2017年10月09日

統合失調症患者の心の真実とは 一人称パースペクティブ(主観的視点)という 決して解けない知恵の輪

この世界には
物質的な客観的視点と
非物質的な意識という主観的視点の2つの側面がある

C0021(1)

この2つの三角形の画像は
左側の図2の三角形は整合性を持った客観的な視点であり
三角形は閉じておらず知恵の輪は解けているのである

しかし右側の図1の閉じた三角形は
3次元の世界ではあり得ないおかしい形状をしており 

この右側の図1の三角形は
一人称パースペクティブ(主観的視点)という
決して解けない知恵の輪を意味している

右側の図1の三角形は 
我々の主観的意識の性質である
無限と永遠と完璧さを意味する

他者の心を客観的に理解するとは知恵の輪を解くということであり
それはもともとの一人称パースペクティブという
主観的意識を意味する右側の図1の三角形の印象である
無限と永遠と完璧さが失われた理解です 

他者の心を解くとは
左側の図2の三角形という
整合性を持った客観的理解という
何の変哲も無いAnswer(回答)です
その目には無限・永遠・完璧さは映らず
不完全な欠点ばかりをあげつらうのです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

diamondwave1 at 09:23コメント(0) 
ニコラス・ハンフリー 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
Recent Comments
Archives