宮崎から帰ってきました、ダイスケです。

IMG_7569
今回は
6日の福岡戦(45分×2) 、宮崎産業経営大学戦(45分×1)と7日の午後練習を見学してきました。

その中で特に印象に残ったのがタイトルにもあげた山田康太選手と椿直起選手です。

今日はまずは山田選手について。

6日は福岡戦1本目終了間際に扇原選手が違和感を感じたようで急遽交代出場。
僅か数分間ですがワンボランチを務めました。(2本目は喜田選手が出場) 

そして3本目となった宮崎産業経営大学では再びワンボランチの位置で出場。
この時一列前のインサイドハーフには海夏、町さんが入っていました。

相手のレベルの差はあれどこの時感じたのは山田選手の落ち着いたプレーぶり。
ボールを持つ姿も本当に雰囲気があり、「プリンス」 というニックネームも頷けます。
「キング」 こと町さんからポジショニングや動きについて指示が出ますが私が見ている限り飄々と答えていきます。

かつてのロナウジーニョのようなノールックスルーパスも飛び出し、ゴールまで決めました。
プレーでも大物感を見せる山田選手。
このワクワクさせられるスケール感はファンサービスでも感じられました。
私も写真をお願いしたのですが、とても丁寧に対応してくれる上にそれはそれは絶妙な微笑みまでくれるのです。

更に色紙へのサインをお願いした方とのやり取りを見ていたら、宛名の部分をマッキーサインペンの細い方で 書き、ペンをくるっとひっくり返してサイン自体は太い方で書いてくれるではありませんか!
この絶妙なバランス感覚!そして気配り!!

まさにピッチ全体を俯瞰しているような視点とその時の適切な選択を瞬時に考えられる思考力!!
この様な点をポステコグルー監督も評価しているのではないでしょうか。
いや、マジで言ってますよ。

ピッチとの距離が近く選手の声が聞こえやすい上にファンサをがっつり受ける機会があって選手の人となりにも触れられるキャンプでこそ感じられた山田康太選手の魅力、みなさんもぜひキャンプに出かけてみませんか!

私も普段の出張や、こちらのハピタスで貯めたポイントをマイルに買えて無料で出かけています。
マイルだけでなく現金やその他のポイントにも帰られるので興味のある方はこちらのバナーから登録頂き、買い物やクレジットカード作成などのアクションをしてみてください。あなたにも私にもお得にポイントが貯まります。
  その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス