2018年08月06日

統合失調症患者が幻聴が聞えた際の正しい対応法

統合失調症患者が幻聴が聞えた際の正しい対応法。
それはLINEで言う「既読スルー(無視)」です。

まず幻聴というのは、本人の視点でしか生じなくて、
他者の視点からは、そのような声や声の主は外の世界には存在しない、という事実です。

現実世界でLINEで友人が振ってきた話題を無視して、関係ない話をしたり、既読スルーをしたら、
「ダストさん人の話ちゃんと聞いてますか?
せっかく話題を振ったんだから反応してくださいよ。」
と言われるでしょう。
これは友人は確かな存在者として対応しないと失礼だからです。

しかし幻聴の声の主が他者の視点では外の世界のどこにも存在していなくて、
もし幻聴の声の主が、外の世界の存在者としてリアルに感じられる自分の視点よりも、
幻聴の声の主は非存在とする、その他者の視点の方が事実と整合性があると認めるのなら、
やはり幻聴の声の主は非存在ではないか、という結論がでます。

もし幻聴の声の主が非存在であるなら、
本人が幻聴の声の主を存在者として接するのは間違いということです。

LINEで既読スルーをしたら友人には、
「私の事をモノみたいな接し方をして失礼ですよ」と言われるでしょう。
これは確かな存在者である友人には、無視という対応は失礼だからです。

しかし「幻聴の声の主が非存在なら、何の応対もせずに無視しても、
失礼という概念や、相手に悪いという倫理は発生しない」のです。

幻聴の言うことが部分的に誤解だから、
幻聴の声の主が言うことを当人にとって正確な内容に訂正する、
言い訳の対応をする必要もないということです。

なぜなら声に対して、心の内で言い訳の内容の訂正する対応をするということ自体が、
幻聴の声の主を存在者としてまともに対応してしまっているからです。

もし幻聴の声の主に瞬間的にカチンと頭に来ても、
徹底的に無視するのがベストです。

これは幻聴の声の主が悪い人だから、無視をするということではないです。
悪い人と言う表現は、幻聴の声の主を存在者として扱ってしまっています。

逆に好意的に幻聴の声の主に心の内で、
「いつも見守ってくれてありがとう。」
というのも、声の主に対して気遣をして、
存在者に対する応対をしてしまっているから間違いです。

その時は心の内が一時的にお花畑で安定しても、
いずれ幻聴の声の主を存在者として扱うことの、
やっかいな弊害が実際に発生するでしょう。

幻聴の声の主は非存在として、一切応対しないのが最善です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

diamondwave1 at 09:08コメント(4) 
統合失調症 

コメント一覧

1. Posted by 名無し   2018年08月07日 08:45
ダストさんは現在、幻聴はないのですよね?

ダストさんはなぜデイケアに行くのですか、
孤独だからですか?
2. Posted by エンジェル・ダスト   2018年08月07日 09:00
僕はCP換算値で通常の処方の6倍ほどの量の精神薬を飲んでいるので幻聴はほぼ無いです。

デイケアにはゲーマーの176cmの美人のMさんが
1週間に2回くらいの頻度でデイケアに来るので、
僕とMさんとY君で話したいというのがあります。

50万本売れたジョジョのASBでMさんはオンライン対戦の全国ランキング16位だったことがあるそうです。

勝率は9割を超えていたそうです。
Mさんは学生時代はゲーセン通いで格ゲーをやり込んでいたようです。
3. Posted by ハウル   2018年08月07日 15:30
統合失調症患者において、幻聴が聞こえてきても、幻聴であると自分自身で分かれば、ほとんど問題ないのであり、幻聴が幻聴であると分からないところに問題があるのではありませんか?
4. Posted by エンジェル・ダスト   2018年08月07日 16:08
幻聴が聞えている状態の時点で、
意識が半ば妄想の世界に引き込まれている状態だと思います。

普通の人は10年後の自分とお金の心配でいつも悩んでいたり、
現実世界で生き残るために常に将来を心配していますが。

幻聴がある状態の統合失調症患者は、
そういった将来の心配事はもはや現実感ゼロで、
現実的な将来に関心のないケースが多いでしょう。

僕は2005年に幻聴が再発しましたが、
幻聴を幻聴とわかっていれば、
問題なく精神力で乗り越えられると思い、
精神薬を減らして飲まない事が多くなり、
急性期に突入して、入院することになりました。
幻聴は手に負えないと学習しました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

エンジェル・ダスト

Recent Comments
Archives