IMG_2066
みなさん、こんにちは。

実は川崎戦後に3連敗についてブログを書きましたが、アップ後に読み返してから削除しました、ダイスケです。


さてさて、その後も下平のレンタル移籍、山ちゃんへのオファーなどポジティブでもありマリサポ的には心穏やかならぬ事が続いた。


私、Twitterでも書きましたが不安になると練習見学にいく、という癖があり、ちょうど夏休み期間に入り始めたこともあり比較的たくさん練習見学に行けたのでそこから感じた事を書きたいと思う。


湘南戦に向けた練習は木曜日、金曜日と見学をした。

特に金曜日の練習は場所が新横浜公園球技場ということもあり、選手達の表情やコーチ陣からの指示の内容がよりはっきりと確認できたのは有意義だった。


詳細についてはもちろん書かないが、大きな枠で捉えると川崎戦後に多くのサポーターが呟いた内容と同じ部分が見直され、改善しようという意図は練習に組み込まれていたように思う。

特にボスからの指示の言葉にそれが含まれていた。


実は川崎戦の前々日の練習も見学に行ったのだが、その時はほぼリカバリー。
練習時間も短く、ゴールも設置されなかった。
これには少々不安を感じたのも事実。


この暑い中で中3日の試合だったからコンディションを最優先にしたのだろう。

これは指導陣の方針だろうから否定するつもりもない。

ただ、試合前日の練習だけで対応できるほど川崎は易い相手ではなかった。



そういう意味では1週間空いたこの湘南戦は数日の練習見学しかしていない素人目ではあるが準備に時間はかけられている。

終盤のゲーム形式のメニューも相手役は湘南の戦い方を意識したものだった。


結果もついてこないと不安が募る。
でも今の私の感想は我々とチームの認識はそこまでズレていない、と思えた。


指導した内容を落とし込んだり、精度を高めることは簡単ではないし、すぐに体現できるかは分からない。

でも我々がマリノスに求めたこととチームが再び体現しようとしていることに大きなズレはないのだ。


だとすれば。


明日の試合、チームが目指す形をピッチで表現することができるか。
勇猛果敢に戦うことが出来るか。
それをサポーターが支えて背中を押すことが出来るか。


結局この基本的なところに立ち返ってしまう訳である。


不安な気持ちはみんなどこかにあるだろう。
多分、選手も不安。
そうあって欲しくはないがボスやコーチ陣も。

そんな中でもチームは何かを見せてくれるはず。少なくともその為に準備をしてくれている。

明日の試合、現地に行けない私が言うのもおこがましいがそんなチームに何が見せられるか。

そういう意味でも大事な試合になりますね。
IMG_1853