夏休みの方もそうでない方もこんにちは。

今週は久しぶりのミッドウィークの試合となります。
リーグ戦で初の連敗となり、前回の記事でも書きましたが、仕切り直しの意味でも大事な試合。

チームは正念場を迎えますが、絶賛夏休み中の私はなんか時間もあったので昨年の今頃ってどんなだったかな?と思い『twilog』で1年前の8月を振り返ってみました。

それがこちら。
8月
1日  J1第19節 広島戦    1−4敗戦

3日  渓太、アジア大会メンバーに選出

5日  J1第20節 川崎戦     0−2敗戦

8日  下平、千葉への期限付き移籍発表

10日 山中へトルコ1部バシャクシェヒルから正式オファー

11日 J1第21節 湘南戦  1−0勝利

14日 10時 チアゴ、パウメイラスから加入、18時30分、畠中槙之輔、ヴェルディから加入

15日 J1第22節 名古屋戦 1−2敗戦

16日 久保建英が期限付き移籍でマリノスへ加入、バブンスキーが大宮へ移籍

17日 山中、マリノス残留宣言

18日 中澤佑二、全体練習から離脱

19日 J1第23節 鹿島戦  0−1敗戦 チアゴが初出場。中澤メンバー外で連続出場途切れる。

21日 アイザック・ドルSDが20日付で退任したことを発表

22日 天皇杯4回戦 仙台戦 2−3敗戦 畠中、初出場

24日 西山大雅、建英をTikTokにアップ。その後削除。

26日 J1第24節 神戸戦 2−0勝利 試合前、We trust our Bossの横断幕。建英、J1初ゴール

29日 J1第18節(延期分)清水戦 1−2敗戦。ドゥレが退場に。

いやはや激動ですね。

チアゴ、畠中という現在のマリノスではまさに不動と言える2人とレアル・マドリーに飛躍した建英の加入、そしてアウェイ神戸戦でのボスへのメッセージなどポジティブなものから、なかなか結果が出なかった苦しい時期でもありました。

リーグ戦で苦戦していたことに加え、昨年は3回戦、4回戦の違いはあれど8月の試合で敗れて天皇杯が終了してしまっていたんですね。

昨年の苦しい時期にもブレずに戦った選手、コーチ陣とそれを支えたサポーターの存在もあって今年はタイトルを目指す戦いを繰り広げられています。

昨年に比べたら2連敗なんて!ここからもう一度上を目指そう!という気落ちと共に天皇杯でもしっかりと勝ち進む為、今一度気持ちを引き締めて明日の試合に臨みたいものです。

相手は同じ横浜を拠点とするチーム。
昨年やそれ以前のこともあり色々とめんどくさくならないといいな、と思うと同時にサッカー自体を見れば結果も出してきて登り調子な相手です。
でも私はFC相手だから勝ちたい、負けられないというよりはこう思うんです。

8月で天皇杯が終わってしまうなんてことが万一でもあったら勿体無い、と。

この中断期間にも新たな選手が加入し、これからもますます楽しみなマリノス。
その選手達がトレーニングだけでなく実践の場でチームに適合していく様を見ていきたいので。

明日はおそらく、リーグ戦とは異なるメンバーの活躍が見られるのではないでしょうか。
明日の試合はそういう意味で楽しみです。

あくまでマリノス本位。
油断はせず、いらん挑発を相手にすることなく、しっかりと格の違いを見せつけてやりましょう。

横浜に水色は似合わない。
先日見た横浜の空はトリコロールでしたから。
FullSizeRender