ダイエット 筋トレ 食事

筋トレを行うダイエットに効果的な食事などについて。食事はダイエットで重要な要素です。筋トレ効果をアップする食品、栄養素などもありますので、その辺も考慮してメニューを決めていきましょう。
 

ダイエット 筋トレ プロテイン

ダイエットのために筋トレを行っている人も多いと思いますが、プロテインを一緒に摂取していくといいですよ。

筋トレを行うと筋肉量を増やすことが出来るので、痩せやすく太りにくい体質になっていくことが出来ます。
筋肉は脂肪を燃やす働きがありますから、筋肉量を増やしておくのは、ダイエットにとってもプラスです。
体も引き締まりますし、スタイルも変えていくことが出来ますよ。

そして、その筋肉を作る素がたんぱく質です。
肉や魚からの動物性のたんぱく質か、大豆からの植物性のたんぱく質を摂取していって、筋肉量を増やしていきましょう。
出来れば両方をバランスよく摂っていけるのが一番ですが、無理ならどちらかからでもいいです。

ただ、食事制限中だと肉や魚は食べにくかったりすることもあると思いますので、そういう時はプロテインを利用するといいですね。
プロテインはたんぱく質という意味ですし、効率よくたんぱく質の摂取をしていくことが出来ますよ。

プロテインを飲むと太るというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、それは単純に飲んでいる人のイメージの問題だと思います。
ムキムキのボディービルダーの人は確かにプロテインを飲んでいるかもしれませんが、それはその体になるためのトレーニングをしているからです。
トレーニング方法をダイエット用のものにしておけば、そうそう体格が変わったりしませんので安心していいと思いますよ。



ダイエット 筋トレ メニュー

ダイエット用の筋トレのメニューを考えているのでしたら、毎日同じ場所の筋トレは行わないようにしていきましょう。

例えば『全体の筋トレをそれぞれ5分ずつ毎日やる』よりは『1ヵ所に時間を掛けて毎日ローテーションさせていく』という方がいいそうです。

というのも、筋肉は一回使うとその後72時間は回復するための時間になります。
回復中に重ねて筋トレを行っていくと、怪我をすることになります。
それでも、毎日筋トレは行っていった方がいいですから、ローテーションでの筋トレメニューを考えていきましょう。

およそ、同じ場所は週に2回しか出来ませんので、特に引き締めたい所は2回出来るようなメニューにしていけるといいですね。

月曜は腹筋
火曜は足
水曜は背筋
木曜は胸
金曜は腹筋
土日や筋トレはお休み、もしくは有酸素運動

といった感じでもいいと思いますよ。
もちろん、もっと本格的な人にしっかりと筋トレメニューを考えていってもらった方が効果や効率も期待出来ますので、可能であれば相談してみるのもいいですね。

トレーナーがいるジムの体験コースを利用すれば、話を聞くことが出来るかもしれませんので試してみてはどうでしょうか。

筋トレも上手く行っていって、効率よく脂肪を燃やしていくようにしましょう。



ダイエット 筋トレ 毎日

ダイエット中の筋トレは毎日やった方がいいかというと、答えは「はい」ですね。

ただ、同じ場所の筋肉は毎日トレーニングしない方がいいです。
同じ場所ばかりやると、怪我をする可能性が高くなりますのでおすすめ出来ません。

筋肉は一度使うと、回復するのに3日間(72時間)必要になると言われています。
その間はしっかり休ませてあげるのが大切です。

ですので、3ヵ所以上の筋トレをローテーションで行っていって、毎日筋トレを行うのが理想だと言われています。

例えば、

月曜:お腹
火曜:足
水曜:背中
木曜:胸
金曜:腰
土曜;お腹・足のどちらか
日曜:休むか有酸素運動

のように、毎日違う場所の筋トレを行っていってみましょう。

特に鍛えたい場所(お腹をへこませたいならお腹、など)を週に2回出来るようにメニューを組むのもいいですね。

また、筋トレも正しいやり方、正しい姿勢で行っていくのが大切ですから、トレーニングを行う前は筋トレの動画やサイトを確認しておくようにしましょう。
可能ならスポーツジムなどで専門家の人に教えてもらうのもいいと思いますよ。

正しいトレーニングをして、上手く筋肉量を増やしていきましょう。