皆様、久しぶりでございます。執筆を担当した式神です。
今回は2019年9月下旬の
ウィクロスと呼ばれるカードゲームの
公式イベント「ウィクロス学園祭」に私が参加しに行った
際のイベントの内容をブログに書かせていただきます。



 私が参加してきたイベント「ウィクロス学園祭」は2019年9月22日に
蒲田にある日本工学院蒲田キャンパスという場所で開催されました。
 
私はここで開かれる年に一度のカードゲーム「ウィクロス」の祭典
ウィクロス学園祭』に参加すべく会場に向かいました。

BlogPaint

会場入り口には「ウィクロス学園祭」と書かれたゲートがイベント参加者を
出迎えてくれます。
ゲート

ゲートをくぐり抜け、地下へとエスカレーターで下るとそこは
ウィクロスのイベント会場だった。
BlogPaint
会場内は、大空が描かれた天井に加えてとても広々とした空間でした。

会場の壁を見渡すと至る所にウィクロスのイラストの展示があり
そこでは、展示された様々なイラスト作品への投票が行われていました。

こちらは投票で一位になった作品の写真になります。
イラスト2

 会場では「企業出展ブースユーザー出展ブースステージイベント
そしてこのイベントの醍醐味のウィクロスバトル」と言ったイベントが繰り広げられ
ウィクロス学園祭は凄く熱狂しておりました。


ここからはイベント会場で開かれている内容を私が特に印象に残ったものを
中心に紹介したいと思います。
まず最初は、ウィクロス学園祭のメインイベントに当たるウィクロスによるユーザー同士の対戦イベント『バトルラッシュ』を紹介します。{分かりやすく説明しますとウィクロスというカードゲームの持参した自分のデッキで2回ほどバトルをすれば限定グッズが貰えるイベントになります。}
BlogPaint
私も自分のデッキを持参してこのバトルラッシュに参加し大いに楽しみました。

ここからは『企業ブースとユーザー出展ブース』の紹介になります。
ここでは、企業側とユーザー出展側の二つに分かれて学園祭らしく様々な
出店を行われていました。
全てのブースは無料で楽しめるようになっており
更に出展ブースの数はなんと50ブースもあります。
しかしながら全てを紹介が難しいため、本ブログではそこで出展された企業、ユーザー二つ含めて
私の独断と偏見で選んだ3つを紹介します。

まず一つ目は企業ブースから「東具」出展の
「カードタワーで遊ぼう」になります。

BlogPaint
このコーナーではカードのタワーを指定された段数分立てれば景品が貰えるコーナーです。
景品はこのイベントでしか手に入らない代物がたくさんありました。

二つ目はユーザー出展ブース「深山幽谷のドット絵部」出展の
「始めようドット絵完成!一つの点から創造せよ!」です。
展示3

こちらは、ウィクロスの様々なカードを使って完成されたモザイクアートになります。

三つ目は、企業ブースから「カードゲーマー編集部」から出展の
「ぼくのかんがえた最強のルリグ選手権」です。
BlogPaint
ここでは、元々あるキャラクター達の素材に色を塗ったりなどをして
自分だけのオリジナルキャラクターを作るコーナーになります。

以上が自分が独断と偏見で選んだ3つのブースになりますが
この他にも面白いブースがあったりなど充分に楽しめました。

 『ステージイベント』に関しては撮影等が様々な事情があり出来なかった為
イベントに関する一部の写真を載せられませんが
ウィクロスの最新情報の公開やコスプレ大会があったりなどステージイベントも充実していました。

こちらがステージイベントの開催した時の写真になります。
IMG_2416

このように9月22日に開催したウィクロス学園祭の会場はとても
賑わっており誰もがとても楽しめるイベントだと私は思います。

ウィクロス学園祭が終了する時に運営のスタッフの方々が会場に来てくだっさった記念に
記念写真を撮ろうということで写真を撮って下りました。
イベント閉会式

ウィクロス学園祭は、「ターンエンド!」の会場にいる方々の声と共に閉幕しました。


ウィクロス学園祭に参加した感想としては、ウィクロスは今年で5周年を迎えており
それを祝うイベントということで私は、ウィクロスの祭りに参加しに行きました。
会場にいる誰もがウィクロスというゲームを楽しめる良いイベントだと思いました。
 今回のウィクロス学園祭の様に毎年年に一度大きなイベントが開催されており
本ブログを見てくださりウィクロスに興味が出た方は是非イベントに参加してみては
いかがでしょうか?

 では、また近いうちに…