2008年02月08日

属性別萌え語り(3) 姉編

これまた困ったことに、苦手でもなければそう好きでもない。ただし姉というと妹が他の属性と重なりやすいのと違って、割と独立しやすい。だが属性としての指向性は妹よりも強く、画一的にはなりやすいか。そして、ネタ元である属性別選手権を見て、はて困ったなと。TOP10で語れそうなキャラが千鶴さんと乙女さんとたまねぇくらいしかない。そして全員大して好きでもないという。まあいいや、独自に姉萌えでも語ってみようかと思ったら、過去に萌えた姉がそもそもほとんどいないという。

個人的には姉といえばもうこの人、『カノギ』の鳥羽莉しかいないわけだが、彼女も(7)に飛ばすべきか。彼女にあったのは姉と恋人、吸血鬼と人間という表裏一体な悩みであったわけで、そこから姉だけとって語るのはちょっと難しい。朱音も大好きなキャラではあるんだが、彼女を姉として扱うのは何かが間違ってる。要素が無いわけではないんだが。

『アカイイト』というと年上だらけのゲームではあるんだが(ゲームの性質上当然)、姉というとユメイさんか。でも『アカイイト』の場合は主人公が女性なので、他の姉キャラと同列に論じるのは無理があるだろう。百合だからこその「姉」が機能することもあるわけで。百合の姉も加えていいなら『マリみて』の志摩子さんとか、『カタハネ』のアンジェリーナとか、萌えたキャラはいっぱいいる。加えてユメイさんの場合も、人外と人間の葛藤と重なってる部分もあるし。でもってあの人は変態だからあてにn(ry

自分の萌えた姉だとネタが尽きたので、有名な姉キャラについての雑感でもだらだらと。千鶴さんは、ああいうダメな姉は一つの典型だよねぇ。確かに年上で有能なのにダメってのは、心をくすぐるものがあるかもしれない。『DC2』の音姫もこのパターンか。たまねぇと乙女さんは、弟に甘いこと以外はパーフェクトという、逆のパターンの典型的な姉。この三人が人気あるのはうなづける。

『sola』の森宮蒼乃はキャラ紹介を見る限り俺のツボではあるんだが、まだ見てないので何ともいえない。脚本久弥だし評判良いから今度見てみるか。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dg_law/51266690
この記事へのコメント
アカイイトは恋愛感情よりも家族愛(血縁はもちろん、精神的なものも含めて)が主題となっているので、それほど男主人公作品の姉キャラと区別する必要性は無いかと。
実際、「年下の家族を溺愛しており、時には自らが犠牲になることも厭わない」という部分だけ取り出せば割とステレオタイプですし。

ユメイさんが姉キャラとして没個性化しない要因は、むしろ主人公である桂ちゃんが妹キャラだということが大きいと思います。
無償の愛をただ甘受するだけで許される、というのは弟にはなかなか出来ない(と言うか許されない)芸当ですから。
……得られたはずの愛情を全て投げ打ってでも、弟として、そしてそれ以上に兄として、全ての業を一手に背負い込んだ白花ちゃんは偉大だなぁ。
Posted by at 2008年02月10日 06:50
返事が遅れてすいません、飲みに行ったりサンクリ行ってたりしました。

私としては、弟だとどうしても近親相姦(肉体的一線)の問題が出てきてしまうという点で百合モノは区別してもいいんじゃないかなと思っていたところです。
話がややそれますが、百合モノだと「女性同士があることに悩むか否か」というのが一つの分岐点だと思います。まあ私は悩んでくれないほうが好きですが。アカイイト然りカタハネ然り。
姉妹愛においても、近親相姦というよりそっちの問題が前に出てきちゃう場合が濃くて意味無いなーと思うことはしばしばありますね。

白花ちゃんは百合ゲーにしてでしゃばらない男という意味でも偉大だと思いますw

追記
用事があって急いで書いたらいい加減になっていたので、追記しておきます。
弟と妹の違いについてはおっしゃるとおりだと思いますね。おもしろい視点です。
妹編の時にちらっと書きましたが、自分が妹という属性があまり好きではないのは、そのキャラがちゃんと自律していてほしいと思っているからかもしれませんね。
現実でも「お前はドライすぎ」と言われる私ですが、ここでもそんな性格が出てるのかもしれません。
Posted by DG-Law at 2008年02月11日 10:59
なるほど、確かに肉体関係を視野に入れたお付き合いなら男女で話は変わってきますね。
近親相姦を意識させるようなゲームはほとんど経験が無かったため盲点でした。

>「女性同士であることに悩むか否か」というのが一つの分岐点
確かにそんな感じがありますね。他には「擬似姉妹の枠組みが形成されているか否か」「男性を嫌悪しているか否か」などでしょうか。
正直なところ、これらの要素が加わった百合作品は自分も苦手です。
話としては百合を肯定していても、その一方でお膳立てを揃えなければ百合は成立しない的な意図を感じるので。
恋愛に絡まない男性キャラまで邪魔者扱いする界隈に嫌気がさしたという理由もありますが。


閑話休題。
いつまでも名前欄空白にしておくのも失礼なので今回からHN付けます。
それでは、今後ともよろしくお願いします。
Posted by kon at 2008年02月11日 22:07