肥満 外来のダイエット指導

肥満外来が急増している訳は。あなたはジャンクフードや高カロリーで肉汁たっぷりの食べ物は好きですか?マックやケンタッキーは好きですか?食生活の欧米化にともない、日本人の食事は大きくバランスを崩し始めています。そして、日本人の体型も欧米化してきています。それにより、肥満に悩み肥満外来のドアをノックする人も増えているようです。肥満は成人病の一つで、生活習慣病と呼ばれる高血圧、糖尿病、脳卒中、高脂血症などの合併症を引き起こしたり、膝関節症、腰痛症などを引き起こしたりします。肥満外来ではそういった合併症を防ぐためまたは進行しないため、健康的なダイエットの指導をしてくれます。肥満外来を訪れる人の中には、肥満外来に行けばすぐに痩せられるすごい薬がもらえると勘違いしている人がいます。しかし、そんな薬はもちろんありません。肥満外来では綿密な検査で患者に現状を把握してもらい肥満への危機感をもたせること、カウンセリングを通して原因となる生活行動を見つけだし修正することなどを行っています。主な治療に食事療法、運動療法、行動療法があります。自分の体型が気になる、もっと痩せたい。そう願っている人はたくさん入ることでしょう。多くのダイエット商品や器具が溢れている今、どれがダイエットにいいのかわからず悩んでいる人も多いでしょう。間違ったダイエットをして体をこわす前に、まずは肥満外来に訪れてみてはいかがですか?


RSS関連リンク
男性は肥満傾向・女性はスリムに…日本人の“寸法”今昔
報告書によると、約10年前に実施した前回調査に比べ、男性は40歳代で身長が約3センチ、体重が4キロ・グラム増加するなど、30歳以上のすべての年代で体が大きくなり、肥満傾向が進んでいることがわかった。一方、女性は40歳代で身長が約3センチ ...

恐ろしい肥満の急増傾向
今日のリンクはCNNが掲載しているアメリカの超肥満の推移の州別チャートだ。1985年からの推移なので22年間と云う比較的短い間にアメリカ人の肥満度がいかに急増しているのか驚かされる。ボールダーが所在するコロラド州は引き続きアメリカで一番 ...

[医学] 妊娠中の体重増加が推奨レベル未満であった肥満女性の妊娠転帰 ...
12万人以上の肥満妊婦の転帰を調査したところ、妊娠中に体重が全くまたは殆ど増えなかった肥満女性の妊娠転帰は良いと示唆されました。




小児 肥満外来をする前に

肥満外来はやせたい人におすすめ。理由ですが、ちょっと周りを見渡してみてください。あなたの周りに太っている人はいますか?イエスと答える人がほとんどでしょう。車の普及による運動不足、食生活の欧米化による高カロリー食。そういったさまざまな理由により、多くの人が肥満化しています。肥満でお悩みなら肥満外来にいってみてはいかがですか?肥満外来はやせたい人、やせなければならない人に是非行って欲しいところです。肥満の原因に栄養過多、ストレス、運動不足などがあります。肥満を解消するにはただやせれば良いという訳ではありません。肥満外来では綿密なカウンセリングや肥満チェックを通して、肥満の原因をみつけ、その人その人に合った治療をしています。肥満外来での治療は痩せることだけを目的としていません。肥満は患者のストレスが原因で起こる場合もあります。肥満外来では肥満度のチェックはもちろん、患者の悩み、生活習慣などあらゆる面からチェックし、その人に合った治療を進めていきます。肥満治療は食事療法、運動療法、行動療法が基本となっています。肥満はただ体型がカッコ悪いというだけのものではありません。肥満状態でいることは糖尿病や高血圧などさまざまな病気の原因を作っていることになります。肥満が気になったら、早めに肥満外来を訪れ、カウンセリングを受けることをオススメします。肥満は病気のもとであることをお忘れなく。


RSS関連リンク
断食月だけれど、肥満にご注意!
エジプトなどで、イスラム教のラマダン(断食月)期間中の信徒の肥満が問題視され、専門家がメディアを通じて食べ過ぎに注意を呼びかけている。日の出から日没まで一切の飲食が禁じられているため、日没後にたくさんの食事を一気に食べるのが原因の一 ...

肥満のままで糖尿病を改善へ 筑波大がマウス実験 朝日新聞 健康 医療 ...
肥満のままで糖尿病を改善へ 筑波大がマウス実験 肥満になっても脂肪の質を変化させれば糖尿病になりにくいことを、筑波大大学院の島野仁准教授(内分泌代謝学)らが動物実験で突き止めた。米医学誌ネイチャーメディシン(電子版)に発表した。 ...

[医学] エロンゲース・Elovl6欠損マウスは肥満になっても糖尿病には ...
脂肪酸の炭素鎖を長くする酵素・Elovl6を欠損したマウスの肝臓では脂肪の組成が変化して短鎖脂肪酸が増え、これらのマウスは肥満になってもインスリン抵抗性や糖尿病を発現しないと分かりました。




肥満外来に相談

肥満外来に相談。ダイエットグッズ、ダイエットドリンク、ダイエットに効果があるものはいろいろ試してみたけどいまいち効果がないなんてことありませんか?それならまず肥満外来に相談に行ってみてはいかがですか?ダイエットが流行っている今、世の中には誤った情報がたくさん発信されています。流行りのダイエットをあれこれ試すよりも、肥満外来を訪れ正しい方法で肥満解消することをオススメします。肥満はただ単に体重が多いということではありません。肥満は体脂肪が過剰に貯蔵蓄積した状態のことをいいます。肥満は糖尿病や高血圧の原因になったり、血管を詰まりやすくする原因となったりします。このように命に関わる病気を引き起こす原因となる肥満の治療のために肥満外来があります。肥満外来では、身長・体重の測定、ウエスト計測、問診、血圧測定、血液検査や腹部CT検査やMRI検査などを通して内臓脂肪・皮下脂肪をチェックをします。また、患者さんの生活習慣をチェックし、肥満治療について話し合い無理のない治療をすすめ、患者自身による生活習慣の改善をしていきます。治療を進めるにあたって患者の自己管理がとても重要となります。自分の体型が気になる、もっと痩せたい。そう願っている人はたくさん入ることでしょう。多くのダイエット商品や器具が溢れている今、どれがダイエットにいいのかわからず悩んでいる人も多いでしょう。間違ったダイエットをして体をこわす前に、まずは肥満外来に訪れてみてはいかがですか?


RSS関連リンク
メタボリックシンドロームの原因と肥満
メタボリックシンドロームは肥満が大きな原因のひとつです。肥満の問題は良くない生活習慣が多大な影響を与えていますが、たとえば食生活、睡眠、運動、ストレス、喫煙などの生活習慣や、有害物質などの摂取などが肥満の原因になります。 ...

女性1000人の7割が「肥満男性は損ヨ!」と回答について
男性専用エステサロン「ダンディハウス」を運営するシェイプアップハウスは「男の肥満」に関するアンケート調査を実施した。対象は20〜50代の働く女性1000名(各年代250名ずつ)。この結果、男性の肥満が「損」であることが浮き彫りになった。 ...

メタボリックシンドロームと肥満対策BMI値
メタボリックシンドロームの予防に肥満ですが、BMI(Body Mass Index)値という肥満指数を表す数値で肥満度を図ることが出来ます。 BMI値は25以上が肥満とされていますが、国によって少々肥満のスタンダードが変わります。以前も痩せすぎモデルのニュースで ...