えけの投資日記(立会外分売と夜間PTSでコツコツ稼ぐ)

立会外分売の予想がメインのサラリーマン投資日記です。 他に夜間PTSを使った短期取引やIPOなどでコツコツ稼いでおります。 地合に左右されないように資産を増やすのが目標です。

こんばんは。

先月末からまめいによりしばらく休養しておりました。
まだまだ本調子ではないため、当面の間、直前予想のみで対応する予定にしております。
(結果につきましても更新しない予定です)
ただし、体調によってはアップできないこともございますので予めご了承ください。
また、予想の精度もやや低下すると思います。

デファクトスタンダード(3545)

8/15
終値    717円
分売価格  702円(-2.09%)
分売数   250,000株
申込上限  100株 100株単位

チャートからの期待度 C
その他期待度 D
総合短期期待度 C

<直前予想>
今日の下落で割安感は出てきましたが、株数はそこそこあります。
ディスカウント率は低いのでやや微妙な気がしますが、底値も近いのではないかと思います。

こんばんは。

いつ発表されていたかはわかりませんが、
SBI証券の立会外トレードにも1銘柄記載がありましたので紹介します。

カワサキ(3045)

7/25
終値    1,074円
カブコム状況(21:00現在)
 制度信用売り ×
 一般信用売り ×

7/30
終値      円
トレード価格  円(-.%)
実施数     100,000株(約3.4%、.億円)
申込上限    500株 100株単位

事前期待度 D


チャートからの期待度 未定
その他期待度 未定
総合短期期待度 未定

<事前予測>
前回より株数が2倍に増加しています。
また相変わらず出来高が少ない状況ですので。
あまり期待できないかと思います。

こんばんは。(7/19)

暑い日が続き疲れが出やすい時期ですが、
エアコンに頼りながらなんとか過ごしています。

今日は久々に立会外分売の発表が1件ありました。

北興化学工業(4992)

7/19
終値    581円
カブコム状況(21:35現在)
 制度信用売り 〇(日証金 買い +9,200株)
 一般信用売り 〇(残数 6,600株)

7/25

終値    573円
分売価格  561円(-2.09%)
分売数   150,000株(約0.5%、0.8億円)
申込上限  2,000株 100株単位

事前期待度 C

チャートからの期待度 D
その他期待度 C
総合短期期待度 C

<事前予測>
立会外分売の条件としては悪くないので配分があれば利益が出る可能性は高いと思います。
信用売りはありますが、もう少し分売数が多いほうが買戻し期待の売りが入りそうです。

<直前予想>
今日の上昇幅が大きいのが気になりますが、日証金の株不足は28,100株となっております。
ディスカウント率は低いですが、全体的な条件としては悪くないと思います。

結果
7/26
始値 590円(分売価格比+29円)
高値 617円(+56円)
安値 580円(+19円)
終値 617円(+56円)
出来高  323,800株(分売数の約216%)

前日終値よりも高くスタートし、その後も右肩上がりで上昇を続けました。

こんばんは。(7/10)

今日は所用によりタイトルのみ作成しておきます。

→ 7/13 内容を追記しました。

→ 7/25 価格決定しました。

キャリアインデックス(6538)

7/10
終値    3,050円
カブコム状況(7/13現在)
 制度信用売り ×
 一般信用売り ×

7/25

終値    1,502円
分売価格  1,459円(-2.86%)
分売数   50,000→100,000株(分割のため増加)(約0.5%、1.5億円)
申込上限  100株 100株単位

事前期待度 C

チャートからの期待度 D
その他期待度 C
総合短期期待度 C

<事前予測>
株主数不足により東証二部への指定替え猶予期間に入っているようです。
そのため、上限100株となっており条件としては悪くないと思います。

<直前予想>
ここまで下落気味でしたが、今日になって急に反発しています。
上げすぎな感はありますが、出来高も十分なので
分売そのものによる下落は限定的と思います。

結果
7/26
始値 1,478円(分売価格比+19円)
高値 1,486円(+27円)
安値 1,446円(-13円)
終値 1,470円(+11円)
出来高  268,700株(分売数の約269%)

分売価格より高くスタートしましたが、
すぐに分売価格割れとなりました。
それでも10時以降は再び分売価格を超え、1,470円付近での動きとなりました。

このページのトップヘ