kittenish blog!

プンガ!と憤慨したニュースも映画レヴューも綴るブログ。

TPP批准案が成立されたのにスピンの愚に怒りが止まらず

先月に衆議院で強行採決、可決されてしまったTPP承認案と関連法案だが、
現在の臨時国会の会期を来週14日に延長してまで、
参議院でも確実に可決させようとする安倍晋三政権、
そして日本政府の暴走が止まる処を知らない。

アメリカ大統領選挙で当選したドナルド・トランプがTPPからの脱退を表明し、
最早TPP発効の可能性は限りなく消滅した。
(一方で二国間協定のFTAを推進していくことに警戒すべきだが)
TPPが発効されずとも、TPP関連で計上された予算を使い切ると、
霞が関の輩どもは息巻いていやがるが、そんな血税を無駄遣いする位なら、
社会的弱者への保障を更に充実させるのが筋だと我々が強く訴える程、
逆に官僚や議員連中は頑なに社会保障には配分させたがらないだろう。


カジノ法案の参議院での採決を来週に延期させてまで、
TPP承認案と関連法案が本日9日に参議院特別委員会、
そして本会議でも急ぎ足で強行採決され、
自民、公明、日本維新の会等の賛成多数で可決、成立してしまった。
これにて、TPP批准手続が参加12か国で真っ先に完了してしまうことになる。

TPP承認・関連法、参院本会議で成立 米脱退で「漂流」へ
ロイター 2016年12月9日

[東京 9日 ロイター] - 環太平洋連携協定(TPP)の承認案と関連法案が9日、参院本会議で可決され、成立した。アジア太平洋地域の新たな貿易ルールを定めたTPPが発効すれば、日米を含む参加12カ国の貿易量が拡大すると期待されていたが、トランプ次期米大統領が就任後、直ちにTPPから脱退すると言明し、発効のめどが立っていない。米国で承認されない場合、協定は「漂流」することになる。
TPPは日本と米国を含む参加12カ国が2015年10月の閣僚会合で大筋合意し、今年2月に署名された。
ただ、TPPでは、発効の条件を「12カ国のうち少なくとも6カ国が国内手続きを終え、なおかつその6カ国の2013年における国内総生産(GDP)の合計が12カ国合計の85%を超えていること」と定めている。
日本と米国の両方が入らないと、85%ルールをクリアすることはできない。
TPP政府対策本部によると、米国で承認されないと、協定が発効しない状態が続く。将来的に米議会で承認されるまで、その状況が継続することになるという。
日本政府は、現段階ではトランプ政権発足後の推移を見守る姿勢。安倍晋三首相は午前の参院特別委員会で、トランプ次期大統領の脱退発言にもかかわらず、参加国の中で国内手続きをやめた国はないと指摘、「TPPが持つ価値、戦略的、経済的な価値についてしっかりとそれぞれの国が国会において承認を得て、国家意思として示していくことこそが今、求められている」と発言した。
TPP承認案と関連法案は、本会議で、自民、公明、日本維新の会、日本のこころを大切にする党などの賛成多数で可決された。民進党と共産党は反対した。
(宮崎亜巳 編集:田巻一彦)
http://jp.reuters.com/article/japan-tpp-idJPKBN13Y0FJ







しかし、隣の韓国の国会で朴槿恵大統領の弾劾が可決され、
大統領の職務執行が停止されるというニュースを大々的に垂れ流すのは、
やはり言うまでもなくスピンコントロールの一環である。


日本の主権をアメリカ様や世界的ハゲタカどもに売り渡した後だろうが何だろうが、
我々日本の民衆が重篤な痛みとなって反映されるのは、
既に諸制度が改悪されて久しく経過した頃になっている。
それではあまりにもあまりにも遅過ぎるのだ。

依存症者の苦しみも知らずカジノ法案も強行採決

カジノを含むIR=統合型リゾート施設の整備を推進する法案、
通称カジノ法案は長年、ギャンブル依存症対策の不備等もあり、
国会で審議すら為されてこなかったが、
先月30日に衆議院内閣委員会で突如審議入りし、
今月2日に強行採決、賛成多数で可決されてしまった。
自民党と日本維新の会が賛成し、公明党は自主投票の結果、
賛成1人、反対2人と分かれた。

そもそもカジノは現在の刑法でも禁止されているのにも関わらず、
将来的な刑法の該当部分の改定と、
現在のパチンコの利権屋の次なる利権の標的作りの目的も感じられ、
1箇所でもカジノが設置されることで、地域社会の治安悪化、労働環境の悪化、
税収の低迷による自治体の財政破綻等が起きようが、
利権屋や推進の政治屋にとっては全く無関心なのだろう。

衆議院の内閣委員会での審議で、
自民党の谷川弥一が故郷の長崎の話をしたり、突然般若心経を唱えたりと、
本気でカジノについて審議しようと思っていないからこそ、
自民党が審議時間僅か6時間程度で強行採決に踏み切れたといえるのだ。


安倍晋三政権の広報たる読売新聞でさえ、
2日の社説でカジノ法案の採決に反対したことが衝撃を持って受け止められたが、
同じく読売新聞の世論調査でもカジノ解禁に57%が反対している。

今月5日のTBSラジオ「Session-22」でも、
ギャンブル依存症の現状について特集していたが、
その問題を知ろうともせずに、只闇雲に「経済浮揚」を名目に、
世界各国で衰退しているカジノを日本で「敢えて」導入したがるのは、
アベノミクスが破綻したり、社会保障費の不当なカットの分を軍事費に注ぎ込んだり、
世界中に環境汚染を拡大させる原発を輸出したりするという、
経済面でも倫理破壊を正当化する狙いがあるのではないのか?



それでも本日6日午後の衆議院本会議にて強行採決され、
自民党と日本維新の会等の賛成多数で可決されてしまった。
自民党からは元防衛大臣の中谷元が、
ギャンブル依存症対策が不充分として採決前に退席した。
公明党は内閣委員会に続いて自主投票としたのだが、
公明党全体としては基本的にカジノ賛成だろう!
TPPといい、年金カット法案といい、そして今回のカジノ法案と、
今回の臨時国会での強行採決はもう何度目だろう!

カジノ法案が衆院通過 民進、自由、社民は退席
東京新聞 2016年12月6日 夕刊

 カジノを含む「統合型リゾート施設(IR)」整備推進法案(カジノ解禁法案)は六日午後の衆院本会議で、自民党と日本維新の会などの賛成多数で可決した。政府・自民党はIR整備を成長戦略の一つと位置付け、自民党は十四日までの会期内で参院で採決し、成立させる方針。維新を除く野党は、衆院内閣委員会での審議が六時間弱と少なかった上、ギャンブル依存症増加への懸念が残るままでの採決に反発。民進、自由、社民三党は採決に加わらず、共産党は反対した。

 連立与党の公明党は、党内にカジノ解禁への賛否両論があって党としての対応を決められず、衆院の採決では議員が自身の判断で賛否を決める自主投票とした。山口那津男代表は六日午前の記者会見で「(自民党との)連立政権に影響を及ぼさない」と述べた。

 自民党の二階俊博幹事長は記者会見で「今国会で成立させる方針に変わりはない。引き続き丁寧にやっていく」と述べた。

 カジノ法案は昨年四月に自民党や、維新の党と次世代の党(いずれも当時)が議員立法として提出。継続審議となっていたが、先月三十日に衆院内閣委員会で審議入りし、今月二日と合わせて計六時間弱の質疑後に採決が行われた。

 民進、共産、自由、社民の野党四党は採決は無効だと主張し、五日に、大島理森衆院議長に本会議での採決を行わないよう求めていた。

 法案は訪日外国人らの誘客を目指し、カジノやホテル、会議場などが一体化した複合施設の整備を政府に促す。施行後一年以内をめどに、政府がカジノの一部解禁を含む法整備を行うと定めている。 (大野暢子)

◆依存症など懸念先送り

 カジノ解禁法案が、六時間弱の審議で衆院を通過した。ギャンブル依存症の増加や地域社会への悪影響、経済効果への疑問など、懸念は先送りされたままだ。

 法案提出者の一人で、自民党の細田博之総務会長は二日の衆院内閣委員会で、ギャンブル依存症対策について問われると「大きな問題だ。必ず取り組む」としながらも、具体策は政府に要請すると答えるにとどまった。

 同法案は議員立法で、施行一年以内をめどに、政府がさまざまな法整備を行うと定めている。だが、同法案は刑法が禁じるカジノ解禁に道をひらき、社会の仕組みを大きく変えるものだ。

 それだけに、自民党内にも法案への戸惑いがある。五日の参院の会合では、マネーロンダリング(資金洗浄)への悪用の恐れなど、慎重な対応を求める声が上がった。連立を組む公明党は賛否両論があり、党としての対応を決めきれなかった。

 政府による法整備を待たず、自民党は、国民や各方面の疑問に答えるよう丁寧な説明を尽くす必要がある。 (篠ケ瀬祐司)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201612/CK2016120602000245.html




しかも、明日7日にも参議院本会議で審議入り、
8日にも参議院内閣委員会でも審議が狙われているという。


日本はパチンコなり公営競技なり宝くじなりと、
今でも世界屈指のギャンブル大国である訳だが、
更にトドメを刺すようなカジノ法案などそもそも必要か?
必要ないだろう!
これ以上ギャンブル依存症に苦しんだり、更に貧窮したりする国が幸せだと思うか?
そもそも日本の大多数の国会議員、そして民衆は想像もしていない筈だ。

サウンドトゥルーが直線一気の末脚で砂の王座を掴む

昨日の阪神5Rで福永祐一が落馬し、右鎖骨骨折を発症。
本日阪神で騎乗予定だった10鞍は乗り替わり。
中山4Rでフランス国籍の23歳、ヴァンサン・シュミノーがJRA初勝利を挙げると、
続く中山6Rでも勝利を挙げました。

本日の中京競馬場11Rはダートの王座決定戦、ダート1800mのG1、
第17回チャンピオンズカップ。
今週水曜にはホッコータルマエが回避してそのまま引退、
(東京大賞典当日の今月29日に大井競馬場で予定していた引退式も中止)
タガノトネールが調教中の事故で予後不良となりました。

カフジテイクやゴールドドリームがスタートで出遅れ、
モンドクラッセが逃げ、コパノリッキーが2番手、アスカノロマン、
ブライトライン、モーニンと続き、ラニやノンコノユメは後方馬群、
サウンドトゥルーは後方2番手からの追走。
アウォーディーは中団で鞍上の武豊が必死で手綱を動かし、
最後の直線でモンドクラッセが逃げ粘りを図るも、
外からアウォーディーが一旦先頭に立ちますが、
更に外から単勝6番人気のサウンドトゥルーがクビ差交わして差し切り、
昨年の東京大賞典以来の勝利で2度目のG1制覇を果たしました。
セン馬のJRAのG1制覇は、
2003年のジャパンカップダートのフリートストリートダンサー以来13年ぶり、
JRA所属馬では2002年のマイルチャンピオンシップのトウカイポイント以来14年ぶり。

フレンチデピュティ産駒のサウンドトゥルー(Sound True)は、
昨年の東京大賞典優勝後は勝ちきれないレースが続きましたが、
昨年3着のチャンピオンズカップでリベンジ成功です。
鞍上の大野拓弥は2014年のみやこステークス以来2年ぶりのJRA重賞通算8勝目、
G1は2014年のスプリンターズステークスのスノードラゴン以来の2勝目。
管理する高木登調教師はそのスノードラゴンのスプリンターズステークス以来
2年ぶりのJRA重賞4勝目、G1は2勝目。

単勝1番人気のアウォーディーが交わされての2着で、
ダート転向後の連勝は6でストップ。
単勝10番人気のアスカノロマンが更に1/2馬身差の3着で、
3連単8-2-4は256番人気の85980円。



本日のWIN5の結果です。
中京10R 浜松ステークス:1着(7)トウショウピスト 幸英明 10番人気
阪神10R 妙見山ステークス:1着(8)ビッグリバティ 川田将雅 5番人気
中山11R 北総ステークス:1着(12)センチュリオン 柴山雄一 2番人気
中京11R チャンピオンズカップ:1着(8)サウンドトゥルー 大野拓弥 6番人気
阪神11R タンザナイトステークス:1着(6)サンライズメジャー 池添謙一 4番人気
浜松ステークスは、
スプリント路線で活躍したシーイズトウショウの仔のトウショウピストが勝利。
3連単は1085620円の大波乱。
タンザナイトステークスで勝利した池添謙一は1998年3月のデビューから18年9か月で、
史上33人目、現役16人目のJRA通算1000勝を達成。
更に阪神12Rと連勝し、通算1001勝目を挙げました。
1番人気馬が全敗で85票が的中し、払戻金は5254680円。
次回のWIN5は12月11日のG1阪神ジュベナイルフィリーズを含む対象5レースです。

movie review『アルジェの戦い』

わたしは12月3日に大阪の第七藝術劇場にて、
ジッロ・ポンテコルヴォ監督の映画『アルジェの戦い』を観賞した。

1966年に公開され、1966年のヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞し、
現在も戦争映画の傑作として語られるこの映画が、
デジタルリマスター版としてこの度上映された。

フランス植民地下のアルジェリアで1954年から、
独立を果たす1962年までを時間軸として物語は展開されている。
アルジェリアでの独立戦争の最中を生きた若者、アリ・ラ・ポワントを主人公に、
フランスからの独立を願う民衆の真摯な瞳と、
カスバのヨーロッパ人街の住民の卑劣な態度、そして暴力、
マチュー中佐を中心とするフランス軍とアルジェリア民族独立戦線(FLN)の戦いを、
ジャーナリストでもある監督が、
ドキュメンタリータッチとはいえ記録映像を一切使わず、
当事者の証言や記録文書を基に描き上げたそうで、
成程、わたしはリアリティがあると錯覚したようだ。
全編モノクロで構成されてはいるが、
色彩がない分、物語を見る目を集中させる要素になっていると感じた。

FLNが女性を使ったり、立て続けの爆破テロで犠牲になる民衆や、
マチューが反ナチ運動に参加していたと述べる場面からも、
現代世界で日々繰り返されては止む気配のない戦争の愚かさを垣間見る。
また、2年程の沈黙を経て民衆が再び立ち上がる姿は、
すっかり羊同然に黙らされた日本の民衆の心に突き付けてやりたい程だ。

スピンに紛らされてでも年金カット法案衆院通過の暴挙



ASKAが覚醒剤取締法違反容疑でまた逮捕されたという、
絶妙なまでのスピンコントロールの裏に隠されてしまったし、
当然というのが本来極めておかしい程、犬HKが中継しなかったが、
「年金制度改革法案」なる粉飾名称の年金カット法案、
或いは年金抑制法案が本日29日午後の衆議院本会議にて、
自民党、公明党、日本維新の会の賛成多数により可決され、
参議院に送付されてしまった。

TPP批准案・関連法案と共にこの法案を意地でも成立させるため、
現在の臨時国会の会期を来月14日までの延長も議決された。
国民生活の大改悪のためなら会期の延長も許されるとは、まさに独裁政治である。




年金法案が衆院通過=国会、来月14日まで延長
時事通信 11/29(火) 14:50配信

 年金給付額を抑制する新たなルール導入を柱とした年金制度改革法案は29日午後の衆院本会議で、与党と日本維新の会などの賛成多数で可決され、参院に送付された。

 30日までの今国会会期は、来月14日まで延長することを議決した。政府・与党は、同法案の会期内の成立を期す方針だ。

 これに先立ち、民進、共産、自由、社民の野党4党が提出した丹羽秀樹衆院厚生労働委員長(自民)の解任決議案と塩崎恭久厚労相の不信任決議案は、ともに与党と維新などの反対多数で否決された。

 民進、自由、社民の3党は年金法案の採決には加わらず、退席した。

 年金法案をめぐり自民、民進両党の参院国対委員長が29日、国会内で協議。自民党の松山政司氏は30日の参院本会議での審議入りを打診したが、民進党の榛葉賀津也氏は、与党が衆院で採決を強行したとして拒否した。

 榛葉氏は日程協議に応じる条件として、来月1日に参院環太平洋連携協定(TPP)特別委員会で安倍晋三首相の出席を求めての集中審議、同7日に今国会初となる党首討論をそれぞれ開催するよう求めた。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161129-00000082-jij-pol




この残酷な法案により、現役世代の年金が今後不当に大幅な減額を余儀なくされ、
アラサー世代のわたしの年金など結局一銭も受け取れないに違いない。
(だから外国に移住したくて堪らないのだ)
このように危機感を民衆誰もが真剣に抱くべきなのに、
さすが日本の民衆は大人しいだけである。


翁長雄志の変節で沖縄への大弾圧が益々加速する

沖縄県知事の翁長雄志が昨日28日の記者会見で、
北部訓練場の内の約4000ヘクタールの返上と引換えとして、
東村高江のヘリパッド建設工事の容認を「苦渋の選択」として表明したのが、
やはり新たな沖縄差別と弾圧のメルクマールになってしまった!
この期に及んでの翁長の変節を「待ってました」とばかりに、
本日29日に辺野古と高江で大弾圧が行われたのだ。

東村と国頭村に跨るアメリカ軍北部訓練場のヘリパッド建設工事現場で、
工事車両の阻止運動をしていた2人が今朝立て続けに不当逮捕されてしまった!
ツイキャスを観ていた者がツイートしていたが、
改めてネットニュースに触れても、わたしも本当にワジワジしてしまう。

名護市辺野古でも、新基地予定地の陸上工事を沖縄県側が容認したと先日報じられ、
辺野古では今年1月、基地建設反対の民衆がキャンプシュワブのゲート前にて
1000個を超えるコンクリートブロックを積んで、
辺野古基地建設工事を止める戦術が行われていたが、
これが「威力業務妨害」だとして今朝、辺野古のテントを始め、
複数箇所が家宅捜索されるという大暴挙が為された!
こちらにも断乎として抗議する!



辺野古テントなど5カ所家宅捜索 威力業務妨害容疑で県警
琉球新報 2016年11月29日 12:07

 【辺野古問題取材班】県警は29日午前、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設に反対する市民らが活動拠点にしているテントなど5カ所で一斉に威力妨害容疑の捜査で家宅捜索した。家宅捜索が確認されたのは(瞳灰ャンプ・シュワブゲート前のテント海上行動をする市民らの通称「テント2」ヘリ基地反対協の事務所げ縄平和運動センターの山城博治議長の自宅ト紳弍親阿鬚垢觧毀韻亮宅―の5カ所。山城議長を含む反対運動の市民ら計4人が同日午前、威力妨害容疑で逮捕されたとみられる。

 山城議長らがまとめ役となる抗議行動の市民らは1月、辺野古移設作業の工事車両がシュワブの工事用ゲート内へ入るのを阻止する手段として1千個を超えるコンクリート製ブロックをゲート前で積み上げた。この行動が威力業務妨害に相当する疑いで県警が捜査しているとみられる。

 シュワブゲート前のテントで午前8時16分ごろから9時37分ごろまで警察官が市民ら立ち会いの下で家宅捜索したが、押収した証拠品はなかったという。
【琉球新報電】
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-402999.html


その家宅捜索の末、山城博治議長始め計4人が逮捕された。
博治氏は既に1か月以上も逮捕、拘留されたままである。
翁長の軟弱な姿勢に付け込むかのように、
日本の国家権力は挙って沖縄への弾圧を更に更に加速させる。







結局のところ、沖縄が更なる分断の構図に晒されないためにも、
民衆が連帯して断乎抗議の意思をモメンタムに証明し続けなければならないのだ。
四の五の言わずにさっさと抗議しろとわたしも強く訴えたい。

ジャパンカップでキタサンブラックの逃げ切りまつり

京都は朝から雨、東京も昼を過ぎてから雨が降り始めました。

本日の東京競馬場最終11Rで行われた芝2400mのG1、第36回ジャパンカップ。
イキートスとイラプトが枠入りで抵抗していました。
キタサンブラックが最初の1000mを61秒7で逃げ、ワンアンドオンリーが2番手、
リアルスティールはライアン・ムーアが好位4番手に付けるも引っ掛かり、
ゴールドアクターが内で並び、
サウンズオブアースが中団、シュヴァルグランが中団の後ろ、
ディーマジェスティは後方追走から3コーナーで仕掛けていきました。
リアルスティールはムーアの手綱が早く動き、
最後の直線に入ってからキタサンブラックが、
漸く鞍上の武豊の鞭が入って更に加速し、内からイキートス、
外からサウンズオブアース、シュヴァルグランが追い上げましたが、
キタサンブラックが2馬身半差を付けて逃げ切り、単勝1番人気に応え、
今年の天皇賞(春)以来3度目のG1制覇を果たしました。

ブラックタイド産駒のキタサンブラック(Kitasan Black)は、
今回が4回目の1番枠からのレースとあり、俄然この馬に追い風となりました。
馬主の北島三郎氏は今夏に自宅で転倒して入院していましたが、
表舞台に復帰早々、所有馬のキタサンブラックが優勝。
そして、サブちゃんの「まつり」熱唱に場内が沸きました。
武豊はJRA重賞通算310勝目、
ジャパンカップは2010年のローズキングダム(繰上り優勝)以来のV4。
管理する清水久詞調教師はJRA重賞通算11勝目、G1は3勝目。



ベストターンドアウト賞を受賞した単勝5番人気のサウンズオブアースが2着。
これで重賞は7回目の2着です。どんなレースでも安定して走れるのですが。
単勝6番人気のシュヴァルグランが更にクビ差の3着。
3連単1-12-17は121番人気の36260円。
単勝3番人気のゴールドアクターが4着、単勝2番人気のリアルスティールが5着。
今年の皐月賞馬のディーマジェスティは13着に終わりました。
今年出走した外国調教馬はイキートスが7着、
ナイトフラワーが12着、イラプトが14着でした。



続いて、京都競馬場最終12Rで行われた芝1200mのG3、第61回京阪杯。
本馬場入場曲は、京阪電車の発車メロディをモチーフにした、
向谷実氏作曲の「A Promising Moment」。
セカンドテーブルが逃げ、ネロが直後に付け、
好位にエイシンスパルタン、メラグラーナは中団を追走。
単勝2番人気のネロが早々に先頭に立ち、最後の直線に入ってから後続を突き放し、
最後は4馬身差を付ける圧勝で重賞初制覇。
ネロは父がヨハネスブルグ、
叔母が桜花賞とスプリンターズステークス優勝のニシノフラワーという血統。
鞍上のミカエル・バルザローナは、
2014年11月の醍醐ステークス(4着)以来2年ぶりのこの馬への騎乗でした。
バルザローナは2014年の福島記念以来のJRA重賞通算3勝目。
管理する森秀行調教師は2010年の朝日チャレンジカップ以来のJRA重賞43勝目。
直線で末脚を伸ばした単勝3番人気のエイシンスパルタンが2着。
写真判定となった3番手争いは、
単勝6番人気のフミノムーンと単勝10番人気のアースソニックが3着同着。
3連単は2-18-1が11140円、2-18-7が15050円。
単勝1番人気のメラグラーナは14着に終わりました。


本日のWIN5の結果です。
京都10R 渡月橋ステークス:1着(13)セイウンコウセイ 松田大作 11番人気
東京10R ウェルカムステークス:1着(8)ナスノセイカン クリストフ・ルメール 4番人気
京都11R オータムリーフステークス:1着(13)エイシンバッケン 岩田康誠 1番人気
東京11R ジャパンカップ:1着(1)キタサンブラック 武豊 1番人気
京都12R 京阪杯:1着(2)ネロ ミカエル・バルザローナ 2番人気
クリノコマチが出走取消の渡月橋ステークスはセイウンコウセイが逃げ切り。
ウェルカムステークスは、ライアン・ムーア騎乗のキャンベルジュニアとの競り合いを
ルメール騎乗のナスノセイカンが差し切り。
オータムリーフステークスは、
アメリカ帰りの岩田騎乗のエイシンバッケンが1番人気に応えて勝利。
144票が的中し、払戻金は3255910円。
次回のWIN5は12月4日のG1チャンピオンズカップを含む対象5レースです。

福島で震度5弱の地震が起き3.11の悪夢が蘇る

本日22日午前5時59分頃、福島県沖でマグニチュード7.3の地震が発生した。
福島県中通りと浜通りの各自治体、
茨城県高萩市、栃木県大田原市で最大震度5弱の揺れが観測され、
遠くは鳥取県湯梨浜町まで震度1が観測されている。

福島県沖で津波警報、東北、関東の太平洋側でも津波注意報が発令された。
6時40分頃に福島県いわき市沖の20km沖合の引き波で津波が観測され、
6時49分頃に小名浜港で60cm、相馬港でも7時6分頃に90cmの津波が観測された。
茨城県神栖市でも沖合津波が観測されている。

今月13日にニュージーランドで大地震が発生したが、
東日本大震災も直前にニュージーランドでの大地震の後に発生している。



いわき市のコンビナートで火災が発生し、鎮火されたが、
やはり非常に心配なのは、東京電力福島第一、第二原発、
東北電力女川原発、茨城県の東海原発についてだ。
福島第二の3号機で使用済み核燃料の冷却プールの電源が自動停止した。
2544体の核燃料が装填されているが、
このまま冷却が再開されなければ今後1週間で65度に上昇するらしい。
だが、午前7時47分頃に冷却が再開された。




やはり新たな放射能汚染は懸念されるし、福島原発でも津波が到達したりしており、
原発事故を起こした原発に新たな事故を重ねかねない。







内閣総理大臣の安倍晋三が外遊先のチリから記者会見したが、
そんなものは全くの無駄だ。
あの犬HKでさえ津波からの避難を強く呼び掛けたのに、それに水を差す暴挙である。


3.11で政府は国民を一切守らず、
危機感を感じた者からいち早く避難したことをもう忘れたか?
わたしは今日、精神的にまた滅入って仕事に行こうかどうかも迷っているが、
今朝の地震についての続報記事も書くかもしれない。

ミッキーアイルが逃げ切るも浜中の斜行でぶち壊し

本日の福島5R障害未勝利で、トーセンモバイル(8着)に騎乗した五十嵐雄祐は、
障害競走年間100回騎乗を達成。
1960年に長池辰三が達成して以来56年ぶりの快挙です。

本日の京都競馬場11Rで行われた芝1600mのG1、第33回マイルチャンピオンシップ。
ミッキーアイルが好スタートを決めて逃げ、ネオリアリズムが2番手に付け、
イスラボニータは6番手、フィエロ、サトノアラジン、ヤングマンパワーが中団、
後方にロードクエストが追走。
最後の直線でミッキーアイルにネオリアリズムが外から交わそうとするも、
ミッキーアイルが二の脚を使い、外からイスラボニータが追い上げたところで、
後方でディサイファが躓き、鞍上の武豊が手綱を引っ張り、
更にサトノアラジン、ネオリアリズム、
ダノンシャークが不利を受ける場面がありました。
ミッキーアイルが直線で外に斜行して審議となるも着順変更とならず、
単勝3番人気のミッキーアイルがアタマ差逃げ切り、
2014年のNHKマイルカップ以来2年半ぶり2度目のG1制覇。


ディープインパクト産駒のミッキーアイル(Mikki Isle)は、
今回が昨年の安田記念(15着)以来のマイル戦出走。
今年に入って高松宮記念、スプリンターズステークスと1200mのG1でいずれも2着。
主戦の浜中俊が落馬負傷した関係で、前走までは松山弘平が騎乗していましたが、
浜中に鞍上が戻った今回、極めてケチの付く勝利となったのです。
浜中の右鞭連打によりミッキーアイルが外に寄れてレースをぶち壊したのですから。
これで浜中を嫌いになる者が増えたりするでしょうかね(毒)
浜中はJRA重賞通算36勝目、
G1は昨年の天皇賞(秋)のラブリーデイ以来1年ぶりの8勝目。
管理する音無秀孝調教師はJRA重賞57勝目、
G1は2014年のNHKマイルカップ以来の8勝目、
マイルチャンピオンシップは2009年のカンパニー以来のV2。

単勝2番人気のイスラボニータが2着。
内に寄れたかに見えましたが、普通に真っ直ぐ走れていました。
それでもミッキーアイルが真っ直ぐ走っていようと、交わせなかったでしょう。
単勝7番人気のネオリアリズムが更に3/4馬身差の3着。
3連単16-8-15は118番人気の40290円。
単勝1番人気のサトノアラジンは不利を受けて5着。
9着のロードクエストの鞍上の池添謙一は、その後負傷のため、
最終12R西陣ステークスのメイショウワダイコは四位洋文に乗り替わり(3着)。

尚、ミッキーアイルの斜行により、
浜中俊は11月26日から12月18日まで23日間の騎乗停止処分です。
それでは、ミッキーアイルの件に関するツイートを拾いました。







本日のWIN5の結果です。
東京10R 錦秋ステークス:1着(7)ディアデルレイ 内田博幸 1番人気
京都10R 衣笠特別:1着(5)ジュールポレール 幸英明 3番人気
福島11R 福島民友カップ:1着(14)トラキチシャチョウ 丹内祐次 7番人気
東京11R 霜月ステークス:1着(14)ラストダンサー 田辺裕信 2番人気
京都11R マイルチャンピオンシップ:1着(16)ミッキーアイル 浜中俊 3番人気
錦秋ステークスは2着がクインズサターンとクロフネビームスの同着。
衣笠特別を勝ったジュールポレールは、
2012年のマイルチャンピオンシップ優勝のサダムパテックの妹。
99票が的中し、4379490円。
次回のWIN5は11月27日のG1ジャパンカップを含む対象5レースです。

駆け付け警護閣議決定で自衛隊員が殺し殺される時代へ

糞日本政府は本日15日の閣議で、
南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派兵する陸上自衛隊に対し、
違憲とされながら昨年成立させられた戦争法(安全保障関連法)に基づき、
駆け付け警護の任務を付与する実施計画の変更が決定された。




「駆け付け警護」来月可能に 新任務付与を閣議決定
東京新聞 2016年11月15日 夕刊

 政府は十五日午前の閣議で、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に参加する陸上自衛隊に、安全保障関連法に基づく「駆け付け警護」の新任務を付与する実施計画の変更を決定した。閣議に先立つ国家安全保障会議(日本版NSC)では、同じく新任務の「宿営地の共同防護」を付与する方針も確認した。稲田朋美防衛相は、十二月十二日から実際に駆け付け警護の実施が可能となることも明らかにした。実施に必要な指揮権を切り替える派遣命令を今月十八日に出す方針。 

 二十日から順次派遣される陸自第九師団(青森市)を中心とする交代部隊が新任務を担う。自衛隊の海外任務を大幅に拡大した安保法が適用される初のケースとして、活動が始まる。

 駆け付け警護は、離れた場所にいる国連職員らが武装集団に襲われた際、自衛隊が武器を持って緊急的に助けに行く任務。

 交代部隊は道路整備などを担当する施設部隊を中心とする約三百五十人。施設部隊の活動地域は首都ジュバ周辺に限定し、駆け付け警護の対象範囲も同じ地域内になる。政府は、実際の任務は原則として現地の警察や他国の歩兵部隊に委ねる方針で、自衛隊の警護対象にはジュバ市内の大使館関係者ら在留邦人二十人を想定している。

 駆け付け警護では、銃による威嚇や警告射撃が新たに認められた。武器を向けられたり発砲されたりした場合は「正当防衛・緊急避難」として危害を加える反撃が可能。今までにない任務で、自衛隊員のリスクが高まるとの指摘がある。

 ジュバ市内では七月に大統領派と反政府勢力との銃撃戦が発生し、二百七十人以上が死亡。十月にはジュバから約六百キロ離れた地域の戦闘で五十人以上が死亡した。政府は稲田氏や柴山昌彦首相補佐官を現地に派遣し、治安について「状況は楽観できないが、ジュバ市内は比較的落ち着いている」との見解をまとめ、交代部隊が必要な訓練を終えたとして任務付与に踏み切った。

 宿営地の共同防護は、他国軍と一緒にPKOの活動拠点を守る任務。安保法に新任務として明記された。

◆安全確保困難なら「撤収ためらわず」首相答弁

 安倍晋三首相は十五日午前の参院環太平洋連携協定(TPP)特別委員会で、南スーダンのPKOへの陸上自衛隊派遣に関し「安全を確保しつつ有意義な活動を実施することが困難と判断される場合は、撤収をちゅうちょすることはない」と述べた。

 首相は南スーダンの治安情勢について「状況は極めて悪く、多くの市民が殺傷される事態がたびたび生じている」と指摘。しかし、海外での武力行使を避けるためのPKO参加五原則は守られているとし「危険を伴う活動ではあるが、自衛隊にしかできない責務をしっかり果たすことができる」と強調した。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201611/CK2016111502000273.html


先日、防衛大臣の稲田朋美が南スーダンを視察したが、
たった7時間程度の首都ジュバの視察で「現場の状況は安定している」と言っても、
軍事の素人の市民や、当の自衛隊員がカンカンに非難するのは当然だ。
実際、国連の報告書にはジュバの治安は不安定とある。

現地軍に自衛隊の部隊が銃撃でもされ、隊員が殺し殺されでもすれば、
忽ち安倍晋三政権は死亡した隊員を大袈裟に祀り上げる儀式を行い、
民衆の反戦の声は瞬く間に封殺されるだろう。





日本時間15日未明からの朝日新聞アフリカ特派員の三浦英之の
以下のツイート群をクリックして読んで欲しい。



これから日本は再び軍国主義国家へと本格的に回帰しているし、
それに伴い、社会保障費の増加分を削減したりTPPを猛進したり等、
民衆の生活を貧窮させ、餓死させることさえも「国策」になっているのだ。

キルトクール
キルトクールブログ
ranking
にほんブログ村のランキング
にほんブログ村 公営ギャンブルブログへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
monthly archives
category archives
twitter
profile
name:tanicchy
(一部ではKitten T.T.)

1987年8月23日生まれ
血液型O型
大阪府出身&在住
現在は無職
時々難解な表現と毒を盛り込む可能性もあります。
些細な冗談すらも真に受けることもある一方、ほんの些細な物事に疵付く小心者です。
極めて重度のマイナス思考で、穿った考察もします。

トラックバックは、記事内容に沿うものであればご自由にドウゾ。
コメントは承認制です。
blog links
  • ライブドアブログ