• ページトップへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Twitter
  • ページボトムへ
  • ダイエット速報@2ちゃんねる

    ダイエット、筋トレをテーマにした2chまとめブログです

    スポンサードリンク
    記事検索
    カテゴリ(+クリックで詳細)
    最新記事
    月別アーカイブ
    リンク(クリックで開閉)
    アンテナサイト
    記事紹介サイト
    2chまとめブログ
    その他
    人気ブログランキング


    フィードメーター - ダイエット速報@2ちゃんねる

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    歴代はてブランキング
    はてブ新着エントリー

    寿命

    【健康】「コーヒーをたくさん飲む人は長生きする傾向がある」という研究結果 ← 結局どっちやねん!!

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    pic_box_taste
    1: 名無しダイエット 2018/07/07(土) 11:51:30.22 ID:CAP_USER
    コーヒーは世界中の人々に愛される飲料ですが、「コーヒーは健康にいい」という意見もあれば「コーヒーは心臓病のリスクを高める」といった意見もあり、健康にとっていいのかどうかは諸説あります。そんな中、コーヒー党にとっては嬉しい「コーヒーをたくさん飲む人は長生きする」という研究結果が発表されました。

    Association of Coffee Drinking With Mortality by Genetic Variation in Caffeine Metabolism: Findings From the UK Biobank | Lifestyle Behaviors | JAMA Internal Medicine | JAMA Network
    https://jamanetwork.com/journals/jamainternalmedicine/article-abstract/2686145

    Another Cup? More Coffee Could Be Linked to Longer Life Span
    https://www.livescience.com/62970-coffee-risk-of-death.html

    アメリカ国立がん研究所がアメリカの医学雑誌であるThe Journal of the American Medical Associationのオンライン版に発表した研究では、研究者らがイギリスの調査に参加した50万人のデータを分析しました。調査に参加した人々に対してはアンケート調査も行われており、「デカフェのコーヒーを含めて、1日に何杯のコーヒーを飲むか?」などといった項目が尋ねられていたとのこと。

    調査では10年にわたって被験者を追跡しており、その間に参加者のうち1万4000人が死亡したとのこと。死亡した人の主な死因としては、がんや心臓疾患、および呼吸器疾患が見られました。研究者らが調査で得られたデータについて、コーヒーを飲む頻度と研究中に死亡する可能性に着目して分析した結果、「コーヒーをたくさん飲めば飲むほど、研究中に死亡する可能性が低くなる」という関係を見つけました。

    調査対象となった人々が飲むコーヒーの種類は、豆からひいたコーヒー、インスタント、デカフェコーヒーなどさまざまでしたが、飲むコーヒーの種類が違っても結果に大きな変化はありませんでした。研究を行ったエリカ・ロフトフィールド研究員は、「デカフェコーヒーでも寿命に影響することが確認されたため、コーヒーが含むカフェイン以外の化合物が長寿に関連している可能性が示唆されています」と述べています。

    たくさんのコーヒーを飲むことが長寿につながるという結果が得られたものの、「健康のためにコーヒーを飲む量を劇的に増やす必要があるとは、今回の結果からは言えません」とロフトフィールド氏は話します。実際、「1日に8杯以上のコーヒーを飲む」と答えたかなりのコーヒー党と言える人々は、50万人中わずか1万人しか確認できなかったとのこと。

    ハーバード公衆衛生大学院の栄養学・疫学教授であるエドワード・ジョヴァンヌッチ氏は今回の研究を受けて、「コーヒーが健康に影響を与えるという従来の研究結果を踏まえた上で、今回の研究では新たにコーヒーの摂取量と長寿に関連を見いだしています。しかし、誰もが1日8杯以上のコーヒーを飲むべきだとは思いません」と語りました。

    ジョヴァンヌッチ氏は、確かに1日に4杯のコーヒーを飲んだ人よりも、1日に8杯以上のコーヒーを飲んだ人のほうが死亡リスクが下がっていたものの、その違いはわずかであると指摘。「これまで1日4杯のコーヒーを飲んでいた人が、健康のために1日8杯飲むようにしても、それほどメリットは感じられないでしょう」としています。また、具体的にコーヒーに含まれるどの成分が体にいいのかという点を突き止めるのは難しく、こういった追跡データから長寿との関連を見つけ出しても、因果関係を認めるのは困難だとのこと。

    コーヒーの何が長寿に関連しているかは断言できませんが、日常的にコーヒーを飲んでいる人は、コーヒーが体に悪いということは考えなくてよく、むしろ体にいいものかもしれないと考えて大丈夫です。ただし、砂糖とコーヒーフレッシュの入れすぎには注意して下さい」とジョヴァンヌッチ氏は述べています。
    https://gigazine.net/news/20180707-more-coffee-link-longer-life/


    省略されました。続きを読むにはこちらをクリックして下さい

    なんでデブの老人はいないんや?

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    ダウンロード
    1: 名無しダイエット 2018/06/18(月)00:55:00 ID:3sD
    年取ると勝手に痩せるんか


    省略されました。続きを読むにはこちらをクリックして下さい

    健康を大事にとか言ってるけどwww

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    ダウンロード (2)
    1: 名無しダイエット 2018/06/15(金) 06:58:30.22 ID:VbuIOpPc0
    誰だっていつかわ
    病気なるわけだし
    そんなこと言われてもなあって思わないの?


    省略されました。続きを読むにはこちらをクリックして下さい

    今の世の中「100歳まで元気に生きられる健康法!」よりも「定年ぐらいで綺麗にくたばる健康法! ラーメン二郎を週に2回は食え!」の方が需要ある気がする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    00
    1: 名無しダイエット 2018/04/17(火) ID:diet2channel
    年金支給される年齢もまた引き上げられそうだし、もう「100歳まで元気に生きられる健康法!」よりも、「もう年金なんていらない! 定年ぐらいで綺麗にくたばる健康法! ラーメン二郎を週に2回は食え! でも酒はあまり飲みすぎるな!」みたいな方が絶対需要あるでしょ。


    省略されました。続きを読むにはこちらをクリックして下さい

    【健康】Cal制限で長生き、ネズミキツネザル実験で効果

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 名無しダイエット 2018/04/06(金) 17:43:57.34 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3170291?act=all
    【4月6日 AFP】マダガスカルに生息する霊長類のネズミキツネザルは、1日の摂取カロリー量を成体期を通して少なくすると他の個体より長生きするとの研究論文が5日、発表された。食事と寿命をめぐって繰り広げられている議論の火に油を注ぐ結果だ。

     今回の研究では、摂取カロリーを制限したネズミキツネザルの方が、老齢期になってもより身体的に若々しく、がんや糖尿病などの病気にかかる確率も低かったが、灰白質が減少するペースは他よりも速かった

     英科学誌コミュニケーションズ・バイオロジー(Communications Biology)に掲載された論文は、「継続的な適度(約30%)のカロリー制限を成体期の早期に開始した場合、ネズミキツネザルの寿命を(飼育下でカロリー制限をしなかった同年齢の個体に比べて)50%延ばす可能性がある。今回の研究結果はその証拠を提供するものだ」としている。

     灰白質減少の加速は懸念材料となり得る副作用だが、ネズミキツネザルの認知能力に明白な影響を与えていないと、研究を行ったフランスのチームは指摘している。

     必須栄養素を減らしたり栄養失調を起こしたりせずに食物の量を減少させるカロリー摂取量の制限は、ラットなどの短寿命種動物の寿命延長や、一部の動物の全般的な健康状態の向上などの効果があることが、これまでの研究で明らかになっていた。

     だが、平均寿命が27年と比較的長く、個体によっては40年生きるアカゲザルを対象に行った、カロリー制限と寿命延長の関連性を調べた過去の研究では、これと相反する結果が出ている。人間にとっての潜在的な利点についても、まだ結論は出ていない。

    ■最高寿命をはるかに超える
     ネズミキツネザルの平均寿命は約5.7年で、個体によっては12年生きるとされる。

     2006年に開始された今回の研究では、ネズミキツネザル15匹に「標準的な」餌1日分として生果実6グラムの他、ジンジャーブレッド、シリアル、ミルク、卵を混合した特製の餌15グラムを与えた。1日の摂取カロリー総量は25.1キロカロリーだ。

     別のネズミキツネザル19匹には、内容は同じで、1日の摂取カロリー総量が約30%少ない(17.0キロカロリー)餌を与えた。実験開始時、ネズミキツネザルの年齢は3歳強だった。

     実験の結果、カロリー制限グループのネズミキツネザルは平均で9.6年生きたのに対し、標準的な餌を与えたグループは同6.4年だった。実験終了までに、標準餌のグループは15匹全てが死んだ一方、カロリー制限グループのうちの7匹はまだ生存していた。

     この7匹は全て13歳に達した。「これは(これまでに記録された)最高寿命をはるかに上回っている」と論文は指摘している。(c)AFP/Mariëtte Le Roux

    ネズミキツネザル(2018年4月5日提供)。(c)AFP PHOTO / CNRS/MNHN
    no title


    省略されました。続きを読むにはこちらをクリックして下さい

    【筋トレせよ】100歳まで生きる人の共通点→男性は「腹筋」女性は「ふくらはぎ」の筋肉の発達で長寿命であることが判明

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    ダウンロード
    1: 名無しダイエット 2018/04/02(月) 10:24:26.79 ID:CAP_USER9
     寿命がいくら延びたって楽しく健康的に生きなきゃまったく意味がない。ちまたに健康法があふれるなか、いったい何が一番重要なのか。

    *  *  *
     厚生労働省が実施した2017年の高齢者調査によると、100歳以上の高齢者は全国で6万7824人に上り、ここ20年間で約6.7倍に増加している。抗加齢医学を研究する同志社大学生命医科学部教授の米井嘉一医師はこう話す。

    「人間の体が100年間生きられる仕様になっていることは明らかです。平均寿命と健康寿命(健康上の問題がなく日常生活を送れる期間)の差は男性で約7歳、女性では9~12歳と言われていますが、100歳以上の人には病気やけがで寝込むことなく元気に過ごしている『百寿者』も、たくさんいます」

     健康長寿のお手本とも言える百寿者にはどのような特徴があるのか。米井医師は「バランスのいい老化」だという。

     人間の体は骨、筋肉、血管、神経などさまざまな部品でできていて、ほとんどの人は40代までにどこかの部品に弱点が生じて次第に病気が深刻化する。一つの部品の機能が衰えるとその周囲にも悪影響を及ぼし、やがて命を奪うことになるのだ。米井医師が百寿者を調べてみると、極端にダメージを受けている部品はなく、からだ全体がゆるやかにバランスよく老化している傾向が見られた。

    「自分の弱いところを知ってそれを是正し、バランスのいい状態に近づけることが、健康寿命を延ばすことにつながるのではないでしょうか」(米井医師)

     どの部品が弱くなるかは人それぞれだが、近年は特に筋肉が衰えている人が増えているという。筋肉は体を動かすだけでなく、骨を丈夫にするたんぱくを作る、転んでもけがが少なくすむように骨と関節を守る、若さと健康を保つ成長ホルモンの分泌を刺激するなど、さまざまな役割を担っている。

     食事から取るブドウ糖の7割が骨格筋で消費されるため、筋肉が減ると太りやすくなり、糖尿病にもなりやすくなる。放置すれば、寝たきりの原因にもなりかねない。

     米井医師らが日本人約1万人を対象に行った筋肉量の調査によると、男性も女性も大腿、すなわち「ふともも」と、腹筋と背筋を合わせた「体幹」の筋肉の衰えが目立った

     その一方で興味深いのは、100歳近い人たちの変化だ。男性では体幹の筋肉量が90歳から100歳にかけて増加に転じ、女性では下腿(ふくらはぎ)の筋肉が100歳で増えていた。

    「見方を変えると、男性は腹筋が衰えると100歳まで生き残れる可能性が低くなる、100歳まで生きた女性はふくらはぎが発達している、と言うことができます。より早い段階から『貯筋』をしていきましょう」(同)

     ただでさえ筋肉は30歳を超えると年1%ずつ萎縮し、70歳で全盛期の7割以下、80歳では6割以下に減ってしまう。米井医師はこう続ける。

    年1%の筋肉萎縮を防ぐには、週3日以上の筋トレが必要です。筋トレには、立ったり座ったりする反復運動(スクワット)を盛り込んでください。難しく考える必要はなく、食事の支度をしながら壁に手を置いてスクワットをするなど、生活の中に組み込めば長続きします」

     筋肉を保つためには食事も重要だ。摂取カロリーの比率「PFC(たんぱく質:脂質:炭水化物)バランス」は、2:2:6が理想だが、最近は炭水化物が多すぎてたんぱく質が少ない人が増えているという。

    「炭水化物を取りすぎている人は、1日でご飯1杯分を減らして、肉か魚を80グラム増やしてみましょう。なお、炭水化物をまったく取らないとか、野菜しか食べないといった極端な食事療法は危険です。運動も食事もバランスが大事なのです」(米井医師)
    https://dot.asahi.com/aera/2018033000011.html


    省略されました。続きを読むにはこちらをクリックして下さい

    【調査】日本人の最新健康寿命が発表される『男性72.14歳、女性74.79歳』/厚労省

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title
    1: 名無しダイエット 2018/03/09(金) 10:50:30.18 ID:CAP_USER9
    ◆健康寿命 男性72.14歳、女性74.79歳
    厚生労働省は9日、健康上の理由で日常生活が制限されることなく過ごせる「健康寿命」が2016年時点で、男性72.14歳、女性は74.79歳だったと発表した。
    前回の13年と比べて男性は0.95歳、女性は0.58歳延び、男女とも過去最長を更新した。
    厚労省は健康意識の高まりや、高齢者の社会参加の広がりが背景にあるとみている。

    健康寿命は3年ごとに公表しており、初回の01年(男性69.40歳、女性72.65歳)から延び続けている。
    平均寿命も延び続けているが、健康寿命との差(不健康な期間)はわずかに縮まり、今回、男性8.84年(前回9.02年)、女性12.35年(同12.40年)だった。

    都道府県別では、山梨県は男性が73.21歳で2回連続1位、女性は76.22歳で3位(前回1位)だった。
    厚労省は同県について、がん検診受診率が高く、野菜摂取量が多いことが背景にあるとみている。
    また愛知県は男性が73.06歳で3位(同12位)、女性は76・32歳で1位(同18位)だった。

    最長県と最短県との格差は縮小し、男性は2.0年(前回2.67年)、女性2.7年(同3.29年)だった。
    分析に当たった辻一郎・東北大学教授(公衆衛生学)は「食塩摂取量や喫煙率の低下といった医学的要因に加え、高齢者の体力の向上も影響している。
    働いたり社会参加したりできるから心身とも健康になっているのではないか」としている。

    健康寿命の算出には、有病率や要介護度を基にするなどさまざまな手法がある。
    今回の調査は国民生活基礎調査で「健康上の問題で日常生活に影響がある」と答えた人の有無を基にしており、回答者の主観に左右される側面がある。

    毎日新聞 2018年3月9日 10時26分
    http://mainichi.jp/articles/20180309/k00/00e/040/200000c


    省略されました。続きを読むにはこちらをクリックして下さい

    死にたくなければ「1日8時間睡眠」を死守しなさい|睡眠科学者が説く「眠りの処方箋」

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    00
    1: 名無しダイエット 2017/12/30(土) 20:51:21
    ◆夜の睡眠時間が6時間45分の成人は、医療の助けなしには60代前半までしか生きられない。

    ◆極端なショートスリーパーの男性は、日常的に夜たっぷり寝ている人に比べて、精子の数が29%少ない(2013年調べ)。

    ◆5時間未満の睡眠で車を運転すると、事故に遭う確率は通常の4.3倍。その状態で4時間以上運転すると、事故に遭う確率は11.5倍に。

    ◆睡眠時間が8時間未満のアスリートは疲れやすい。6時間未満だと、疲労に達する時間が10~30%早まる。
    http://courrier.jp/news/archives/108303/


    省略されました。続きを読むにはこちらをクリックして下さい

    【悲報】青森、全国で最も短い平均寿命改善へ調査したところ、肥満の男性・喫煙女性が増加

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    00
    1: 名無しダイエット 2017/12/05(火) 12:35:09.73 ID:CAP_USER9
    デーリー東北新聞社

     青森県は4日、県民の食生活や身体の状況、運動習慣について調査した「2016年度県民健康・栄養調査」の結果を公表した。野菜の1日当たり摂取量(成人)は、10年に行われた前回調査から35グラム増の300グラムと“前進”。一方、男性は成人の肥満者の割合が39・0%(前回調査比2・1ポイント増)、女性は習慣的な喫煙者の割合が11・5%(3・6ポイント増)と“後退”するなど、課題も浮かんだ。

     調査は厚生労働省の国民健康・栄養調査に合わせて実施。今回は県内1519人を調査対象とし、1061人から回答を得た。

     野菜摂取量は男性305グラム(40グラム増)、女性296グラム(30グラム増)と男女ともに増加した。県健康増進計画「健康あおもり21(第2次)」(13~22年)に掲げた目標の350グラムには届いていないものの、県がん・生活習慣病対策課の嶋谷嘉英課長は「明るい兆しだ。今後も前向きに取り組みたい」と手応えを語る。

     要因について同課は農林水産部との連携を挙げる。県内スーパーなどでの県産品PRで「あとキュウリ1本、トマト1個」と不足分を具体的に示して訴えたことに触れ、「分かりやすいメッセージが効いたのでは」と分析する。

     また、県は近年、だしのうま味を生かして減塩を図る「だし活」を進めているが、1日当たりの食塩摂取量(成人)は10・5グラムと現状維持にとどまった。本年度は新たに県内の飲食店で麺類の塩分の測定を行うなど、さらなる対策を講じる方針だ。

     一朝一夕には成果が見えにくく、長期的に取り組む必要がある生活習慣の改善。県産品のPRで店頭に立ち、野菜摂取などを呼び掛けた三村申吾知事は同日の定例会見で「データに一喜一憂せずに、県民一人一人が生活習慣の改善に取り組めるよう、対応を進めていきたい」と強調した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171205-00010005-dtohoku-l02
    no title


    省略されました。続きを読むにはこちらをクリックして下さい

    【健康】同居者いるのに一人で食事する高齢男性、死亡リスク1・5倍に

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 名無しダイエット 2017/11/22(水) 08:48:26.97 ID:CAP_USER9
    同居者いるのに一人で食事する高齢男性、死亡リスク1・5倍に
    no title

    ヨミドクター,読売新聞 2017年11月20日
    https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20171120-OYTET50041/

     同居者がいるのに一人で食事する高齢男性は、家族らと一緒に食べる人に比べ死亡のリスクが1・5倍に高まるとする研究結果を、東京医科歯科大などのチームがまとめた。チームでは、家族関係のストレスの影響とみている。

     調査は、全国24市町の65歳以上の男女7万1781人を対象に実施。2010年から約3年間追跡し、食事や世帯の状況と死亡の関連を調べた。

     このうち、同居者がいて家族らと食事する男性は2万9182人、同居者がいるのに一人で食べる男性は1645人いて、追跡期間中に死亡した人は、それぞれ1759人と156人。年齢や持病などの影響を差し引いたうえで死亡リスクを算出し、比較した。

     チームによると、妻に先立たれた男性は家族内で孤立し、栄養や精神状態が悪化しがちなことも影響している可能性があるという。


    省略されました。続きを読むにはこちらをクリックして下さい

    【医学】「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」との研究結果

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    00
    1: 名無しダイエット 2017/11/25(土) 02:51:37.04 ID:CAP_USER
    <豪シドニー大学の研究プロジェクトは、「筋力トレーニングをしている人は、そうでない人に比べて、
    全死因における死亡リスクが23%低く、なかでも、がんによる死亡リスクは31%低かった」との研究結果を発表した>

    健康のためのエクササイズといえば、ウォーキングやジョギングといった有酸素運動が注目されがちだが、
    同様に、腕立て伏せやスクワットなどの筋力トレーニングも健康維持にとって重要だ。

    世界保健機関(WHO)では、18歳から64歳までの成人を対象とする運動ガイドラインとして、
    1週間あたり150分以上の有酸素運動とともに、週二回以上、筋力トレーニングを行うことを推奨している。

    〈がんによる死亡リスクは31%低かった〉

    では、筋力トレーニングは、私たちの寿命にどのような影響をもたらしているのだろうか。
    豪シドニー大学の研究プロジェクトは、2017年11月1日、疫病専門誌「アメリカン・ジャーナル・オブ・エピデミオロジー」において、
    「筋力トレーニングをしている人は、そうでない人に比べて、全死因における死亡リスクが23%低く、
    なかでも、がんによる死亡リスクは31%低かった」との研究結果を発表した。

    この研究プロジェクトでは、
    イングランド健康調査(HSE)およびスコットランド健康調査(SHS)の1994年から2008年までのデータを用い、
    30歳以上の成人80,306名を対象に、筋力トレーニングと全死因における死亡、がんによる死亡との関連性について分析。

    その結果、週二回以上、筋力トレーニングを行っている人は、全死因における死亡リスクが23%低く、
    がんによる死亡リスクも31%低いことが明らかになった。また、この分析によれば、専用マシンを使わない筋力トレーニングも、
    ジムなどで行われる筋力トレーニングと同等の効果があると認められたという。

    〈ペンシルバニア州立大学の研究結果でも〉

    筋力トレーニングと死亡リスクとの因果関係については完全に解明されていないものの、
    この研究結果は、筋力トレーニングを習慣づけることが長期的な健康維持に望ましいことを示している点で、
    一定の評価に値するだろう。

    同様の見解は、「65歳以上の高齢者のうち、筋力トレーニングを行っている人は、そうでない人よりも、
    全死因における死亡リスクが31.6%低い」とした米ペンシルバニア州立大学の研究結果でも示されている。

    筋力トレーニングが、有酸素運動と同様、健康維持に重要な役割を果たすのにもかかわらず、
    現代人は、とかく運動不足になりがちなのが現状だ。
    オーストラリアで2011年から2012年に実施された「全国栄養運動調査(NNPAS)」によると、
    週二回以上筋力トレーニングを行っている人は、全体のわずか18.6%にすぎない。

    続きはソースで

    ニューズウィーク日本版
    http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/11/post-8968.php


    省略されました。続きを読むにはこちらをクリックして下さい
    スポンサードリンク
    お知らせ
    main
    TOPイラストでお馴染みのキャラクター
    『猫ふとし』のLINEスタンプ公開中!
    第⑤弾は「クリスマス&お正月編」です!!
    猫ふとしのスタンプリスト
    RSS & Twitter & Facebook

    RSS

    Facebookはじめました!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
    ダイエット速報@2ちゃんねる



    ダイエット・筋トレに関する情報を配信中!
    是非フォローお願い致します!

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    逆アクセスランキング
    当サイト人気フィットネス商品


    スマホと連動 オムロン
    体重体組成計カラダスキャン


    超静音ペアリングデザイン
    腹筋ローラー
    膝を保護するマット付き


    トータルフィットネス(TotalFitness)
    プッシュアップバー


    ラバーダンベル40KGセット
    (片手20kg×2個)
    筋トレ器具のマストアイテム


    ザバス ホエイプロテイン100 ココア味


    難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)400g


    山佳化成 ワンタッチシュガーポット


    スポンサードリンク
    • ライブドアブログ
    アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ