こんにちは。
いよいよJリーグ開幕。
我らがマリノスはアウェイでガンバ大阪との1戦。

試合結果については皆さんご存知の通り、 
見事勝利を納めました。

私はこの試合、現地にはいけず仕事の合間にDAZN観戦。
現地では視点の関係や気持ちが入り込みますのでなかなか俯瞰して見ることが出来ませんが、こういう機会にしっかりとDAZNで試合を見返してみました。

今季からの加入、復帰した選手が5人スタメンに名を連ね、全ての選手が持ち味を発揮してくれましたが、私が今回注目したのは右SBに入った背番号18、広瀬陸斗。

チーム始動直後の小机での練習を見学した際、「すごい所にポジションをとるなぁ!」と驚きました。
どちらかと言えばどんどん前に飛び出していく選手、という印象。

次に宮崎キャンプでその時点での1本目に入ったセレッソ大阪との試合を見ることが出来ました。

 その時の印象は「攻撃でのポジショニングは抜群、守備時に戻りが遅く、ピンチを招いた」というもの。

実際に相手の決勝点となった シーンでは陸斗の裏のスペースを使われました。

ですので数日前からスタメン予想に陸斗が入っていたのを目にし、「え!まだマツケンじゃない?」と思っていました。

そして今日の試合。

予想通り、スタメンで出場した陸斗のプレーですが、いやはや驚きました。

先に言っておきます。


「広瀬選手、申し訳ございませんでしたm(_ _)m」 


いくつか象徴的なシーンを。
失点直後、2分のシーン。

センターサークル内にいる陸斗。
FullSizeRender
左サイドから三好にボールが入ることを見越して猛然とダッシュ。
FullSizeRender
コース的にはインナーラップでしたが、一つ前のポジションであるテルが内に入ってボールを受けると、、、
FullSizeRender
大外にまわり
FullSizeRender
クロスをあげます。
FullSizeRender
得点にはつながりませんでしたが最初のチャンスに関与。

その直後、3分のシーン。
背番号が見えますが右サイド開いた位置にいる陸斗。
FullSizeRender
この時は主にネガトラ時を想定した動きでしょうが、左サイドに意識がいった相手守備をみて
FullSizeRender
この位置。ほぼ、中央に入ります。

FullSizeRender
結果、ボールはこぼれてくることはなく、このままテルのゴールが産まれましたがこのポジショニングの感覚。

次は8分。
見てください、この位置。
FullSizeRender
陸斗、インサイドハーフ、三好、サイドバックの位置。
つまりこの瞬間、左アマジュン、右陸斗という状況!
相手のマークも迷っています。
FullSizeRender
その後、スペースが空いた所に陸斗が降りてきてフィールド中央からビルドに参加。
FullSizeRender
右サイドの三好に出しますが、この場面は奪われてしまいました。
インサイドハーフも普通に出来ちゃうんでしょうね。


11分。
この位置で陸斗が相手にチェックにいきます。
FullSizeRender
こぼれたボールをテルが納めると、、、
FullSizeRender
猛然とダッシュ!
三好くんが受けに来ることもみえていたのでしょう。
FullSizeRender
このまま右サイドの広大なスペースへ!
FullSizeRender
FullSizeRender
綺麗に通す三好くんも素晴らしかった。
FullSizeRender
残念ながらクロスの精度が悪く、ここは課題かw
FullSizeRender

このように前半だけでも抜群のポジション感覚とゲームを読むチカラでチームの攻撃を作り出していました。


そして練習試合で課題とみえた守備の場面でも。
16分。
まさに宮崎キャンプのセレッソ戦と同じシーン。
左サイド、敵陣に持ち込んだところで引っ掛けられサイドバックの裏のスペースを狙われます。
FullSizeRender
↑センターサークル付近にいた陸斗、進化してました!
危機を察知して猛然ともどる!
FullSizeRender
FullSizeRender
正直、アデミウソンは掴みきれていませんでしたがファンウィジョがクロスではなくシュートを選択したこともあり、、、
FullSizeRender
最後にクリアしたのは陸斗!!

すごいよ!この短期間で進化してる!!と思わず嬉しくなりました。
思えば陸斗は23歳にしてJ2では127試合の出場を果たしていますからここからゲームを読むチカラが身についた事は間違いないでしょう。

そして前所属の徳島のスタイル。



マジでありがとう、リカルド・ロドリゲス。


実は動画をとめながら見ていたんですが陸斗の前半の動きを見るだけでも2時間ほどかかりましたw
残念ながら明日も仕事なので後半は改めて見たいと思いますが、この広瀬陸斗という選手、動きを見るだけでも何度も唸らされます。

こんな選手がマリノスに加わってくれたことは嬉しいしですし、これを見て燃えている選手もいるでしょう。

マツケンは今節出場機会はありませんでしたが、三好に代わって途中から入った大津くんは明らかに三好の持ち味であるターンと前に早いパスを意識して見せましたし、こうやってチームが切磋琢磨する事で短い期間でも驚くような進化を見せてくれることでしょう。

これも一つの
 #みんなで強いマリノスに 
の形ですね。

次回はホーム開幕戦。
選手も改めてホーム初戦の重要性を口にしていましたので少しでも多くの人が駆けつけて後押しできるといいですね。