• ページトップへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Twitter
  • ページボトムへ
  • ダイエット速報@2ちゃんねる

    ダイエット、筋トレをテーマにした2chまとめブログです

    スポンサードリンク
    記事検索
    カテゴリ(+クリックで詳細)
    最新記事
    月別アーカイブ
    リンク(クリックで開閉)
    アンテナサイト
    記事紹介サイト
    2chまとめブログ
    その他
    人気ブログランキング


    フィードメーター - ダイエット速報@2ちゃんねる

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    歴代はてブランキング
    はてブ新着エントリー

    研究

    【研究】結婚生活が安定した男性は体重やコレステロール値が改善される事が判明

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    00
    1: 名無しダイエット 2017/10/10(火) 23:37:18.78 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3146090?cx_position=41
    【10月10日 AFP】結婚生活が徐々に安定してきた男性は、夫婦関係が破綻している男性よりもコレステロール値や血圧が良好であるとする研究論文が9日、専門誌で発表された。夫婦がカウンセリングを受けることで健康に予想外の効果が生じる可能性があると論文は示唆している。

     研究チームは、英国に住む男性600人以上を対象に、自分の子どもが3歳と9歳になったタイミングで2回にわたって結婚生活の「質」を評価してもらい、「一貫して良い」「一貫して悪い」「向上している」「悪化している」のいずれかを選択してもらった。

     さらに12年後、研究チームは参加者の健康状態を測定。循環器疾患の潜在的なリスク要因となる血圧や安静時の心拍数、体重、コレステロール値、血糖値などの測定結果を分析した。

     その結果、結婚生活が「向上している」と答えた男性は、12年後の調査時にコレステロール値が改善し、適正体重に近付いていた。一方、「悪化している」と答えたグループには「拡張期血圧(最低血圧)の悪化との関連性」がみられた。

    「一貫して良い」または「一貫して悪い」と答えた男性には、あまり変化が確認されなかった。これについて研究チームは、その状況に「慣れた」ことが理由ではないかと推測している。

     研究チームは、今回の研究は単に観察に基づいたものであり、結婚生活の向上がより良い健康状態をもたらすとの結論を示しているわけではないとしているが、一方で、この結果を事実だと仮定すれば、「関係が悪化した夫婦のためのカウンセリングは、精神的にも肉体的にも健康な状態をもたらす効果があるかもしれない」と主張している。

     これまでの研究においても、既婚男性は心臓発作や脳卒中といった循環器疾患のリスクが平均して低いことがすでに示されている。(c)AFP 


    省略されました。続きを読むにはこちらをクリックして下さい

    【健康】小学生の運動能力、「幼児期の外遊び」で高い傾向

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title
    1: 名無しダイエット 2017/10/08(日) 18:36:59.37 ID:CAP_USER9
    9日の体育の日を前にスポーツ庁が公表した調査結果で、小学生の体力や運動能力は、幼児期に外遊びを多くしているほど高い傾向にあることが初めてわかりました。

    スポーツ庁は、小学生を対象に外遊びをした頻度と体力・運動能力の関係について初めて調べました。

    その結果、小学校入学前の幼児期に外遊びを週に4日以上していた場合、それ以下に比べて、いずれの年齢でも体力・運動能力が高いことがわかりました。

    一方、30代、40代は男女ともに低下傾向にあり、子育てや仕事などで運動に時間が割けない現状があると分析しています。

    スポーツ庁は、「まずは歩くことを心がけ、日常的に体を動かしてほしい」などと呼びかけています。(08日17:10)
    http://www.excite.co.jp/News/society_g/20171008/Tbs_news_107550.html 


    省略されました。続きを読むにはこちらをクリックして下さい

    【健康】75歳以上の女性の体力 過去最高水準に

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title
    1: 名無しダイエット 2017/10/08(日) 18:20:51.54 ID:CAP_USER9
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171008/k10011172051000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004
    高齢者の体力や運動能力は年々向上する傾向にありますが、75歳以上の女性の体力が過去最高の水準になったことがスポーツ庁の調査でわかりました。

    この調査は、昭和39年度から国が毎年行っているもので、昨年度は6歳から79歳までの6万4600人余りを対象に、体力や運動能力を測定しました。

    それによりますと、小学生から高校生はおおむね緩やかな向上傾向にあるものの、ピークだった昭和60年ごろに比べるとほとんどの項目で依然として低い水準が続いています。

    一方で、65歳以上の高齢者は、調査の対象になった平成10年度以降、向上する傾向が続いていて、特に昨年度は75歳以上の女性が過去最高の水準となりました。例えば75歳以上の女性で目を開けたまま片足で立てる時間は58秒余りで、平成10年度と比べて21秒余り長くなっています

    また、6分間で歩ける距離は75歳以上の男性でおよそ582メートル、女性でおよそ534メートルで、平成10年度よりそれぞれ50メートルほど伸びて過去最高となっています。

    測定にあわせたアンケート調査の結果、週1日以上運動している人は、週1日未満の人より「生活が充実している」と答えた人の割合が各世代で平均しておよそ1.5倍と多くなっていることもわかりました。

    スポーツ庁は「ストレス解消や充実した生活のためには、運動する習慣が重要だと考えている。多くの人に運動してもらえるような政策に積極的に取り組んでいきたい」としています。
    no title


    省略されました。続きを読むにはこちらをクリックして下さい

    【健康】米国の癌、4割がデブに関連が

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title
    1: 名無しダイエット 2017/10/05(木) 04:16:16.78 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3145455?cx_position=47
    【10月4日 AFP】2005~2014年に確認された米国のがん患者のうち63万人以上が、過体重および肥満と関連のあるがんを患っていたことが、米疾病対策センター(CDC)が3日に発表した報告書で明らかになった。これは対象期間の全がん患者の約40%に当たる。この調査結果を受け、CDCは予防の重視を改めて訴えている。

     CDCのブレンダ・フィッツジェラルド(Brenda Fitzgerald)長官は報告書の発表に併せて声明を発表し、成人の71%が過体重または肥満であることが今回の調査で浮き彫りになったことは「懸念事項」だと指摘した。

     また「米国成人の大半が推奨体重を上回っており、過体重または肥満の人は多くのがんで発症リスクが高くなる」「健康的な体重に到達し、それを維持することで、誰もががん予防の一翼を担うことができる」と説明した。

     過体重では、13種類のがんの発症リスクが高くなることが示されている。リスクの上昇がみられるがんは、食道がん、甲状腺がん、更年期以降の乳がん、胆のうがん、胃がん、肝臓がん、膵臓(すいぞう)がん、腎臓がん、卵巣がん、子宮がん、大腸がん、直腸がん、多発性骨髄腫だ。

     1990年代以降、がん新規患者の全体的な割合は減少傾向にあるのに対し、過体重と肥満に関連性のあるがんの割合は増加している。

     体重に関連するがんの中で大腸がんだけが2005~2014年の10年間に23%減少したが、これは主にスクリーニング検査によるものだと、報告書は指摘している。体重と関連性のある、その他すべてのがんでは、同期間に7%増加していた。

     これらの過体重および肥満関連のがん患者63万人の約3分の2は、50~74歳で発症していた。また過体重の影響は特に女性において顕著で、男女別のがんの全診断数における割合は女性が55%だったのに対し、男性は24%だった。

     CDCの最新データによると、米国民の32.8%が過体重で、37.9%が肥満だという。

     体格指数(BMI、身長と体重から算出される肥満度を測るための指標)による定義では、BMIが25~29.9で過体重、30以上で肥満とされている。(c)AFP

    2017年10月4日 10:23 発信地:ワシントンD.C./米国

    米首都ワシントンの通りを歩く女性(2007年8月29日撮影、資料写真)。(c)AFP
    no title


    省略されました。続きを読むにはこちらをクリックして下さい

    【健康】米喫煙者、電子たばこに切り替えれば660万人の早死にが回避できる可能性

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title
    1: 名無しダイエット 2017/10/03(火) 19:34:36.52 ID:CAP_USER9
    http://jp.reuters.com/article/tabacco-idJPKCN1C80KW
    [ロンドン 2日 ロイター] - 米ジョージタウン大学医療センターなどの科学者チームが実施し「タバコ・コントロール」誌に掲載された研究で、喫煙者が従来のたばこから電子たばこに切り替えれば、今後10年間に米国で最大660万人の早死にが回避できる可能性があることが分かった。

    科学界では、電子たばこが禁煙治療に有効かどうかなどで意見が分かれている。今回の研究を行った科学者らは、電子たばこをたばこ喫煙を終わらせる方法の1つに位置付けるべきとしている。

    調査によると、電子たばこに切り替えた660万人の伸びた寿命の合計が8670万年に達した。

    研究を共同指導したジョージタウン大学医療センターのデービッド・レビー氏は「従来の政策に、致死率のはるかに低い電子たばこ使用を推奨する政策を補う必要がある」と述べた。

    調査では、最悪と最良のシナリオを使って、米国でたばこが電子たばこに切り替わった場合の公衆の健康への影響をモデル分析。その結果、最も悲観的なシナリオにおいても160万人、最も楽観的なシナリオでは660万人について、若年の死亡が回避できたという。


    省略されました。続きを読むにはこちらをクリックして下さい

    一流医学誌に衝撃論文「炭水化物の摂取量が多いほど死亡リスクが高まり、脂質の摂取が多いほど死亡率が低下する」

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title
    1: 名無しダイエット 2017/10/03(火)13:30:34 ID:???
    『ランセット』といえば、医学界では知らない人のいない権威ある医学雑誌である。そのオンライン版に掲載された論文が話題を呼んでいる。

    要点をいうと、「炭水化物の摂取量が多いほど死亡リスクが高まり、脂質の摂取が多いほど死亡率が低下する」という内容。
    「脂質をなるべく減らしましょう」という日本の従来の健康常識を真っ向から覆す研究報告であり、波紋を呼んでいるのだ。

    この論文の内容と意義などについて、『江部康二の糖質制限革命』の著者・江部康二氏に解説してもらった。
    糖質を取り過ぎると死亡リスクが高まる


    『江部康二の糖質制限革命』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)
    「炭水化物の摂取増加で死亡リスク上昇」という論文が、『ランセット』のオンライン版(2017年8月29日)に掲載され、
    医学界で話題を呼んでいます。ちなみに『ランセット』というのは、世界で最も権威ある医学雑誌の一つです。
    ここに掲載されることは、医学界ではかなりインパクトが大きいことなのです。

    なお、炭水化物は「糖質+食物繊維」ですから、「糖質の摂取増加で死亡リスク上昇」と言い換えてももいいでしょう。

    このことは一般の人には衝撃的かもしれませんが、糖質制限食を推進してきた私からしますと、「日頃の主張がとうとう証明された」という印象です。

    やはりわれわれの仲間で湿潤療法の創始者として有名な夏井睦医師が2013年に『炭水化物が人類を滅ぼす』(光文社新書)と
    いう本を出しベストセラーになりましたが、まさに正鵠を射ていたといえます。

    (以下略)
    http://toyokeizai.net/articles/-/190605?utm_source=Twitter&utm_medium=social&utm_campaign=auto


    省略されました。続きを読むにはこちらをクリックして下さい

    高齢男性の半数が飲み過ぎ、女性も25%

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title
    1: 名無しダイエット 2017/10/02(月)11:02:59 ID:???
    高齢男性の半数が飲み過ぎ 女性も25% 厚労省研究班

     お酒を飲む65歳以上の男性の半数、女性の4分の1が健康を保つための「節度ある適度な飲酒(適正量)」の目安とされる「1日当たり日本酒1合」以上のアルコールを摂取していることが、厚生労働省研究班(代表、田宮菜奈子筑波大教授)の分析で1日、分かった。
    このうち適正量の3倍を日常的に飲む「多量飲酒」は高齢男性の約5%に達し、適正量が十分に知られていないことが浮き彫りになった。

     退職や配偶者の死などが飲酒のきっかけになる例もあるとされ、太刀川弘和筑波大准教授(精神医学)は「高齢者の飲酒をいけないとは言えないが、くれぐれも飲み過ぎに注意してほしい」と呼び掛けている。

    (下略)

    ※全文は日経新聞でご覧下さい。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21759790R01C17A0CR8000/


    省略されました。続きを読むにはこちらをクリックして下さい

    【研究】将棋指すとストレス軽減され、将棋も強くなるし良いこと尽くめだぞ

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title
    1: 名無しダイエット 2017/09/28(木) 14:33:17.75 ID:CAP_USER9
    https://www.kobe-np.co.jp/news/touban/201709/0010593290.shtml
    「棋士のまち」を掲げる兵庫県加古川市は27日、将棋を楽しむことで心の健康を保つ効果の調査研究を始めた。
    JR加古川駅南側の「かこがわ将棋プラザ」に市内外から60~80代の将棋愛好家約60人が参加。
    女流棋士の棋譜解説を楽しんだ後、心理学の専門家からストレスを軽減するこつを学んだ。

    海外ではチェスの認知症予防効果が確かめられているが、健康な人を対象に、将棋の効果を調べる研究は珍しい。
    研究を主導する帝京大学の中尾睦宏教授(ストレス医学)は「将来的には認知症予防の研究にまでつなげたい」とする。

    この日は、高砂市出身の村田智穂・女流二段が、自身の過去の対局棋譜で一手ずつ解説。
    戦法を巡って参加者と和やかにやりとりする場面も。
    物の見方などを変えてストレスを軽くする「認知行動療法」に基づくプログラムが行われ、
    専門家は「ストレスを軽減すれば集中力が向上し、将棋も強くなるかも」などと説明した。
    ゲームを通じた参加者同士の交流もあった。

    毎日のように将棋を指すという男性(78)=同市=は「勝てば良い気分になるし、人と会話する機会も増える。健康への良い効果はあると思う」と話していた。

    調査は12月中旬までに計12回実施予定。参加者は2班に分かれて7回ずつ出席し、
    初回と最終回のアンケートで前向きな気持ちや自分への信頼感などがどう変化したかを検証する。

    日本将棋連盟
    https://www.shogi.or.jp/
    2ちゃんねる将棋板
    http://mevius.2ch.net/bgame/


    省略されました。続きを読むにはこちらをクリックして下さい

    【健康】魚介類を1日110g食べるとうつ病のリスクが軽減されると判明

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title
    1: 名無しダイエット 2017/09/27(水) 11:32:52.59 ID:CAP_USER9
    魚介類食べるとうつ病リスク軽減 1日110グラムで
    朝日新聞:2017年9月27日05時01分
    http://www.asahi.com/articles/ASK9T6600K9TUBQU01W.html

     魚介類を1日に110グラムほど食べると、うつ病のリスクが下がるとの調査結果を国立がん研究センターなどのチームがまとめ、英科学誌ネイチャーの関連誌(電子版)に26日、発表した。
    青魚に多く含まれるエイコサペンタエン酸(EPA)の影響とみられる。

     40~59歳の長野県内の男女1181人について、魚介類の摂取量や病歴、生活状況を調査。
    25年後に95人(8%)が精神科医にうつ病と診断された。

     魚介類の1日の摂取量に応じて4群に分けて分析すると、最も少ない群(中央値57グラム)に比べ、2番目に多い群(同111グラム)は、うつ病のリスクが56%低かった。
    EPAの摂取量でも同様に分析すると、最も少ない群(同200ミリグラム)と比べ2番目に少ない群(同307ミリグラム)は、うつ病のリスクが46%低かった。
    いずれも摂取量が多いほどリスクが下がるわけではなかった。

     調査を担当した国立がん研究センター・社会と健康研究センター健康支援研究部長の松岡豊さんによると、魚介類をたくさん食べる人はとる野菜の量も多く、揚げたり炒めたりでサラダ油を多く使う傾向がある。
    サラダ油に含まれるオメガ6脂肪酸は炎症を起こす作用があり、EPAの効果を打ち消した可能性があるという。
    松岡さんは「心の健康を保つために1日100グラムほどの魚介類を食べてほしい」と話している。

     一般的にサバの切り身は80グラム程度、イワシは1匹80~100グラムという。


    省略されました。続きを読むにはこちらをクリックして下さい

    【遂にキタ】おい、デブ!貼るだけで脂肪がなくなる貼り薬が出来るぞ!!!!!

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    00
    ※画像は湿布薬
    1: 名無しダイエット 2017/09/18(月) 22:08:52.64 ID:mZ0PKMI20● BE:896590257-PLT(21003) ポイント特典
    ■脂肪を溶かす貼り薬、米研究者らがマウス実験で開発 人間に応用可の期待
    米国の研究者らがマウスを使った実験で、脂肪を溶かすスキンパッチ(貼り薬)の開発に成功したと発表した。人間の肥満や糖尿病治療にも応用可能かどうか、今後の研究で探っていく。
    米国化学会発行の学術誌「ACS Nano」に15日発表された論文によると、このスキンパッチはナノテクノロジーを利用して体内の代謝を上げ、エネルギーを蓄積する白色脂肪を、エネルギ
    ーを燃焼する褐色脂肪へと変化させることができる。マウスを使った4週間の実験では、スキンパッチが貼られた部分の脂肪が20%減少した。
    論文の共同執筆者で、米コロンビア大学メディカルセンター病理・細胞生物学部のリー・チャン准教授は、「腹部のぜい肉を減らす脂肪吸引の代替手段として非侵襲性の治療が可能にな
    るかもしれないと分かれば、間違いなく多くの人が興奮を覚えるだろう」と語った。
    薬の成分は人間の髪の毛の400分の1ほどの細さに相当する直径約250ナノメートルの粒子に入れられている。皮膚に刺さる微細な針数十本が付いた指先大のスキンパッチに、これらの
    ナノ粒子が仕込まれている

    ノースカロライナ大学チャペルヒル校とノースカロライナ州立大学合同の医用生体工学部准教授で、スキンパッチの設計を担当したゼン・グ(Zhen Gu)氏によると、このパッチの仕組みに
    より、薬の成分は「全身に素早く行き渡るのではなく、持続的に」組織付近へと浸透させることができるという。
    実験は4週間行われ、マウスの腹部に貼られたパッチは3日ごとに交換されたという。
    http://www.afpbb.com/articles/-/3143315


    省略されました。続きを読むにはこちらをクリックして下さい

    【健康】喫煙で肺細胞が変化、がん化への「下地」形成か 米研究

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title
    1: 名無しダイエット 2017/09/13(水) 01:19:21.59 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3142546?cx_position=42

    【9月12日 AFP】たばこの煙に長期間さらされることで肺細胞に経時変化が生じ、細胞がより病気にかかりやすくなるとともに、がん化する下地がもたらされる恐れがあるとの研究論文を、米国の研究チームが11日に発表した。

     米医学誌「キャンサー・セル(Cancer Cell)」に掲載の論文は、肺細胞をたばこの煙に長時間さらす室内実験に基づくもので、暴露時間は20~30年来の喫煙者に相当する。

     実験開始から約10日後、肺細胞の遺伝子発現に変化が生じ始めた。このプロセスは「後成的変化」として知られている。この変化が、がんの発生率を高めるほど蓄積されるまでには10か月を要した。

     論文の主執筆者で、米ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)がん生物学プログラムの共同ディレクターを務めるスティーブン・ベイリン(Stephen Baylin)氏は「喫煙すると後成的変化の基質が蓄積され、これが肺がんを発症する確率を高めているとする仮説を、われわれは提唱している」としながら、「そのため、喫煙者でないなら、肺がんリスクは非常に低い」と付け加えた。

     このような後成的(エピジェネティック)の異常は、正常細胞のがん化を防ぐのを助けるために必要な複数の遺伝子をオフ状態にする。

     後成的変化は、遺伝子の基本的なDNA配列の改変(変異)を伴わない。このことは、禁煙を目指す人々にとっての希望が存在することを示唆している。

     論文の筆頭執筆者で、米ジョンズホプキンス大学医学部(Johns Hopkins University School of Medicine)の博士課程修了研究者のミシェル・バズ(Michelle Vaz)氏は「元に戻すことがより困難な変異とは異なり、喫煙を特定のタイミングと継続期間でやめることができれば、後成的変化の蓄積に起因すると思われる(疾患の)発症率を低下させるチャンスが得られる可能性があることを、今回の研究は示唆している」と述べた。

    「この仮説は、特定の種類の肺がんに関与している回復可能な変化が存在するとするものだ」 (c)AFP

    2017年9月12日 11:04 発信地:ワシントンD.C./米国


    省略されました。続きを読むにはこちらをクリックして下さい
    スポンサードリンク
    お知らせ
    main
    TOPイラストでお馴染みのキャラクター
    『猫ふとし』のLINEスタンプ公開中!
    第⑤弾は「クリスマス&お正月編」です!!
    猫ふとしのスタンプリスト
    RSS & Twitter & Facebook

    RSS

    Facebookはじめました!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
    ダイエット速報@2ちゃんねる



    ダイエット・筋トレに関する情報を配信中!
    是非フォローお願い致します!

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    逆アクセスランキング
    当サイト人気フィットネス商品


    スマホと連動 オムロン
    体重体組成計カラダスキャン


    超静音ペアリングデザイン
    腹筋ローラー
    膝を保護するマット付き


    トータルフィットネス(TotalFitness)
    プッシュアップバー


    ラバーダンベル40KGセット
    (片手20kg×2個)
    筋トレ器具のマストアイテム


    ザバス ホエイプロテイン100 ココア味


    難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)400g


    山佳化成 ワンタッチシュガーポット


    スポンサードリンク
    • ライブドアブログ
    アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ