2007年01月10日

ASEANに投資しますた。

 HSBC香港に預けてある資金で、新たに
一つファンドを購入しました。

今のところ中国とインドの株式ファンドに投資して
いますので、そろそろ先進国をとも考えていました。

実際にドイツやスイスの株式ファンドが
それなりの運用成績だったんですけど、
どうも馴染みがもてません。

最近のユーロ圏の好調な経済成長や、それに伴う
ユーロ高はわかっているんですが、どうも
西ヨーロッパ=成熟しきった社会
という先入観から抜け出すことは出来ませんでした。

また、色々なファンドの投資方針や組み入れ銘柄などを
見ていると、ファンド名に「東南アジア」や
「アジア成長株」などと付いていると、だいたいが
中国や韓国がメインに組み込まれてきますし、
「東欧」だとロシアがメイン、「中東」はHSBCでは
取り扱いがないようでした。

それでは今持っているファンドと被る部分が多く
分散の意味がありません。

で、結局まぁ馴染みが持てて、BRICsの次に注目されてて
これから成長していきそうなところ、ってなもんで、
VISTAの中でもインドネシアに狙いを定めました。

しかも、最近はシンガポール、マレーシア、インドネシア
の3ヶ国が協力して、マラッカ海峡周辺を一大経済特区
とすべく頑張っているなどという話を聞いたんです。

ちょうどそんな時に見つけたのが、
「フィデリティASEANファンド」でした。
国別の組み入れは上位から
1位シンガポール、2位マレーシア、3位タイ
4位インドネシアとなっており、探していたのと
ぴったりフィットするではありませんか。

過去の運用成績もかなりよいです。

他のファンドハウスのASEANファンドは
シンガポールだけで50%近かったり、
インドネシアがほとんど組み入れられてなかったり
過去の運用成績がイマイチだったりです。

フィデリティのは上記4ヶ国にバランスよく、
投資されていて言うことありません。

ボクは早速1,000ドル分の申し込みをしてしまいました。

インド、中国、ASEANとあまりリスク分散には
なっていないような気もしますが。。。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星