2007年10月04日

K-1Max決勝戦

8887bb25.jpg

K-1Max決勝戦へ行って来ました。魔裟斗強かったです。
ブアカーオ戦、すごくいい試合でした。僕は戦前から
魔裟斗勝利を予想していましたので、予想通りの結果
でしたが、決勝戦ではアンディサワーに、タオル投入という
無念な敗北を喫してしまいました。
本当に残念です。

しかし、この敗戦は、格闘技評論家 (?)の僕に言わせますと、
アンディサワーに負けたと言うより、
K-1Maxの大会ルールに負けたのだと考えています。
何故なら、一日三試合の真剣勝負ですから、この試合、
決勝戦にどちらがダメージを少なく勝ち進んで来たのかが
勝敗を大きく左右するポイントでした。
ですから、K-1Maxの絶対王者といわれるブアカーオを倒した
魔裟斗こそ、2007年のチャンピオンに相応しい選手であったと思っています。

そこで、K-1の谷川さんと俊治さんに是非とも考えて欲しい事があります。

それは、Maxの決勝大会では、予め準決勝以上の四人に絞っておき、二戦目を決勝戦としたら
どうでしょうかという提案です。
一日三試合では、誰が決勝に上がって来るにせよ、モチベーションを保つ事は至難の技であり、
又、三試合目はダメージ合戦のようになってしまい、真の強者が見えて来ないと思うのです。
今回の魔裟斗もアンディサワーに負けたというのではなく、準々決勝でのブアカーオのキック、
そして準決勝戦キシェンコのキックによるトータルダメージに負けたのだと思っています。

四人までの絞り込みは、決勝大会前の大会で消化し、Maxの決勝大会こそ準決勝と決勝の
二戦のみとした方が、ややこしくもなく、すっきりとして、もっと大会も盛り上り、
ダメージというハンデが勝敗を左右する事もなく、選手もファンも納得するのでは
ないでしょうか?

如何ですか?

K-1グランプリの決勝も、同様の考え方で、準決勝と決勝の二試合がベストだと僕は思います。
K-1発展の為、是非ご一考頂ければ幸いと考えます。
K-1 の一ファンとして、一晩中こんな事を考えていました。



dietacademy at 05:51│TrackBack(0)格闘技 

トラックバックURL