マンマ・ミーア! [Blu-ray]


マンマ・ミーア! [Blu-ray]


ABBAの名曲が中途半端な歌声で楽しめる


原題:"Mamma Mia!"

製作国:イギリス,アメリカ
監督:フィリダ・ロイド
本編:108分
配給:ユニバーサル・ピクチャーズ
年齢制限:なし

主なキャスト:アマンダ・サイフリッド,メリル・ストリープ
        ピアース・ブロスナン,コリン・ファース


【評価】 ★★☆☆☆

感動度         ★★☆☆☆

コメディ度       ★★★☆☆

ノリノリ度        ★★★☆☆

アマンダかわいい度 ★★★★☆

おっさんイケメン度  ★★★★☆


~あらすじ~

舞台はエーゲ海に浮かぶ島にあるホテル。オーナーのドナ・シェリダンと結婚式をひかえた娘のソフィーは,親子二人で仲良く暮らしていた。式でソフィーはヴァージンロードを父親と歩きたいと願っていたが,なんと父親候補が3人!ソフィーは父親候補の3人に結婚式の招待状を送っていたのだった…。




有名ミュージカルの映画化

同名ミュージカルを豪華キャストで映画化した作品。
ま、自分はミュージカル版の『マンマ・ミーア!』についてまったく知りませんがw


映画もミュージカル調になっていて、
普通の会話からいきなり歌いだすディズニースタイルのミュージカル映画です。
『レ・ミゼラブル』のような全編歌ではありません。


話が面白そうだと思ってずっと見たかった映画ですが、
まぁ結論から言うと、話はとくに面白いとは思いませんでしたw

「父親候補が3人!さて、ほんとの父親は誰なの!?」
みたいな感じで宣伝されてたような気がするし、
自分もそんなノリを期待して見たんですが、
それを期待して見ると、「あ~、期待ハズレ」という印象をもっちゃうかも。

個人的に、見てスッキリするような映画が好きなので、
この映画の話の進め方とか、ラストとか、好きになれませんでした。
結局メインキャラクターそれぞれの設定もよくわからなかったし。



ABBAの名曲が楽しめる。でも…

劇中歌は、すべてポップ音楽グループABBAの楽曲。

タイトルにもなっている「マンマ・ミーア!」など、ほんとに有名でステキな曲が多いABBA。
映画の選曲も、誰もが一度は耳にしたことがある曲ばかりです。
バラエティ番組のBGMでもよく聴きますよね。黄金伝説の「マネマネマネ~♪」とか。

自分もABBAは小さいとき車の中でよく聴いたものです…。

で、そのABBAの名曲をキャストたちが歌い上げるんですが、
その出来は…う~ん…って感じでした。
歌がめっちゃうまい俳優とかミュージカル出身の俳優を集めてきたわけじゃないと思うので
しょうがないのかなとは思いますが、
あんまし上手くないな~って印象です。
とくに男性陣は…。

ミュージカルとしてドーーンっと盛り上がるとこはやっぱり大勢が合唱するとこだと思うんですけど、
そういうシーンもそんなに迫力はないです。



映画に詳しくなくてもどこかで見たことのある俳優陣


ドナを演じるのは、アカデミー賞常連女優のメリル・ストリープ。
メリル・ストリープの歌がだいぶ多い映画ですが、そんなうまくないです。
いや、うまいのかもしれませんが歌とメリル・ストリープの声があってない気が…。
メリル・ストリープが出てる映画を初めてまともに見たんですが、
個人的にメリル・ストリープはちょっと…。
まぁ、でもすごく賞をとってる印象があるので、メリル・ストリープはやっぱり演技力が…
って、「メリル・ストリープ」って言いたいだけなんですけどねw
なんか響きが楽しくないですか、「メリル・ストリープ」って。どうでもいいですけど。


ソフィーを演じるは、『レ・ミゼラブル』でも綺麗な歌声を披露したアマンダ・サイフリッド。
アマンダが映画で有名になったのって、たぶんこの映画からじゃないですかね?


自分は「映画が好き」といっても、
そんなに本数は見てないし、俳優にも詳しくないんですが、
劇中に「ハッ、この人はアレじゃないか!」と気づける俳優さんが結構でてます。

ドナの親友の1人、ロージーを演じたのはジュリー・ウォルターズ。
名前だけじゃ誰かわかりませんが、この方は
『ハリー・ポッター』シリーズで、ロン・ウィーズリーのお母さんモリーを演じた女優さん。


父親候補のサム、ハリー、ビルをそれぞれ演じたのは、
ピアース・ブロスナン、コリン・ファース、ステラン・スカルスガルド。

サム役のピアース・ブロスナンは『007』の5代目ジェームズ・ボンドで有名ですね。
イケメンですね。歌は…ゴホン。
ハリーはアカデミー賞作品賞『英国王のスピーチ』で主演男優賞を受賞したコリン・ファースが演じました。
そしてかっこいい名前のステラン・スカルスガルドですが、
この人どっかで見たことあるな~と思ったら『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの
ウィル・ターナーの父親、靴ひものビルの人でしたw
靴ひものビルは苔だらけだったのでだいぶ印象が違いますw



ポイント!


・ABBAの名曲が楽しめる!

・キャストが豪華!

・歌の出来はビミョ~

・話は好き嫌いが分かれそう?






ちなみに自分が一番好きなABBAの曲は"Dancing Queen"です。
この映画ではその曲のシーンが一番よかったかな?
有名な曲なので盛り上げてくれてよかったです。




どどどどどどど…






ん。





┌(┌ ^o^)┐ホモォ





またお前か。
なんだろう、アメリカの映画はホモ展開が鉄板だと思ってんの?