2018年10月11日

統合失調症患者にとって、社会的に正しい事と、本当に正しい事は別です。

統合失調症患者にとって、社会的に正しい事と、本当に正しい事は別です。

働くことは社会的に見れば正しいことですが、
社会的な正しさが、人生という視点からも、
本人にとって本当に正しいかは保証しない。

本人にとって本当に正しいかは、
社会的な正しさに疑いをかける必要があります。

社会的に正しい事よりも、
自分にとっての本当の正しさに気付いたのなら、
誰にもそのことを言わず、黙っているべきです。

他者に社会的な正しさよりも、
自分の方が正しいと証明しようとするのは危険です。

何故なら他者は基本的には、
社会的な正しさという物差しで人をはかるからです。

「あなたは間違っているのに、言ってもわからない。」

と言われるだけなのです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

diamondwave1 at 11:41コメント(0) 
統合失調症 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

エンジェル・ダスト

Recent Comments
Archives