クレジット ローン

クレジット ローン

クレジットカードの基礎知識

クレジットカードの発行枚数は2003年には2億5400枚に上っており現在ではさらに増え続けています。

クレジットカードの始まりは1950年にニューヨークで設立されたダイナースクラブであり現金の代わりにカードで支払う手段として設立されました。
このようにアメリカが発祥の地であり、その後1960年に日本においても日本ダイナースクラブが設立され、現在では日本もすっかりアメリカ同様のカード社会となっています。

クレジットカードを発行主体別に分けると以下のようになります。

(1)銀行系クレジットカード

銀行系の大手6社が発行しているカードでJCBカード、ユニオンカード、DCカード、VISAカード、ミリオンカード、ダイナースカードなどがあります。
それ以外には各地方銀行で発行している地銀カードがあります。
これらの銀行系カードは銀行という大きなバックがあるため信頼性が高く加盟店も多いのが特徴です。

(2)信販系カード

日本信販、オリエントコーポレーション、ジャックス、セントラルファイナンス、ライフ、国内信販などの信販会社が発行するカードです。

(3)流通系カード

丸井、西武、ダイエー、などの百貨店、大量販売店などが発行しているカードです。

(4)その他のカード

各地の商店会、専門店会などが発行する専門店系カード、化粧品会社、航空会社、旅行会社、家電販売会社などが発行するメーカー系カードや石油会社系カードなどがあります。

クレジットカードには2当事者間カードと3当事者間カードの2種類があります。
2当事者間カードには流通系カードがあり、当事者がカード発行会社(百貨店、大量販売店)と会員だけなので通常の販売、貸付と同じ仕組みとなります。
一方の3当事者間カードには銀行系や信販系があり、当事者としてカード発行会社そして会員の他に加盟店である販売店が加わります。

クレジットカードの法的性質は2当事者間カードにおいては通常の割賦販売(自社割賦)であり3当事者間カードにおいては総合割賦購入斡旋契約となります。

クレジット ローン3

残高照会
ご利用残高をみること。インターネット、やモバイル、電話で参照することができます。

残高スライド方式
借入金額の残高によって返済金額が変わる方式。

クレジット ローン

インターネットキャッシングとは? ▼

また、最近はインターネット上でキャッシングの申し込みが出来る「インターネットキャッシング」が人気です。
有人店舗に出向いてのキャッシング申し込みは、当然のことながら店員がいる時間帯しか
受け付けてもらえません。
対してインターネットキャッシングなら、24時間受付の場合がほとんどで、しかも指定した銀行口座に直接
振り込んでもらえるので、夜のうちに申し込んで翌日の昼間にはキャッシング完了という形が可能なのです。
インターネット上で簡単に多数の金融会社の金利や条件などを比較できるのも便利です。
パソコンを使用できる環境にある方なら、キャッシングはインターネットキャッシングで行うのが普通になってきています。
また、都市部ではない地方にお住みになっている方には、わざわざ店舗のある場所まで出向かなくても
良いという面からお勧めです。

クレジット ローン

日本
1960年 - 富士銀行(現・みずほコーポレート銀行、以下同)と日本交通公社(現・ジェイティービー)が日本ダイナースクラブ(シティコープダイナースクラブジャパンを経てシティカードジャパンに分割)を設立。
同年 - 丸井が日本初のクレジットカード(その後「赤いカード」の愛称が付く。2006年春から「エポスカード」に変更)を発行、割賦や月賦と言われていたのをクレジットと称したのはこれが初。
1961年 - 三和銀行(現・三菱東京UFJ銀行)と日本信販(現・三菱UFJニコス、以下同)が日本クレジットビューロー(現・ジェーシービー (JCB))を設立
1963年 - 日本ダイナースクラブがカードを発行、手帳形状をした紙のカードであった。
1966年 - 日本信販がクレジットカードを発行。
1967年 - 三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)が中心にダイヤモンドクレジット(現・三菱UFJニコス)、住友銀行(現・三井住友銀行)が中心に住友クレジットサービス(現・三井住友カード、以下同)を設立。JCBがアメックスと提携し国際カード発行。
1968年 - 東海銀行(現・三菱東京UFJ銀行)が中心にミリオンカード・サービス(現・三菱UFJニコス)設立。住友クレジットサービスがVISAの国際カード発行。
1969年 - 第一銀行(現・みずほ銀行)・富士銀行や三井銀行・太陽銀行・神戸銀行(現・三井住友銀行)、大和銀行・埼玉銀行(現・りそな銀行)などが、ユニオンクレジット(ユーシーカードを経てクレディセゾンに吸収合併)設立。オリエントコーポレーション、セントラルファイナンス、国内信販(現・楽天KC)がクレジットカードを発行。
1970年 - ジャックスがクレジットカードを発行。
※その後、銀行系・信販系クレジットカードの発行が続く。
1980年 - アメリカンエキスプレス (Amex)が日本でカードを発行。
1987年 - 日本信販がVISAカードを発行しMasterCardとのデュアル発行を果たす。この後、他の信販系・流通系カードが同様にVISA・MasterCardのデュアル発行をする。
1989年 - オムニカード協会設立。ビザ・ジャパン協会(現・VJA)がMasterCardとのデュアル発行を果たす。

クレジット ローン

日本
1960年 - 富士銀行(現・みずほコーポレート銀行、以下同)と日本交通公社(現・ジェイティービー)が日本ダイナースクラブ(シティコープダイナースクラブジャパンを経てシティカードジャパンに分割)を設立。
同年 - 丸井が日本初のクレジットカード(その後「赤いカード」の愛称が付く。2006年春から「エポスカード」に変更)を発行、割賦や月賦と言われていたのをクレジットと称したのはこれが初。
1961年 - 三和銀行(現・三菱東京UFJ銀行)と日本信販(現・三菱UFJニコス、以下同)が日本クレジットビューロー(現・ジェーシービー (JCB))を設立
1963年 - 日本ダイナースクラブがカードを発行、手帳形状をした紙のカードであった。
1966年 - 日本信販がクレジットカードを発行。
1967年 - 三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)が中心にダイヤモンドクレジット(現・三菱UFJニコス)、住友銀行(現・三井住友銀行)が中心に住友クレジットサービス(現・三井住友カード、以下同)を設立。JCBがアメックスと提携し国際カード発行。
1968年 - 東海銀行(現・三菱東京UFJ銀行)が中心にミリオンカード・サービス(現・三菱UFJニコス)設立。住友クレジットサービスがVISAの国際カード発行。
1969年 - 第一銀行(現・みずほ銀行)・富士銀行や三井銀行・太陽銀行・神戸銀行(現・三井住友銀行)、大和銀行・埼玉銀行(現・りそな銀行)などが、ユニオンクレジット(ユーシーカードを経てクレディセゾンに吸収合併)設立。オリエントコーポレーション、セントラルファイナンス、国内信販(現・楽天KC)がクレジットカードを発行。
1970年 - ジャックスがクレジットカードを発行。
※その後、銀行系・信販系クレジットカードの発行が続く。
1980年 - アメリカンエキスプレス (Amex)が日本でカードを発行。
1987年 - 日本信販がVISAカードを発行しMasterCardとのデュアル発行を果たす。この後、他の信販系・流通系カードが同様にVISA・MasterCardのデュアル発行をする。
1989年 - オムニカード協会設立。ビザ・ジャパン協会(現・VJA)がMasterCardとのデュアル発行を果たす。

クレジット ローン

クレジット ローン
アメリカ
1950年 - 最初のクレジットカード会社「ダイナースクラブ」がアメリカで設立。
1951年 - フランクリン・ナショナル銀行がクレジットカードを発行
1958年 - アメリカン・エキスプレス(Amex)がクレジットカード業務を開始、バンク・オブ・アメリカカード(VISAの前身)設立。
1966年 - インターバンクカード(マスターカードの前身)設立
1985年 - ディスカバーカード設立。

クレジット ローン

クレジット ローン
歴史
アメリカ合衆国でも50年、日本で40年程度の歴史で比較的浅い。が、アメリカでは高額紙幣の信用が低く使いにくいこと(当局も対策に知恵を絞ってはいるものの、100ドル札が偽造される事が多い―偽札参照)、社会生活に必要不可欠な信用情報(クレジットヒストリー)を構築する手段や、使用者自身の信用を証明する手段としてクレジットカードが最も一般的であること、日常的な消費に当たりごく少額の支払いであってもクレジットカードによる支払ができる等の理由により、クレジットカードの保持及び使用はごく一般的であり、極めて重要なものとなっている。また、日本でも最近では海外旅行の増加やネットワークの発達とともに急速に重要性を強めつつある。
  • ライブドアブログ