2012年07月02日

2012上半期ニコマス20選

今回ももちろん参加。主催が変わっているので注意されたし。

レギュレーション
投票先

雑感。気づくと人力ボーカロイドを一作も選んでいない。ドリ音Pのも渡り鳥Pのも悪くなかったんだが,PVが思った以上に豊作で入る隙間がなかった。さらに2月ばっかりになっているが,良作ラッシュだったのだから仕方がない。アニマス終了直後ということもあり,普段なら毎年のように年初は「衰退論」が流行するが,今年はその兆しが全く見えなかった。イベント的にはMMD杯とMSC4のインパクトが強かった。MSC5も企画されると嬉しいなぁ(他力本願)。


1.『自分REST@RT』 LIVE in 武道館 765PRO ALLSTARS アイドルマスター(けまり部P)



アニマス終了と同時に年が明けたのが今年。けまり部Pのお約束,いや様式美。


2.アイドルマスター2:裏表なしラバーズ(CAMELP)



ミクさんを使いこなす動画がなかなかない中,新年早々に現れたすごい動画。曲の特徴を生かした内容といいテンポの良さといい,名作である。


3.アイマスxモー娘。 美希 雪歩 伊織 『大きい瞳』 れいな 絵里 さゆみ(ぎょP)



さて,毎回悩むぎょPである。前回20選OPの『祭』は20選つながりでネタ的においしく,いつもと違う曲調の選択でおもしろくはあった。Sweet Devilも良い作品で,やよいを真ん中においたセクシー路線という点では前掲12番同様おもしろい。しかし,最終的にはハロプロに戻ってきてしまうのがぎょPのPVの持つ魔力なのだろうか。


4.おいアイマスが世界的なあの企業のCMに起用されてたぞ(ドリP)



ミクさんのGoogleCM起用が話題となり,そのパロディはアイマスでも作られた。アイマスも時々海外Pがいるからあなどれない。そしてEveryone, Producer。


5.765プロのみなさんのおかげです「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」1(ストラビンスP)



説明不要の腹筋崩壊。くぃどぅるるる。なんでもツボに入っちゃって爆笑する千早さんマジかわいい。


6.アイドルマスター2 『Endless Story』 feat.貴音(けるまP)



今回のけるまPは迷いなくこれをチョイス。美しさといい原作再現といい,完璧。半期No.1PVを選ぶとしたら,これか8番のmizuchiPのを選ぶ。


7.【第8回MMD杯本選】ほめの館(告白P)



第8回MMD杯は,ニコマス界隈でも盛り上がった。ギャグの傑作といえばこれ。春香さんかわいいし,ホメさんは相変わらずの感じで気持ち悪いし。春香とホメ春香が仲がいいのが意外と珍しい感じで,とてもほほえましかった。


8.【アイドルマスター2】Over 'N' Out(mizuchiP)



メンバー・衣装・ダンスのどれもが曲にぴったりとあっている。明るく健康的で,小悪魔的な。ダンスのシンクロもすごい,シンプルなPV。


9.剣闘士マコリッパ BATTLE. (歪氏)



歪絵師による架空戦記二作目。今回は立ち絵増量でさらにかわいく楽しく。ゲーム自体がとってもバイオレンスなので,アイマスとのバランスの取り方が問題になるが,主にギャグに振ってごまかしている。真美の立ち絵がかわいすぎて毎回性欲をもてあます。


10.【ニコニコ動画】【3DCG】アイドルマスターSDでREADY!!【アニメOPver.】(じゃぱねっとP)



自作の3Dのキャラがかわいくネタも満載。ネタのわからない人は大百科へGO。


11.アイドルマスター2 「dreamin dreamin」(影彦P)



前半は平凡なPVであったが,それは溜めであった。それだけに後半の爆発力がすごい。この頃にはやった,七彩ボタンのダンスをうまく使ったダンスPVの一つとしても挙げられる。今期は七彩といいマリオネットといい,配信された曲のダンスがとても良く,これがPV活性化につながったのではないかと思われる。


12.アイドルマスター2 『FO(U)R』 春香・千早・やよい(りずP)



名曲は何度だってよみがえるのだ,的な。実際,どんどんReproduceされるべきだと思う,特に公式曲は。はてさて,りずPにそのような意識があったかどうかは知らないが(多分無い),2だからこそできるダンスが多くてとても良い。ついでに張っておくが,影山Pのものに並ぶ傑作。


13.ζ*'ヮ')ζやよいぱんさぁ(ナンカンP)



このメンバーのアンバランスさにこの曲という突飛さに,最初はやはり引いたけど見てみるとこれがなかなか。ダンスにメリハリがあってスタイリッシュなので,やよいに漂うギャグ感が薄く,ギャップが逆にPV的なおもしろさに転化されている。これは狙ってやってるのだと思うけど,良い狙い。作戦勝ちといえばいいのか。


14.【DQ×アイマス】ドラゴンクエスト2DS 第1話(ランプキンP)



今期始まった架空戦記では一番の期待作。何より立ち絵がかわいいが,話の進め方も実にうまく,良い意味でとてもシンプルに動画をまとめている。愛ちゃんの立ち絵のパイスラを見るたびに性欲をもてあますのでなんとかしてください。


15.アイドルマスター2「Day of the future & マリオネットの心」(神風P)



やっぱりこの人半端ないなと思わせられる,全開な神風節。アニマスを使っているところは一つ新しい。


16.【ニコマスメドレー】PerfumeM@sterFestival-Bitter-【合作】(合作)



PerfumeメドレーはBitter,Sweetでわけずに集計するらしいのだが,どちらか選ぶならBitterを選ぶ。ヌキピカヤスタカはなんだかんだ言っても,どれだけ時間が経とうと正義である,というのを見せつけられた動画。


17.アイドルマスター2 『Attraction Pop』(crongP)



今回のポップでかわいい枠。実際のところPVの大半でアイドルたちのダンスは上半身しか写っていないのだが,それがうまく効いている。下半身が写っていないからこそ,軽やかに踊れているのだ。


18.【MSC4】Chu×Chu アイマす 【春香ちゃん】(合作,窓風朝穂子)



MSC4から一つ目。レギュレーション違反は残念だが,「開催中にばれなかったこと」である程度逃げ切ったかなと。いずれにせよ作品そのものに罪はなく,このクオリティならMSC関係なく注目を浴びたと思うし,この場合は「かわいいは正義」で済ませてもよいかと思う……とはまあ,投票し続けた身からの言い訳としてもここに記しておく。


19.【im@sMSC4】ぴんくの象【完成版】(終わり詩P)



MSC4からもう一作。なんで伸びてないのか不思議である。エロさと笑いという,ある種正反対なものが絶妙に混ざり合っている。終わり詩Pはもう一作と割りと悩んだが,こちらを採用。


20.【アイドルマスター】BBCドキュメント風アイマス絵画巡礼の旅 #01(bbcP)



オオトリはこの作品に。西洋美術史ファンとして,この動画は選択せざるを得ない。追いつかないツッコミ,アイマスネタを優先しつつ,とれるところでは美術ネタも挟むその細かさは前作に全く劣っていない。実は解説記事を作ろうとして,どうにもわからない作品が出てきて断念したのは公然の秘密である。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dg_law/52077254