姿勢によってこまめに変えることで対応が楽になります。

 逆にチャンスボールの時に相手のタイミングの取り方、待ち球を察してコースを作ったりもしますが。

 とりあえず、タイミングに幅があり、さらにそれを容易に変えられることができれば、レシーブが楽になると思います。

<全力で打ちきる>

 先にも書きましたが、バドミントンでは打ちきることが大事だと思います。

 チャンスボールについて書いているわけですが、実際のところレベルが上がるとそんなにチャンスボールは来ません。

 だからチャンスでない状況でも打ちきって、相手の守備をこじ開けるような技術と気迫が必要になります。

 そこそこ上手な選手は自分の上限をなんとなくわかっているので普段から全力で打ったり、全力で動くことをしなくなる傾向があります。

 それを続けていると試合でもなんとなく緩く打つ癖がでてしまったり、思ったようにスピードを上げれなかったりします。

 だから、練習では常にとは言いませんが、1日に何回かは気力を振り絞って打ちきるような練習や試合を繰り返したほうがいいと思います。

 気力も試合の時に突然湧き出てくるようなものではなく、鍛えていくものです。

<まとめ>

 アドバイスするように書きましたが、正直自分もラリーすれば勝てると思ってつなぎにいく癖があります。

 それで体力を消耗したり、点数を取り切れなかったりということがあるので、最近は攻めるにはどうすればいいかということを考えるようになりました。

 追い込んだと思ったところから溜めて打つのも実際にシニアの選手にやられた技です。自分でも少し甘いかなという球を出すと特に引っかかります。

 どんな状況であれ工夫次第で色々できるんだなぁと勉強になりました。

 今回の記事を見て、チャンスボールに対する判断や技術について皆さんも考えるきっかけになればいいかなと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

極意の解明 武術の秘伝妙術とは
価格:1620円(税込、送料別) (2017/6/11時点)




dexia2 at 17:22コメント(4)トラックバック(0)小ネタ 

2017年06月08日

サバイブのための歩法 システマ・フットワーク
サバイブのための歩法 システマ・フットワーク

 以前から、バドミントンの動きは全身を使うべきではないかと考えていましたが、最近ようやく全身の使い方というものが見えるようになってきました。

 フットワークも足だけを使って動くものではないですし、ストロークも手や指だけでコントロールするものではありません。

 どんな動きであれ全身を使うことでより大きな力が使えますし、バランスが良くなることで動きの方向が安定しやすくなります。

 また、全身にかかる負担も分散されるので、より効率的に動けます。

 技術的な難しさは当然ありますが、上達を目指す過程として全身を使うかというのはどこかで出てくる問題ではないかと思います。

<フットワークは上半身から動く>

 フットワークは足から動くものではないと思っています。

 これを広言していると、「バドミントンのフットワークは上半身を安定させて、下半身だけで動くものだ」「足を使わないフットワークはありえない」と反論されます。

 自分も以前はそう考えていて、フットワークのきっかけは地面をける動きや膝を回すピボットという動きでおこなっていました。

 動けるか動けないかでいえばもちろんこれでもそれなりに動けます。

 ただ、地面を毎回蹴っている上に、下半身だけに頼っていると負担が大きいのではないかと思います。

 なにより下半身だけで動くと運動半径というか、1つ1つの動きが小さくなりやすくなります。そうすると、遠くに動くのが難しいです。

 だから、全身をきちんと使うように意識します。

 重要なポイントは骨盤、股関節です。

 骨盤、股関節は結構可動域が広いです。まずはここを自由に動かせるようにして、足は振られるようにしてください。

 よく言われるのは足の始まりはお腹くらいであるというイメージです。足で動くのではなく、腰やお腹を使って動いて足がついてくるようにします。

 そうすれば、体を長く使えるので動きが大きくできますし、重心移動がピタッときめやすいのでよりよいフットワークになりやすいです。

 重心移動と書きましたが、これが特に重要で股関節や骨盤のなかで重心を自由に動かせるように練習しておくと、かなり動きのきっかけが楽になります。

 基本は骨盤と股関節を使うことですが、他のやり方として背骨や手を使って動きのきっかけとする方法もあります。

 考え方としては手を動かすことで背骨を動かす、背骨を動かすことで骨盤を動かすという感じです。

 結局のところ、体の中心である腰から足を動かすという基本は変わりません。

 まとめると、フットワークは上半身を使って重心を移動させ、その結果として足が動くというのがいいのではないかと思います。

 シングルスのレシーブなんか完全に手から動いているときが多いです。

<ストロークは体当たり>

 ストロークについては基本的には体当たりのようなイメージでとらえるといいと思います。

 分かりづらいとすればハイバックのイメージが理解しやすいです。ハイバックを強く打とうと思えば手首だけでは飛びません。

 全身を回転させて、体重移動のエネルギーをシャトルにあますことなくぶつけることで強い球が打てます。

 初心者から初級者くらいはラケットでシャトルに当てに行くような動きをしがちです。

 しかしそれなりにうまくなってくると、体をきちんといれて必ず体の正面でシャトルを打っています。

 そして、股関節や骨盤を使ってためを作って、その重心移動のエネルギーを伝えています。

 もちろんレシーブやネットプレイになるとあからさまに全身を使うことはないですが、それは動きが小さいだけです。

 逆にレシーブやネットプレイは足をきちんとつけて軸足をはっきり決めることが大事かなと思います。

 軸足が決まっていれば動きの方向が安定しやすく、精度が上がりやすいです。

<腰を残す>

 これまで腰(骨盤・股関節)の重要性を強調してきました。これは強調しすぎてもしすぎることはないと思います。

 バドミントンは激しい動きをするのでよくバランスを崩したりしますが、そういうときであっても腰を残すことが大事です。

 腰を残すというのは腰が動くような状態をキープするということです。フェイントにひっかかって完全に上半身が逆方向に動いている場合がその逆です。

 要するに腰を中心としてバランスを安定させようということです。

 これができればフットワークの動きだしがよくなりますし、フェイントに引っかかっても、動きなおせます。

 また強い球を打ちやすくなるのでストロークも楽になります。

 よく体を開いて打つと強い球が打てないといいますが、それは腰の使い方次第だと思います。

 体が開いていても腰が使える状態で重心移動ができる状態であれば、その力を使えばそれなりに強打していけます。

 もちろん、体を開かないほうがより強く打てますが、追い込まれた時にそういう打ち方をできるかどうかは大きな違いだと思います。
 
<右と左>

 バドミントンの動きをよく見ると、左側主導で動いている時と右側主導で動いているときがあります。中心というのはあまりないんじゃないかと思います。

 そのため、その切り替えをスムーズにすることがとても大事です。

 重心移動についてはなんども書いていますが、例えば軸足が右足であっても左足であっても、重心を移動する練習をしておくといろんな動きがよくなります。

 どうしても得意不得意は出てきますが、あと1歩がどうしても出ないという人は大抵どちらかに偏った動きをしています。

 このバランスがよくなればフットワークは大分改善されます。
 
 また、右利きであれば右手を中心にシャトルを打つと思いますが、左手の位置というのが案外大事です。

 右手だけで打ちに行くと体が回り切らないので例えばクロスに打つことができなくなります。両方の手を使って、重心移動ができないと力も伝わりません。

 逆にいえば、両手をうまく使って打点に入ると打つ瞬間にコースを変えたり、より強い力でうつことができます。

<フォアとバック>

 バック側の強打をするときは背中側の筋肉を、フォア側は表側の筋肉を使う傾向があります。

 この2つの切り替えも動きの動きの基本のような感じがします。

 フォアとバックの切り替えはレシーブの時は当然意識すると思いますが、これができるとフットワークの重心移動がとても楽になる感じがします。

 多分、重心の使い方が似ているのではないかという気がします。

 そのため、このバックとフォアの切り替えを大きく行う練習をすると、体の使い方自体が改善されます。

 これは腰を残すという話にもつながっていて、打った後にすぐに逆サイドの打ちかたができないということは、すなわち腰が残っていないということです。

 手だけでシャトルをとらえているとこういう状態になりやすいです。

<まとめ>

 前にも書きましたが、上級者のプレイをみていると大きく体を使っています。手だけで当てに行くとか、下半身を小さく使っているというケースはあまりないように思います。

 大事なことは使えるパーツを少しずつ増やしていくということです。

 いきなり全身がそろうことはないと思うので、股関節、腰、逆側の手……と意識しづらいところを動くようにしていきます。

 トレーニングのときも意識が届かないところを考えて多めに練習したりするといいのではないかと思います。

 あとは腰をかなり強調して書きましたが、個人的には腰に頼りすぎるのもよくないような気はしています。やりすぎると腰痛とかになりやすいです。

 どちらかといえば、上半身の全部を使って結果的に腰が動くというのがもっとも負担が少ないのではないでしょうか。

 上には書きませんでしたが、足裏を使って重心を動かしたりもできますしね。結局のところ、全身をあますことなく使うということが大事で、ここが体の中心だとは言えないのだと思います。

 なかなか難しい内容になりましたが、なにか伝わるところがあればうれしいです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

システマ・フットワーク サバイブのための歩法 [ 北川貴英 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/6/8時点)




dexia2 at 06:01コメント(7)トラックバック(0)技術特集 
記事検索
livedoor プロフィール
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
バドミントンサイトRSS
お勧めトレーニング用品
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

融資