ヶ原(物語シリーズより)「辞典の中に入りたいと思ったことはないかしら、その夢が叶うと言ったらどうする」
ぼく (戯言シリーズより)「思ったこともないし別にどうも…」
今日子 (掟上シリーズより)「まあ素敵、それは一体どんな辞典なんですか?戦場ヶ原さん」
ヶ原「西尾維新大辞展。辞典は辞典でも 展覧会」
ぼく「戯言だよね」
暦(物語シリーズより)「百貨展にて百科事典、本を編まずにミュージアム」
                       (「西尾維新大辞展」ウェルカム映像より引用)

この動画が良くていち早くいきたいと思いました。どうも皆さん1ヶ月ぶりの執筆になります、蒼です。
ということで今回訪れたのは7月27日〜8月7日に行われていた『西尾維新大辞展』(東京会場)です。
開催地は松屋銀座 8Fイベントスクエアです。今回の展覧会はとても行きたかったので本当に行けて嬉しかったです。ちなみに私が初めて読んだ西尾先生の作品は小4の時に読んだクビキリサイクル(戯言シリーズ)でした。今でも時々読み返したりする作品で読み返しても飽きさせない魅力があります。あ、ちなみに戯言シリーズの推しは千賀 ひかり(ちが ひかり)さんか潤さん(本名は哀川潤(あいかわ じゅん)
さんなのですが苗字で呼ぶのは敵だけなので今回は名前のみで(`・ω・´)キリッ)か石丸 小唄(いしまる こうた)さんですね。(要するに大人っぽい女性が好きなんですね)
前置きはこの辺にして、本題に進みましょう!!

西尾維新展 84_170820_0018

入り口には西尾先生と言ったらこれ‼︎という3作品から4人がお出迎えしてくれました。そして今回普通のチケット以外に音声付きというのがあったのでそちらをチョイスしました。こちらの感想は展示の最後の方に載せたいと思います。この時点でかなり感動していましたが、入った時の感動の方が強かったので中を見て行きましょう。

西尾維新展 84_170820_0003
西尾維新展 84_170820_0004
西尾維新展 84_170820_0002
西尾維新展 84_170820_0006
西尾維新展 84_170820_0010
西尾維新展 84_170820_0007
西尾維新展 84_170820_0014

入った瞬間のこの壁に思わず顔が綻んでしまいました。今までのキャラの絵が明かされている作品のキャラ(伝説シリーズなどキャラの絵がないものあり)が全面的に出ていました。基本西尾先生はシリーズで本を書くことが多いのですが一巻完結の作品「少女不十分」の女の子(最後の写真の一番右の女の子。作品内ではU・Uと呼称されている)までがいるのは驚きでした。

ここからは写真撮影が可能なところピックアップしていきます。

西尾維新展 84_170820_0022

これはキャラのパネルが光るとそのキャラの名言が出てくるというファンが喜ぶ展示でした。このパネルは人間シリーズと戯言シリーズの複合パネルです。この二つは切っても切れない関係があって特に戯言シリーズのぼくと人間シリーズに出てくる零崎 人識(ぜろざき ひとしき)が…おっとネタバレですね。ここから両方揃えて読んで欲しいですね。ちなみに今回の写真で取り上げられている名言は戯言シリーズより匂宮 理澄(におうのみや りずむ)です。

西尾維新展 84_170820_0017

そしてここで展示最後のパネルですね。一緒に写真が撮れる場所なのですが少し恥ずかしくて取れなかったのですがちゃんと写真にはちゃんと納めました。
               \_(・ω・`)ココ重要!
一つ一つ作品についての展示や今まで出版された西尾先生の作品が飾ってあったりと、とても満足展示会でした。音声の方は三種類あり

1,ぼく&玖渚 友(くなぎさ とも)[戯言シリーズ]
2,阿良々木暦(あららぎ こよみ)&忍野忍(おしの しのぶ)[物語シリーズ]
3,掟上今日子(おきてがみ きょうこ)&哀川潤[掟上シリーズ&最強シリーズ]

この全部が面白く大変満足できました。個人的に良かったのは組み合わせとして面白かった3番でした。ちなみに3番だけシリーズがバラバラですよね。ですが、この二つのシリーズには実は共通点があるんです。それは小説一巻の刊行日が同じなんです!!ファンなら気づいた人もいたかもしれませんがこの組み合わせは新鮮でありだなと思いました。今回は展示の他に物販もあり大盛況でした。私はPCステッカー、マグカップ、Tシャツを買いました。

32499

(あ、マクロスΔはお気になさらず)

余談ですが自分の名前にもなっている「蒼」は戯言シリーズのメインヒロイン、玖渚 友の別名「死線の蒼」から取っています。名前に取り入れるくらい西尾先生の作品が大好きなので今後も頑張って欲しいです。(ファン目線)最後にこの人のありがた〜いで終わらせたいと思います。

あのなー。ちゃんと理解しとけよ?人生ってのは死んでも終わらないんだぜ?お前が死んでもお前の影響は残るからな。本当は終わりなんてどこにもないんだぜ?   
                                       哀川潤
ではまた近いうちに…。