2011年07月03日

災害ボランティア 余談編

[おことわり]
連続投稿ご迷惑おかけします。
・この一週間の、あくまで自分目線の記録です。
・コメントをもし頂けたらば読ませていただきますが、返信は控えさせていただきます。
・片手間に書いてたメモな上に文章を書くのは苦手なので、構成がガタガタだったり語弊があると思います。ご了承ください。




金の話。

朝飯、昼飯の弁当 : 500円くらい?×2が5日間+初日の昼飯500円くらい?で5500円。
お風呂の入湯料:600円×6日で3600円。
バス終日貸切:70000円くらい?×7日÷チーム人数で22000円くらい。

そして謎の・・・
移動手当:往復2000円。
活動手当:2000円×5日で10000円。

連合は1人あたり43,000円くらい?かけて派遣していることになる。1チーム22人くらいの、今回が第12陣。これを9月くらいまで続けるとのこと。つまり・・・??
自己負担分を加えるとさらにかさむ、大変贅沢なボランティアであった。これで作業の質が悪かったらしょうがないわな(笑)


少し本文の中でも触れたが、作業の質に関しては連合さんのボランティアは評価が高いと言われたらしい。これに関してはあまり嬉しくはない。

一般ボランティアと連合ボランティアの差はちと大きい。特に能力面以外の差が大きいのが何とも。

若い人の情熱に連合の道具を貸し出せばきっと大きな仕事をしたでしょうな。
朝メシ昼メシにきちんとしたものを食べられればもっと力を発揮できたでしょうな。
移動手段がきちんと確保できていればもっと力を発揮できたでしょうな。
充分な水分補給が出来ていれば、体調を崩すことも少なかったでしょうな。

活動するにあたって後ろ盾はすごく影響があるみたい。我先にではなく、こういう力のある団体だからこそ他のボランティアと足並みを揃えて活動していく必要があるんではないかと、ね。
他のボランティアよりウチは信用されている。評価が高い。そういう言葉が出てくること自体、体制がまだ整いきっていない証拠なのかも。お互いにね。


全体を通して、活動そのものは非常に楽しい充実した時間だったと思う。復興の一歩の半分くらいにはなれたかな。自分自身には今回得たものを実生活にきちんとフィードバックして、また戻ってきたい。・・・きたいじゃないな。来よう。


あとね、こんなに普通の景色を目を凝らして見たのは初めてだったかも。


お疲れ様でした。



diejin at 07:30|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

災害ボランティア6日目 大曲住宅街

[おことわり]
連続投稿ご迷惑おかけします。
・この一週間の、あくまで自分目線の記録です。
・コメントをもし頂けたらば読ませていただきますが、返信は控えさせていただきます。
・片手間に書いてたメモな上に文章を書くのは苦手なので、構成がガタガタだったり語弊があると思います。ご了承ください。





最終日。長く世話になったベースキャンプとのお別れ準備。たいそう恵まれた環境の中でのボランティアであった。次のチームが快く使えるようにそこそこ片付け。荷物もこの時点である程度まとめ。班ごとに記念撮影の嵐。最後はチーム全体で写真をとった。俺はカメラ出さず(笑)

今日の作業は大曲の住宅街の公園周り。2m弱の津波が押し寄せてきて公園がまるまる埋まってしまったらしい。地元の方の努力で公園が見える程度にはなったが、まだまだ堆積している公園の周りの土砂を取り除く作業がきょうの仕事。今日だけ日帰りで山形の組合から30名ボランティア派遣された。我々は公園まわりのヘドロ掃除で、山形組は側溝だった。これまで側溝をやり続けてきたオヤジたちとしては、手際の悪さにアドバイスしたくなることもしばしばだったそう。もう自分含めて完全に泥かきオヤジである。チーム山形のなかに女性が1人混ざっていた。同じく泥かきをやっていたが、公園まわりはデリケートなところが所々あったので良かったかもしれないね。
最後はブランコの下を清掃して終了。終了の合図を出してもなかなか作業をやめない人たちが印象深かった。俺も同じような気持ちだった。

帰り道。眺めが少し淋しげだった。松島は本当に綺麗なところだった。復興のスピードを肌で感じて今眺めると、道のりはまだまだ遠い。また力になりたいと思う。時間とお金の都合をつけられれば・・・つけたいな。いや、つけよう。アドバイスもらって今度は個人で行けるようにしよう。個人で行く流れが分かれば今後何回でも行けるものね。

夜、解散式。・・・という名の飲み会。組合というのはとにかくお酒が大好きな人種。というか、やっぱりお酒が最高のコミュニケーションツールなのだろう。大人になると仲良くなるのにそうしなくちゃいけないのが少し寂しかったが、それもまたそれ。最初はもうひと押しをアルコールの力を借りたことで打ち解けられた。最後はしっかり思い出深い日にするために呑む。分かってますよ、ええ。ただ、やっぱりたまに苦手な空気感を醸し出すことがある。何というか、変な意味で組織的というか・・・組合の人間とは、やはり特殊な人種である。今回の参加者はほとんどが組合専従だったり役員の方で、組合員から参加した俺なんかはかなり目立った存在らしい。つまり、目を付けられるということらしい・・・まあ妙な流れに乗ることはないだろうけど、ご遠慮したいよな(笑)

宴会場から解散。続々と帰って行く中、俺と、同じ班だった同年代の職場委員と、その班長と三人で3日目の夜ご飯で使わせてもらった"青ちゃん"という個人経営の居酒屋に寄った。最後にここのラーメンを食べて帰りたかったのである。美味しかったのよ。
最初は恥ずかしがり屋なのかあまり口はきいてくれなかったが、今日で東京に帰るんですって言ったら少しお話してくれた。彼は元JRの職員で車両整備をやっていたとのこと。退職金で居酒屋を建てて第二の職場として頑張っているんだそうだ。彼の優しい面に惹かれてか、お店には近所のラーメン屋の主人やスナックのママがフラッと入ってくる。今回の事がなかったら間違いなくなかった出会いの一つ。この店があるなら、小牛田駅で降りてもいいかなって思ったもんね。青春18きっぷ東北編をやる時には必ず小牛田駅を通る事にしようと思う。ばいばい青ちゃん。

荷物を積み込んでバスへ。東京駅への到着は5:00見込みだそうだ。あとわずかでこのチームも解散である。二度と組まれる事のないチーム。儚いくらいが思い出に刻まれるだろうね。中学校や高校が三年間しかないみたいに。

さいならみなさん。また明日から仕事頑張りましょう。お疲れ様でした。

では、東京までおやすみなさい。



diejin at 07:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

災害ボランティア5日目 さらに牛網

[おことわり]
連続投稿ご迷惑おかけします。
・この一週間の、あくまで自分目線の記録です。
・コメントをもし頂けたらば読ませていただきますが、返信は控えさせていただきます。
・片手間に書いてたメモな上に文章を書くのは苦手なので、構成がガタガタだったり語弊があると思います。ご了承ください。




今日で5日目。何故かグレードアップした弁当にうろたえる。いちいちこんなところで金を使うんだよな。こういうところが好きになれない。もちろん、一組合員の意見だし、大きな流れがあるのかも知れないけどね。

今日も牛網で排水溝の泥かき。昨日までやったところの続きをやることになっていた。が、一件住宅の泥かきの依頼が入ったということで、一つの班だけそこに向かうことになった。決定方法はじゃんけんで勝った人。うちの班の班長が勝つんじゃないかと思った。んで、やっぱり勝った。午前は他の班と一緒に排水溝の泥かき。午後は依頼のあった民家で軒下の泥かきということになった。

午前中の仕事を終えて民家へ。繰り返すように、震災から100日以上。それでも未だに泥だしや水だしが出来ていない民家があることにまず唖然。震災直後からほとんど状況が動いていないことになる。誰が悪いということではない。水が引くまで作業は出来なかった。軒先の泥だしだけでものすごい時間がかかった。大工さんはみんな仮設住宅の建設などへ出張ってしまっていた。ボランティア依頼を出してもなかなか派遣してもらえなかった。派遣されても適材ではなく大胆な仕事は出来ない方々ばかりだった。・・・しょうがないことばかりよね。

家の骨組みが辛うじて生き残ったということでどうにか使えるように掃除していくのだけど、進み方が本当に牛歩状態。ここでも復興のスピードをかんじた。こんなペースなのかと。俺たちが入る前は神奈川から看護師の20代の女性がボランティアに入っていたらしいが、道具にも恵まれていなかったので部屋の水出しや拭き掃除をやってもらうしかなかったそう。ボランティア受け入れの体制やシステムはだいぶ整ってきたと聴いてはいたが、まだまだ適材適所を行えていない状況のよう。看護師の方なら、人手の足りない大活躍できる場所があったでしょうに。
家の家主は85歳のご夫婦だそう。今は娘さんがボランティアの立会いでいて、
「本当にこんなところまでありがとうございます」
と何回も言ってくれた。アイスも買ってきてくれた。自分からは言わなかったが、股関節を痛めているらしく足をひきづって歩いている。そんな状態なのに、笑顔でね。参ったよ。
そして、"その時"の話をたくさんしてくれた。笑顔で、たまに悲しそうな感じで、でも淡々と話してくれた。内容はちょっと書けないくらいキツい。おばちゃんは同じ話を何度もした。気持ちの整理がまだ出来ていないのか、ショックがまだ残っているのか。なんにも言わずにうんうんって聴いてきた。
休憩中に、おばちゃんに言われた"三本目の電信柱の向こう"へ行ってみた。場所は鳴瀬川の下流、浜市小という小学校の正面辺りで、ギリギリ見えないが石巻湾の近くである。それはもう、言葉にしにくい光景。やはり小学校の時計は2:47で止まっていた。おばちゃん曰く、
「その辺りは第二波の津波がやって来て、最初はもう海だったの。(中略)水か引いてから草が生えてしまってね。最初から何もなかったみたいでしょ?」
と。確かに、津波が駆け抜けた田んぼとあまり景色は変わらない。近くにいくと、家の作りだけが残っている。これがかなりキツかった。どこの家にも生活が残っていた。例えが悪いが、ドリフのコントの家みたいだ。暑さとは関係なく、頭が痛くなった。
その後の作業には一層真剣さが増した。休憩をとるとおばちゃんは
「水ちゃんと出ますから。冷たいからどんどん使ってね」
と何度も言ってくれる。組合の用意したドリンクを飲むのをやめて、あとの休憩はおばちゃん家の水道の水をたっぷり飲んだ。うまかった。ガスと電気はまだ復旧していないらしい。少しは共感に近づけた気がして勝手に気持ちが楽になった。当たり前のありがたみ。この感じを忘れないように。

・・・ちなみにこのおばちゃんとにかくおしゃべりで、震災の話以外はめちゃくちゃ面白かった。連合のチームリーダーを住職と呼んだり、俺と同い年のチームの方に
「ボクはどこから来たの??」
と発言。俺は英国紳士みたいだと言われたよ(笑)おばちゃん、非常に口がうまい。なんか商いでもやってんのかな。
結局床の板を剥がす作業でおしまい。泥だしの要望もスムーズに通るといいなあ。お大事に、おばちゃん。

今日は美里で過ごす最後の夜になる。慣れない肉体労働で疲労もそこそこ。ただやっぱり名残惜しく、ベースキャンプの周りを散歩。真っ暗なのでほとんど何も見えない。星がめちゃくちゃたくさんあった。綺麗だった。福島のばあちゃんの家にいたときみたいな、蛙の鳴き声サラウンド。気持ち良かった。明日で作業は最後になる。本当に濃い時間だったな。明日もしっかり活動してこよう。

おやすみなさい。


diejin at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

災害ボランティア4日目 再び牛網

[おことわり]
連続投稿ご迷惑おかけします。
・この一週間の、あくまで自分目線の記録です。
・コメントをもし頂けたらば読ませていただきますが、返信は控えさせていただきます。
・片手間に書いてたメモな上に文章を書くのは苦手なので、構成がガタガタだったり語弊があると思います。ご了承ください。




さすがに4日目となると慣れたものだ。全体で自分の役割を認識し始めたのか、居場所を見つけたからなのか、準備の手際もよく、(物理的な意味で)人がぶつかることも少なくなった。

今日は再び牛網の仮設住宅近辺の排水溝の泥かき。今日はこれまでの中で1番日差しが厳しく、こまめに休憩がとられた。用意していた水分が一気にそこをついてしまった班もあった。無計画といえばそれまでかも知れないのだけど・・・
それでも日陰を借りられて風もあって涼しく、空も晴れて非常に気持ちがよかった。空の写真を何枚も撮ってしまった。
仮設住宅の方々と少し目が合って会釈した。「ご苦労様です」と言い合う表情がやっぱり少し固かった。まだまだこれからが大変な方々。直接はつながっていないかも知れないけど、今日の活動もあの方々の役にたっていたらと思う。

今日の作業は10:00から始まって14:30にあがり。今日は初めて眩暈がした(笑)元々がもやしっ子だし、身体がデカいくせに蚤の心臓だから血の巡りも悪いせいっていうのもある。・・・蚤の心臓の使い方が間違ってるのは無視。そんな感じなのだもの。
だいたい100mくらい進んだか。しかしまだまだ何十キロと続く排水溝の泥。初めて復興のスピードというものを意識した。大人が約20人、本気になって泥かきしてやっとこ100m程度。震災から100日が過ぎ、復興も順長に進んでいる。・・・と、思っていたよ確かに。被害は甚大、と一言。復興のスピードがこれなら、やっぱり10年はかかると肌で感じた。間違いなく長期戦である。
実際に被災された方に対して医療行為も出来ないし、心のケアも出来ない。直接的な干渉が出来ないから、そういった部分はもどかしく感じる。でもその代わりに復興のスピードを感じることができた。今日はこれでいい。このペースで復興が進んでいることを意識していられれば、自分も関心を薄めることなくいられる。はず。しゃんとしよう。

今日は地元の方からお食事をふるまっていただける事になっているらしい。連合の力か、組合の力か・・・いずれにせよ力関係がイーブンでないことは明らか。あくまで謙虚に、という気持ちで臨むように。自分は自分の意思と思いながらも、所詮は組合の看板を掲げた人間である。相手の中のその意識は拭えない。
趣味が釣りで、津波で船が流されてしまった方の話を聴いた。ベースキャンプは美里にあるのだが、その方は近所に住んでいるらしく、震災直後の経験を生で語ってくれた。もちろん、俺は情報過多の環境にいたから一度や二度は聴いたことある話だった。でも、分かったつもりだった。
地震の日の翌日が奥さまの透析の日で、なかなか透析に行けず長く苦しい思いをしたこと。ちょうど雪が降り始めて凄く寒い思いをしたこと。ライフラインが止まって食事や日々の生活に凄く困ったことなどなど。ニコッとしながら話すから軽く見えてしまうけど、本当に大変な思いをしたんだよな。力強さを感じた。負けないで欲しい。
しかし、うちの母親も東北人なんだが、東北の人は何でこう相手の胃袋を省みずにメシを出してくるんだろうか(笑)嬉しい反面、マジで危なかった。今日食べたカレーが正規のルートで排出されることを願う・・・

夜はまたくだらない話で終わりましたとさ。もう男だらけのチームだから下ネタまみれ。少し真面目に濃い話をした気もするけど、組合の関連だし大して興味もない。

おやすみなさい。


diejin at 07:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

災害ボランティア3日目 東松島市大曲

[おことわり]
連続投稿ご迷惑おかけします。
・この一週間の、あくまで自分目線の記録です。
・コメントをもし頂けたらば読ませていただきますが、返信は控えさせていただきます。
・片手間に書いてたメモな上に文章を書くのは苦手なので、構成がガタガタだったり語弊があると思います。ご了承ください。




朝。五時間くらいで目が覚めるように出来ているので、早めに寝ると早めに起きてしまう。4時くらいに一度目が覚めて、そこから点々と眠りはじめる。疲労が取れづらい。
毎朝届く弁当はホカ弁レベルのもので、贅沢な感じがしてあまり気分はよくない。しかも個人的には若干量が多くて重い。昼メシに食べるには少しキツい量になっている。知り合いが行ったときは自分の用意した食料にしか手をつけてなかったし、他の先輩に至っては賞味期限切れのおにぎりなんかいただいていたそう。品質に(というか自分の味覚だけで言うなら)対した差はないと思うけど、気持ち的になんかなーって感じで。

今日は晴れの予報。30℃も超えるということで、脱水にならないように水分補給を気をつけるよう指示がありました。確かにかなり暑い・・・作業中は重装備なので、たっぷり汗かきます。さらにわたくし、汗っかき。気をつけなくては。

今日は東松島市の大曲というところでお仕事をいただき。民家の横の排水溝の泥かき。二回目だからさすがに慣れたものだ。手際よく作業が進むので時間が余ってしまうくらい。
民家の前なので、家の中からおじいちゃんおばあちゃんが顔をたまに覗く。何も言わずにじっと見つめているおじいちゃんがいて、なんだろなーって思ったら、家からホース引っ張って水巻いて手伝ってくれた。ちょこっと話しかけてみるけどあまりお返事はよくない。でもゴム手袋洗わせてーって頼んだらやっとこ口きいてくれたー。何かお手伝いを頼むといいとは聴いていたけど、実際にやってみて確かにその方が気持ちが楽になるのかもしれないと思った。

大曲の市民センターの前からはまだまだ片付いていない田んぼが一望できる。陸に転がっている船が何隻もあって、目を疑うような光景。遠目にかなり大きな船が陸に乗り上げていた。ハンパない。市民センターの近くにひっくり返っていたボートのお尻には"ガンバロー大曲"の文字が。うん、頑張ろう。
休憩中には少し田んぼを散策した。たくさんの生活が田んぼの中に流されていた。家族をテーマにした曲のレコードが五枚まとまって流れているのをみた。シングル版のレコード。家族思いの方のものだろうか。田んぼの真ん中で、泥だらけのリラックマが首を傾げてこっちを見ていた。何か言いたそうだった。

この日は作業を少し早めに切り上げ、石巻市の現場視察という名目でくるりと回ってもらった。被害のあった住宅街。工場。火葬が間に合わなくて暫定的に措置されている土葬場。目を疑うような元・家たち。信じられないほど大きな瓦礫の山。俺たちには瓦礫の山に見えるが、彼らにはどんな風に映るだろう?思い出か、宝か。バスの運転手の方がたんたんと説明されているのが逆にきつかった。悔しい思いをしたのかも知れない。
こんなに派手にやるのにたったの一日しかかからないのに、積み上げるのにはまた何年もかけなくてはいけない。あんなにたくさんの元・家や元・生活を目の前にして、被災地に飛び込んできた自分達がやれるのは泥かきぐらい。復興って、ちちんぷいぷいではどうにもならなくて、地味に地味を重ねてやっとこ立ち上がるんだな。頭では分かっていたつもりだった。でも何かネジが回ったような感覚があった。この犠牲の上に立ってしまったんだな。

ベースキャンプで翌日の準備。明日はまた牛網で作業をするらしい。作業の内容は変わらないが、使命感の差で作業の質を変えることは出来る、と教わっている。その意識で明日もやっていきたい。

おやすみなさい。


diejin at 07:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

災害ボランティア2日目 牛網 陸前小野駅近く

[おことわり]
連続投稿ご迷惑おかけします。
・この一週間の、あくまで自分目線の記録です。
・コメントをもし頂けたらば読ませていただきますが、返信は控えさせていただきます。
・片手間に書いてたメモな上に文章を書くのは苦手なので、構成がガタガタだったり語弊があると思います。ご了承ください。



朝。起きてから活動準備。昨日ドンチャンしていた面々もさすがに緊張感を感じる。

・・・とは言っても、我々のボランティアは東松島市での排水溝の泥かきと聞かされていたので、作業自体は簡単なもので被災された方に気を使う場面もあまりない。

バスに乗り込んで現場へ。行くときのバスとはうって違い静かな車内。寝ている人もいれば、ずっと外を眺めている人もいる。外は、広大な田んぼが広がっている。とても綺麗で素敵なところだ。
景色をじっと眺めていると、ちらほらと違和感が出始めた。田んぼににあるはずのないものがちらちらと見え始めた。仙石線に沿って走り始めるともう明らかだった。線路が浮いていて、まとまった瓦礫がたくさんある。思った。来たんだ、と。100日過ぎた今も現状はまだまだこんなもの。復興に10年というのが初めて府に落ちそうな感じだった。やっと働きに来れた。

我々が作業する場所は陸前小野駅という駅の程近く。内容は排水溝の泥かき。非常に地味である。体力的には厳しい仕事にも関わらず、最年少は俺と、同年代の方が2人。いわゆるイクワヨ世代。それ以外はみんな年上だった。体力的に大丈夫なのかとおもったが、そんな心配は杞憂に終わった。自動車業界のオヤジはみんなパワフルなのだ。俺の方がおいてかれそ・・・

実際の作業にはいくらか道具が必要になるが、それはほとんど連合の方で用意するかボランティアセンターで貸出を行っていたみたいだ。作業の途中で地元のボランティアセンターの方(?)が、
「やっぱり学生のボランティアとは違うねぇ」
と言った。気を良くしたオヤジたち。
「どこが違うの?」
と嬉しそうに聴く。しまったと思った地元のおじさん。
「・・・年齢が違うね。」
見事な回避である。
作業の手際も質もどうであれ、復興を願ってやってくるボランティアなのだ。当然そこに優劣をつけるわけにはいかない。そもそも連合がついているのだから、道具はかなり恵まれている。差が出るのは当然っちゃ当然でしょうな、残念だけど。

まだ涼しくて体力的にも余裕があったので、少し作業場の周りを歩いてみた。陸前小野駅を通る電車は今は機能していないらしく、試しに乗り換え案内やってみたら代行バスが出てきた。走っていたらすごいきれいな眺めだったんだろうな。駅の中にある時計付きのタイムカード。上部が砕けて中はむき出しになり、時間は2:47で止まっていた。この駅を塗り替えた時間。胃が痛くなった。
近くに歯科医院もあった。別の場所でバス診療を行っているらしく、その旨の張り紙がしてあった。中はくりぬいた様にバラバラに。やっぱりカレンダーは三月から進んでいなかった。
お寺もあった。かなり大きなお寺で、お墓がたくさんあった。そこまで大量ではないけど、まだまだ崩れたままだったり倒れたままの墓石もあった。身を守るものとして教えてもらったから役に立つのか分からないけど、自分が知ってる唯一のお経を唱えて手を合わせてきた。

帰りは温泉に寄って帰ることになっている。何とも贅沢なボランティアである。大義名分としては、きちんと地元にお金を落として行くという意味があるらしい。(でも入湯料は組合負担・・・連合加盟のみなさまごめんなさい!)
お風呂場で少し地元のじいちゃんと話した。じいちゃんのところはそこまで被害がなかったから良かった。そしてもっと被害のある方を心配してた。けどもまだ見に行っていないという。キツかったろうな。今日はワラビ取りに山に入って、汗をかいたからお風呂にきたんだそう。たくさんは取れないけどなーって言ってた。あと世間は狭いなって思ったのが、じいちゃんの姪が浦和に住んでるんだって(笑)詳しく聞かなかったけど、実は知ってる人だったりしてな。浦和の思い出話がタクシーでボラれたって話でしめられてしまったから、また絶対浦和に来てね!と言っといた。その後でじいちゃんは露天風呂に消えた。

コインランドリー。ちっちゃい女の子がニコニコしながらこっちをみている。仲間になりたそうではない。いろいろ話しかけてみるけど、ニコッとするだけで喋らない。照れてるのか緊張してるのか。ここで大津さんお馴染みの10秒マジック。最高のびっくり顏を見せてくれたので大満足。小回りのきく手品ってこういうときにすごく役に立つ。持っておいてよかったー。

そんな感じで2日目が終わった。終始組合の匂いを意識した感じにはなったけどもそれはそれ。今日の泥だしが、復興の何万歩のうちの一歩であると願い。

おやすみなさい。


diejin at 07:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

災害ボランティア初日~移動編~

[おことわり]
連続投稿ご迷惑おかけします。
・この一週間の、あくまで自分目線の記録です。
・コメントをもし頂けたらば読ませていただきますが、返信は控えさせていただきます。
・片手間に書いてたメモな上に文章を書くのは苦手なので、構成がガタガタだったり語弊があると思います。ご了承ください。




自分の思うボランティア像にそぐわないからと言って、それが間違いとも言いきれない。ただ、へりくだる事で自分の位置を守る習性のある人間は、それ以上へりくだれなくなると心に重りをつけるしかない。早い段階で自分を納得させるミッションを確立しないと沈む一方である。



今日から災害ボランティア。前日は先にボランティア経験のある方からお話しを伺いつつ長くしっぽりと飲み、帰って準備を始めたら何と4:30くらい。空はしっかりと明るくなり、綺麗な朝焼けを覆った曇り空が少し顔を覗く。

本気で三時間寝てから荷造りと確認をして出発。何をするのかさっぱり想像がつかなかったので、何にでも対応できるようにしたら大荷物になってしまった。重たい。
いつもと逆の電車に乗って新御茶ノ水へ。ここに組合の総本山"総評会館"がある。俺が着く頃には前のボランティアの帰着組でごった返していた。とりあえず俺が今回所属する自動車総連の方を探して指示をもらった。受付をすまし、一緒に活動する自動車総連と運輸総連の方と顔合わせ。次に組合の何か偉そうな人の話を聴いて、出発式、記念撮影などなど。何か女性事務局長が出てきて挨拶していた。何でこういう場面って
「ウチらすごく頑張ってます!」
みたいな話をするんだろう。いつから派遣を始めたとか、これまで何人送ったかとか、今その話はどーでもよい。誇示するのは募集の時か説明会の時でいいはずだろう。

バスに乗り込んで出発。窓際の席で外を眺めていた。東北地方に入ったあたりから、屋根を補強している家がチラホラと現れてきた。緊張が出てきた。やっと来たんだなあってな。あの日から100日以上。ずいぶんかかったが、支援の二歩目。頑張ろう。

今日は移動とオリエンテーションでおしまい。本格的な作業は明日からになる。
基本的に夜は各自で済ましていただき、地元にお金を落としていく。
というのが方針らしい。今日はチームの顔合わせと親睦会ということでますやという居酒屋さんにお世話になることになった。
乾杯をし、各自自己紹介。妙な組合臭が居心地悪かった。捉え方次第なのだろうけど。顔と名前を覚えるのがとにかく苦手な俺は、まずは自分の班の人の顔と名前だけでも覚えなくてはと躍起になっていた。今回一緒に行動するのは組合の専従が3名、職場委員が1名と自分の五名。当然ボランティア経験はない。お互い初対面。大人の対応でいくつもりだったが、キャラが濃すぎて即崩壊。とりあえず、うまくやっていけそうだ。
終盤はオヤジたちが美人店員に絡みたおして退店。何をやってんだか。地方にきてロックが外れたか?・・・しかし、確かに美人だったな。

明日からボランティア初日。作業内容はたぶん側溝になる。前日からあまり寝てないので、おやすみさせていただきます。

おやすみなさい。



diejin at 07:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月27日

あの星の光が示すように 僕らの命が煌々と燃えている


大人なんてくそくらえだ!!

みたいな、若者を鼓舞した自分の青春ソングが、そのときのアドレナリンの貸しを取り立てにくるみたいに今ごろになって襲いかかってくる。

お前も大人になったんだぞ

ってな。

そんな中で自分をすくい上げてくれるのは、年齢と若さには相関関係がないという類の言葉。生涯現役、永遠の18歳にも近い。経営者の4割くらいが自分の信条として掲げているサミュエル・ウルマンの詩。どういう気持ちになるとしても、一読の価値ありかと思います。



青春とは人生の一時期のことではなく心のあり方のことだ。
若くあるためには、創造力・強い意志・情熱・勇気が必要であり、
安易(やすき)に就こうとする心を叱咤する冒険への希求がなければならない。
人間は年齢(とし)を重ねた時老いるのではない。理想をなくした時老いるのである。
歳月は人間の皮膚に皺を刻むが情熱の消失は心に皺を作る。
悩みや疑い・不安や恐怖・失望、これらのものこそ若さを消滅させ、
雲ひとつない空のような心をだいなしにしてしまう元凶である。
六十歳になろうと十六歳であろうと人間は、驚きへの憧憬・夜空に輝く星座の
煌きにも似た事象や思想に対する敬愛・何かに挑戦する心・子供のような探究心・
人生の喜びとそれに対する興味を変わらず胸に抱くことができる。
人間は信念とともに若くあり、疑念とともに老いる。
自信とともに若くあり、恐怖とともに老いる。
希望ある限り人間は若く、失望とともに老いるのである。
自然や神仏や他者から、美しさや喜び・勇気や力などを感じ取ることができる限り、
その人は若いのだ。
感性を失い、心が皮肉に被われ、嘆きや悲しみに閉ざされる時、人間は真に老いるのである。
そのような人は神のあわれみを乞うしかない。

Wikipediaより。



染みないなら、それでもいいよ。俺には強がりにしか見えない。たぶん、ね。



それでは、また明日。本気で塗り潰す覚悟を持て。こんにゃろう!以上、おっちゃんの話でした。



♪今日のオススメ♪
サヨナラcolor / スーパーバタードッグ
染み渡るように。栄養にしていく。どんなに他人事に捉えられても、俺が大事。


diejin at 00:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月24日

珍しくこんな時間までお仕事


ハロハワユっていう曲の中に

私が生きた分の給料は誰が払うんですか

って歌詞があった。バンプにもそういう曲あったよね。

人間という仕事を与えられてどれくらいだ

とな。


当然みんな仕事をもっていて、何かしらをやって何かしらを得ている。
生きるということも仕事なら、仕事をして得るものはお金には限らないのよ。

セッションや飲み会を開催するのも、ライブイベントを企画するのも、遊びとも呼べるし仕事とも呼べる。お金にはならないことが多いし、疲労感が結構大きい。

でもまあ、何をやるにしても仕事と呼んでみると少なからず遊びと呼ぶよりは使命感が出てくるのよ。
なので、何かをやるときはそれは仕事だと思って頑張ってみようと。

自分主導で何かをやろうとして、それを仕事と呼ぶことで腰が重くなって出来ないならそんなもんはやらんほうがいい。絶対コケる。

でも、仕事とは何かという本が山ほど出ていて、それに対する解釈も様々なので、あくまで自分自身の(受け売りだらけの)仕事学に照らしたときの話(笑)これからそこを目指さなくてはいけないのね~あー大変。

全然関係ないけどさ、自分が笑顔でいるだけで何千万も動くとか、渦中の人間はそこまで意識して動いてるのかな。いきなりそんなことになったら気が狂いそう(笑)余談。


それではまた明日。少し貴重な経験をします。以上、おっちゃんの話でした。


♪今日のオススメ♪
脱げばイイってもんじゃない / 初音ミク
なんちゅう歌詞だ(笑)でもめっちゃカッコよかったのでオススメ!序盤の始め方とかゾクゾクするのよ。


diejin at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月20日

能書きはいい、とりあえずやってみな


実際に自分が動いていこうというタイミングと、しっかり吟味しなくてはいけないタイミングを見極めるのがその人の出来なんだと思うよね。完璧を追い求めたら実は一生たどり着けなくて、どこで妥協点をつけるかがその人のセンスの良さになってくる。…のかなってね。

そういえば、以前友だちとラジオ的なポッドキャストを配信しようかと考えていたんだけど、あの話はどうなったんだろう??彼女は現在病気療養中なのだが、それが落ち着いたらやるのかな?すごく話を膨らませるのがうまい子だから、ちょっと恐怖半分で楽しみにしてたんだけどなーw

今日は、こんな感じで。一日一ついいことを探していこう、が目標。今日は本気で寝て、勢いよく起きられた。短い睡眠で体力が回復できることを実感。こういう睡眠をとっていきたいねえ。


それではまた明日。家では酒を飲まない!!うそ!!以上、おっちゃんの話でした。


♪今日のオススメ♪
傍観者 / ゆず
泪の湖と笑顔のお月様を目指して!!
結構深い歌詞だなあと思う。


diejin at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月18日

WAGA-MAMA CITY BOYZライブ@池袋Adm

最近は諸事情あってなかなかライブハウスに顔を出せてない。忙しいも時間がないも自分に当てはめるとカスみたいな言い訳だけど、俺には事実しか語ってくれないから辛いね。

先日、活動休止を発表したWAGA-MAMA CITY BOYZのライブを観に池袋へ。何とか間に合って最初から観られた。ライブの彼らはホントに気持ちいい。他のライブを楽しめなくなりそうなくらい、気持ちいいライブを見せてくれる。
今回はロングステージということもあり、通算で一時間ちょっとの長丁場。最近は生で聴けなかった曲もたくさん聴けた。イチゴジャムのときのタクミサイトウが面白かった(笑)あれで弾けるんだね。
朝にすることが始まったときはちょっとうるっときた。爽やかな感じと、一日がこれから始まる壮大な希望みたいなのが詰まった曲。俺にとっては、休日の朝6:00くらいに起きて頭がすごくスカッとしてるイメージ。歌詞を無視してるけど(笑)
アンコールのモンキービールも素晴らしかったな。アルバムのクラクション→モンキービールの流れがすごく好きなのだけど、その理由が曲のテンポ感と爽やかな哀愁がある曲だから。相反するけど、そんな雰囲気なの。

ライブが終わってからはみんなと少しずつ話せた。アラカワくんは相変わらず優しかったし、芸能人って感じだった(笑)ムラタくんもウキウキしてとんぼ唄ってた。B'zで盛り上がった。タクミくんはちょっとさみしそうだったけど、これからサイテーさんになるのかな。カネコはちょこちょこ会ってるけど、やっぱWAGA-MAMA CITY BOYZのカネコはまるっと尊敬するよ。

俺の時間はきちんと四年間進んでいたらしい。でも時計が壊れたから分からなくなっちゃったみたい。大事なものがどんどん通り過ぎていく。時間がない。急がなくちゃ。


それでは、また明日。マジすか学園の時間に帰れなかった事とか全然気にしてないしー!!以上、おっちゃんの話でした。


♪今日のオススメ♪
ブラックチョコレート / WAGA-MAMA CITY BOYZ
聞きたかったな~ってことで、入選(笑)


diejin at 00:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

昨日、説明を受けてきた

何の説明かと言われれば、そいつは内緒(笑)

すごく遅くなってしまったけど、それでも別に構わないと思った。かなり遠回りしたし、惰性にも何回も負けたし、世間体とか自分自身とか敵は山ほどいて、そいつらを潰すことに精一杯。攻撃力弱いからね、防御力も低い。ドラクエのステータスで言ったら、俺はレベルいくつで、それぞれいくつくらいなんだろうなあ。まあそれはそれ。
自分の中の壁がぶち抜けるまで出来たらいいんだけど、そこまではいかないならしいから、密度を濃くして日々過ごしていきたいと思います。

さて、ぽちぽちと話しておりますが、そろそろブログを移転しますよまたまた。そっちもちょろっと書いてるけど最近の日記暗いからどーもね。

ホントに思うのはさ、人に見られることを意識したブログって素晴らしいよね。見る、見ないは自由っていう感覚で書くと独りよがりの本物公開日記になっちゃうもの。

なので!!一日一善ではないけど、毎日楽しいこと、よかったことをどんどこ書いて行こうかと思いますそっちには!やっと方向性が決まった!いいこと探す習慣!!探す!!


それではまた明日。いや、続けて書きますよ今日は。また後で。おっちゃんの話でした。


♪今日のオススメ♪
裏表ラバーズ / 初音ミク
間奏の為に聴いてる感じ。音を重ねまくってうるさくない感じが、エンヤっぽくて好き。


diejin at 00:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月16日

コピ・ルアクと仕事術

かもめ食堂を観た人には覚えがあるかもしれない言葉、コピ・ルアク。映画の中では美味しいコーヒーを入れる前の最後のおまじないとして登場する。

コピ・ルアクって何よ?

世界で1番高いと言われる珈琲豆の名前。コーヒーノキの果実を食べるマレージャコウネコのウ◯コから取れる。果肉は栄養源となるけども、豆は消化できないので排出される。その排泄物から豆を回収してしっかり洗って乾燥。高温焙煎させて完成。

何で美味いのかは分からんっぽいね。腸の中で何かしらの作用が働いているからだとか、美味い豆だけを厳選して食べるからだとか言われていますが・・・ただ豆を収穫しただけでは美味しいコーヒーではないみたい。あくまでマレージャコウネコの身体を一度通らないと美味しくない、とか。


話はうって変わって、"仕事術"という本を読んだ。
例えば女子高生に関する特集を組む場合にどうするか?
よし、渋谷にでも行って女子高生の実態を探ってこよう!っていってしまうとだいたいは似通ったものが出来上がってしまう。

それよりも、今時の女子高生の話を還暦近い人達に聴いたほうが、よりリアルに実態をつかんでいたりすることもある、ってね。企画の内容にもよるけど、妙に納得できる例え話だったなあと。

精査して果肉を剥ぎ取り、美味しいコーヒー豆を収穫してもいいけれど、マレージャコウネコのウ◯コを探した方が楽で高品質の豆が得られる。

実際に渋谷に出て女子高生の実態をリサーチするよりもじいさんやばあさんから話を聴いたほうが、簡単に女子高生像を感じる事ができる。


いいものっていうのは、基本的に中心にないのかもしれないねっていう話。一歩手前を掴むための発想の一つとしては、割りと有効なのではないかなと思い、中心に向かう流れを考え直すように。そう、心掛けてみようと思ったんですわ。


それではまた明日。俯瞰力って、大事。器の大きい人に憧れるね。以上、おっちゃんの話でした。


♪今日のオススメ♪
メルト / 初音ミク
壮大な曲の感じと、最後の"なんてね"で現実に引き戻される幹事がたまらなく感動的で泣ける。LIVEの大合唱もかなりきてるよ。


diejin at 01:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月15日

仏の話とさしこの話。


先日はロング・トール・スリーのライブでしたが、その前に父方の祖母の3回忌でした。久しぶりにあう親戚たちと近況報告やらなんやらをいろいろお話しましたが。

法事っていうのもなかなか面白いもので。全く退屈なイベントでしかなかったのにね、坊さんの話がすごく面白かったんだね。

仏教の本来の在り方としては、"生を明らみ、死を明らむ"のが本来のもの。生きるとは何か、死ぬとは何か、煩悩とはどこから生まれてくるのかを論理的に示したものが仏教の本来の姿。でも日本に入ってきたのは聖徳太子の時代に自分たちの国を守るための思想として仏教を採用したと言われているという話です。
人は死を恐る生き物というのは昔から変わらないようで。お墓の始まりは人が蘇らないように埋めたところに石を置いたのが始まりなんだとか。そんな霊の類を深く信じていた人の血が流れているから、人は死に対して怖がるようにインプットされている。宗教なんて信じないよ、神様なんていないもん。っていう人でも、一人で夜の墓地に行くのは気が進まないし嫌な気持ちになる。それは目には見えない霊の類、宗教的な教えを信じている結果なんだとか。
ちなみにその坊さんは霊なんぞいないと教えている。なぜなら、霊や呪いの招待は伝染病だと言われているからだそうだ。昔は人が死んでもすぐに葬ることはなくしばし近くに置いておくことが多かったし、埋めたあとに病気にかかったりすると、呪いだとか祟だとかと思うようになる。だから生き返らないように石を置く。これが霊や呪いの類の正体なんだとか。ホントかねw
ちなみに、火葬になったときに伝染病は減ったらしい。そのほうが良い葬り方という解釈になっていったのはそういう理由もあるらしい。

・・・詳しい人教えていただきたいなあ。


そんなことはともかく。今日は"さしこのくせに"でしたな!!ツッコミを学んで成長するさしこの姿にニヤニヤしていたヘタレファンたちも多いでしょうに。確かによかった!けどメインが誰なのかさっぱり分かんなかったww

しかし、平成ノブシコブシの吉村は神がかってるね!!初めて知ったのはララピポのスピンオフだったけど、声と反応が昭和で気持ちいい。ダメ人間具合がすごくいい。ww頑張って欲しいな。


それではまた明日。明日は・・・なんかやるんだっけ?水曜日。以上、おっちゃんの話でした。


♪今日のおすすめ♪
鏡の中のジャンヌダルク / AKB48??
もう誰の曲か分かんねえけども。サビ以外がいいねwwこの中からメディア選抜が2人か・・・やるなあホルモン。もはやホルモンといったらマキシマムザホルモンよりもチーム・ホルモンだね。ホルモン食いてえ。





diejin at 02:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月13日

ロング・トール・スリーライブ@浅草KURAWOOD

本日はロング・トール・スリーのライブでございました。久しぶりのライブだったので力の加減が分からなくなってしまいましたが、大変楽しんでいただけたのですごく嬉しかったです。
見に来てくださったササキさん、カズくん、モンキーレンチ、ヤマイヌさんありがとうございました。めぇさん久しぶりにお話できて嬉しかったです。ねこくんは時間調整してウチで飲みましょうb
さらに今日は新AKB48ヲタに会えたので満足。もっと突っ込んでみたかったー。かなりやり込みタイプだっていうことも分かったので、面白い話が聞けそう。

本日のライブは少し自分に勢いがなかったところをイシカワンダーに持ち上げてもらい。
たぶん始めてRUDE69と一緒にライブをやることができ。
最後はTHE ROMANTIC SIXのかっちかちなクールライブで締まりました。

うちらは結局のフルスロットルでしたが、迷子も重ねると新境地に行くんだな!ってことが分かりましたww
ありがとうございました!!

それでは、また!!


♪今日のオススメ♪
おしゃかさま / RADWIMPS
めっちゃよかったなー。こういうテロテロ感好き。歌詞も深い。哲学的なバンドだったんだね。少し勘違いしていた。

diejin at 01:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月12日

浅草クラウッド

a4bd6170.jpg入り口。

今度は傾いていないはず・・・


diejin at 18:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ざっくりと

70e7260f.jpg今日はこれからライブをやるのです。先ほどリハが終わりました。

誠心誠意、やりたいと思います。


浅草クラウッド。
よろしく。


diejin at 18:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

真実を伝えろ

最近はよく聞かれる言葉。客観性の高い言葉のように聞こえるけど。

じゃあ、この世の真実を全て叩き込まれたとして、その全てを理解出来るのか?と。明日には変わっている真実を最も効率的に今日中に伝えたとして、それに耐えられるのかと。

次は・・・

いや、それは極論。最低限知るべきことはあるじゃん。◯◯を言わないだなんて絶対おかしい。

ここで一気に客観性は崩れる。知るべきことっていうのは個々人の主観。
「いや、みんな絶対思ってるって」
これは偏見。それにそもそも意図的に隠しているかどうかなんて分からん。

物事なんてのは自分の五感をとおして感じる頃にはとっくにバラバラになっちゃってる。脳みそにたどり着くまでにもボロボロこぼしながら、やっとこたどり着いたピースを再構築して理解する。百人いたら百通りの真実。どうやって真実を理解するかが個人に任されている。
これは凄く簡単に証明出来ることで、一枚の写真を10人に説明させたら分かること。たぶん、誰も嘘は言わないけど、誰も同じ認識をしないから、誰も同じことを答えない。

「これは駅の入り口を撮った写真です」

「うわ、赤羽駅っていう真実を隠してる!!」
「何で路上ミュージシャンがいるってことを言わないの!?」

ビックリする?理不尽だと思う?
本当に、同じことだとおもう。知りたい真実の中身を説明してみ。いかに他の人と乖離していて、自分が理解しなくちゃいけない範囲が広いかが分かると思うよ。

「そんなことないじゃん」

と答えた方の、その判断の標本数はたぶん多くて数十人程度。たかだか、その程度のもんなのよ、真実って。


だから自分の物差しが大事になるという。現状、あたしは物差し迷子。たぶん現代には少なくない物差し迷子。自分の主体性がなければ、なに一つ答えを導くことは出来ないというのにね。

さあ、迷い込んで行くよ。


それではまた明日。今日も読んでくれてありがとう。以上、おっちゃんの話でした。


♪今日のオススメ♪
ハッピーエンド / andymori
現代を走る応援歌はどれもこれも軸がある人、夢がある人、物差しがある人を応援する曲ばかり。この曲もその中の一つ。それでも、
どうせどこにも行けないのなら ずっとここにいてもいいんだよ
って言われると、グッときちゃうのよね( ´Д`)y━・~~


diejin at 15:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月11日

非難よりも応援の声を。足を引っ張るよりそいつ以上に伸びる。

ネガティブチャージポンプ

というものの原理をお勉強しております。まあどうでもよいでしょう。
とりあえず、現状を変えるべくカラーボックスを購入。いい加減部屋からダンボールをなくそうということで無理やりもんを入れるわけです。

今日はマジすか学園2でござんしたなあ。なんか失速・・・始まったころは結構面白かったのになー。やっぱしゲキカラさんがいないと面白くならないのか。というか贔屓目なのかねww

総選挙終わりましたな、その2。アンチ前田、票の買占め騒動の2件について書く。誠心誠意の彼女たちのひたむきさや情熱に関してはいろんな方が書いていると思うので、少し違う視点から。

アンチ前田の件。
なんでまた、アンチ前田しかいないのだろう??いや、他にもアンチはいるんだろうけど、明らかにアンチ前田の人たちだけマナー悪いよな・・・映像でみる限りは。自分の推しメンが勝てないのを悔しいとしてもそれを相手が強いせいにしているように見えるのね。
負けたら相手のせいにしてたらキリがない。彼女らは平行で全力疾走してるから気持ちがいい。競争で相手をじゃまして気持ちがいいのはくにおくんシリーズくらいでしょうさ。文句があるなら推しメンセンターのユニット作れるくらいアンタが強くなったらいいね。好きだはともかく、嫌いだを持ち込まないでほしいね。

票の買占めの件。これはもうシンプルに。AKB48・SKE48・NMB48のモバイル会員に加入すれば1票ずつ投票できるということで、これを最安値として換算。1票315円。で、結果は・・・

1位 前田敦子 : 13万9892票 × 315円/票 = 44,065,980円
2位 大島優子 : 12万2843票 × 315円/票 = 38,695,545円

・・・計算してみるとすごい数字だな・・・広告会社でもなく芸能プロダクションでもなく、ファンがつけた彼女らの価値。CM契約料とかと同じようなイメージ?票の買占めを叩く人はとりあえずその前にそれだけの価値をもつ(お金を払うだけの意義があると認めさせている)彼女らに敬意を持っていいのかなあと。淡白な話をしてるわけではないと思うよ。企業はほとんどが人(労働力)に金額つけてるんだもんね。
ついでに言えば、一人一票じゃないからアンフェアという方。俺がちゃんと聴いていないからかもしれないけど、運営とか公式なところでは"人気投票"とは一言も言ってないよね。間違ってたらごめんなさいだけど。選抜総選挙は人気投票ではない。アンフェアということがお門違い。っていうのはどうだろう?
もっと言うと、選抜総選挙で勝ったらこの一年はセンターという勘違い。あくまで1枚のシングルの選抜メンバーを決めるイベントであって、1年間の活動を示唆するものではない。・・・よね?

お金の話が出たけど、大島優子の言葉は結構グッときた。

「第三者は色々言います。一人一票が選挙だろとか。でも皆さんの投票は愛です。次回は2位のポジションだけど精一杯やる。あと、去年のトロフィーもらってないので、ください!」

お金って"ありがとう"の代わりだと思うのね。票が1600円で無限に買えるシステムにはなってるけど、それだけの愛が投票されたと解釈すれば、なんとも夢のある話ではないか。


非常に言葉がつたないので、文章を簡潔にうまくまとめるスキルが手に入る書籍かなにかござらぬか。
あと、自問自答する癖を直したい。考えがまとまる前にこうだ!って言って自分を困らせてみる遊びをブログ上でやってしまうwwちゃんと考えがまとまった上で伝えたいことを書くべきなのだけどね・・・ww


それでは、また明日。お金の解釈をもっと綺麗にしたいなあ。周りに影響されすぎなのかも。しっかりとしよう。以上、おっちゃんの話でした。



♪今日のオススメ♪
マジスカロックンロール / AKB48
イントロからグッとくるんだよね。結構ひいき目入ってると思うけどw


diejin at 02:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年06月09日

AKB48 選抜総選挙


BARBARSの企画に行けず、総選挙もリアルタイムで見られず、仕事はといえば許容損失と変換効率ごときに戸惑い。くそっ!!

ということで、総選挙の話をクソ書きます。去年の今頃は前田敦子と大島優子しか知らなかった自分が、この一ヶ月でどういうことになったか書きまくる。

■メディア選抜 
1位 前田敦子       13万9892票
正直、なんでこの子がエースなのか良く分からんかったけど、知り始めて分かった。確かにかわいいね。顔とスタイルとかだけでは図れない、仕草とか声とか話し方とか。なるほどなって。
2位 大島優子(Not yet) 12万2843票
大学の後輩と同じ高校だったらしい。いやー残念だったねえ。
3位 柏木由紀(フレンチ・キス) 7万4252票 
ブラックさん。後藤くんがかなり前から応援してた人だね。こんなにのびるとは思わなかった。
4位 篠田麻里子 6万539票 
サドさん。安定の4位?支持者多そうだよね。
5位 渡辺麻友(渡り廊下走り隊) 5万9118票 
ネズミ。カツゼツ悪いけど、なかなかいい演技するんだよ。
6位 小嶋陽菜(ノースリーブス) 5万2920票 
トリゴヤ。なんか、そのまんまだよね。
7位 高橋みなみ(ノースリーブス) 5万2790票 
MC下手くそで間の取り方とか反応とか嫌いwでも人間性がかなり出来てるから、尊敬できる。
8位 板野友美 5万403票 
シブヤさん。事務所のやり方が悪かったのかもしれないね。少し反感買ったのかも。さて、どうする。
9位 指原莉乃(Not yet) 4万5227票 
ヲタ。不思議だよね、かわいくないのにかわいい。カネコの推しメン。
10位 松井玲奈(SKE48) 3万6929票 
ゲキカラさん。私、推しメン。チームZのときもよかったな。いや~おめでとうございます。
11位 宮澤佐江(DiVA) 3万3500票 
学ラン。でも未だにお小遣い制らしい・・・そういうギャップが好かれるのか?
12位 高城亜樹(フレンチ・キス) 3万1009票 
アキチャ。入ったな~メディア選抜。顔すごい整ってるよね。

■選抜メンバー 
13位 北原里英(Not yet) 2万7957票 
ウナギ。DEROではすごい機転のきくインテリだということが分かった。
14位 松井珠理奈(SKE48) 2万7804票 
センター。この子は票じゃ測れないと思うよ。本当にすごいもの。
15位 峯岸みなみ(ノースリーブス) 2万6070票 
尺。私の元推しメンwAKB48と知らずにかわいいと思ってた。
16位 河西智美 2万2857票 
歌舞伎。この子が人気なのは分かる。でもアタシは違うと思うw
17位 秋元才加(DiVA) 1万7154票 
チョウコク。東京マラソンのくだりは感動したね。
18位 佐藤亜美菜 1万6574票 
最近良さが分かってきた。お姉ちゃんキャラだったんだね。
19位 横山由依(Not yet) 1万6455票 
おたべ。選抜入りして増量したとかなんとか・・・ファンの気に入らない推され方をしてたらしいからどうなるかと思ったけど・・・よかったね。
20位 増田有華(DiVA) 1万4137票 
唄もダンスもダントツでうまい、とのこと。実際うまいよね。でも保田的な感じなのよw
21位 倉持明日香(フレンチ・キス) 1万2387票 
歌舞伎②。美人さんだよね。実は肩幅ごついとか・・・?ほんと多彩な人をそろえてるよねえ。

■アンダーガールズ 
22位 梅田彩佳(DiVA) 
えーと・・・やべ、わかんねw
23位 高柳明音(SKE48) 
ちゅり大躍進。バンザイVenusのPVで気になったんだけど名前が分からなくて検索しまくった。めっちゃ飛べるんだよねw
24位 仲川遥香(渡り廊下走り隊) 
おや、わかんねw
25位 多田愛佳(渡り廊下走り隊) 
タダと言われるとキレるらしいね。かなりのテキトーキャラだとか。
26位 平嶋夏海(渡り廊下走り隊) 
・・・はて。
27位 宮崎美穂 
みゃおだね。握手会で態度がめっちゃ悪いとか?wよかまさんが認知されてたね。
28位 山本彩(NMB48)
こいつすげーよね。スター姫見てるとホント尊敬する。10歳も下だなんて・・・しっかりしよう俺。 
29位 大家志津香 
さてww
30位 大矢真那(SKE48) 
あーなんか推されてるらしいね。よく食い込んだこと。
31位 仁藤萌乃 
バンジーさん。にとーさんオタと最近仲が良い絡みでかなり好きになったw圏外から食い込んだね。よかった。
32位 小森美果 
ムクチ。あんまししゃべらないほうがよかったかも。マジすか学園内での話ですよw
33位 秦佐和子(SKE48) 
しゃわ姉。なんかファンに押し上げられてる感があっていいよねこの人。
34位 佐藤すみれ 
さて???
35位 大場美奈(研究生→チーム4昇格) 
ゆかに似てるって言ってたのはこの人。でも写真だと似てないね。
36位 須田亜香里(SKE48) 
軟体芸。笑顔のときの口がくそでかいw
37位 前田亜美 
まゆげ。実は歯もぼーん。強烈だよねまゆげ。
38位 松井咲子 
にとーさんオタが2番目に応援してるのがこの人っていう認識。しゃべったとこは見たことない。
39位 市川美織(研究生→チーム4昇格) 
レモン。しゃべらないほうがいいかもその②w
40位 藤江れいな 
安定。


いやー2人しか知らなかったアタシが良くここまで認知しましたよ。しかし、SKE48から入った私からすると・・・
木本花音が圏外なのは残念だな~。俺がここまではまった一番最初のキッカケが彼女だったからなー。


・・・おっ??すごい気持ち悪いな!!!じゃあ今日はこの辺で!!


それではまた明日。今日もお付き合いいただきありがとうございました。以上、おっちゃんの話でした。


♪今日のオススメ♪
バンザイVenus / SKE48
なにがいいって、木本花音のシーンが最高。あの2秒のためにPVみてるようなもんだもの。


diejin at 23:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0)