こんにちは!
昨日に引き続き今日もセレッソ大阪との練習試合を観戦してきました。

マリノスが使うシーガイアスクエアから車ではわずか数分。
国際海浜エントランスプラザが本日の試合会場です。
初めてきましたが、シーガイアスクエアの様にグラウンドを囲うネットはなく、石垣島のあかんまに似てる雰囲気ですね。
選手ベンチと反対側が少し土手というかなだらかに高さがあり、選手が近くとても見やすい環境です。

昨日出場した選手はグラウンドには来ていましたが体を動かすこともなく、昨日の午前にトレーニング魔を行なっていたメンバーがほぼ90分出場しました。

スターティングメンバーはこちら。
昨日は元気にトレーニングしていたとブンちゃんことティーラトンではなく、練習生が出場。
試合後にリリースがありましたが、怪我だったようです。
早く治して戻ってきて欲しいですね。

さて、試合の序盤から各選手が持ち味を見せます。
セレッソのメンバーがどの様な位置づけかはわかりませんが、チームとしても個人のパフォーマンスでもセレッソを圧倒します。

そして13分、チュンくんこと李忠成のゴールで先制。
すらしたのは渓太だった様です。
その後もマリノスペースで試合は進み、
オウンゴールでしたが、クロスに対して康太、渓太も飛び込んできていましたから相手DFにも相当なプレッシャーだったでしょう。
むしろこの2点目の方がチームとして狙った形でのゴールだったと思えます。

また、チームとしての守備も前半はうまく機能。
後半15分を過ぎたあたりから陣形が乱れはじめ、バタバタしてしまったのは今後の課題でしょうか。


あくまで私感ですが特に目についた選手は3人。
1人目、大津祐樹
三好がチームに欠けていた部分で存在感を示す中、これが俺の持ち味だ!と言わんばかりの献身的&猛烈なプレス。
押し込めていたのもありますが後半はあえて前目に位置取りボールに関与するプレーが多く。
さらなる進化の片鱗を見せていますね。これ、ボスも場面によって使い分けてくるのでは。

2人目 パギ!

コーチングについては前述の通り。
もう一つはポジショニング。
セレッソはウチのDFラインの裏を狙って長いボールを入れてきました。
勇蔵、畠中が弾き返しつつも何本かは通されます。
しかしその対応が抜群でした。
落ち着いて受ける、組み立てる。

また試合前にもほっこりする場面があり
全所属でキャプテンをつとめていたというところからも人間性が素晴らしいんでしょうね。


3人目、椿!!



↑これ、右サイドの渓太でしたw
左サイドにいた椿のゴール。
その時の感情に任せて呟いたこれらのコメントが全てを物語っています。

チームとしても動けますが、そこは若さか個人でも積極的に仕掛けていきます。
奪われてもいいじゃない!
そういうの大好きだぜ!

と、3人抜粋しましたが、みんな素晴らしかった。
今日のメンバーから開幕スタメンは間違いなく出るでしょうし、昨日のメンバーにも刺激になったはず。

ワクワクした気持ちで宮崎から帰ってきました。


あ、ハピタスよかったら下のバナーから登録してください!
モチベーションになりますw
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス