Sweaty Bogeys

Do it. Fix it. Try it.

ホーチミンで働く商社マンの自己満足的日記。
I started new life at the Ho Chi Minh City in Vietnam from 17 April 2017.



阪神タイガーズがリーグ優勝したような熱気に包まれています。

サッカーU23ベトナム代表が勝ち進んでいます。

私のアパートの前の通りもベトナムの国旗を振りかざし、

雄たけびをあげながら走るバイクの群れで溢れています。

領事館の案内にもあった通り、危険な匂いがするので、

部屋で大人しくしているが一番だと思います。

それにしても騒がしい。

太鼓は勘弁してくれ。

ベトナムは静かに飲めるところがあまりありません。

賑やかで落ち着きがなく、クラブのような場所ばかりです。

たまにはそういうところも良いですが、たまにはで良いんです。

静かにチビチビ飲んでると泣きそうになる時があります。

これで良いのか。

自分に問いただしている自分。

どことなく今を楽しめてない自分。

いつもそうだった。

輝いていたあの時。

そんな時あったのかな。

分からない。

一度きりの人生もっと楽しんで、もっと充実させて、

もっともっと今以上に得たいものを得たい。

これは単なる欲に過ぎないのか?

ただこの欲を満たすために頑張るのもまた人生かもしれない。




IMG_1312





戦争時の研究をすることで、その国の国民性が分かるような気がします。

ベトナムと日本。

強かで、我慢強く、集団で狂ったように行動する。

こんなcultureでしょうか。

ベトナムは北の大国である中国の影響を否応なしに受けてきた後に、

王国が栄え、そしてフランスの統治下におかれました。

ベトナム語の語源は中国から来ていると言われます。

またバインミーは言うまでもなくフランス文化。

建物も中国式、フランス式が入り乱れ、多様な異国文化を感じることができます。

そして南北の対立。

ベトナム戦争。

まるで北朝鮮と韓国のようです。

ホーチミンの人はホーチミン市のことをサイゴンといいます。

そういえばタンソニャット空港の略はSGN。

そうSaigonです。

ホーチミン市は偉大すぎるのであえてサイゴンと呼ぶとか。

ほんとかな?

南の人は北の人が嫌いです。

北の人は南の人が嫌いです。

こういった点も歴史を学ばなければ分からないことです。

そしてこの歴史から現代を捉え、そしてこの先を見据えて、

取り組んでいかなければなりません。



ということで今週はHanoiに行って来ます。







IMG_0248




ホーチミンの駐在員なら必ず知っているKARAMUCHO。

この半年ぐらいですかね?

急激に見かけるようになって広がりを見せております。

案の定Yahoo Newsでも取り上げられ、売り上げが順調のようです。

JAPAN BRANDが現地の食にも根ざしているところに驚きと感動を覚えました。

食後にビールをもう1本、そしてカラムーチョというのが最近のお気に入りです。

40円ぐらいかな?

現地プライス。

ちょっと食べるには丁度いいんです。

そしてベトナム版は日本よりもちょっと辛いとあった通り、ビールとの相性抜群。

病み付きになります。

あの辛さを思い出すとじわーと涎が出てきて、侵されている自分に気が付きます。


こういったダイナミックなグローバルマーケティングに携わりたい。

やっぱり転職しようかな。

外資系のグローバルブランド。

転職ありきではなく、そういった方向性に向けて今すべきことをやるだけかもしれませんが。

こうして生産管理を任され、管理しきれてない海外事業会社の経営にも携わった経験。

これを次のステップでどのように活かすか?

どのように評価されるか?思っている以上に評価されないかもしれない。


次の自分の居場所は自分で作り、探さなければならない。

IMG_1395





旅立つ共にさようなら。

彼はどうなるのでしょう。

なんとお粗末。

だが明日は我が身。

今後の展開に期待しよう。

そして自分だったらどうするか。

どうするかな。

やはり家の中を見直すことから始めるかもね。

わざわざ転職してきてファミリー企業の後継ぎとして入ったのに。

んー。

なんとかしてあげたいが、会社同士の付き合いなので、

私情は挟まず淡々と対処するしかないですね。

淡々と。

淡々と。

ベトナム人のシタタカサ。

恐ろしや。





文章からは伝わりきらない情熱と葛藤があったことでしょう。

そうでなければ全世界に知れ渡る一流ブランドにはなれないです。

NIKE

確か小学校低学年の時に初めて目にしました。

父親に何て読むか聞いた所、「にけ」と言われたことを今も覚えています。

それからバスケが好きになり、マイケル・ジョーダンに惚れ込んだころから

NIKEのファンとして、欠かさずNIKEのスニーカーを履き続けるという一途な男です。


とある有名デザイン会社のデザイナーと仕事をすることがあり、

彼は私にこう言いました。

「あのNIKEのロゴを見たとき、やられたー!と思いましたよ。」

アホかお前は。

お前からそんなクリエーティブな印象を全く欠片も感じとらなかった。


デザイナー気取りの素人を勘違いさせるぐらい、

この極めてシンプルで心に刺さるNIKEのロゴ。

いつの時代も色あせることなく、多くの人々の心を掴み続けることでしょう。


そして忘れてはならないのが日商岩井。

今の双日ですね。

このNIKEの創設時に日本の商社が関わり、

その将来性に目を付けてファイナンス面で支援したこと。

これぞJAPANESE TRADING COMPANYですね。

商社。

商社マン。

こういった仕事がしたいな。


上司は陸王の影響で靴作りをしようとしてます。

もちろんOKです。

既存の客先に新製品として追加提案するには、互換性があり、

今の営業の延長として製品をONして売り上げアップに繋げることができます。

だがしかし。

最も売れているとあるメーカーの靴を買ってきて、

特許に触れない程度、つまり特許の内容を調べて、訴えられないように、

似たようなソールを開発しよう。

そのように会議議事録には書かれていました。

面と向かって言ってやろうか、

「ほんとバカっすね」


本物に触れたい。

本物の男にならなければ手に入らない。

本物とは。

本物を追い求める人生を後半生、過ごしたい。


偽物作りはまっぴらだ。

偽物ブランド気取りはまぴっらだ。



SHOE DOGのように熱く人生を過ごしたい。

本物にすべてを。






「二度と経験したくない。」

笑いながらもこのように言える経験があるのは人生の糧になるのかもしれません。

同じ年の商社マンが言ってました。

工場運営を任され、日本人一人で送り込まれ現地スタッフと共に働いた4年間。

二度と経験したくないと笑って話してくれました。

その間には結婚もして子供もできて、

それでもベトナムの僻地で家族でホテル住まいするその勇敢な姿勢には、

思わず頭が下がりました。

なぜそこまで頑張れたが。

赴任する際に上司に言われた言葉があったようです。

「40歳で社長になれないやつは、50歳でも社長になれない。」

30歳をいかに過ごすか、どのような環境で働き、生活するか。

そこで養われる価値観が人生の後半生を左右するに間違いない。

望まなくても過酷な環境、つまり後に成長できる環境に追いやられるのは、

有難いことなんだと。後になって気が付く、感謝できる、これがまた人間なのでしょう。

その時、渦中にいれば、辛い、辛い、とにかく辛い。

なぜ分かってくれないのか、分かろうとしてくれないのか。

相手に求めて求めて求めまくって、何一つ自ら変わろうとする姿勢を持たない。

変わらない自分に試練を乗り越えることはできず、さらに悪循環。

誰も助けてくれません。

誰も理解してくれません。

相手に求めている限りは。

出来ることから確実にやっていこう。

その先にまた、長くて辛い道のりの先にきっと新たな世界が待っていることを期待して。




IMG_1324


とある日本の会社=A社があります。

ベトナムに事務所=B社を持ち、その事務所を通して、

ベトナム現地企業=C社と提携し、ビジネスを展開しておりました。

順調に売り上げを伸ばし、約10年。

これからという時にC社がA社を裏切り、B社のスタッフを引き抜いて、

独自でビジネスを始めてしまいました。

お金がトラブルの原因だったようです。

金の切れ目が縁の切れ目。

A社に小さなファミリー企業です。

親父が社長で息子が昨年6月に銀行を辞めて後継ぎとして入社したところでした。

A社の収益としては日本企業との取引において日本側で決済して、

マージンを取った上でC社に海外送金してました。

つまりこのままではA社は倒産してしまいます。

大丈夫か!?

こんな修羅場を間近でみていて心が痛みます。

後継ぎの息子とは仲が良く、多い時は週5回で飲みに行ってました。

どうするんだろう。

この問題が公になる前に実はちょっとした情報を掴んでおりました。

本来3月まで来ないと言っていた後継ぎ息子が急遽、親父とベトナム出張。

なぜだ?

A社とC社が揉めている、お金のトラブル、ボイコット?スト?なんかあったらしい。

本当か?

そしてその親子から飲み会が誘いがありました。

ちょっと情報を掴んでいたので、これはチャンス。

もしくは先方からオファーしてくるか。

何事もなく話が進み、

「商売は順調ですか?」

私は問いかけました。

「順調ですよ!」

何事もないように言い返されました。

社長本人がはっきりいう訳だ。

これは信じるべきか。

週明けの月曜日。

クーデーターのメールが一斉に送られ、内情が露わになり、

C社が独立してビジネスを行うことになったは書いた通りです。

つまり社長とその息子は、はっきりと私に嘘を訳です。

はっきりと嘘をつかれました。

裏切られました。

有り得ない。

こんなもんか。

人の信頼は簡単に失われる。

この瞬間を我心の中ではっきりと感じとりました。






IMG_1353





開高健、佐治敬三。

大人の男の真の友情。

憧れますね。

人付き合いの悪い私ですが、人恋しくなる時もあります。

腹を割って話せる人。

いないなー。

まぁそんなもんかなー。

そんなもんだね。

なんとなく今まで関わってきた人のプライベートを知る機会があって。

みんなそれぞれ。

隣の芝はなんチャラという感じです。

なんちゃらなんちゃら。

自分は自分。

そこか消化しきれない不満、不安は蠢いて消化不良を起こしつつあります。


IMG_1363





日曜日の昼下がりに飲むビールは最高です。

お昼から飲みすぎました。

太ります。

お腹がポッコリ。

先週は4回ジムに行きました。

ようやく1kmを走り切れるようになりました。

300m程度歩いて1km走って200m歩く。

こんな感じです。

その後、腹筋+ダンベル+スクワットのコースを3set。

本当は腕立て伏せも付け加えたいとことですが、ひーひーいってしまいます。

いわゆるサーキット・トレーニングみたいなものです。

はぁはぁひぃひぃ、汗をダーっとかいてまた500m程度歩いて終わります。

家に帰りシャワーを浴びてビールを。

ご飯を食べるころにはもう1本。

合計2本ビールを飲みます。

これがいけないんだ。

痩せない。

痩せない。

痩せたいのに。

来週も走り込もう。

もうこのイライラ生活から抜け出したい。



酒飲んで、

走って鍛えて、

また酒を飲む


このイライラはどうすればいいのか。

out of control

マネジメント不足を指摘されるのか。

致し方ない。

甘んじて受け入れよう。

本当にどうしたら良いんだ。

supplierはいうことを聞きません。

supplierへの依頼というのは、

そもそも日本からの依頼を受けてからの案件なので、

mustな事情として迫られます。

交渉しきれず、条件を満たせなかったら、

怒涛のごとく、罵声を浴びせられます。

そのうち段々、嫌になってきて、嫌で嫌で、

そのような仕事が後回しになります。

そうすると。

それに拍車を掛けるようにトラブルが倍々ゲームで、

雪だるま方式で増え続けていくこの悪循環。

はぁ。

酒だ。

酒。

酒、持ってこーい!






IMG_1139




このページのトップヘ