2012年12月31日

「吉本興業創業100周年特別公演」
○ 漫才 西川きよし/宮川大助・花子/Wヤング/テンダラー/なだぎ武/ダイアン
○ 新喜劇 川畑泰史/末成由美/Mr.オクレ/島田珠代/他
 この新喜劇のタイトルが分からない。「マネキンは見ていた」とかどうとか、確かそのようなタイトルだったと思う。
なんばグランド花月[大阪市中央区難波千日前]

なんばグランド花月
 
年末の休暇の1日、ヒマにまかせて吉本を見に行ってきた。
大阪のミナミは千日前の一角、こっちが近道なんて書かれてあって、それにつられて行くとパチンコ屋の中を通る仕掛けになっている。


西川きよしさんが、皆さんはどちらから来られているのですかと訊ねていたが、半分近くの人は大阪近郊以外の人だった。みなさん大阪見物のついでに吉本を見に来ているのかと思った。
冬休みのせいか家族連れが結構多く、子供が大変多いのがほかの劇場とちょっと違う雰囲気だった。テレビでお馴染みの漫才師を目の当たりに見て、とは言ってもなだぎ武と言うコメディアンはこのたび初めて知った。ちょっと他の芸人とは異質な感じを持った。


「吉本百年物語」は2度ばかり見たが、本来の吉本新喜劇はテレビでは何度も見たことがあるが、こうして生の舞台を見るのは初めてになる。
関西の人だったら、名前を見ただけでどんなキャラクターの役を演じるか分かってしまってたいへん分かりやすい。
末成由美のヘアスタイルは千と千尋の湯婆婆そっくりで、舞台上でも同じようなことを言われていた。



**************************

本年もあと少し。当ブログにお越しいただいた皆様方、たいへんありがとうございました。
来年も引き続きご贔屓のほど、よろしくお願いします。



Hokurajindido21 at 21:30│コメント(0)トラックバック(0)観劇・映画など │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字