競馬は興行

JRAに限らず地方競馬も含めて競馬は全て興行。 指示された馬をいかに見抜くかの勝負です。当たりも外れもリアルに書いていきます。 予想はしてますが、サイン派、戦歴派の方々に考え方が伝わることを目指してます。

馬券にはこういう考え方もあったのかと参考にして頂ければ幸い。重要視しているのは番組表的戦歴。そして所謂サインというやつです。
因みにこのブログで「指示」と呼んでいるのは一般的にいうサインのことです。

京成杯をちょっとだけ

【出走馬情報枠順確定版】
111
3分割戦。毎度書いてますが外れるまでは基本通りにいきます。
・5、6、8枠のどれかは連対
・5、6、8枠同士での連対は無し

【出馬表対応】
以下書きたくない部分に触れるので説明無しでご容赦下さい。
無題122
無題
無題123

無題14
無題41
どちらをとるのかは未精査。というか分析したけれどいまひとつわかりません。

無題52
無題32
最後のは昔からやってる方の出馬表対応。

7ゲート(ラストドラフト)と12ゲート(ダノンラスター)に強指示。通常なら枠守りも考えますが、今回同枠8ゲートのカフジ、11ゲートのリーガルメインは目印の役(のはず)なので、代用ではなくルメール(ラストドラフト)とデムーロ(ダノンラスター)本人が連対の指示と考えます。ルメールとデムーロが両方飛ぶことは考え辛い、というと一般論と同じになってしまいますが、出馬表がそういう指示なので仕方ない。後は買い目。

・3分割戦なので、ルメールとデムーロ(枠連6-8)は無い
・3分割戦で6枠か8枠が連対する前提だから5枠の連対は無い
・出馬表対応から、枠連6-6、8-8は無い→ルメールかデムーロの直接連対

ここまでで枠連10点まで絞れます
→枠連フォーメーション 6、8-1、2、3、4、7

6-7、7-8以外はそこそこの配当になるのでこれでもいいのですが、もうちょい絞ります。

・出馬表対応から、馬連2-7は無い=枠連2-6は無し
・出馬表対応から、馬連10-12は無い

今回戦歴はほぼ無視して予想してますが、4枠マードレヴォイス(4枠自体には結構強調材料あり)は戦歴的に連対するタイプでないと思うので切ります。3枠には強調材料殆ど無し。7枠は葉牡丹賞1着馬シークレットランが札幌2歳2着馬と組んでいるのが戦歴的には強調できると思います。が、出馬(でんま)的には全くといってよいほど強調材料が無い。押さえにするには配当安すぎるので切ります。

枠連 1-6、1-8、2-8
3連複BOX 02、07、09、12
3連単フォーメーション 09←→12→02

まとめるのに時間かかりましたけど、予想自体はインスタントなので感覚的には遊びです。そもそも3分割戦でなければ見のつもりでした(苦笑)


 人気ブログランキングへ




アップし忘れた……(中山6R)

もうちょっと追いかけます。点数絞るために3連のみ。買い目の理由は、以前書いた通りです。

3連複 3-4-12
3連単 3←→4→12

無題

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
と、出勤前にここまで書いて、タイトルを「中山6R 予想」として、アップしたつもりで仕事に出かけて先ほど帰宅。……下書き保存になっててアップされてない(´ヘ`;)ハァ

結果から見るとアップして迷惑かけなかったとも言えますけど、このブログ時々見てくださってる方は馬連押さえられたかもしれず、なんだか申し訳ない気持ちです。

中山6R結果
1着 204 ザダル(キャロット)
2着 203 パロネラ(シルク)

3着 816 ニシノカツナリ
4着 612 フォルコメン(社台RH)

単勝 4    3,050円
馬連 3-4 2,260円





 人気ブログランキングへ

中山金杯他結果(後追い結果、説明あり)

中山金杯。新年早々このブログのあるあるで、「最初に書いた記事が当たり」でした(笑)。当日の流れで、メイン前にはかなりステイフーリッシュの線が濃く感じられていたのですが、軸にするには至らずハズレ。複勝ぐらい買っときゃよかった気もしますが、まぁ低配当なので大きな後悔ではありません。

京都1レース8枠16番
無題
平成ラスト。3番人気で競争中止。

予想記事に書いた中山7レース8枠15番
無題
ランニングウインド(中川厩舎)6着

ヘイセイラストはおまけみたいなもんですが、中川厩舎の方はもうちょい強い指示だと思ってたので、自身が来なかったならメインの8枠は濃いなあと思いました。他にも書けないことがいくつかあり、だから馬連8-15が大本線でしたが、8番が飛んだので回収0円です(苦笑)。

【2日目への送り】
上に書いたように初日1頭出しだった中川厩舎は馬券になりませんでしたが、2日目は2頭出しでした。
中山2日目2レース
無題1
前日と同じ8枠で中川厩舎。結果は1着。相手は3枠で、昨日の記事に書いたまま買えば当たる枠連でした(ただし6.5倍なので単勝4.5倍の方がお得ですね)。実はこのレース、買ってません。なぜなら今日も仕事で事前に買うしかなかったのですが、となると、次のレースとの関係が見られなくなる。次のレース↓
中山3レース
無題7
1着2枠3番ミナリク。

2レースの中川厩舎が外れた場合、こっちの2枠は鉄板だと思ってましたが、来た場合には3レースの中川厩舎はいらない。ただし1番人気のミナリクはかなり強調材料になる。そういう関係性なので、事前に買うのは厳しかったわけです。なので、見。

ここで言いたいのは、土曜が飛んだら日曜も見た方がよいという話。日曜に何も送らない場合もあれば、今回のように【8枠の中川】でわかりやすい馬券がとれる場合もあります(いや、買ってないんですどね(^^;)。

今日参加したのはシンザン記念のみ。馬連6点、3連複3点、3連単1点の計10点。3連複のみ当たりでした。1000円が16000円なら、インスタント予想にしては上出来かな(笑)。普段は、記事に書かなかった馬券については書かないようにしていますが、記事が土曜から日曜への送りという話なので今回は触れておきます。

土曜京都9レース
無題2
2014年シンザン記念1着馬ミッキーアイルの兄弟馬出走。13着。レース結果もミッキーアイルのレース結果と関係ありませんでした。こういう場合、翌日のシンザン記念に何かを送ることが多いのですが、今回は(珍しく)馬名要素でした。

土曜京都9レース結果
無題55

実はメインの京都金杯出走のグァンチャーレもシンザン記念勝ち馬なんですが、2枠4番に配置されていました。それだけでは2枠なのか4番なのかそれとも全く関係ないのか判断つきかねます。が、この京都9レースがあったおかげで、2枠か4番、おそらくは2枠の方という予測をつけられました。

シンザン記念結果↓
無題
ということでシンザン記念は軸の10番から買った3連複が当たったのですが、いまこれ書きながら思うと2番から買ってりゃ馬連万馬券もとれたじゃんという(苦笑)。1点だけ買った3連単は10⇒2⇒1なんで(それでも800倍あった)余計そう思うのですが、まぁこれが3連系の難しいところだし、逆にありがたいところでもあります。実際2番が3着という可能性だってあるわけで、今の技量では軸馬は3着でも当たりと思うしかないので仕方ないところでもあります。

※お知らせ
仕事の関係上、しばらく更新頻度が下がると思います。無理やり時間作って書くあまり良い結果にならないということもありますが、単純に忙しいので(^^;。ということで、今回はお詫び(というのは違いますが)の意味合いもあって、ちょっとつっこんだ話を書きました。



 人気ブログランキングへ

第68回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)他 結論

新年早々申し訳ありませんが、時間の関係で今回は軽く済ませます(^^;
【出走馬情報枠順確定版】

無題
強調材料は無し。若干注目なのは、マウントゴールド(☆馬はマイネルハニー)。

【ちょっと戦歴の話】
前にリステッドレースのことを書きました。リステッドレースに昇格するレースの勝ち馬が何頭か出ていますが、3枠と4枠はわざとらしい作り。

305 サンマルティン  2018年都大路S 202 2着
306 エアアンセム   2018年都大路S 101 1着
07 マイネルハニー  2018年オクトーバーS 707 2着
08 マウントゴールド 2018年オクトーバーS 708 1着

一応、マウントゴールドからかなと考えてます。オグリと同じ8ゲートの武豊。なら有馬直撃の枠連3-4はある気もします。

例のCM↓
無題
しばらくは注意すべきと考えています。今日もこの3つの勝負服が揃うのは1レースのみ。それが中山金杯です。

枠連 4-3、7、8 (押さえ)3、7、8BOX
(現場に行くので様子見て馬連、3連系買い足すかもしれません)


無題2
14ゲートのシルク=中山金杯ブラックバゴなんですが、このレース(2017年1月15日中山12R)自体14ゲートが来てるわけでもない。他に考えられるのは、嫌でも目立つ染分帽ですが、これは中山8レースにあります。
無題
今日1日、この出馬(でんま)を基に色々考えようと思っています。単にこのレースで6枠が走るのか、それとも?というところ。

完全に一発ネタののりですが、CMの新キャラクターと同姓の調教師が本日1頭出しです。無題
気合入れて買うようなもんでもないですが、他の要素もあるので4番の枠、3枠、武豊の枠への枠連は買ってみようと思っています。



 人気ブログランキングへ


第68回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII) 予想1

2000年に京都金杯がマイル戦に変更されたことにより、中山金杯は春季開催初日唯一のハンデ2000m戦重賞(GIII)になりました。金杯(東)(西)として同日2000mハンデ戦が行われていた時代を第1期、金杯(西)が京都金杯に名称変更して行われていたのが第2期とすると、今は第3期金杯ということになります。第3期金杯となった2000年以降の中山金杯を考えます。

2000年第49回
608 (牝)クロックワーク 53K(4歳) 6人8着
中山初出走
※同枠 2着

2001年第50回
611 (牝)カリスマサンオペラ 50K(4歳) 8人1着
3歳GI出走→福島記念→ターコイズS、ディセンバーS
※同枠 ジーティーボス 52K(4歳
3歳GI出走→福島記念→師走S(ダ)

2002年第51回
203 ビッグゴールド 54K(4歳) 1人1着
3歳GI出走→鳴尾記念
※同枠 ウインマーベラス 55K(5歳)
新潟記念(中山施行出走歴)、前走ディセンバーS1着

2003年第52回
204 トーホウシデン 57K(6歳) 1人1着
3歳GI連対歴、天皇賞(中山施行)→京阪杯
※同枠 カンファーベスト 52K(4歳
3歳GI出走歴無、セントライト記念→カブトヤマ記念10着(降着)

2004年第53回 2着枠
204 ワールドスケール 54K(4歳) 5人2着
3歳GI出走歴無し、駒草賞1着歴
※同枠 グランリーオ 51K(4歳)(格上挑戦)
3歳GI出走歴無、セントライト記念→福島記念

2005年第54回 4歳馬不出走

2006年第55回
304 ヴィータローザ 57K(6歳) 7人1着
3歳GI出走歴、新潟記念→オールカマー→京阪杯
※同枠 コンラッド 54K(4歳
セントライト記念→菊花賞→中日新聞杯(1800m)

2007年第56回
1着 509 シャドウゲイト 53K(5歳) 3人1着
3歳GI出走歴、前走香取特別1着
※同枠 ロジック 56K(4歳
NHKマイル1着、ダービー出走歴、前走マイルCS

2008年第57回 4歳馬枠未連対、3着メイショウレガーロ(4歳)

2009年第58回(2着枠)
510 ヤマニンキングリー 56K(4歳) 2人2着
朝日杯(中山)出走歴、菊花賞出走→中日新聞杯1着
※同枠 (牝)マイネカンナ 53K(5歳)
福島牝馬S1着歴

2010年第59回 4歳馬枠未連対、3着同枠に4歳馬

2011年第60回(枠連2-2)
204 コスモファントム 56K(4歳) 1人1着
ダービー、秋天出走歴、秋天→中日新聞杯2着
※同枠 キョウエイストーム 55K(6歳) 11人2着
七夕賞→京成杯(2着)、前走マイルCS

2012年第61回 4歳馬不出走、枠連6-6

2013年第62回 4歳馬枠未連対、3着ジャスタウェイ 56.5K(4歳)

2014年第63回 4歳馬枠未連対、枠連2-2

2015年第64回 4歳馬枠未連対

2016年第65回
405 ヤマカツエース 56K(4歳) 3人1着
NZT1着歴、NHKマイル出走歴、前走福島記念1着
※同枠 ブライトエンブレム 56K(4歳) 2人6着
朝日杯出走歴、弥生賞2着歴、前走菊花賞

2017年第66回 4歳馬枠未連対

2018年第67回
306 セダブリランテス 55K(4歳) 1人1着
ラジオNIKKEI賞1着→アルゼンチン共和国杯3着
※同枠 (牝)デニムアンドルビー 54K
古馬GI2着歴、前走チャレンジカップ2着 

101 ウインブライト  56K(4歳) 2人2着
皐月、ダービー出走歴、前走福島記念1着
※同枠 レアリスタ 55K(6歳)
4歳時ラジオNIKKEI賞2人16着

4歳馬に焦点を当てると上のようになります。おおまかに4歳馬の枠が連対とは言えますが、連対しない時もある。どういう時にはずれるのかを分析することこそ大事なんですが、今回の記事の目的はそこではありません。

昨年の中山金杯は、初めて4歳馬同士で1、2着しました(第53回は揃目決着のため除外)。これは金杯(東)が中山金杯に名称変更してから初めてのことでした。ホープフルSがGIIに昇格してから、4歳時に中山金杯に出てきた馬はいません。それが今年はGI初年度のホープフルSで馬券になった2頭が出走してきます。昨年、4歳馬同士で決着したのは今年への伏線ではないかというのが現時点での推測です。

タイムフライヤー、ステイフーリッシュ。どちらかと言えば前走チャレンジカップ3着(1着同枠)のステイフーリッシュに注目しています。



 人気ブログランキングへ












記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

ディクターランド

  • ライブドアブログ