無題44
708 石橋 角居
404 ルメール
101 田辺(4着)

乱暴にまとめると、7枠に集約されます。
709 ニシノデイジー   田辺
710 ステイフーリッシュ ルメール

もう1つ
無題55
付け足されているのは
810 マーフィー 戸田         キャロット
607       池江 ステイゴールド
202 大野
こっちは集約するなら8枠
811 ブラストワンピース
812 サトノクロニクル  大野 池江

2枠のマーフィー&戸田コンビ(ラストドラフト)という読みもありますが、これだと付け足された3頭のうち2つしか満たせません。

ということで、7枠、8枠はそこそこ有力。人気から言ってもどっちか(あるいは両方)来そうではあります。

【クリールカイザー】
 
上の記事で9日目に開催されたAJCCについて書きました。2年とも田辺が勝ってますが、馬は6歳馬でした。それはともかく、2015年に絞って考えることにしたわけなので、勝ち馬クリールカイザーについて。

戦歴的に今回の出走馬で該当する様な馬はいません。同じく開催日代わりで的中したサトノノブレスのこと考えれば、単純にクリールカイザーが勝った12ゲートというのはあると思いますが、あの時はフジヤマケンザンとサトノノブレスに共通項がありました。今回のサトノクロニクルは、ラジオNIKKEI賞とセントライト記念に出走した6歳馬という部分がクリールカイザーと合致します。が、ちょっと弱い。サトノノブレスの時のような強烈な感じはしません(だからと言って消しでもないですが)。

ということで別視点から。日曜中山8R

11無題
1
説明は省略。因みにクリールカイザーの兄弟馬がAJCC当日に出てきたのは今回が初。メインに8番残ると厄介なんで出来れば8Rで本人に走って欲しいですが、とある理由で厳しそう。あって3着かなと。

【馬好】
去年の皐月賞が流れてましたが、この程度では違和感とも言えないのがこの番組。更に今年の迎春Sが流れて、これは説明もされてて不思議でもなんでもないんですが。両レースで馬券になってる馬番(12ゲート)だったり、わざわざ5着と説明されてる2番はAJCCと同じ社台RHだったり、迎春Sを過去に勝ってるウラヌスチャームが出てきてたり色々。まあ参考程度にしかなりません。

ということで、前の記事に書いた初霞賞のこともあり、今回はギリギリまで考えるので、買い目は今のところで書きます。

馬連&3連複BOX 01、05、09、12

東海S(買わないかもしれません。買う流れであればという予想)
03 単複
馬連 03-02、05、06、07、13、14


 人気ブログランキングへ