2018年09月15日

自我があるから何かが問題になるし、何かを不可能にしているのも、新しい変化に抵抗するのも自我のせいだと思います。

デイケアの人間関係での会話で、
自分が主役になって話すより、
相手を引き立たせて相手を主役にして話してもらうには、
どうすれば良いかと思い本屋に行きました。

自分が優れた人間になって、自分が主役になるための手法ではなく、
他者を引き立たせて、
他者にフォーカスして、
他者に主役になって話してもらえる、
僕が可能にしたいエスコート的な対人コミュニケーションのスキルというテーマで、
今日は本を3冊チョイスしました。

本屋に行き、
リチャード ネルソン・ジョーンズ『思いやりの人間関係スキル―一人でできるトレーニング』
『心が思い通りになる技術: NLP:神経言語プログラミング』
『脳と言葉を上手に使う NLPの教科書』
を買いました。

NLP神経言語プログラムの本が目に止まりました。
今まで読んだことのないジャンルの本でした。
自我があるから何かが問題になるし、
何かを不可能にしているのも、新しい変化に抵抗するのも自我のせいだと思います。

僕は今まで脳の代謝のコンディションを改善する食事法にこだわっていましたが、
心を言語で自由にプログラミングするという手法は良いと思いました。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

diamondwave1 at 14:10コメント(0) 
心の翼 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

エンジェル・ダスト

Recent Comments
Archives