皆さん初めまして、執筆を担当する新メンバーの式神です

人生初のブログですので上手くできていないかもしれませんが温かい目で見てくださると嬉しいです。
 
2018年2月16日金曜日にACSAのメンバーで横須賀に観光として行って参りました。
横須賀観光として『戦艦三笠と海軍カレー』についてレポートしていきたいと思います。
今回の目的は戦艦三笠を見に行き海軍カレーを食べることが目的になります。
戦艦三笠を見るために『三笠公園』にある『三笠記念館』に行きました。

 その三笠公園に行くために最寄り駅の『横須賀中央駅』に私達は下車しました。
                BlogPaint


 三笠公園に到着する時間は徒歩で約20分ぐらいになります。
 BlogPaint


公園の入口入ってすぐに戦艦三笠の巨大な姿が見ることができます。

保存されている戦艦三笠の中を見学出来ますが入場料が必要になります。
因みに館内等の撮影は他の見学者の迷惑にならない範囲で可能です。

私達が観光に来た2018年2月16日の日タイミングが悪く船の補修工事が
行われており船内全体は見る事が出来ませんでした。
BlogPaint
なので全部は見せられないのですがその一部をご覧ください。
三笠に入ってすぐに見えるのは案内板とこちらになります。
横須賀_7
私はミリタリーに関してはあまり詳しくないのですが写真に写っている物や
道具などは建造当時から存在しているものになります。
 
ここからは甲板と船内の様子をお見せします

BlogPaint


これは戦艦の副砲が設置されている付近の写真になります。

横須賀_17

横須賀_28



戦艦を操縦する操舵室や大砲を撃つ部屋等を見ることが出来ます。

横須賀_33

横須賀_16

甲板を移動際に気を付けてほしい点は、階段等が急で転びやすくつまずきやすいですので
手すりなどに捕まって慎重に乗り降りして下さい。
以上が甲板で見られるところになります。

ここからは船内で展示しているものについてです。
 船内の展示物については過去の資料や当時の海軍の制服などが展示されています。
横須賀_40

横須賀_55

戦艦三笠に乗艦した司令官の部屋の再現もあり他の部屋と違い豪華で部屋にバスタブが備え付けてありました。
横須賀_53
横須賀_48


他にも船内には見るところがありましたが補修工事で全体は詳しく見て回ることができませんでしたが
なかなか見ごたえのある内容で長く充実した時間を過ごせました。

以上が『戦艦三笠』を見学した感想になります。

戦艦三笠を見終わった頃には昼どきであり横須賀名物とも言える海軍カレーを食べに行きました。
その海軍カレーを食べに行った店の名前は『横須賀海軍カレー本舗』という海軍カレーを取り扱う
店の中では有名どころになります。
店自体は建物の中の二階にあり一階はおみあげコーナーとなっております。

これが二階に上がる際の入口になります。
カレー


こちらの写真に写っているキャラクターはTVアニメ『ハイスクール・フリート』にて
主人公の岬明乃(ミサキ・アケノ)になります。
ここの階段を上ると店内になります。

  『横須賀海軍カレー本舗』で私達が注文した料理3品の一覧です。

まず一つ目の料理は、『掃海艦はちじょうポークカレー』(¥1,630)。
po-ku4

このカレー特徴は現役の自衛官に出されるカレーであり栄養のバランスが考えられている料理になっております。
料理の構成は、ポークカレー・サラダ・コロッケ・福神漬け という構成です。

二つ目に注文した料理は、『金剛カレー』(¥1,630)になります。

金剛カレー

このカレーの特徴については、金剛という戦艦はイギリスで発注されたことに因んでイギリス料理風なカレー
になっており食後には紅茶が出されました。
料理の構成は、スープカレー・フィッシュアンドチップス・サラダです。

三つ目の料理は、『陸奥カレー』(¥1,630)を注文しました。
横須賀_64
このカレーの最大の特徴は、実際の戦艦陸奥の艦橋を再現したオニオンリングのタワーになります。
料理のセットには、コーヒーがついてきます。
料理の構成は、カレー・オニオンリングタワー・コーヒーです。

以上が『横須賀海軍カレー本舗』にて注文した料理となります。
因みに、カレーの辛さとライスの量は店員に注文時に変更ができます。





最後に私個人は横須賀自体初めて来たこともあって充実した一日を過ごせました。
観光をじっくりしたい場合は、午前中などの早い時間帯から横須賀についていた方が
観光を楽しめて良いと思います。
今回の記事では『戦艦三笠』と『海軍カレー』しか乗せられていませんが
この他にも横須賀には見どころがたくさんあったので何回かに分けて横須賀を観光
したいと思いました。


以上、式神がお伝えしました。