2008年02月06日

属性別萌え語り(1) ツンデレ編

自分の萌えの方向のあまりの読まれやすさを改善(?)するべく、属性を縛った上でキャラ萌えを語ってみることにした。さてどういう縛りで行こうかと考えてみたが、ここはもう単純に属性別選手権通りで良いんじゃないかと。

んで、ツンデレ。前に「ツンデレあんまり好きじゃない」と書いたことがあるが、最近ようやく普通に見れるようになった。楽しみ方がわかってきたのかもしれない。ただ、それでもやはり典型的なツンデレたるルイズ、シャナ、ハルヒあたりは全然萌えない。翠の人形さんもダメだわ。受け付けない。

原因はわかっている。なんというかね、「子供のケンカ」を見てるのが嫌いなんだわ。だからどっちかに余裕があるか、出来れば両方に余裕があって、「ツンデレという現象を楽しんでるカップル」なら、逆にかなり好きである。ただ、こういった事例は、自分の知っている限り少ない。ツンデレといえば自分(主人公)よりも精神年齢が低くその他の能力は高い、加えて主人公の側もへたれてる、なんてことが多いが、そのほうが作りやすいのだろう。

月並ではあるが、そういった理由によって個人的なツンデレクイーンはカトレアしかいない。玲愛のほうが大人びていて、仁も決して子供ではないから、「大人同士の恋愛の中のツンデレ」みたいなものを魅せたという点で、自分がツンデレなのに例外的に好きなキャラであるのは何ら不思議ではない。同様に、『ショコラ』の翠はかなり好きな部類なのだが、彼女の場合あまりにも香奈子のせいで割を食っている。ややかわいそうな立場か。

割りと近い理由で、『君望』の大空寺もツンデレとしては珍しくありだと思った。あれは主人公はへたれてるが、大空寺がツンデレである理由付がきちんとなされているし、大空寺が優位だったからこそ「私はパンを焼いてあげました」の名シーンが作られたわけで、これもツンデレ構造のシナリオからはかなり例外だろう。

逆に、典型的なツンデレなんだけど、主人公がかっこよすぎて結果的に許容範囲な好例としては、『月陽炎』の悠志郎と美月。これはもうやった人なら納得していただけるだろう。まああのゲーム、どのキャラをとっても造形が秀逸なんですが。『顔月』の鈴菜も似たような例かも。ただ、あの場合は鈴菜が箱入りすぎて物を知らなかっただけという気がする上に、鈴菜はどっちかといえばヤンデレなのではないかとも。真エンドや某エンドを見ても、主人公に依存しすぎ。

マリみてのドリルは、昔可南子派だった自分としては大嫌いだったが、祐巳と和解後のドリルは、上の二例っぽいツンデレ化しつつあるので株が急上昇している。祐巳ちゃんが大人びてきてるし、彼女の人生上の大問題も解決しちゃったから、瞳子も「余裕のあるツンデレ」でいられるんだろうなというのが自分の分析。この間書いたが、最新刊での可南子とのやり取り、最高でした。

『GA』のランファは嫌いではない。タクトが普通にかっこいいので。ただ、あのカップルの場合、デレ期以降がギャグとして秀逸すぎて、ツンデレ云々はもはや関係無い気がしないでもない。『GA2』のアニスはツンデレというよりはただの照れ屋か。彼女は素直なところでは素直なので。こちらもアニスが普通にかっこいいので割と好き。カズヤはちょっとがきっぽいけど、好感の持てる子供っぽさだから鼻につかない。

んで、最後に『カノギ』の涼月。彼女を見て思ったのは、デレるからいけないんじゃないかと。変にデレるくらいなら、最後までツンツンしたまま恋愛関係(と言えるのかどうかは疑問だが)に持ち込んでくれたほうが、よほど萌えるような気がする。前述の大空寺然り。それにはライターのかなりの技量が必要な気もするが、はてさて。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dg_law/51266621
この記事へのコメント
はじめまして、とても興味深く読ませて頂きました。

なんていうか、自分の中でモニョモニョしていた不可解な部分を
理路整然と解き明かして下さった感じで、あ〜〜なるほど!とスッキリ&感動しました。

私も多分、"「子供のケンカ」を見てるのが嫌い"なんです。
一言にツンデレと言ってもそれぞれに趣が違うんですよね。納得です。

DG-Lawさんの考察は、無知な自分の視野を広げてくれる感じがします。
またちょくちょく寄らせてもらいますね〜^^
Posted by える at 2008年02月08日 10:20
そう言っていただけると一人の物書きとしては感無量ですね。
これからもおもしろいものを書ければいいなと思っています。

ツンデレは定義もあいまいである意味語るには最も難しい属性ですが
とりあえず最も典型的なツンデレといえば「子供のケンカ」かなという気はしますね。
それが世間の風潮というか。
Posted by DG-Law at 2008年02月08日 12:25
今でも作風だけを見てみやま零を女性と思いたい人が一定数いるように、処理できないキャラクタをカテゴライズして安心したい人は多いでしょうね。

エロゲにおいてプラグマとルーダスは否定されがちな気がしますし。

大空寺と涼月に共通するのはメイン以外はいらないといわれてるゲームに在籍してることかと。
Posted by 倉印 at 2014年03月20日 18:45
これはまた懐かしい記事を。

>エロゲにおいてプラグマとルーダスは否定されがちな気がしますし。
そういう分類あるんですね。ググって初めて知りました。
学園物のエロゲだと,ストルゲーが称揚されるきらいはありますね。
あとマニアは現代語ならヤンデレですか。
プラグマやルーダスはエロゲに向いてない気はします。

>大空寺と涼月に共通するのはメイン以外はいらないといわれてるゲームに在籍してることかと。
そうですか? 大空寺も涼月も作中で割りと良いポジションのような。
Posted by DG-Law at 2014年03月21日 19:24