2011年03月21日

あまつみそらに!

 Clochette:2010/5/28 発売から約半年後クリア

 タイトルを製作したクロシェットとは製品版では初遭遇でしたが、
風の噂には聞いてはいましたけど噂通りというか無論褒め言葉として
だけど85点を狙いにいって90点を取れた良作の中の良作デス。
 100点満点を狙いにいっていたら例えば各ルートで重要な?物
の怪に対すしてとか何よりメインヒロインが神様で自然に普通の生活
をしている(周りの島の住人達も神様だと知っていながら)点などは
後者だとそれを受け入れられるまでとか前者だとそれこそ騒動になる
くらいの問題も(そういう描写もあるはずだが)、神様が普通に居る
しまっいいか!!的な割り切りで物語へのアクセント程度に留めて
深入りを避けている点などは完璧を求める人達には受けが悪いも、↑
らの描写はあくまでヒロインと主人公との濃密な恋愛に対する背景の
一部くらいで主はあくまで恋愛方面に力点を置いたのは正解かな?

 そんな感じでヒロイン候補である5名にキャラクター(登場人物
描写)も力点を置いた事もあってそれぞれが魅力的なヒロイン(娘)
デスが、そんな割り切った中でも数少ない欠点としてヒロインと比べ
相対的に弱いサブの登場人物の方々でも特に姫先輩と呼ばれるキャラ
の声だけはミスマッチというか、(癖が強い声だし)姫先輩が喋って
いるというより演じたまきいづみ嬢が喋ってる感じだったと(毒毒)
 元々合えば破壊力抜群な声とはいえその分リスクが高く今回は悪い
目が出てしまったが、(声優歴がベテランとはいえ)まきいづみ嬢の
実力不足か?それともきちんと制御(演技指導などを)出来なかった
製作陣が悪かったのかは知る由もありませんが声はこの点だけが残念。

 そんな?85点を狙いにいった中での数少ない欠点を覆い被せる
くらい?他の(特にヒロインの)声優陣は、人気がある百戦錬磨な
だけあってそれぞれのヒロインにベストマッチしており、特に
【あまつみそらに!】情報ページ公開中!
↑嬢役を演じていた松田理沙嬢の演技力を甘くみていた(活発系後輩
役は姫先輩同様にミスマッチと思ってた)点は深く反省(滝汗汗汗)
 ↑同様に同業他社作品でよく聞いた事がある声優達もそこで発揮
していた実力通りの好演(桜川未央嬢のぐ〜たら声の甘えや風音様
の小悪魔系の高さと低めの声との落差、木村あやか嬢の主人公に対
してのあうんの呼吸など距離感の上手さがそれぞれ特に)の中で、
個人的には縁が無かった通称車の人(三菱アイ嬢)も演じた↓嬢の
【あまつみそらに!】情報ページ公開中!
魅力を落とさないどころか、通称?淫妹と呼ばれるだけはある
視覚だけでなく聴覚でも破壊力があり過ぎて困ります(笑&爆死)

 ・・・個人的な一番のお気に入りヒロインはタイトルなビジュ
アルファンブックで本編での謎だった1つ(蛙地蔵の製作者)が
明かされた小話があった↓嬢だけど(笑)、
【あまつみそらに!】情報ページ公開中!
↑嬢に限らずヒロイン達と過ごす日常(学校などでのイベントなど)
も含めてイチャイチャラブラブっぷりやヒロイン同士の横の繋
がりは心地良く、また(100点を狙えば出来ない)特定ヒロイン
と結ばれた後も横の繋がりなども継続している点は心地良いデス。

 何より特定ヒロインと結ばれる・・・シーンでの破壊力の高さは
そういうシーンが無くても破壊力があったけど(爆死:撮影会)
無論そういうシーンを引き出す(それまでのヒロインとの交流も
含めて)テキストやそれに命を吹き込んだ声優陣のたまものデス。
 あと登場人物達の魅力を引き出していた要素の1つとして漫画
っぽい?コマ割り?演出(特に神奈嬢や芹夏嬢絡みなどで)を始め
全般的にのどかではあるけど楽しい作品の雰囲気を影から支える
BGM群などの音楽など黒子部分もしっかりしてます。

 そのあたりの心地良いバランスの良さを冒頭あたりでも書いたよう
な?心地良さに徹して(それを阻害する要素を)極力深入りを避けた
ので、例えば全国区の人気になりつつあるアイドル(淫妹)が島で
ほぼ普通な感じで生活をしている(既出だが神様も:苦笑)とか、
現実的に考えたら(ましてやネットなどを作品の中でも使いこなせ
ている中で)無理というか、主人公と結ばれた後の背徳感(兄妹が
結ばれた事への冷たい視線など)がほぼ皆無(普通のヒロイン扱い)
など、突っ込もうと思ったら突っ込める要素は多いのだけどそういう
細かい事を気にさせない、萌へゲー的なパワー?で押し切ってます。

 そういう風に思えるのも舞台設定が良かった(瀬戸内の小豆島?)
のも知れませんが、極力不快になるような登場人物や展開に持って
いかずにヒロインへの萌へに徹した点が良かったその面においては
高いレベルでまとまっておりほぼ言う事が無い出来でした!(笑)
 最後にこんな素晴らしいヒロイン達などに出会えた事にこの作品に
関わった全ての人達に深く深く感謝をして締めたいと思います。

dezlar at 18:52│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 PC 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔