2012年04月04日

ネブプラス レビュー

巷の評判はそれほどよくないが,さもありなん。悪くはないのだけれど,いかんせん短すぎるし中身も薄い。ただ,宣伝通りの作品ではあるので正面切ってもあまりdisれない。

本作は人気投票の末に『SHUFFLE!』より八重桜,『俺たちに翼はない』より渡来明日香,『世界征服彼女』より棟本椿子が選ばれて作られたミニファンディスクである。彼女をdisるつもりは全くないのだが,残りの二人に比べて八重桜ってそんなに圧倒的な人気だったか……?てっきり楓が来るものだと思っていたのだが。もっとも私には『Essence+』も『Love Rainbow』もやっていないので,彼女については『Really?Really!』の知識しかないから,判断しようがないといえばそうなる。残りの二人は以前にやった人気投票でもそれぞれ強かったので,予想とおりである。

本作で最も批判されているのはその短さで,実際私がやったところ,バッキーがやや長かったがそれでも2時間弱,明日香は選択肢で細かく分岐するもののEDまでの単純な時間は1時間ほど,桜もおおよそ同じくらいで,CG埋めの時間を含めても4〜5時間あればコンプリートできてしまうだろう。ただし,Hシーンをすっ飛ばし気味に読んでいるので,そこもちゃんと読めば+1時間くらいにはなるかと思う。

もっとも,中身もやや肩透かし気味ではあり,これが長くてもなという気もする。延々とイチャラブが続くというのは事前の宣伝通りではあるのだけどもう一つ何かあるだろうと期待させるのがNavelブランド,というところで大体の人には伝わると思う。イチャラブとしてはクオリティが高いので,そちらに文句はない。明日香は明日香らしいし,バッキーは相変わらずトチ狂っている。ただ,絵に目を向けてみると西又御大はもはや明日香や桜など描き忘れていたか,いつもにもまして1枚絵がなんかおかしいが。

閑話休題,バッキーが多少なりとも長いのは一応イチャラブ以外にも物語的な要素があるからである。ただのイチャラブではなく,バッキーと征人が同棲するという本編にはなかった変化が加わる上に,桜子が出てきてちょっと読ませる文章が出てくる。正直に言えば,見たかったのはこれなわけで。桜と明日香のシナリオも,2時間くらいの分量と中身があれば,批判は少なかったのかもしれない。しかし,制作費の切り詰めなのか知らないが,登場する声優が4人,明日香とバッキーがかぶってるとしても5人しか女性キャラが登場しないのに,話を広げようがない。Navelのふところが心配になるが,その意味では定価が買ってあげたかいがあったと言えるかもしれない。

総じて3作品ともの熱心なファンでなければ定価の4800円で買う必要はほとんどない。が,この間ソフマップで見たところ2980円まで下がっていたので,その値段まで下がっているのなら,まあそれほど損とは感じないかなと。普通のメーカーならファンクラブ限定通販で1000円だろとか,ねこねこソフトなら無料の規模だろとか,思わなくもないけども。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dg_law/52060115