2020年01月01日

この記事は、『バドミントン・メモ』というブログの紹介のためのものです。

 ここでは、初めてブログを訪れていただいた方のために、目的や概要を紹介します。

 1)基本的な理念について

 基本的な理念については、バドミントン・メモの理念みたいなものに書きました。

 要約すれば、「運動神経が全くなかった自分でも、それなりに上手くなることができましたので、その方法を公開したい」みたいなことです。

 また、才能のほかにも、環境が成果を決めるといった論議もありますけれど、自分は十分な指導者がいない環境でも成長することができましたし、最近は忙しいですが、短い練習の中でもうまくなっていることが実感できます。

 しかも自分の練習は、大抵一人練習ですから、チームメイトにもあまり依存していませんし、技術と知識で戦うバドミントンなので年齢をとっても戦えるように工夫しています。

 つまり、「才能がなくても、環境が悪くても、考え方次第でバドミントンの上達はできる」というのが自分の信念です。

 上達=勝利ではありませんが、バドミントンの魅力の1つは「自分の可能性を広げること」ですから、どんなに境遇が悪くてもあきらめないでほしいと願います。

 もう1つ書きたいことは自分は「上達ための論理」は提供しますが、具体的な方法は教えませんし、直接上手くしてあげることもできません。

 だから、上手くなるためには、このブログにある考え方を応用して、自分なりに実践しながら改善していってください。

 そして最後には「自分の力で、強くなった」と自信を持って言えるようになってください。

 2)見てほしい記事

 <目次>
 すべての記事は目次に、リンクがありますので、記事を探す参考にしてください。

 バドミントン・メモ 目次

 分割版もありますが、こちらはすべての記事を網羅していませんので、気を付けてください。

 バドミントン・メモ 目次(分割版)

 <おすすめの記事>
 自分が見てほしい記事というのは大抵見てもらえないので、ここで紹介します。

 ほとんど理論の話ですが、必ず役に立つと個人的には思っています。

 具体的な方法論の前に、まずは基本(理論)を押さえておくことは、かえって近道になります。

 (バドミントンのトレーニング理論)

レフトレーニング
レフトレーニングの実践
トレーニングの原理と原則
バドミントンのスタミナ
バドミントンの要素
バドミントンの練習方法
コート内練習の重要性
練習に条件を付ける
ミスは付き合うもの
練習の作り方

 (練習自体についての考え方)
選手の成長と環境
新しい技術を身に着ける(インナーゲーム)
究極の鍛錬
フィードバックを得る為に
限界への挑戦
練習で選手に考えてほしいこと
一度立ち止まって

 (やや難しい抽象的な上達論ー指導者向け)
知識と上達
知識と上達2
上部・下部構造と上達
フィードバックと上達
言語と上達
技術と上達
修正能力と上達
モチベーションと上達
トレーニングと上達
模倣と上達
心のあり方と上達
理想の練習について

 (心理戦の論理)
認知パターンとバドミントン
認知パターンの分類
認知パターンの応用
認知パターンの対策
認知の本質的弱点について 補足解説(および訂正)

 (配球論の前提)
バドミントンはどういう競技なのか
ストレートの特徴
クロスの特徴
センターの特徴
サービスについての持論
点数の考え方
点数の考え方補足
より高く、より速く、より前で
攻めるということ
起こりうることを整理する
起こりうることを整理する2
起こりうることを整理する3

 (フットワーク総論)
バドミントンのフットワーク
バドミントンのフットワーク2
バドミントンのフットワーク3

 (新しいトレーニングへ)
ゆっくり
東洋的トレーニングの時代
身体と意識について
身体と意識について2
站椿(立禅)
瞬間に生きる「マインドフルネス」
システマと動きの原則
高岡英夫のゆるウォーク―自然の力を呼び戻す
胴体トレーニング
コーチングとティーチング
問いかけと主体性
考えてはいけない

 (短期間で成果を出すためのマネジメント)
練習管理のためのワークフロー
アジャイルという考え方
アジャイルのプラクティス(個人でやること)
アジャイルのプラクティス(チームでやること)

 非常に多くなってしまいましたが、どれも練習を考えるうえで、とても重要な意味を持っていると思いましたので、時間があれば読んでいただけると嬉しいです。

 少なくとも興味のある分野については、読んでおくと理解が進むと感じます。

dexia2 at 15:18コメント(12)トラックバック(0)バドミントン・メモ 表紙 

2018年08月11日

 別のブログに書いていた記事ですが、それなりに長くなったので転載します。

 ところどころ加筆はしています。

<全国大会>

 いつも一緒に練習していた子が無事、全国大会への出場権を獲得しました。

 権利獲得までは危なげない試合が多くて、あまりハラハラすることはなかったです。ただ、出場だけを考えると、組み合わせの妙が大きすぎてなんだかなという思いもなくはないです。

<ダブルスと実力>

 最初はシングルスとダブルスが交互に入るので、久しぶりにまじめにダブルスを見ていました。

 あれは上から見ていると実力差がはっきりわかりますね。負けるほうは相手がいるところに打ちますが、勝つほうは相手のいないところが見えています。

 考えてみるとダブルスはそんなにパターンがないので、決めるパターンを作ってそこに誘導していくゲームみたいなところがありますよね。

 だから、とてもシンプルに強さがわかって、あれはあれでいいものだなぁと思いました。

 ただ、女子ダブルスは全然決まらないので、我慢ゲームの様相を呈していました。それでもパターンのはめ方みたいなものは感じました。

 陣形も男子に比べるとリスクをほとんどとらずに、カバー範囲を広げるようなもので、つらいです。女子はシングルスよりもダブルスのほうが辛そうな印象がとてもあります。

<飛びつき>

 女子は男子と同じフットワークをしているのではという仮説があって、今回の試合をみていてそういう傾向は大きかったですね。

 低い戦いになると、大体飛びつきながらクロスに打ってきます。ちょっと焦ってドリブンクリアやアタックロブを仕掛けると、逆にやられるパターンが多かったです。

 うちの選手はそれができないので、そういう戦いになると競り負けました。

 ただ、こういうフットワークが癖になるとハイクリアにしっかり入れないようになるので、絶対の解ではないと思うんですよね。

 だからしっかりとした高さを出すと相手は決定打を打てなかったし、バランスを崩すことが多かったように思います(特にフォア側)。

 そういう意味でアンバランスな選手が多いので、とっつきやすさは感じました。

<先に打ったほうが負ける>

 低い展開に強いので、ゆっくり大きく回す勝負が続きました。そうなるとそれがエースになるわけもないし、相手も決定打を打てないしで、ひたすら我慢勝負ですよね。

 中学レベルのスマッシュ、カットでエースを取れる選手は少ないので、なおさらですよね。

 こうなるとリスクをとったほうが負けるんですよね。ラウンドに5球連続でハイクリアが来たら、クロスカット、クロススマッシュを打ちたくなりますよね。

 でも相手はそれを狙ってカウンターを待っていますし、相手が守備陣形を取っていればぎりぎりのコースでないと決まりません。

 だから、打ったほうが負けるというそういうラリーが延々と続くんですよね。

 育成年代でそれでいいのかと思いますが、年代で勝つことだけを考えると最善策なのかなぁと思います。

 結局勝ち上がってきたのはひたすらレシーブする選手でした。返すだけなので、男子とやるとたぶん、何もできないと思います。でも、女子相手だととても手ごわいというそういう選手が多かったです。

 個人的には攻撃でひたすら攻めてくる、キレがある選手が来たらやられるかなと思ったので、そういう意味ではラッキーでした。レシーブ勝負なら、球種の多いこちらが最後には勝てるので。

<ベストショットは忘れる>

 ぎりぎりのコースを狙ってエースを取ると気持ちいいですが、これは麻薬みたいなものです。

 真実は逆でぎりぎりに打たないと決まらないというところで、そこを狙いだすと逆にアウトが増えるのですよね。

 だから守備をしているときはそれを忘れて同じところを攻めていいと思います。もちろん、相手がそれを100%決めれるのなら別ですが。

 攻撃側も守備側もベストショットは忘れてもいいのです。それがなくても勝てるような確率でもって、試合を組み立てることが大事です。

<チャンスボール>

 男子シングルスはこの年代だと、チャンスボールを上げる不用意な配球が気持ち多い気がしましたね。

 レベルが上がってくると飛びつかれるくらいなら高く上げるというパターンが多いのですが、中学生はそうでもなかったです。

 あちこちに粗さがあって、運動能力が高いなぁというくらいの印象です。

 今まで何回か、全国クラスの選手がうちの県から出ていて、そういう選手と相手をしたことがありますが、そういうやばい選手はいなかったかもです。
 
 でも、準決勝くらいからは大人とやりあえるくらいには強かったです。

<決め球の使い方>

 そういえばレシーバー相手に同じ決め球を連打しているのはもったいなかったですね。ロブと見せかけたヘアピンでしたが、途中から利かなくなりました。

 あぁいうのはヘアピンと見せかけたロブ、ドライブあたりを混ぜると余計に絞り込まないので、あそこで工夫すれば2、3点ただでもらえたなのなぁと。

 あとはチャンスボールでしか使えないので、状況でばれるんですよね。追い込まれた振りをしたフェイントとか、そういうところがあっても使えたのに。

 どうせ我慢大会が勝負で、こういう駆け引きではそこまで状況が変わったと思いませんが、まぁ終盤の抜け出し方とかは工夫できたんじゃないかなぁという思いがあります。

 まぁ、そういうのは別にあとで覚えればいいだけだと思いますけどね。

<今後について>

 県大会、地区大会とみてきましたが、全国大会はさすがに遠いので見に行かないと思います。一度くらいは、中学、高校、大学のトップレベルの試合を見に行きたいですが。

 個人的な感触で言うと、今の子は全国トップレベルになれるセンスはあると思いますが、現時点では今まであってきた中学生の中でトップではないので厳しいかなという気がしています。

 最近の中学生(トップに限る)は引退せずに夏から春まで高校に行って練習という形が多いので、そこで花開くような練習をしてもらえたらいいなと思っています。

 一点特化というよりは総合力の子なので、地道な基礎練習をひたすらがいいんじゃないですかね。

dexia2 at 20:20コメント(0)部活の練習風景 

2018年07月22日

(ミズノ) MIZUNO バドミントンウェア ゲームシャツ(ウィメンズ) [レディース] 72MA7201 62 レッド M
(ミズノ) MIZUNO バドミントンウェア ゲームシャツ(ウィメンズ) [レディース] 72MA7201 62 レッド M

 最近は女子シングルスの指導をすることが多いです。

 自分は社会人男子なのですが、女子が相手だとちょうど高校生のインターハイクラスでもそれなりに勝負できるので、練習相手としてちょうどいいと思われているんでしょうね。

 教えるのは高校生、中学生が多く、たまに社会人です。近隣で強い大学がないからか、大学生の相手はしたことがありません。

 以前は中学生に軽くひねられていましたが、だいぶ試合をさせてもらって、女子シングルスの傾向がつかめてきたので、今日はそれについて考えてみたいと思います。

<コート奥から仕掛けるのが難しい>

 女子シングルスではスマッシュ一撃でラリーを決めるということはかなり考えにくいです。

 もちろん試合を通してみればいくらかあるとは思いますが、それだけでラリーを展開するのは厳しいです。それは当然スピードが出にくいという体格によるものです。

 また、追い込まれた状態からクロスクリアやクロスドライブで仕掛けるというのも、かなり無理があります。できたとしてもタメが大きいので、多用できるレベルにするのはかなり厳しいです。

 そのため、女子は球種の多さでそれをカバーするという選手が多いです。

 フェイント気味のカットやカットスマッシュ、カットとみせかけたクリアなど、スマッシュに頼らない球種を使って読みを外した攻撃でラリーを作ります。

 逆に守るほうはドライブ戦やネットに切ってしのぐということをあんまりしません。

 きちんと高さをつけて上げることができれば、決定打が打たれる確率が低いので、リスクをとる必要が低いのです。

 むしろ、コート奥で追い込んでしまえば、チャンスになりやすいので、早いタッチでロブを打つという戦術がかなり有効です。

 男子がそれをすると飛びつかれる危険があるので、低いロブというのはそこまでやらないのですが、女子は多いです。
 
 なので、コート奥を使ったしのぎあいというのが、女子シングルスの本質だと自分は見ています。

 男子が女子と戦う時はこれさえ頭に入れておいて、強打を封殺してしまえばかなり有利に戦えます。あとは、低いロブ・クリアを狙ってつぶせば、まず反応されないでしょう。

<タッチの速さ>

 いつか書いたのですが、女子シングルスは打点ゲームです。高い打点で触って球種を使って、リードし続けるゲームです。

 女子といえば回り込むフットワークが印象的ですが、トップ選手のフットワークを見ると地味にジャンプを多用したフットワークを使っています。

 フォアもバックも下がりながらジャンプして、少しでも早いタッチで羽をとらえます。

 これも先の話と近く、一撃で決めるショットが打てないのなら、やはりタッチの速さなど使えるところは使うしかないという判断かと思います。

 なので、ネット前、レシーブ、コート奥すべてに関して、早く触るためのフットワーク、ポジショニングがあって、それを使って少しでも詰めるというのが主流です。

 印象だけで、回り込むフットワークを多用する練習をしていると、たぶん本番の速さについていけないので気を付けましょう。

 ただ、高めのチャンスボールに対して、ジャンプする選手はあまりいないですね。低い球をさっと触るときにジャンプしている印象があります。

<ネット勝負>

 女子は後ろから決定打を打つのは難しいので、地味に一番点が入るのはネットです。

 男子ではそこまで決定打にならないクロスヘアピンも女子相手だとかなりの凶器になります。

 また、早いタッチのロブも効きますし、フェイントに対する反応も男子よりすこしよくないです。

 なので、中高生だと、スマッシュやカットで勝負して、即座にネットにつくようなポジションを取る選手が多いです。

 球種が多く、ネットプレーが多彩な選手だと、ほぼネットの上で触るだけでラリーを奪えるくらいの迫力があります。

 それもあって強豪校だとネットに打つ代わりにドライブ系や長めに落として、あまりネットに近づけさせないという戦術もあります。

 速い展開はそれはそれでリスクがあるのですが、最初からそういう展開に絞って練習しているんでしょうね。

<中高生の女子シングルス>

 中高生の年代だとスマッシュアンドネット、カットアンドネットが猛威を振るっています(少なくともうちの県では)。

 中高生のレシーブ力だと相手の球を後ろに飛ばすのが難しいので、そのままネットについてクロスヘアピンなり、ラウンドへのロブなりを打っておけば有利に展開できるという魂胆じゃないかと思います。

 あとは、クロスカットがこのレベルだとエース級の球に仕上げやすいので、それも多用する人はしますね。

 県レベルでも優勝するためには、レシーブ力や展開力もいるのですが、バランスで言うとかなり攻撃能力に偏っていると思います。

 個人的には育成年代に、勝つための技術一辺倒でいいのかという気持ちは若干ありますが……。

<社会人の女子シングルス>

 スマッシュアンドネットなどはレシーブ力が上がれば、球種や配球で封殺できるので、極端な攻撃一辺倒で勝てなくなります。

 なので、むしろ大きな展開で崩す、また決定打が減るので我慢の試合という展開が増えます。

 その中でいい打点を確保して、押し切る能力がある人が強いです。

 女子シングルスはラリーの展開能力がそのまま試されるので、一芸があっても勝てない印象です。なので、ラリー能力に差があれば、いいラリーに見えても全部片方が持っていくという展開がまぁまぁ多いです。

<まとめ>

 まとめると、

・球種の多さで勝負する(フェイント含む)
・コートの奥を使って、相手の攻撃をしのぐ
・ネット前で主導権を握る
・できる限り早いタッチで触る

 というところが女子シングルスの特徴かなと思います。

 男子は一芸に秀でたいい選手もいますが、女子は技術が総合的に秀でた選手が多いので、見ていて感心します。

 パワーのない男子が参考にできる部分もあるので、興味があると勉強するといいかなと思います。

<追伸>

 最近は指導や練習で忙しく、なかなかまとまった記事を書けないので、短い日記を書くようにしました。

 飽き性なのでいつまで続くかわかりませんが、所感をしばらくは書き続けたいです。興味があれば見てください。⇒Keep Moving

 一応補足すると、このブログはある程度内容がまとまったら書くつもりで、普段考えていることはあっちで書きたいなという感じです(このブログをやめるわけではないということ)。

 整理された内容が見たいならこちら、普段思っていることややっていることが知りたかったらあっちをみるとよいと思います。




dexia2 at 14:41コメント(0)シングルス戦術 

2018年04月14日

バドミントン (勝てる!強くなる!強豪校の部活練習メニュー)
バドミントン (勝てる!強くなる!強豪校の部活練習メニュー)

 バドミントンのストローク練習というと、狙ったところにピンポイントに打つ練習をしているイメージがあります。

 特にクリア、スマッシュ、カット、サービス、クロスネットあたりはそういうイメージがあります。

 サイドラインぎりぎり、あるいはバックラインぎりぎりに飛ばすことが上達だという風潮があります。

 ただ、最近思うのはそんなにピンポイントに狙う必要があるのか?というところです。

 シンプルに結論を書くと、決め球にするつもりがあるならある、つなぐつもりしかないならそこまでではないです。

 決め球といえるショットはシングルスで言えばスマッシュ、クロス系のカット、クロスネット、あたりでしょうか。

 ここら辺のショットはサイドラインから30cm以上中に入るとほぼ確実に返球されるというくらい精度が大事です。

 アウトにするくらいなら内側にという気持ちはわからなくはないですが、少しでも姿勢で入ったなら確実に打てる技術がなければシングルスで戦うのは厳しいです。

 ヘアピンやロブ、クリア、ドライブに関していうと、 サイドラインから30cmずれたところでそんなに大勢に影響はありません。

 もちろん、ネットの近くで触ったときは意味があるときはありますが、そうでないときはそこまでサイドラインを気にするほどではありません。

 レシーブもそうで、平均的なレシーブであればサイドラインぎりぎりを狙う意味は特にありません。

 つまり、きっちりつなぎたいのなら多少内側にいれていくほうが得策だと思います。それはレシーブでも、クリアでも変わりません。

 しいて言えば置いて込まれてからきれいなコースに打てると相手がアウトと思って見逃してくれることがありますが、強い人はそういうのをきちんと打ってくるのであんましですね。

 ここまでサイドの話をしてきましたが、バドミントンで絶対間違えてはいけないのは高さです。

 浮いたヘアピン、ドライブ、カットはストロークの意味をなさないのがわかりやすいと思います。スマッシュは浮いた系統の球種もあるので難しいですが、角度をつけて下で触らせる効果は大きいです。

 クリア系も高さを間違えると一瞬で終わります。こちらは深さの問題もありますが、バドミントンで一番得点につながるのは飛びつかれたスマッシュ、次点でカットです。

 なので、少し高すぎるのはまだいいので、ロブやクリアは気持ち高めに打っておくのが無難だと思います。

 アタックロブのようなものもレベルが上がるとそんなに使わないですね。リスクが高い割に、相手にとって時間があるので結局返ってくるので。(女子はそうでもないかもしれないです)

 前後の精度は難しいですね。

 ヘアピンは長めに打ってネットに切らせないようにしたりしますし、スマッシュも長め短め両方意図があります。

 ロブとクリアはバックアウトが多いほうが甘いよりもいい傾向だとは思います。

 ショートサービスなども多少強く打つ人と、ぎりぎりの短さで打つ人の両方がいますが、これも意図の問題なのでどちらがいいとは言えないです。

 まとめるとこうです。

 ・決め球はサイドラインへピンポイントへ狙うことが必要
 ・つなぎ球は別にサイドラインからずれても問題ない
 ・バドミントンはストロークの高さを間違ってはいけない
 ・ロブ・クリアは高め・深めに打つことが重要
 ・前後は意図に応じて、精度と狙いをはっきりさせて使う

 個人的につなぎ球はミスしないようにちょっと内側に打ってもいいというのは気持ち的に楽になりました。

 高さは改めて考えると重要で、そこまで意識していなかったのでこれからどうすべきか考えてみたいです。

 というところで、今どの精度でコントロールが求められているのかというのを一度、見直してみるとどうでしょうか。




dexia2 at 21:59コメント(3)バドミントン一般 
記事検索
プロフィール

dexia2

ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
バドミントンサイトRSS
お勧めトレーニング用品
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

融資