2018年08月21日

美味しいモノを欲望のままに食べて痩せられるという上手い話はない。

美味しいモノは基本的に高カロリー食品でダイエットに不向きです。
人間は基本的に糖質、脂質、たんぱく質が高密度で含まれる、
高カロリー食品を美味しいと感じるようにできています。

例えばフライドチキン、鶏のから揚げ、ウインナー、
ハンバーグ、アイスクリーム、ゼリー、スパゲティ、
チョコチップクッキー、カレーライス、ラーメン、
かつ丼、ピザ、パン類、ホットケーキ、お好み焼き、焼きそば、ドーナツ

現在の食品加工の技術により、
100年前にはあり得ないくらいの、
破壊的な高カロリーで口当たりの良い美味しい食品が低コストで食べられる。

美味しいモノを欲望のままに食べて痩せられるという上手い話はないのです。
美味しいモノは基本的に糖分と脂質がぎっしり詰まっているため高カロリー食品なのです。
希望する体重まで減らすには、粗食をメインに食べざるを得ないのです。

多種類の野菜、赤身の豚肉や鶏肉、脂肪ゼロのヨーグルトにオリゴ糖を加える、
たんぱく質を確保したうえで、
糖分と脂質を減らしてかつ粗食にすることがダイエットの王道のようです。

時折、コンビニで2枚入りで110円のメープルシロップパンケーキを食べたくなっても、
380kcalもあるので我慢です。

ダイエットしたいなら、美味しいモノを欲望のままに食べたいという欲求をある程度諦める必要があります。
さらにダイエットで体脂肪だけを減らすには強度の高い運動が必須のようです。

ボディビルダーは増量期はハードに筋力トレーニングをして、
糖質、脂質、たんぱく質が高密度に含まれる美味しい高カロリー食品を、
筋肉量を増やすためという理由で、欲望のままに過食することが許されていますが、
「特殊な世界」ですので一般の人は真似しないほうがいいでしょう。

普通に自宅で趣味で鍛えてる程度の人は、
筋トレをしながら食事も粗食で節制するのがスリムで健康的だと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

diamondwave1 at 18:40コメント(0) 
カロリー制限食 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

エンジェル・ダスト

Recent Comments
Archives