2009年12月25日

新規サイト「鯰爺-NAMAZEE」オープン

いや、久々の更新になっちゃいました(^_^!。

年末年始の超繁忙期、よせばいいのに、新しいサイトの立ち上げ準備をしてました。

だいぶ形になったので、見切り発車だけど、思い切ってオープンしました。
よろしければ、冷やかし半分に遊びに来てみてください。

「NAMAZEE-ナマズ釣り熱中人のためのコミュニティサイト
http://namazee.qee.jp/


didg at 05:22|PermalinkComments(1)TrackBack(0)Fishing 

2009年12月01日

今月のイチオシ - 2009年12月

ディランが、クリスマスアルバムを出した。もちろん、彼の長いキャリアの中でもはじめてのことだ。



ディランが歌うクリスマスキャロルを聴きたいかどうかについては、ま、いろいろご意見もあろうかと・・・・・でも、このアルバムの印税はすべて、食料支援のために寄付されるそうだから、志のある方は一枚いかが?



didg at 10:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)Recommend | Folk/Country

2009年11月22日

バーボン飲んで・・・・

底冷え。そんな文句がぴったりするような、日曜日。今夜はたまらず、バーボンをストレートでやっとります。アテは例によって鯰だけど(爆)、今夜は、ニンゲンのナマズね(笑)。



ナマズのつづきは、B.B.キング御大。こちらも、ナマズっぽいゼ!
今夜は飲みすぎるかもね。ま、いっか、たまには。

didg at 17:20|PermalinkComments(1)TrackBack(0)Blues 

2009年11月13日

夜逃げ国家ニッポン?

行政刷新会議による、いわゆる「事業仕分け」のニュースがメディアをにぎわしている。ちょっとショーアップしすぎの感もあり、民主党のプロパガンダじゃないの、などとのウガった見方もできなくはないけど、やるしかないよな、とは思う。

そんな中、当地では、「人と環境にやさしい道づくり」の大義名分の下、国土交通省・埼玉県・熊谷市が主体となった社会実験とやらが行われている。

偉大なる社会実験?

















市内の随所には、上のような立て看板が自動車運転手に「迂回」を呼びかけ、交通量の調査が行われている。

でも、これって、おかしくない?

歩行者と自転車を分離するために、車道の車線を減らして自転車道を作る。そうすれば当然、車道は渋滞をおこす。この施策を実行したとき「どれくらいの交通渋滞がおこるのか?」も、実験で明らかにすべき大きなテーマだと思う。立て看板に書くべき文句は、「(渋滞が予想されますから)迂回をお願いします」ではなく、「(渋滞しますが、正確なデータをとるため)迂回しないでください」とすべきではないか。
実験実施地域の交通量を恣意的に減らしてしまっては、正しいデータが得られない。そればかりか、実験が始まる前にすでに、市内には、「恒久的な」自転車道が作られてしまっている。

自転車と歩行者との間の交通事故が増えているのは知っている。その問題を解消するために、また、二酸化炭素の発生を抑制するために、自転車道を整備することが効果的だということも理解できる。

でも、いまの日本の財政は、家計に例えれば、「30万円の月収で、月収80万円の生活をしている」状態にある。50万円とはいかなくても、月々の借金を40万円くらいは減らさないと、早晩、夜逃げでもしなくちゃならなくなっちまう。そう考えた場合、自転車道の整備は、そんなに優先順位の高い事業として、納税者は実施を望んじゃいないよな、と思う。ところが、最初から事業スタートありきで、こんな実験が行われ、一部はすでに見切り発車しちゃってる。

この町は2004年、国体のメイン会場になり、100億円かけた陸上競技場と、同じく100億円かけたドーム型室内運動場が作られた ─── 毎年毎年、こんなものが、どこかの都道府県に作られているのだろうか。また、数年前、「市民のみなさまのために」公費で温泉を掘っている、というトホホな話を、市の職員から笑顔で聞いた・・・・・ところで、あの温泉は出たのかぁ?

政治ってのは、つまるところ、税金の使い方を決める作業、だと思ってる。少なくともボクは、自分が支払ったお金を、そんなことに使われたくない。税金は、国や公共団体に、もちろん、官僚や公務員にクレてやったもんじゃない!

didg at 05:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Trash 

2009年11月09日

ラッキーパンチだろな・・・・・

ナマズの話はもういいよ!
ま、そう言わずに、聞いてよ・・・・・

先週の土曜日。昼間の気温が、久しぶりに20度を越えたんで、ナマズ釣りに行ってきたんだ、ダメモトでね。
ナマズって魚は、個体差はあるんだろうけど、一般に、水温が10度以下になると冬眠する、と言われてる。経験的には、20度以下になると活動が鈍りはじめて、15度を下回ると、積極的には獲物を追わなくなる、ような気がしてる。

で、その晩の、そのポイントの水温は16度。ビミョ〜な感じだよね。
案の定、ルアーを投げども投げども、生命反応はゼロ。「もう、帰ろっかな」と思った矢先、そうさな、水深は30センチくらいしかないじゃないかってところの水面で、こいつが食いついてきてくれた〜!

ラッキーパンチか?





















54センチのオス。どうです、みなさん。案外、ナマズのご尊顔を拝んだことなんて、あんまりないんじゃ?・・・・・かわいいでしょ。

でも、これは、ラッキーパンチ的な一匹だったみたい。後にも先にも、4時間やって、ルアーに反応してきてくれたのはこの子だけだったもんね。ナマズもボクも、ほんとにほんと、もう冬眠する季節なんだよね。

didg at 17:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)Fishing | Outdoor