2006年04月12日

とりとめの無い休日

今日は入学式兼創立記念日ということで授業が一切無かった。いや、どっちにしても無いんだけれども。入学式ということで九段下からわざわざ直行したのか、院の入学式同様けっこうな数の新入生が安田講堂前で写真を撮っていた。それも家族連れで。それが悪いとは言わない。家庭によっては最高の親孝行なのだろう。特に理三生なんかは。

ただ思い出すに、合格発表の時も親子連れが多かった。今ならけっこう客観的に見れるが、自分のときは非常に寂しかった覚えがある。一人で見に来た俺は少数派だったのか、と。その後下宿決めの時も周囲皆家族連れ。中には祖父母までつれてきていたのもあった。たかが大学で、と思わないでもない。このブログ閲覧中の皆様に、親は付いてきていたか?とアンケートをとってみたい。さすがに学食まではどうでもいいのか、学食はとても空いていた。

それ以外はずっと家でPrismenを読んでいた。使わなくなってから読むといいこと書いてあったりする。いや、Universeでは微塵もそんな気持ちが起きなかったのだが。最初の章のアデナウアーについて読み終えた。日本で言えば池田勇人か吉田茂といったところか。今後はリージョナリズムがはやると踏んで外交をしたその先見の明は賞賛せずにいられない。

Universeで思い出したが、駒場はいろいろ制度が変わったそうで。中でも欠席したら0点扱いの上、進振りに加えるという制度はひどい。神野志に突撃する奴が減るだろうし、それ以外でも積極的に授業をとる気を削ぐではないか。おそらく教務課の仕事削減のためなのだろうが、それならそれであのやる気の無さをなんとかしてほしいというのは、おそらく全学生共通の意見だろう。

さて、明日は実は授業がある。なんでも四月後半に出張で消えるから振り替えで早く始めるんだとか。しかもいきなり西洋美術の演習でちょっと緊張しないでもない。おそらく今学期一番忙しくなる授業なので、気合入れて望もう。


ところで最近ライブドアブログが異常に重いのは予約昨日が増えてシステムが煩雑になったからか?それともつぶれそうでサーバーを軽くしたからか?両方か?

後者なのだとしたら、真面目に移転を考えなければならないな…

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
 数日前に異常に重くて編集にものすごく手間取ったことがあったけど、今は別段問題ないように思えるけどなあ。
 それとも、俺のパソコンのスペックだと全部重いから違いが分からないかな?

>入学式

 知っての通り俺は父親と同じ大学なので、父親だけ会場の外のモニタで見てたらしい。その後は普通に少し話してすぐ地元に帰ってた。
Posted by D.i.L at 2006年04月13日 00:14
 うちは合格発表だろうが入学式だろうが一人だったぞ。と言ってもうちの高校からうちの大学受けた人がアホみたいにたくさんいたから、特に待ち合わせとかしなくても誰かしら友人と遭遇してはいたのだけど。


>ブログが重い
 同感。fc2にアドレスだけは取得してあるので、あまりにもひどかったら乗り換える。
Posted by 白野燕 at 2006年04月13日 05:32
うちは、講堂で一緒に写真撮った入学式以外は一人だった。
合格発表は、桜咲くキャンパスで掲示板を確認し、実家にダイアルする、というのが決まりだと思っていたので、一人で旅立とうとしたが、
よく考えたらその時期桜咲いてないし、電話通知オンリーだった。
しょんぼりステレオタイプ。
下宿決めは、契約時は同伴だったものの、物件決めは
「平和そうな町だから、ここがいい」
という独断だったり。


Posted by ネ右 at 2006年04月13日 22:49
豊橋組はやっぱりそんなもんだよな。俺はDiLと全く同じパターンだ。入学式以外一人。下宿も契約だけ親がやった×2。理由も近いから×2。
Posted by DG-Law at 2006年04月14日 00:21