2010年07月01日

死ぬときに後悔する25のこと

っていうタイトルだったっけな。結構売れた本だそうで、古本屋で見つけて買いました。タイトルはともかく、書いてる人が大津さんだからかな(笑)
内容を読んでいると、考えさせられる内容が見出しのように書いてある。エピソード中心の話かと思えば、結構主観の強い話だったのが残念。ただ、それを書いたのが30歳前半の方だというのが驚きだ。あと5年でそんなに大きくなれるものだろうか。既に自分が固まってくる(と言われている)ような年齢であるのに。

創コーポレーションという居酒屋チェーンの代表も大津さんだということを最近知った。"独立への道"と書いてある名刺サイズの広告なら、見たことある人は多いかもしれない。この人もかなり若い人だったかな。とにかくオーラの溢れるすごい方だったと、店員さんに伺いました。

一朝一夕で出来上がった大津さんではないわけで。それだけは俺も同じ。

小学校、中学校くらいまでは、自己紹介に将来の夢を書く欄があったと思う。きっとこうなる!と思いを廻らせて廻らせて書く。
高校に入ると希望大学を書く欄に替わった。大学に入ると自己紹介がなくなった。

会社に入って書くのは5年後のキャリアプランになる。教科書通りのことを書く。書くことがないからだ。


今日は友達と呑んだ。このタイミングでこの子と呑めるっていうのは、やっぱ何かの縁かな。普段は聞き手に回るように徹しているつもりですが、今日ばかりは愚痴ばかり。さぞつまらんかっただろうが、自分のこと、将来のこと、今のこと、これまでのこと、こんなに自分から話たのは久しぶりかもしれない。嫌な顔もせずに聴いてくれてありがたかったな~。
愚痴るときって何かアドバイスを期待しているわけじゃないと思う。答えはもう自分の中で持っていて、でも頭の中が散らかってるから見つからないだけ。聴く人がやることって、
「あそこの引き出し探した?」
って言うだけ。
何かやってもらって気がついた。すごく救われる。

考えを改めよう、もう一度。死ぬまで信じられなかったら、それまでの話。

それではまた明日。7月。早かった。以上、おっちゃんの話でした。


♪今日のオススメ♪
クライベイビー / 片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティ
欲しいもの、やりたいこと、住みたい場所、会いたい人。人間はいつも夢のど真ん中。今歩いてる世界が夢だったら、何でもするもんな。
いやー呑んだ呑んだ。


diejin at 23:21│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字