Sweaty Bogeys

Do it. Fix it. Try it.

ホーチミンで働く商社マンの自己満足的日記。
I started new life at the Ho Chi Minh City in Vietnam from 17 April 2017.

IMG_2225





やはりアパレル以外の道を開拓しよう。

このままこのビジネスと関わり続けたら、失敗する。

なんだかあれほど慕っていた上司がつまらなく感じてきました。

逆境に立たされた時にその人の本性が現れるものです。

こんなに人間ちっちゃかったか?

がっかり。

なにか見失っている。

けれども誰も口にできない。

旧陸軍のような絶対的な悪の枢軸のような匂いが立ち込めてきました。

やばいぞやばい。

慎重に。



without over-thinking things.

来月、日本出張の可能性が。

あくまで可能性。

分からない。

どっちでもいい。

状況は悪い。

ただただ悪い。





IMG_2219



IMG_2100








手袋をするのは自分の手が汚れるから。

これがベトナムの発想。

良いとか悪いとか、あってる間違っている、そういう価値基準ではなく。

なんというか。

自分にとって都合の良い判断基準で相手を推し量ります。

○とか×とかでは判断できないので、こちらもはっきりした判断ができず、

曖昧な態度を取ってしまいます。

外人とビジネスをするに際して、また海外で働くに対しては、

確固たる判断基準が必要かもしれません。

そしてこういったことが異文化を知ることかもしれません。


相手の価値基準、つまりベトナム人の価値基準で交渉しても勝つことができません。

言った、言わない、これは言った側の責任。



お前、謝れ。



上司はベトナム人の主張を認め、実務を担当している私に謝らせることで、

その膠着しきった商談が決裂するのを回避しました。


これは完全に商談において負けを認めたということです。

してやったりのベトナム人。

なぜ理解して貰えないかと打ちひしがれる自分。

悔しくて悔しくて。

泣きたい気分でした。

ただ泣いてどうにかなる問題でもない。

グッとこらえて。

謝って。

いや、これは誤っている。

どうすれば良かったのか。

悔しい。

相手は外人、自分は日本人。

もっと緻密に外堀を埋めて、逃がさず、打ち負かすしかありません。

ただただ経験を積んで百戦錬磨の商社マンに成長するしかない。




そう誓ったホーチミン生活2年目、5月のとある日の思い出。



人が集まらないとされるので、人が集まるであろうとされる場所に移転する。

でもその中で中心となる人は必ず必要になる。

その人が中心となって生産ラインを組み立てて、工場を運営する。

その人がいなければ?

結局、人に依存しちゃうわけ?

曖昧なロジック。

大手商社は工場の無人化に向けての取り組みを加速してます。

逆行する動きを見せておりますが、そこに勝算はあるのか。

やってみないと分からないなんていうんでしょうね。

きっと。

で、この実務をやる人間が悪にされる訳です。

そもそもうまくいかない仕組みを任され、

うまくいけば上司の手柄、失敗すれば部下のミス。

ありがちなサラリーマンとしての構図が浮かび上がってきております。

なんとかしなければ。






IMG_2154


ベトナムのローカルレストランに行く時があります。

すると水のようにビールを飲み続けます。

それでも2,000円を出せば十分です。

安い。

だから飲み過ぎてしまう。

そういえばお腹がぽっこりのベトナム人男性が多いですね。

自分も同じく。

ぽっこりが取れない。

今日は久しぶりにジムに行きました。

先週は一回しかいかなかったら、肩が凝って。

最近は雨季なので、夕方に雨が降ってることも多くて行けてませんでした。

身体が変わってきている証拠かもしれません。

身体が変わって、心が変わって。

事態も変わる!?かも。

いや、変えなければなりません。

明日から勝負だ。



IMG_0330

547660283.314167


塩のつけ麺。

うまい。

飲んだ後はやっぱこれ。

良いです。

うまい。

ホーチミンのヘムの奥にあるムタヒロ。

鳥ベースのあっさりとした味付けにはまっています。

夜2時まで空いてますし。

これがまたダメなんです。

とりあえず居酒屋で飲んで。

歌って。

腹減ったな。

よしいこー。

なんて。

元気な先輩はマッサージまで行ってから帰ってますからね。

日本と価格は変わりません。

700〜800円程度するので。

便利になった半面、日本と同じペースでお金を使っていたら、

思っている以上にお金は貯まりません。

貯まるのはストレスのみ。

このストレスから解放される時が来るのでしょうか。

解放区。

いい響きですね。

誰か解放区に連れて行ってください。

そんな楽園があると良いな。

ベトナムに。

誰かといってこよ。

誰もいいかなこのさい。

ちょっと本気出せば1人はヒットするさ。

そんな暮らしをしていいのか33歳。

ダメだな。

情けない。

ほんとに。

母の日を忘れていた。

最悪な息子だ。





あとは実践するだけだな。

決算書を持って帰ってきましたし、ポイントを拾って、自分なりの資料にして。

来週から役員と先輩が来ます。

出向している合弁会社の外人社長が駄々をこねて、手に負えなくなり、

HELPを求めて、出張をお願いしました。

見どころです。

上司が外人社長とどのように話し合い、交渉を進めていくか。

80%言いくるめられると思いますが。

やっぱりアウェーですし、普通の日本人がベトナム人に交渉は勝てません。

またこんなこというと叱られますが、上司がメールだけでベトナム人と交渉し、

大きなビジネスを進めようとしています。


断言します。

失敗します。


うまくコミュニケーション取れてないし、なんでこんなやり方してるのかな?

20年前に海外駐在があって、海外担当の役員として、社内では百戦錬磨の達人のように、

若手からも羨望の眼差しがあったのですが。


どうなんだろう。

起死回生に一撃を持っているのか!?


勉強させて頂きます。



まぁまぁありがちな出来事。

だがちょっと強め。

今朝、突然、仕事中に電気が落ちて停電になりました。

昨日も豪雨の途中にあったので、またかと。

だから気にせず仕事を継続してましたが、

スタッフが近くで事故があったので、停電になって、

今後の復旧の目途はたってないと報告を受けました。

まじか。

今日は日本への出荷日。

やばいやばい。

間に合わない。

そして間に合わなかった。

なにやってんだ。

また怒り狂ったメール、電話が浴びせられ、シュンとなることでしょう。

どうしようもないことにどうしようもない気持ちを使って疲れ果てます。

ダメなサイクルに飲み込まれています。

どうすりゃいいんだ。

まじで。

先生。

もうLOOSEに。

なすがままに。




IMG_2140







































どこかで自分はまだ有名な人になれると思ってるかもしれません。

有名な人というのは事業で成功する人です。

30代で芽が出なければきっと40代でもダメなのかな。

これから人生70歳まで働かなければならないかもしれません。

まだまだ先は長い。

後半生で人生の芽が出ればいいかな。

今はこうして黙々と生き残ることだけを考え、

目の前事に取り組んでいかなければなりません。

駐在生活を終えて自らの事業を起こせるように力をつけてお金を貯めて。

きっと未来は明るい!よね。

IMG_2112



美味しいんですよ。

はい。

デブマッシグラ。

ホイップクリームをコーヒーと共に飲んでいるような感覚ですかね。

あまーいテイストがベトナム人好みなんでしょうね。

いつもお店は一杯。

若いカップルが引っ切り無しにやってきます。

ベトナムは若い人が多い。

この若い人たちは普段、どんな仕事をしているんでしょう。

収入は?

分かりませんが、数万円程度でしょう。

一方でとあるサプライヤーが家を買ったと教えてくれました。

4階建のちょっとしたホテルなような外観。

車も持っていて。

やっぱり怪しい。

このサプライヤーは友人の日本人の会社と一緒に仕事をしていましたが、

お金が問題で喧嘩別れしてしまいました。

ベトナム人、日本人それぞれの立場で言い分がありますが、

どちらも正論のように聞こえ、真相は闇の中でした。

但し実際にベトナム人は10万円を超える年収があれば、

中間層に位置する訳ですので、家と車を買うとなると数千万円に至ると思います。

こんなお金、一般庶民は買えません。

逆に買えるだけの経済力があるということは、それなりのことをしていたということでしょう。

それなりのこと。

んー。

やっぱり悪いことかな。


このページのトップヘ