2018年08月11日

統合失調症患者のポーカーフェイス。バレてる?バレてない?

統合失調症の幻聴に対する対処法ですが、
声が他人の声で聴こえて、
正体不明の何者かが自分の心を思考盗聴しているという感覚がありますが。
実際は無意識で無自覚の自分の思考が聴こえているだけです。

幻声の間違った一言が心の中で突き付けられて、
頭の中で対抗して「それは違う」と言い訳をして、
正しい答えを延々と考え続けるという統合失調症の症状です。
頭の中でヒートアップして不平不満の文句を考え続ければ、
幻聴もエスカレートして聴こえ続けます。

幻聴のルーツは、自分の無意識の自覚できていない思考が元になっているのだから、
自分がそれについてきっぱりと思考を止めれば、
二次的に幻聴も静かになるのです。

世界で自分にしか見えない、
自分の心の内面の正しさだとか、体裁をそんなに気にする必要はないということです。

現実世界において、自分に対して他者が見えているのは、
自分の心の内面の体裁や正しさではなどではなく、
自分の外面の見た目です。

考えている事が表情や言動や行為などの外面に出なければ、
現実の他者には心の内はバレません。

幻聴の声に決定的な一言を突き付けられてチェックメイトされたとしても、
その一言で心の内で不快感が発生して心が汚されたとしても、
現実では実際には他者には誰にも自分の心の内の、
本当の所は見えていないし、誰にもバレていないのだから、
ポーカーフェイスで平然としていれば良いのです。

そうすれば自分の心のプライバシーは保たれます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

diamondwave1 at 15:56コメント(0) 
統合失調症 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

エンジェル・ダスト

Recent Comments
Archives