• ページトップへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Twitter
  • ページボトムへ
  • ダイエット速報@2ちゃんねる

    ダイエット、筋トレをテーマにした2chまとめブログです

    スポンサードリンク
    記事検索
    カテゴリ(+クリックで詳細)
    最新記事
    月別アーカイブ
    リンク(クリックで開閉)
    アンテナサイト
    記事紹介サイト
    2chまとめブログ
    その他
    人気ブログランキング


    フィードメーター - ダイエット速報@2ちゃんねる

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    歴代はてブランキング
    はてブ新着エントリー

    研究

    【健康】10代の睡眠時間、少ないと危険な行動増える 米調査

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title
    1: 名無しダイエット 2018/10/08(月) 01:12:37.43 ID:CAP_USER9
    https://www.cnn.co.jp/fringe/35126535.html

    10代の睡眠時間、少ないと危険な行動増える 米調査
    2018.10.07 Sun posted at 16:38 JST


    (CNN) 米国の10代を対象にした調査で、睡眠時間が少ない10代は自殺など危険な行為を行う可能性が高まることがわかった。小児科関連の医学誌に調査結果が発表された。

    調査では睡眠時間について、「8時間かそれ以上」「7時間」「6時間かそれ以下」に分類。これらの睡眠時間と危険性の高い行為について測定を行った。

    調査によれば、学校がある日の前夜の平均の睡眠時間が少なくなると、安全でない行動を行う確率が高まるという。危険を冒すような行為とは、飲酒運転をはじめ、安全でない可能性のある性行為、攻撃的行動、アルコールやたばこ、ドラッグなどの使用が含まれる。

    夜間の睡眠が6時間未満の10代は、8時間以上睡眠をとる10代と比べて、自殺を考えたり、自殺を計画したり、自殺を試みたりする可能性が3倍以上に高まるという。また、治療が必要となる自殺未遂の可能性も4倍以上に高まる。

    研究者は2007年2月から15年5月の期間について若年層の危険を伴う行動に関する調査のデータを調べた。調査の結果、8時間の睡眠が推奨されているものの、高校生の70%以上がこれよりも少ない睡眠時間だった。

    今回の調査以前にも、睡眠時間が8時間未満の高校生は自ら不利な行動をとる危険性が高まる可能性が指摘されていたという。


    省略されました。続きを読むにはこちらをクリックして下さい

    日本の10代女子の10人に1人が肥満、痩せはたったの100人に1人しかいないという現実

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    eyecatch_70
    1: 名無しダイエット 2018/10/08(月)09:34:09 ID:t60
    どう思った?


    省略されました。続きを読むにはこちらをクリックして下さい

    【健康】軽い運動の直後は身体のある機能が大幅アップすると話題に

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title
    1: 名無しダイエット 2018/09/29(土) 04:14:24.55 ID:CAP_USER9
    軽い運動で直後の記憶力アップ
    筑波大の研究チームが実験

    わずか10分間の軽い運動で記憶をつかさどる脳の海馬が刺激され、直後の記憶力が高まることを明らかにしたと、29日までに筑波大の研究チームが米科学誌に発表した。征矢英昭教授は「ヨガや太極拳といった手軽な運動で効果を得られる。認知症などの患者や高齢者、子どもの記憶能力維持や改善に役立てたい」と話す。

    20代の健康な男女36人に、10分間ペダルをこぐ極めて軽い運動をした直後に、食べ物などが写った画像を600枚ほど見てもらい、どの程度正確に記憶できるかを調べた。

    運動直後の人は、運動しなかった人と比較すると画像のより細かいところまで正確に覚えられることが分かった。

    https://this.kiji.is/418483882838246497


    省略されました。続きを読むにはこちらをクリックして下さい

    【デブ歓喜】フランスの国立研究所が遂に最強の『ダイエットテクニック』を発見しやがったwww

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    1: 名無しダイエット 2018/10/01(月) 18:02:11.12 ID:3UOm4C1b0
    その名も『スリープロウ(つまり夜だけ糖質カット+トレーニング)』

    実験内容

    夕方5時にHIIT(高強度のインターバルトレーニング)と翌朝10時に軽い強度のトレーニングを実施
    普通のグループが夕方のトレ以降にも糖質を摂取するのに対して、スリープロウグループはトレ以降は糖質カット
    ただし、一日の糖質摂取量はどちらも同程度とする
    ※期間は3週間

    実験結果

    パワーの増加量は通常群が+1.4%、スリプロ群が+11%
    10kmランのタイムが通常群は-0.1%、スリプロ群が-2.9%
    体脂肪量(率ではない)は通常群が-2.6%、スリプロ群が-8.7%
    なお、筋肉量や内臓量の変化はどちらもなし

    ソース
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26741119


    省略されました。続きを読むにはこちらをクリックして下さい

    【衝撃】殺菌洗剤で子どもが肥満に?腸内フローラの変化によるものか

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title
    1: 名無しダイエット 2018/09/24(月) 12:26:19.25 ID:CAP_USER
    (CNN) 家庭用のそうじ洗剤などに入っている殺菌成分が子どもの肥満に影響している可能性があるとの研究結果を、カナダの研究者らがこのほど発表した。

    殺菌成分の影響で、幼い子どもの腸内フローラ(腸の内部に生息する細菌の集まり)が変化するためだという。

    カナダ・アルバータ大学の小児科医らによるチームが、同国の医学誌CMAJに報告した。

    研究チームは、子どもの発育を出生前から追跡する同国の研究プロジェクト「CHILD」のデータを参照。計757人の子どもについて、生後3~4カ月の時に提出された便のサンプルと3歳時点での体格指数(BMI)、さらに家庭で殺菌洗剤を使っていたかどうかのアンケート結果を分析した。

    殺菌作用のあるふきそうじ洗剤などを週に1回以上使う家庭は、全体の約8割を占めた。こうした家庭で育つ子どもはそうでない子どもに比べ、生後3~4カ月の腸内フローラで「ラクノスピラ科」の細菌群が優勢になる確率が倍増し、さらに3歳でのBMIが高くなる傾向にあることが分かった。

    腸内フローラには個人差があり、その構成は3歳ごろまでに決まるといわれている。

    チームによると、これまでの動物実験で、腸内にラクノスピラ科の細菌群が多いと脂肪が蓄積しやすいという相関関係が明らかになっているという。

    研究では、殺菌洗剤を使う頻度が高いほど、ラクノスピラ科の細菌群が増えることも明らかになった。家庭で殺菌成分の入っていない洗剤を使っていた場合、同様の影響はみられなかった。

    ただし、この研究については「子どもの食生活などの条件を考慮していない」といった批判もある。チームのメンバーも、「因果関係を確認するにはさらに研究が必要だ」と話している。
    no title

    CNN
    https://www.cnn.co.jp/fringe/35125905.html


    省略されました。続きを読むにはこちらをクリックして下さい

    【医学】肥満が脳の学習機能や記憶に悪影響を与える可能性があると判明

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title
    1: 名無しダイエット 2018/09/13(木) 17:55:24.43 ID:CAP_USER
    過去数十年にわたって肥満の人は世界的に増加傾向にあり、21世紀では全世界で約6億人以上の人々が肥満であるとされています。肥満は脳卒中や2型糖尿病に加え、心臓病やガンといった病気と関連していることが知られていますが、「肥満は健康だけでなく脳の認知能力にも悪影響を与える」という研究結果が発表されました。

    Microglia play an active role in obesity-associated cognitive decline | Journal of Neuroscience
    http://www.jneurosci.org/content/early/2018/09/10/JNEUROSCI.0789-18.2018

    Obesity Could Affect Learning and Memory, Research Finds
    https://www.newsweek.com/obesity-affects-learning-memory-research-1114913

    プリンストン大学で神経科学の教授を務めるエリザベス・ゴールド氏らの研究チームは、高脂肪の食事を与えられて標準的なマウスより40%も体重が多い肥満になったオスのマウスと、普通の食事を与えられた標準体重のオスのマウスという2グループを用いて実験を行いました。実験では、2グループのマウスにそれぞれ「迷路から脱出する」という問題を与え、問題の解決率を測定したとのこと。

    その結果、肥満グループのマウスは迷路から脱出できた割合が低いことが明らかになりました。研究チームは、「肥満のマウスは迷路の中にある物体の場所を記憶する能力が低下しているため、迷路からの脱出が困難になっている」と考えています。

    研究チームがマウスの脳を調べたところ、肥満のマウスでは神経細胞の樹状突起から飛び出ている、樹状突起スパインという部位が減少していることがわかりました。樹状突起スパインは脳の興奮性シナプスの伝達に関わる重要な部位ですが、肥満のマウスでは学習や記憶に関わる海馬において、樹状突起スパインの減少が多く見られたとのこと。


    「なぜ肥満になると樹状突起スパインが減少してしまうのか?」という疑問について、研究者らは免疫細胞の一種であるミクログリアが関係している可能性を考えました。ミクログリアは神経組織が炎症を起こすなどの損傷を受けると活性化して病変の修復を行います。しかし、ミクログリアは肥満になると神経細胞の付近で活発に働く性質を持っており、研究チームは「この性質こそが樹状突起スパインの数を減少させているのではないか」と考えました。

    そこで研究チームは、「ミクログリアの働きを阻害することで認知機能が回復するのか?」という点を検証するため、肥満のマウスでミクログリアの働きを阻害しました。すると樹状突起スパインが保護されて、肥満のマウスの認知機能は改善したとのこと。

    ミクログリアはうつ病にも関わっていると考えられており、薬剤などによって過剰な働きを抑制することで、肥満による認知機能の低下や精神障害から脳を守ることができる可能性があるそうです。人間の場合にも肥満が認知機能の低下に関わっているのかどうかについては、まだ明らかになっていませんが、今後の研究により人間の肥満と認知機能の関係や、認知機能を改善する方法が突き止められるだろうと考えられています。

    GIGAZINE
    https://gigazine.net/news/20180912-obesity-affect-learning-and-memory/


    省略されました。続きを読むにはこちらをクリックして下さい

    【イグ・ノーベル賞】「人肉食は低Cal」などの研究が受賞。賞金は10兆ジンバブエドル(ただし偽札)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    ignobel
    1: 名無しダイエット 2018/09/14(金) 18:06:42.82 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3189643?cx_part=latest

    「人肉食は低カロリー」などの研究にイグ・ノーベル賞
    2018年9月14日 16:01 
    発信地:ニューヨーク/米国 [ 米国 北米 ]

    【9月14日 AFP】ノーベル賞(Nobel Prize)のパロディー版で、まず人々を笑わせ、それから考えさせるような研究や業績に贈られる第28回「イグ・ノーベル賞(Ig Nobel Prizes)」の授賞式が13日、米マサチューセッツ州の米ハーバード大学(Harvard University)で開催され、世界中から集まった受賞者たちに実際のノーベル賞受賞者らから賞が授与された。

     受賞者らには賞金10兆ジンバブエドル(ジンバブエドルがまだ発行されていた2009年のレートで約8ドル(890円)相当)と60秒間の受賞スピーチ権が与えられる。ただし賞金は偽札で、スピーチは8歳の少女に「やめてください。つまらないです」と言われたらそこで終了だ。

     ユーモア科学誌「Annals of Improbable Research(風変わりな研究の年報)」が主催するイグ・ノーベル賞では、世界で最も名誉ある賞とされる本物のノーベル賞同様、10の分野の研究を表彰する。

     主催者のプレスリリースによると、今年の医学賞は、2016年10月にジェットコースターに乗って腎臓結石を早く排出することができるかどうかについての研究を発表した米国人研究者2人に贈られた。

     栄養学賞は、人肉は他のほとんどの肉よりも著しく低カロリーであることを突き止めた英国とタンザニア、ジンバブエの研究チームに贈られた。

     人類学賞は、人間がチンパンジーのものまねをするのと同じくらいの頻度で、チンパンジーが人間のものまねをしていることを明らかにした欧州7か国とインドネシアの研究チームに贈られた。

     生物学賞は、ワインの専門家はグラス1杯のワインに1匹のハエが入っていることがにおいで分かることを示したコロンビア、ドイツ、フランス、スウェーデン、スイスの共同研究に贈られた。

     平和賞は、車の運転中に叫んだり悪態をついたりすることの頻度や誘因、効果についての研究に贈られた。(c)AFP


    省略されました。続きを読むにはこちらをクリックして下さい

    【驚愕】フランスの大学さん、遂に最強のダイエット方法を実証してしまうwwwww

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    ダウンロード
    1: 名無しダイエット 2018/09/17(月) 20:15:19.33 ID:WHD3X2Tu0
    その名も『スリープロウ(つまり夜だけ糖質カット+トレーニング)』

    実験内容

    夕方5時に高強度のトレーニングと翌朝10時に軽い強度のトレーニングを実施(期間は3週間)
    普通のグループが夕方のトレ以降にも糖質を摂取するのに対して、スリープロウグループはトレ以降は糖質カット
    ただし、一日の糖質摂取量はどちらも同程度とする

    実験結果

    パワーの増加量は通常群が+1.4%、スリプロ群が+11%
    10kmランのタイムが通常群は-0.1%、スリプロ群が-2.9%
    体脂肪量(率ではない)は通常群が-2.6%、スリプロ群が-8.7%
    なお、筋肉量や内臓量の変化はどちらもなし

    ソース
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26741119


    省略されました。続きを読むにはこちらをクリックして下さい

    糖質オフダイエット、完全に害悪だったことが証明される。欧州心臓病学会が発表

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    20170117130525_jfefqmgD-2
    1: 名無しダイエット 2018/08/30(木) 05:36:46.76 ID:UflQyyry0
    https://www.eurekalert.org/pub_releases/2018-08/esoc-lcd082318.php

    メタ解析によって、糖質制限ダイエットをすると
    心臓病リスク
    心血管系イベント
    発がん率
    死亡率
    すべてが上昇することが判明
    特に心臓病リスクは50%増し


    省略されました。続きを読むにはこちらをクリックして下さい

    開放的な設計のオフィスで働く人は活動性が高くストレスも低いという研究結果

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title
    1: 名無しダイエット 2018/08/21(火) 21:40:25.75 ID:CAP_USER9
    https://www.bbc.com/japanese/45255054
    開放的なオフィスでは「活動量が増加」 労働者の健康に影響=米研究
    2018/08/21 6時間前

    開放的な設計のオフィスで働く人の方が、仕切りで区切られた半個室(キュービクル)や個室で働く人よりも活動性が高くストレスも低いことが、米アリゾナ大学の最新研究で示唆された。

    研究チームは、開放的なオフィスでは個人的なやり取りの際には机を離れようとするからではないかと指摘している。

    この研究では3日間にわたり、異なるオフィスビルで働く231人にセンサーを付け、一日の動きや心拍数を追跡した。
    研究チームは、健康への影響の可能性は無視できないと話した。

    一方、研究結果は観察ベースに限られており、エレベーターや階段の位置といった場所的な要因も作用している可能性があるとしている。

    研究結果は学術誌「オキュペーショナル・アンド・エンバイロメンタル・メディシン」で発表された。アンケートによる調査ではなく、オフィス労働者の行動やストレスを測定した研究としては初だという。

    それによると、オフィス労働者は他の環境で働く人に比べて体を動かす機会が少なく、心臓疾患や疲労感、気分の落ち込みといった健康問題を抱える傾向にある。
    また、就業時間の活動性が低いと、ストレスを多く感じることが分かっている。

    米政府機関のオフィスビルで行われたこの研究では、机の間に仕切りのないオープンプランのオフィスで働く人の方が、個室で働く人と比べて32%活動量が多いことが分かった。キュービクルで働く人とは20%の差が見られた。

    対象者は就業時間中、スマートフォンを使い、1時間ごとに自身の現在の気分に関する質問に答えた。
    その結果、高齢になるほど高いストレスレベルを示すことがわかった。最もストレス値が高い人は、家でも高いストレスを感じていた。
    全体としては、女性より男性の方が活動量が高かった。

    健康的な慣習

    この研究を執筆したアリゾナ医科大学のエスター・スターンバーグ教授は、「我々はみな活動量を増やした方がいいと知っているが、どんな方法で健康的な慣習を勧めても長くは続かない」と話した。

    「つまり、健康的な慣習のためにオフィスの設計を変えるのは、人々の活動量を上げる受動的な手法といえる」
    個室やキュービクルの方がプライバシーがあって好まれる傾向にあるが、研究チームはオープンプランのオフィスにはコミュニケーションの改善や偶発的な会話、同僚同士の認識の高まりといった利点もあると指摘する。

    また、オフィス内の動線や会議スペースの位置、階段やエレベーターへのアクセスの良さなども活動量に影響するという。
    (英語記事 Open-plan office workers 'more active')
    no title


    省略されました。続きを読むにはこちらをクリックして下さい

    【健康】腸のがん予防に効く野菜、英研究で明らかに

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    kE2CK9hJZqAIHUC1492721810_1492721828
    1: 名無しダイエット 2018/08/23(木) 20:08:17.61 ID:CAP_USER9
    https://www.bbc.com/japanese/45255060
    (リンク先に動画ニュースあり)

    腸のがん予防に効く野菜、英研究で明らかに

    もし健康のために野菜を食べる必要性に疑問を持っていたら、この研究結果が助けになるかもしれない。
    英国の科学者らはこのほど、キャベツやブロッコリー、ケールといった野菜が腸でがんの発生を食い止めるメカニズムを発見した。


    省略されました。続きを読むにはこちらをクリックして下さい
    スポンサードリンク
    お知らせ
    main
    TOPイラストでお馴染みのキャラクター
    『猫ふとし』のLINEスタンプ公開中!
    第⑤弾は「クリスマス&お正月編」です!!
    猫ふとしのスタンプリスト
    RSS & Twitter & Facebook

    RSS

    Facebookはじめました!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
    ダイエット速報@2ちゃんねる



    ダイエット・筋トレに関する情報を配信中!
    是非フォローお願い致します!

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    逆アクセスランキング
    当サイト人気フィットネス商品


    スマホと連動 オムロン
    体重体組成計カラダスキャン


    超静音ペアリングデザイン
    腹筋ローラー
    膝を保護するマット付き


    トータルフィットネス(TotalFitness)
    プッシュアップバー


    ラバーダンベル40KGセット
    (片手20kg×2個)
    筋トレ器具のマストアイテム


    ザバス ホエイプロテイン100 ココア味


    難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)400g


    山佳化成 ワンタッチシュガーポット


    スポンサードリンク
    • ライブドアブログ
    アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ