2018年08月13日

C94参加記録

メンバーはちょっと変わってORATORIO,頬付,ネ右です。ネ右はC84以来の参加だった模様。


8/9
普通に仕事。退勤後は部屋の掃除をして睡眠。22時頃に起床してダラダラ過ごす。23時頃にORATORIO到着。今回の初日はこの二人だけ。軽く打ち合わせをして0時頃再度就寝。

8/10
4時半頃起床。準備して諸々の始発に乗って5時50分頃に会場着。西の待機列に並んで結構良い位置。到着直後は想定していたよりも暑く,蒸していて地獄の始まりの予感がしたが,その後は8時半頃までは曇り気味で気温がそれほど上がっていかず,風も吹いていて,想定は良い方向に外れた。今回も有明フロンティアビル・TFTビルに退避して列固定の8時45分頃までは割とゆったりと過ごす。有明フロンティアビルはクーラーがガンガンに効いているので良いが,土・日は午前10時開場なので初日しか使えないのが難点である。TFTビルは曜日関係なく7時半に開くが,利用者が多すぎてクーラーの効きが悪い。あれだったらビル風の吹くテラスの方が涼しいレベルである。ORAはずっとFGOとグラブルをしていた。

午前9時過ぎからちょっとずつ列が動き始めて30分過ぎに館内へ。クーラーで癒やされる。10時に開場,10時2分頃には会場内(東456)へ。いつもなら初手は劇毒少女だが,他に行くところがほとんど無いというORAが行ってくれることになったので,あずまあやにした。無事「物議を醸した表紙のコピ本」をゲットした。初手で行ったこともあってか意外にも列がほとんど無かったが,正午頃に売り切れていたようなので行っておいてよかったと思うことにしよう。一方で劇毒少女は例年にもまして牛歩だったようで,購入までに1時間ちょっとかかったそうだ。意外と早くて30分ほどで買えることもあればこうなることもあり,読めない。品揃えは毎回さして変わらないので,売り子の確保の問題なのかもしれない。11時頃に東方ゾーンの買い物が終わって艦これゾーンへ。こちらはさほど数がないので11時半頃に終わり。艦これは前回総集編が多かったということからの予測通りで,かなりアズレンやFGOに人が流れていて,描き手も買い手も少なくなっていた。第二部の開始はかなり正念場かも。

西に行く前にORAから「life is free(しらび)の様子を見てきてくれ」と言われたので,西に行きがてら東1に入って外周に出ると,東の1から始まって3まで伸びている上につづら折れになったひどい行列を見つけ,瞬間にこれがそうだろうと察しがついた。元からの人気にりゅうおうのおしごとのアニメ化,描いているものがFGOと3つそろってしまい,加えてなんかの工房(lack)と合体サークルだったので,こうなるのも納得である。まず間違いなく初日で一番長い行列だったのではないか。後から調べてみるとサークルチケット組だけで東3までたどり着いていて,徹夜組でもう折り返していたとのこと。12時半で新刊セットが完売・13時半に完全完売だそうで,とするとかなりの人が徒労に終わったのではないか。ご愁傷様である。

life is freeの列の様子を「おもしろいギャグだった」とORAに報告,おすすめルートを通って西に移動し,赤月ゆにに行く。自分が行った11:40頃の時点で列はほとんど無かったが,朝方は長蛇の列だった模様。あとは周囲のVtuber島をうろうろして正午頃に終戦。ORAがまだがんばるということだったので集合場所に移動して休憩。この日は11時過ぎから晴れて気温が上がり始め,最初の方は楽だったが次第に苦しくなっていった。体力的にもこの辺で終わっておいてよかったのかもしれない。13時頃にORAと合流して帰宅。シャワーを浴びて雑に飯を食ったら,用事があったので移動。ORAをお留守番に残す。


11日
用事があって1日つぶれる。コミケもバ会も不参加(バ会は頬付のみ参加)。22時頃帰宅。その間にネ右が来ていた。ORAは寝ていた。一旦ORAを起こしてネ右と3人で翌日の打ち合わせ。シャワーを浴びて0時頃に就寝。


12日
午前4時半頃に起床。バ会会場から帰ってきた頬付とも合流し,会場まで移動して午前5時半頃に到着し,西待機列へ。6時半頃から20分おきくらいに小雨が降り,危ないかと思われたが結局本降りには一度もならず。むしろ雨が降ったおかげで涼しくなり,過ごしやすかった。この日の入場待機列のハイライトはこれ。


汝,無垢なる刃……


9時20分頃から移動開始,9時40分頃に止まって,ちょうど逆四角錐の真下辺り。ぎりぎり建物に入れず。そこからの進みはなんだか知らないけど早く,10時10分より前には東の会場入り。東456に入って初手は森宮缶。そのまま壁をぐるっと攻めて早いタイミングで緑茶コンボに行き,そのままアイマスの島中へ。途中で「2017・18年に出題された政経の入試問題の悪問・難問・奇問集」という,極めて既視感のある同人誌を売っているサークルに寄って,買いがてら「どーも『絶対に解けない受験世界史』の著者です」と挨拶をした。



東456が11時40分頃に終わって東123へ。VISTAをネ右に任せていたので並ぶサークルがあまりなく,MeltdoWN COmetは完売していたのでスルーしたら非常にあっさり買い物が終わる。吉野(「春衡伯爵家の事情」)が誕生日席で多少並んだくらいか。12時20分頃に東での買い物が終わって,この日もおすすめルートを通って西1へ。おすすめルートの入り口を比村乳業の列(通称:比村サーキット)が塞いでいて非常にイラッとした。サーキット状態なのでかえって列に切れ目がなく,おすすめルートに入るまでに大きな迂回をさせられた。あれならもうちょっと別のところに列を形成して,牛歩の列をあそこに置いた上で切れ目を作っておいてほしかったところ。また,東から西への移動はスムーズだったが,西から東への移動は完全に詰まっていて,まったく「おすすめ」できる状態ではなかった。軽く20分はかかりそうで,あれなら東西連絡通路を取った方が早いかもしれない。その他,会場内の島中は例年通りくらいの混み方かやや空いていると感じるくらいだったが,外周や各所の休憩場所,移動経路等では過去10年で最大の混み方をしていて,三日目の参加者数は明らかに多かった上に偏りがあった。何だったんだろうか。

西はチェックをつけているサークルがそれほど多くないので,Russian Blueに多少並んだ程度で早々にすべて買い終わり,オリジナル百合ゾーンを物色して時間をつぶしていた。13時頃に体力とやる気が尽きて終戦。何より足より腕が限界だった。かなり量を買った気がしたが,冊数や金額からするとそれほどでも無く。グッズをあまり買っていない・値段の割に分厚い本が多かったという辺りが原因だろうか。13時20分頃に集合場所に到着。朝方降っていた小雨もせいもあってか,終日曇り気味で,感覚的なつらさはあまり感じず,楽なコミケだった。ただし,湿気が多い日は気づかないうちに熱中症になりやすいので,こまめな水分補給が重要である。13時50分頃に全員集合して帰路へ。15時頃に帰宅。ORAはオフ会に旅立っていき,明日仕事だというネ右は東京駅へ。自分と頬付は一旦寝て,適当に夕飯を食べたら,風呂に入って互いの戦利品を読んでのんびりしていた。ORAがオフ会から帰ってきたのを出迎えたら就寝。翌日の昼頃に解散した。


今回は例年を上回る酷暑,その上直前には台風直撃危機もあって天候面でかなり危ぶまれたが,ふたを開けてみるとむしろ楽なコミケであった。少なくとも初日が雨天・三日目が酷暑だったC92よりは明らかに身体へのダメージが少なかった。また,個人的な話をすると今回は登山用の装備で参加したので,そういう楽さもあったのかもしれない。やはりコミケは登山。聖地巡礼という意味合いも加味すると,修験道かな。