えけの投資日記(立会外分売と夜間PTSでコツコツ稼ぐ)

立会外分売の予想がメインのサラリーマン投資日記です。 他に夜間PTSを使った短期取引やIPOなどでコツコツ稼いでおります。 地合に左右されないように資産を増やすのが目標です。

こんばんは。
今年も良い1年にしたいですね。

さて、年末に更新できなかった、
昨年結果の詳細と今年の目標になります。

2018年 収支 +57.1万円

・立会外分売(立会外トレード含む)

 購入銘柄 44
 勝敗 32勝12敗
 収支 +18.4万円(2017年 +13.4万円

 昨年はSBI証券の立会外トレードでうまく利益を出すことができました。
 地合にも影響されるところはありますが、大損銘柄を避けることができれば、
 もう少し利益は出せそうな気がします。


・短期取引
 購入銘柄 83
 勝敗 71勝12敗
 
収支 +13.0万円(2016年 +8.2万円)

 昨年もほとんど夜間PTSによるものになります。
 体調不良があったものの、子供の成長もあり参戦率が上がっているようです。
 その分購入数、利益ともアップしております。
 今年は約定数をさらに上げることも考えています。(余裕があれば)

・IPO
 購入銘柄(記載のないものは最低単位です)
  メルカリ(野村証券)
  CRG HD(大和証券)
  ソフトバンク(SBI証券×2、松井証券)・・・購入は100株のみ
  ポート(大和証券)・・・公募割れ

 収支 +24.5万円(2016年 +56.8万円)

 IPOは参戦者数も増えてきているようで、当選数はかなり減りました。
 昨年終盤の流れを引き継ぐと今年は雰囲気は相当悪くなるものと思われます。
 IPO数とパフォーマンスの両方が下がることも考えられるので、
 正直、今年はあまり期待しておりません。

・その他
 長期保有の原油連動投信の売却、ぞろ目狙いのFX
 
収支 +1.1万円
 
 
これらは面白いものがあればやってみるといったところです。


以上のことから今年の利益目標はこれまでより下げて
+60万円(税引き前)
でいきたいと思います。
地合として我慢の年になる可能性がありますので、
無理せずしっかり利益を出していきたいと思います。
(収支計算をしていない株主優待で家計には貢献していく予定)

こんばんは。
今年も早いもので大晦日となりました。
最近は無事に過ごしていますが、忙しいため更新できませんでした。

とりあえず本年の収支だけアップしておきます。
2018年 収支 +57.1万円
詳細および反省につきましては後日記載する予定です。

参考:昨年までの収支
2017年 +78.3万円
2016年 +120.5万円
2015年 +102.1万円
2014年 +75.2万円
2013年 約+120万円(詳細記録なし)

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

クロスフォー(7810)

12/20
市場     ジャスダックスタンダード
制度信用売り 〇(日証金速報値 買い +64,000株) 

終値     319円
分売価格   309円(-3.13%)
分売数    721,000株(約4.1%)
申込上限   1,000株 100株単位

チャートからの期待度 C
その他期待度 D
総合短期期待度 D

<前日予想>
地合の影響もあり、株価は大幅に下落しております。
今は全体的に買いが入りづらいところなので期待度は下げますが、
価格決定日に下げ止まったチャートになったのはプラス材料です。
(モーニングスターの分売中止の影響もあるかも?)
朝の地合と気配まで確認した上で強ければ申し込むのもアリかと思います。

フルッタフルッタ(2586)

12/19
市場     東証マザーズ
制度信用売り ×

終値     378円
分売価格   366円(-3.17%)
分売数    95,000株(約5.0%)
申込上限   2,000株 100株単位

チャートからの期待度 C
その他期待度 E
総合短期期待度 D

<前日予想>
出来高はあるものの、この経営状況でなぜ今分売なのか疑問が残ります。
良くも悪くもマネーゲーム的な要素が強いと思いますので、
安定感を求めるのは難しいと思います。

デイトナ(7228)

12/18
市場     ジャスダックスタンダード
制度信用売り ×

終値     1,228円
分売価格   1,192円(-2.93%)
分売数    100,000株(約2.8%)
申込上限   1,000株 100株単位

チャートからの期待度 D
その他期待度 D
総合短期期待度 D

<前日予想>
板が薄くあまり期待はしづらいところです。
ただし、優待の権利が近いので売り圧力がやや少なくなるかもしれません。

このページのトップヘ