2018年03月08日

確信しているからキチガイなんだね。

統合失調症患者が他者の些細な言葉に頭に来たとして、
心の内に怒りの衝動が発生したとする。

この際、もし選択肢があるとすれば、
その心の内の怒りの衝動を確かなものとして、信じるかどうかです。

「私の怒りの衝動は正当なものだ、
何故なら私の感覚がそうだと肯定しているからだ、だから私は確信した。」

これは心の内に発生した怒りの衝動を、
確かなものとして信じて、
怒りに成りきっているのです。
そうして感情のコントロールを喪失するのです。

だがもし、もう一つの選択肢があるとしたら、
それは自分の怒りの衝動に対する、
自分の心の内での『ポーカーフェイス』である。

それは自分の心の内の衝動に対して、

「私の感覚がそうだと肯定しているが、
自分の心を、確かなものだと安直に信じるべきではない。
もしかしたら私一人が我慢すれば、丸く収まる話なのかもしれない。」

と10分か20分か、衝動の持続時間が切れるまで『ポーカーフェイス』でしのげば、
それが最良の選択であったと時間差で知ることができるかもです。

もしかしたら怒りの衝動が湧き起こったら、
自分が実際に爆発的に怒って症状を出そうが、我慢しようが、
自分の心の苦しさは同じじゃないか?と思われるかもしれませんが。

これは自己中かどうかということです。

自分一人が我慢すれば、症状は出ないので、他者は嫌な思いはしませんから。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

diamondwave1 at 11:19コメント(0) 
統合失調症 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile

エンジェル・ダスト

Recent Comments
Archives