1:以下、ダイエット速報がお送りします 2014/10/18 ID:diet2channel
近年、食に対する安全安心意識が高まっていますね。みなさんは普段、食に対して何か気にしていることはありますか? 普段何気なく口にしている物であっても、肥満や健康障害の原因と考えられるものがあると言います。そういったものは、自分はもちろん子どもには尚更、食べさせたくないですよね? そこで今回は、海外の生活知識の共有サイト『Learnist』の記事を参考に、"子どもが避けたい食品5つ"を紹介します。
1
■1:加工肉
ソーセージやハムなどの加工肉には、塩分や脂肪が多く含まれています。こういったものを多く食べていると、肥満、糖尿病、心臓疾患、ガンなどを引き起こす可能性が高くなるようです。

■2:低脂肪食品

アメリカにおいて、過去何十年も低脂肪食品が販売されていますが、アメリカ人の肥満傾向がなくなる兆しはみえないようです。また、低脂肪食品には、心臓病や悪玉コレステロールの原因とされている"トランス脂肪酸"が多く使用されています。

■3:マヨネーズ

小さじスプーン1杯分のマヨネーズが、どのくらいのカロリーだか分かりますか? なんとたった1杯で90キロカロリーにもなります。脂肪分も10グラムも含まれています。

■4:冷凍食品
非常に便利で美味しいので、頻繁に食べる人も多いと思いますが、こちらもハイカロリーですし、塩分、糖分も高いものが多いようです。

■5:マーガリン
マーガリンには、心臓疾患の原因とされるトランス脂肪酸が多量に含まれています。トランス脂肪酸については、すでに米食品医薬品局(FDA)では健康リスクを考えて、食品に使用することを原則禁止にする規制を行っています。

▼全文読む
つい食べさせちゃうけど…実は「子どもに与えちゃダメ」なNG食品5つ - ネタりか  





女性の反応

子どものうちから食品には気を付けたいよね。

ファストフードだね。子供の頃から食べると習慣化しちゃうし。
3
 

辻ちゃんとこ全部アウトじゃん(笑)

できる範囲でやってます

マクドも子供向けに作ってたりするから怖い。
2
 

中国産




この記事をツイートする     このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品


全記事一覧へ

   ブログランキング・にほんブログ村へ   にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ
↑↑いつもクリック有難うございます!! (´;ω;`)↑↑