2007年02月23日

流聖天使プリマヴェール 〜捕らわれの天使〜

 エスクード:2000/7/21 発売から約2ヶ月後プレイ

 さてこの作品?はジャンルとしては調教系ゲームになるのだが当時としては珍し
かった?変身ヒロインを捕まえて調教というシチュエーションをある程度上手く
調理出来ていた作品で、当時はそんなニッチな分野(趣向)で同業他社が発売して
も地雷など駄作がオチだった中で事実上始めて?まともな出来だった事もあり発売
されてから3年前後の間はこの作品の主人公であるプリンスとシリーズが続いている
事もあり?現在でもその手の趣向の作品ファンの間で言われる?魔法戦士スイート
ナイツ
シリーズの主人公のメッツァー・ハインケルは長く語り継がれて?います。
 余談だが当時の?医者系ゲームでは↑2名の主人公が双璧と言われたように??
自分は未プレイの夜勤病棟シリーズの主人公と、原画など製作スタッフが離脱し
恐らく2度と続編が発売される事が無い?淫内感染シリーズの主人公である坂口明
の2名は医者系ゲームの双璧と言われてた??時代デス(滝汗)

 そんな調教ゲーとして古典的名作である?ダークロウズを発売したアリスソフト
ですら少なくとも一部製作陣はこの作品を高く評価して。この作品からネタを膨ら
まし自分は未プレイの超昂天使エスカレイヤー(シリーズ)が製作されるなど、この
ニッチな分野の歴史においては重要なのだが、この作品?は悪の皇帝である右腕的
な大幹部(既婚)の弟で、正義の味方として戦いで数々の邪魔をしていたメインヒロ
インであるプリマヴェールが力を出し尽くしてその戦いでは勝利も力尽き倒れてた
所を難を逃れた主人公が捉えて、その正義の味方であるプリマヴェールの力の源を
解明する為に調教しつつプリマヴェールがいない今一気に世界征服を進める事を両立
してやっていくゲームなので、↑を上手く進めないと主人公であるプリンスの出世を
疎ましく思う兄嫁(兄は公では厳しいが私は優しい)に権限を取られゲームオーバー
(バッドED)になるなど複数のEDがあります。
 基本的にはメインヒロインと言っても基本的にはプリマヴェールだけなのだが、
(副官についた炉利なチカちゃんや主人公と幼馴染な調教グッズ製作に精を出す
科学者などいるけど)調教部分は、この手のファンが待ち望んでいた?ツボを抑えた
シチュエーションの数々や調教具合によって変わる反応などの描写の絶妙さなど
現在プレイすると流石に色々と劣る面があるとはいえ、当時としてはこれだけでも
必要十分な純真な(定番な??)プリマヴェール自身の魅力などもあり、この製作
会社的に調教ゲーが初めて??とは思えない当時としては頑張った出来デス。
 ・・・ただ堕ちるのが早く出来る限り抵抗して欲しい層には物足りないかも??

 一方の世界征服モードは看板倒れというより名前負けしていてそもそも1ヶ月の
悪の組織から支給される金額が6000円で遣り繰りしないといけない(その分
他の物価やショッカー的な部下達への給料も安いけど)とか、部下達を使って世界
征服をする内容が「パチモングッズのセールス」とか「園児誘拐」などチープな
作戦を地道にこなして世界征服していくのだが、時々は部下達にアイテムや臨時
収入を上げて成功率をアップさせないといけないなど、調教の時でもそうだけど
パラメーター系の割り振りがチープさが漂いつつ難しすぎず簡単すぎないバランス
がある意味奇跡的に取れています(汗)
 そんなチープな世界征服な行動をプリマヴェール(純菜)がいなくても1人で
頑張る後輩的なつばさが孤軍奮闘し時々(ランダムで)邪魔をしにきますが、展開
によったらそのつばさも捕らえる事が可能デス(純菜みたいな調教は無いけど)。

 というように基本的なツボをおさえつつ上手く纏めた作品?だったのだが

 好評だったらありがちな進化させた?同じジャンルでの作品?を製作するという事
を一部スタッフの離脱もあって???絵やゲームシステム的に(程よいバランスで)
製作するのは難しいなどという事で、似た?ジャンル(国取りゲームなど)への挑戦
はあっても調教というジャンルではこれの続編っぽいタイトルが最近発表されたとは
いえせっかくこの作品を契機にニッチな市場が広がった中でその利益を実質放棄して
しまった点は、製作会社側のスタッフなどにも言い分があるでしょうけど勿体無い。
 なお徐々に広がりつつある中でこの当時としてはそんなに欠点ではなかった?音声
無しだった点を要望という事で声優を起用するなどちょっと?変更し値段も抑えた
改良(廉価)版が発売されましたが、それについては次回に(滝汗)

dezlar at 19:41│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 PC 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔