ぎゅーたの映画日記帳 ~ネタバレなしの映画レビュー~

映画の話を中心に書いていこうと思います。 『スター・ウォーズ』の情報や、見た映画の感想なんぞを書くつもりでげす。 映画感想はテキト~に、主観的に書いてこうかぁなと。 好き嫌い、得意・苦手が激しいので作品にだいぶ偏りがあると思いますが…w

ディズニー

『シュガー・ラッシュ』(2012)

シュガー・ラッシュ ブルーレイ(2枚組/デジタルコピー付き) [Blu-ray]


シュガー・ラッシュ ブルーレイ(2枚組/デジタルコピー付き) [Blu-ray]


かっこいいもかわいいも両方味わえる世界観が楽しい!


原題:''Wreck-It Ralph"

製作国:アメリカ
監督;リッチ・ムーア
配給:ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
本編:101分
年齢制限:なし

主な声優:ジョン・C・ライリー,サラ・シルバーマン
      (山寺宏一,諸星すみれ)


【評価】 ★★★★☆

感動度:          ★★★☆☆

コメディ度:         ★★★☆☆

映像キレイ度:       ★★★★☆

ゲームコラボ度:      ★★★☆☆

音楽ノリノリ度:       ★★★★☆

ロリコン度:         ★★★☆☆

フェリックス羨ましい度: ★★★★★



~あらすじ~
"Fix-It Felix"というアーケードゲームの悪役である、ラルフ。ゲームの主人公、フェリックスはゲーム内の他のキャラクターからも好かれ、ヒーロー扱い。対してラルフは皆から嫌われ、ゴミの山の中で暮らしていた。そんな生活に嫌気がさしたラルフは、ヒーローになるべく、他の"ゲーム・セントラル・ステーション"を通じで他のゲームに向かうのであった…。




舞台はゲームセンターのゲームの中


アーケードゲームの中では、それぞれのキャラクターたちが
「プログラム通りに」働いていて、ゲームセンターの営業が終わると仕事が終了。

キャラクターたちはコンセントを通じてゲームセンターの中枢、
ゲーム・セントラル・ステーションに行くことができ、
そこでキャラクターたちは他のゲームのキャラクターたちに会ったり、
良いことではないけど他のゲームに移動したりすることができます。

そんな楽しい設定のお話です。


悪役のラルフは、ヒーローになるために
いつも"Fix-It Felix"でフェリックスがゲームクリア後にもらっているような
メダルを手に入れようと、"Hero's Duty”というシューティングゲームに乗り込みます。

"Hero's Duty”にはサイバグという卵で繁殖するハエのような敵キャラクターがたくさんおり、
ゲーム内ではプレイヤーがそのサイバグを撃つことによってゲームを進めていきます。
ラルフはサイバグをほとんど倒すことなくメダルのある場所へたどり着き、メダルを手にしますが、
大量にあるサイバグの卵を踏んでしまったために、多くのサイバグが孵化し、襲われます。
なんとか脱出用機に乗り込んだラルフは、なんとか"Hero's Duty”から抜け出しますが
お菓子の国のレースゲーム"Sugar Rush"に迷い込んでしまいます。
しかし、その脱出用機にサイバグが一匹…。

ラルフを探しに"Hero's Duty"にやってきたフェリックスと、
"Hero's Duty"のキャラクターであるカルホーン軍曹は、
一緒に"Sugar Rush"を訪れます。
フェリックスはラルフを探すため、カルホーンはサイバグを繁殖させないために。

ラルフは"Sugar Rush"でヴァネロぺというレーサーに出会います。
ヴァネロぺのプログラムは不具合をかかえており、
他のキャラクターたちからひどい仕打ちをうけていました。
レースに出場するのにはコインが必要で、
ヴァネロぺは勝手にラルフのメダルを使ってレースに出場することに。
レースに優勝するとコインは返ってくる仕組みになっていますが…。
ラルフは怒ってヴァネロぺを探しましたが、
彼女の境遇を知って、彼女を優勝させるため、また自分のメダルを取り返すためにも、
ヴァネロぺに協力することになります。

しかし、"Sugar Rush”には、ある秘密があったのでした…。


ディズニーアニメですから単純明快にできてはいますが、
単純すぎて退屈、というわけでもありません。
なかなかうまくできてて楽しめると思います。

ちゃんとオチもつくし。



とにかく映像がかっこよくて、かわいい!


主に3つのゲームが舞台になって出てきますが、
3つとも全く違う世界観のゲームで、
その3つのゲームのキャラクターたちが一つのゲーム世界に
いる映像がなんだかとても面白いです。

"Fix-It Felix"はレトロなゲームで、
この映画の主人公ラルフと、ゲームの主人公フェリックスはこのゲーム出身です。
このゲームのキャラクターたちは人間から見たらドット絵で、
ラルフとフェリックス以外は
キャラクター視点でも動きがカクカクしてるところが面白いですw

"Hero's Duty"はガチガチのシューティングゲーム。
新しめのゲームで、人間から見てもグラフィックがキレイ。
で、他のゲームのキャラクターから見ても「解像度がよくて美しい」ようですw
レトロなゲームな出身のフェリックスは、このゲームの女性キャラクター、
カルホーン軍曹に一目ぼれしてしまいますw

カルホーン軍曹はディズニーの絵っぽくなく、かっこいいキャラクターです。
他のキャラクターとタッチの違いがありすぎますが、そのギャップが最高ですw
カルホーン軍曹はお気に入りのキャラクターになりましたw
まぁ、「ディズニーキャラクター」として推されて売り出されることはないだろうけど。

"Sugar Rush"はお菓子の国。
そこらじゅうのものがカラフルなお菓子でできていて、
王に使える者たちもドーナツとかエクレアですw
ヴァネロぺなどのレーサーたちもカラフルでかわいい服を着ていて、
その服装は原宿ガールをイメージして描いたんだとか。
ヴァネロぺは動きがいちいちかわいいキャラクターです。
黒髪だし、原宿ファッションだし、日本人なのかなぁと思っちゃいますねw



お馴染みのゲームとのコラボ!


ブルーレイのパッケージにも登場していますが、
日本発のアーケードゲームのキャラクターも劇中に登場。

まぁ、パッケージにドーンと載るほど活躍はしませんがw


パックマンとか、ソニックとか、ストリートファイターとかの
キャラクターがちょい役で登場します。

『トイ・ストーリー』シリーズでは実在のおもちゃが登場してましたから、
『シュガー・ラッシュ』は『トイ・ストーリー』のゲーム版とも言えるかも。
でも、ゲームのキャラクターとプレイヤー(人間)との関係性みたいなものは
あまり描かれてないので、そこは『トイ・ストーリー』との違いですね。

キャラクターだけじゃなく、
音などで「これは…!」と思わせてくれる演出が結構あって楽しいですよ。
ゲームだけじゃなく、いろんな小ネタも散らばってて、見てて楽しい。


日本リスペクトな感じは、日本人として嬉しい


日本のゲームキャラクターが出てきたり、
オリジナルキャラも日本風の服装をしていたりと日本要素の多いこの映画。

ゲーム"Sugar Rush"のテーマソング?として、
AKB48が歌った「Sugar Rush」が流れます。

日本語吹き替えだけじゃなくて、全世界共通で
劇中歌としてAKBの歌が流れるのは嬉しいですね!
『カーズ2』でPerfumeの「ポリリズム」が全世界共通劇中歌として
流れたこともあるし、こういうことがあると日本人として嬉しい限りです。


懐かしい電子音も、ポップも


キャラクターも世界観もステキですが、
流れてる音楽もステキです。

ファミコン時代のような電子音の曲もあれば、
映画でかかせない壮大な曲も。

また、エンディングで流れる
Owl Cityの"When Can I See You Again”もイイ!

PVも映画の世界観が楽しめる作品になってます。





ポイント!

・楽しい世界観!

・ゲーム好きも喜ぶ演出がたくさん

・"Sugar Rush"の世界、キャラクターがかわいい!

・メントス+コーラ

・カルホーン軍曹がかっこかわいい!





最近、ゲーセンに行く機会が増えました。
大学の前に狭いゲーセンがあって、
そこで「マジックアカデミー」っていうクイズゲームをやるんです。
あれ、クセになりますよ。





『モンスターズ・ユニバーシティ』(2013)

Monsters University


12年の時を経て描く、モンスターたちの前日譚

原題:"Monsters University"

制作国:アメリカ
監督: ダン・スキャンロン
本編:110分
配給:ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
年齢制限:なし

主な声優:ジョン・グッドマン,ビリー・クリスタル
      (石塚英彦,田中裕二)


【評価】 ★★★☆☆

感動度:        ★★★☆☆

コメディ度:      ★★★☆☆

CGクオリティ:    ★★★★★

名コンビ度:     ★★★☆☆

マイクかわいい度: ★★★★★

 

~あらすじ~

社会科見学で、人間の子供の悲鳴を集め、エネルギーに変える会社”モンスターズ・インク”を訪れたマイクは、いつの日か最高の”怖がらせ屋”になるという夢をもつのだった。誰よりも努力して”怖がらせ屋”を多く輩出する名門”モンスターズ・ユニバーシティ”に入学するマイクであったが、かつて最高峰の”怖がらせ屋”だった学長に「あなたは怖がらせ屋にはなれない」と告げられる。マイクに欠けているものは、モンスターとしての”怖さ”そのものなのであった…。




『モンスターズ・インク』の過去を描く


2001年、ディズニー/ピクサー4作目の『モンスターズ・インク』が公開。
その洗練されたストーリーと、かつてないCGの映像表現によって世界中を驚かせました。
このブログでディズニーのことを書くのは初めてですが、自分は本当にディズニーが好きです。
とくにピクサー作品は大好きで、『モンスターズ・インク』はその中でも何度も何度も
見るくらい想い入れのある作品です。

『モンスターズ・インク』の続編 が作られると初めて知ったのは3年前。
またあのキャラクターたちに映画館で会えると思うと楽しみで仕方ありませんでした。
と同時に、1作目があれだけ綺麗に、本当に綺麗に終わったので、その後が描かれるのに不安もありました。
蛇足にしかならないと。

続編のタイトルが『モンスターズ・ユニバーシティ』であり、それは『インク』の過去、
つまりサリーとマイクが出会ったころの話を描くということを知ったときは「なるほど」と思いました。
ピクサー作品で、続編で過去を描くのは初めてなので面白そうだと。


前作の主人公はサリーで、マイクはその相棒という感じでしたが、
今作はマイクを中心に描かれています。

”怖がらせ屋”を夢見て”怖がらせ学部”に入ったマイクは、
在学中も誰より努力して”怖がらせ学”の勉強をしますが、
期末試験で「怖くない」という理由で転部を命じられてしまいます。
一方、”怖がらせ屋”の名家出身のサリーは、全く勉強せずに生活し、 
結局期末試験に落第してマイクと共に”怖がらせ学部”から追放されます。

そんなとき、クラブ対抗の”怖がらせ大会”が開催され、
マイクとサリーはその大会で優勝すれば”怖がらせ学部”に戻してもらえるよう学長に取り付けるのでした。



前作は超えられない。人気作品の過去を描く難しさ…


何度も言いますが、
自分は前作『モンスターズ・インク』が大好きで、
『インク』はディズニーファンの中でも非常に評価が高いです。
そして本当に「きれいな終わり方」をしたんです。

みんなが結末を知っている作品に、「後付」として過去の話を作り上げた今作。

結論からいうと、
『ユニバーシティ』は前作に並んでもいないし、まして超えてはいません。

モンスターの世界という世界観の真新しさ、サリーとブーの友情、
ほんとうに嫌なヴィラン…。
この3点が『インク』にはありました。
今回は、モンスターの大学、マイクとサリーの友情、
嫌味っぽい敵クラブとの対決がそれにあたるのでしょうが、
どれも印象は正直劣っています。


「前作よりも面白くならなければ続編は作らない」という
ピクサーのポリシーがあったはずなので、ちょっと残念。
その点、『トイ・ストーリー』シリーズはすごいと改めて思いましたね。


ただ前作でサリーは怖がらせ屋、マイクはそのアシスタントという設定があるわけで、
マイクの夢は叶わないってことは前提にあるわけです。
で、どうなったかは伏せますが、前作のラストでマイクの役割が変わったことも。
それを考えて見るとうまくまとまっていると、ラストは思います。
もうちょっと前作のラストへの伏線があってもよかったかも。

あと前作はジャズを中心に、音楽も印象深く、
「君がいないと」という素敵な主題歌もありました。
しかし、今回はブラスバンド系が中心で、それも楽しくていいですが
主題歌とかとくになくてなんとなくさびしいです。


映像は最高級。キャラクターもかわいい!


でも決して面白くないわけではありません。

前作と比べると、本当に映像が進化しました。
声優を務めた田中さんと石ちゃんが「世界で最高の映像」と
言ってましたが、その通りだと思います。
質感や風景は本当にリアルで、それなのにキャラクターたちはちゃんとデフォルメされてる。

今回は前作以上にたくさんのキャラクターが登場しますが、
1人1人がかわいくて、とくにマイクの幼少期なんかはほんとかわいすぎます。
大学のクラブがいっぱい出てきて、そのモンスターたちも個性的で
PNKというクラブの女の子たちが個人的に気に入りましたw


まぁ、ほんとに、前作が良作すぎたのであまりよくないイメージを持っちゃうだけで、
作品としてはフツーに面白いです。



前作ファンにはうれしい演出


前作ファンとしては、あのサリーとマイクの活躍が
再び大画面で楽しめるだけでも嬉しいものだと思いますが、
モンスターズ・インクの社内はもちろんのこと、
前作で登場した他のキャラクターもちょこちょこ登場します。


いちばん注目すべきは、前作のヴィラン、ランドールの過去。
公式HPにも書いてあるのでネタバレにはならないと思いますが、
ランドールはもともとマイクのルームメイトで、
愛想がよく、しかもかわいい感じのコだったことがわかります。

それがどのようにしてあんな嫌な奴になってしまったのか。
ここも見どころです。
でもう~ん、それも中途半端だったかなw

他のキャラクターたちもチョイ役で出演してますよ。

また、今回大学時代ということは、そのあとに就職活動をして
モンスターズ・インクに入るわけですから、
どのような流れで2人がモンスターズ・インクに入社して
ああいうコンビになったのかというのも描かれていて嬉しいところです。


声優はあの2人が続投


マイクもサリーも、前作と同じキャストが務めています。
ビリー・クリスタルとジョン・グッドマン、
日本語吹き替えは爆笑問題の田中裕二とホンジャマカの石塚英彦です。

日本語吹き替え版を見たのでその感想を言うと、
前作も2人はうまかったですが、今回も相当うまいと思います。
本当にマイクとサリーにあってますね。
前作より若い設定ですから、たぶんそれを意識してやられたと思いますが、
若い感じも出てます。
ランドールも前作と性格が違うし若いので、だいぶ声を変えて演じられてます。
声優ってスゴイ。



ポイント!

・映像がスゴイ!

・キャラクターがかわいい!

・前作好きなら確実に楽しめる

・ストーリーがビミョ~

・エンドロールのあとまで見てね!




モンスターズ・ユニバーシティって日本でいうと
東大みたいなもんなのかな。
他の大学もあるみたいだし。
ただマイクは勉強で入ったみたいだけど
サリーは勉強は全然してこなかったっぽいので
推薦枠で入ったのかな~。

ってことで、次回作は『モンスターズ・ハイスクール』です。
嘘です。




 
ギャラリー
最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ