2006年10月09日

BALDR BULLET  "REVELLION"

 戯画:2006/9/29 発売日からプレイ

 戯画マイン(地雷)・・・戯画(連邦本国)製の発売物はシナリオライターの丸戸
史明氏が関わる作品群あるいはチームバルドヘッドが関わるアクション系ゲーム以外
の戯画製の発売物はことごとく地雷級の出来の商品の事を指すといわれる。
 でこの商品は戯画マインから外れたチームバルドヘッドが世に評価されだした作品
である約6年前に発売されたBALDR BULLETをリメイクして発売という事で第一報を
聞いた時にはBALDR BULLETは未プレイだったので期待したのだが、その後発売ま
での続報が入るたびにその後発売されたバルドフォースEXE)より前の作品で劣る
のはしょうがない(分かりきってた)がまったく事前に最大の売りであるアクション
部分を公開しない!とかチームバルドヘッドのロゴが何故か入ってない!!など戯画
連邦本国のゲームを数多くプレイしていると身に付く?怪しい雰囲気を発売前から
漂わせていたが発売(プレイ)後にはその懸念が残念ながら当たっていたと(猛毒毒)
 ↑が分かっててもプレイしたのは一度はBALDR BULLETをプレイしたかったから(涙)

 さて一応はリメイクという事で様々な新要素が加えられたのだが、
・キャラデザを一新
 原作の絵を見た事がありますが原作の方がミリタリー色の出た作品の雰囲気とマッ
チしていると言えばするけど・・・こちらの絵の方が基本的には好みデスね。
 まあ准将のあれとかはやりすぎとは思いますが(苦笑)

・フルボイス化
 個人的にはそう酷い声優がいなかったと思うので十分OK(合格点)デスね。

・BGMフルリメイク
 元曲をまったく知らないので何とも言えないが、少なくともこのBGM群はこの
商品の中でもあってないというか存在感自体無いくらい全然魅力的じゃないと(毒)
 ↑を製作した某音楽集団って世間では売れているらしい??が他作品もそうだが、
商(作)品や原曲にあったアレンジとかは少なくとも下手だろう?(禁句)

・主題歌『Emphatic』を追加
 歌声が聞こえるまで(前奏)の
・新作オープニングムービー
 との演出などの相乗効果は見る(聴く)べきものがあるが、その後は・・・

・おまけモード追加
 EXEで大好評だった地獄モードなりSERR14任官試験などを新規追加(これが
最大の売り?)だが、後述するEXEが出た後にBALDR BULLETのバランスでそう
いうやり込みモードをつけられても操作性や快感などで辛いものがある(禁句)

・ADVシステムを今の戯画連邦本国作品群が使っている風に
 大枠としては↑だが、一番最新のシステムではなかった(使い辛い)

 これらがパッケージ裏に書かれている主な新要素だが、問題は↑しか変更してい
ないというある意味正しい告知ではあるが、この商品を売りに出すときにかもちだ
させていた??全面リメイク(と受け取られてもおかしくない)宣伝方法は特にバルド
フォースEXE
の感動を再び!!的な自分らみたいなBALDR BULLET未経験者
をミスリードさせ信用を失った損失は目先のこの商品の売り上げ以上に重いのでは?
と文句がいいたくなるくらい、そうした新要素いれる以前に原作の不完全なパッチ
を当てる前のバージョン(戦闘前の兵器選択画面で練習出来ない、何より明らかな
誤字脱字がそのまま)のままホンマそのまま移植という暴挙というより手抜きは、
このリメイクがチームバルドヘッドではなく家庭用ゲーム機では作品によったら
神移植とも言われるシステム移植に定評がある(最近だとPS2版あやかしびと
ヒューネックスとは思えない手抜きさ(及びCGなどに参加している外注2社の中に
錬金がいるなど家庭用移植への布石???)は失望以外の言葉が出ない(猛毒毒毒)

 そういう事をある程度覚悟してプレイしたが・・・

 戦闘(アクション)は確かに約6年前でこの出来は現在でも下手なアクションゲーム
よりかは良いけど、EXEなどが出た後では事前に公開したがらなかったのもある
程度理解はするくらい厳しい・・・いかにEXEでこちらの面も進化していた事を痛感。
 一方のシナリオの方は確かに噂通り↑よりグタグタというかヒロイン?に関連する
事件→解決したので・・・→別のヒロイン?に関連する事件→解決したので・・・が
ダイジェスト版を見ているような感じで進んでいけば、魅力的なヒロインとか脇役が
多いだけに話を膨らませればもっとよくなる素材だけに勿体無い(禁句)
 とはいえ↑な手抜きをしている連中に下手に改悪をされるよりかは自分みたいに
原作未プレイ状態の人に原作をそのまま体感させた方が”結果的には”マシだった
というのが悲しい現実(猛毒毒毒毒毒)

 とにかく主要5ルート全てクリアしたがシナリオにしても戦闘にしてもいかに次回
作であるバルドフォースEXE)で大幅に進化したかを実感出来た点という所に
おいては、この商品をプレイした価値があったかもしれない(禁句)
 ホンマ↑らなんかにリメイクを丸投げした(せざるおえなかった??)肝心の
チームバルドの面子たちはこの状況をどう思う?というか何をしているのやら???

dezlar at 22:42│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 PC 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔