著者:海堂 尊
出版社:宝島社文庫

紹介文:
話題の海堂作品をようやく読むことができました。
「チーム・バチスタの栄光」は華やかで切れ味のよい、医療ミステリ。人気なのもわかります。
医療ミステリというと難解なものもありますが、この作品は前半で事件や登場人物が読みやすく説明されるため、混乱することもありません。
後半はテンポよく、気持ちよく読み切ることができました。
二人の主人公、厚労省調査官の白鳥さんは傍若無人な名探偵キャラ。一方の田口医師は秘めた正義感の癒し系キャラ。
物語だけでなく、二人の対比や、病院長、事件の中心である桐生医師など、登場人物が魅力的で惹きつけられます。
読み終わった後すぐに続編が読みたくなりました。
第4回このミス大賞受賞作品。

あらすじ:
東城大学医学部付属病院の桐生医師率いるバチスタ手術のチームは、その成功例の多さから、「栄光のチーム・バチスタ」と呼ばれていた。
ところが、そのバチスタ手術で、原因不明の術死が連続して起こる。
高階病院長は、不定愁訴外来の窓際医師・田口に内部調査を依頼を依頼した。
はたして、医療過誤死か、殺人事件か・・・。

『既刊の『バチスタシリーズ』
『チーム・バチスタの栄光』 宝島社文庫
『ナイチンゲールの沈黙』 宝島社文庫
『ジェネラル・ルージュの凱旋』 宝島社