人事を一言で言及していくブログ

タイトルはダジャレじゃないです。

爪切りを使い始めたという話

先日、人生で初めて爪切りというものを購入した。これまでは爪が伸びたら道具を用いず別の爪で剥いていたのだが、このやり方だとどうしても深爪して血が出たりばい菌が入って痛くなったりすることが多くなる。なのでついに爪切りの導入に踏み切ったというわけだ。

使ってみた感想としては「パチンという音と共に爪が切れたときはかなり爽快感がある」という気持ちが一番強いな。こんなに爪切りが気持ちいいものだとは思わなかった。だがこれは利き手を使った場合に限る。反対の手でやると思うように切れなかったりするんだよなあ。このへんは慣れるしかないな。

この冬は五本指ソックスを使用することにした

過去に水虫を経験した身としては冬だからといって一日中靴下を履くような愚行は犯したくない。しかしそういった思いよりも寒いという直接的な刺激は勝るので、妥協策として五本指ソックスを用いることを決めた。

もちろん蒸れが全く無くなるというわけではないが、それでも普通の靴下を履くよりかははるかにマシだろう。ただ「履きにくい」という地味な面倒臭さがあるのがデメリットだなあ。一回あたりの面倒臭さは微量でも毎日ともなると結構なものになる。まあその辺は我慢するしかないよね。

全然暑さを感じない、むしろ寒いのになぜか脇汗をかく症状への対処法

寒いというのにやたらと脇汗をかく。元々汗をかきやすい体質だからといってこれは明らかにおかしい。というわけで治すべく色々と試してみた。

そして見事原因を発見したので一応ここに記しておく。それは足先が冷えていたこと。なぜ足先が冷えると脇汗をかくのかというメカニズムまではわからないが、少なくともこれが原因ということは明らかだ。

その証拠に脇汗が出てきたなというタイミングで靴下を履いてみるとピタっと汗は止まるのだ。足先は体温を最も効率良く変化させる部位なので、おそらく冷たくなることで体全体に何かしらの異常が発生したのだろう。

まあとにかく「寒いのに脇汗をかく」という人は試してみるといいだろう。

日用品にお金を支払うのはもったいないという感覚について

シャンプーとか洗顔料ってかなりコストパフォーマンスが良い商品のはずなんだけど、そういった実感ってあまりないよなあ。ついつい「値段が高い」とか考えてしまう。

たぶんこれって、「昔は自分で買っていたものではないから」というのが原因だと思う。子供の頃って親が買い揃えたシャンプーや洗顔料を使うわけで自分が金を払うわけではない。

その印象が大人になっても残った結果が冒頭に挙げた感覚だ。こう考えると辻褄が合う。やっぱり幼い時の記憶や感覚というのは長いこと引き継がれるものなんだなあ。

左足の異変について

最近、といってもここ1年程だが左足の様子がおかしい。どうおかしいのかというと、かゆみがもぐら叩きのように出たり引っ込んだりするのだ。

これでもまだ抽象的なので具体的な説明をば。例えば小指にかゆみが発生した場合、治すために薬を塗るわけだ。すると当然段々とかゆみはおさまっていく。しかし完治寸前になるとまた別の箇所でかゆみが発生するんだ。

後はこれの繰り返し。新たに出てきたかゆみが完治直前まで回復するとまた別の箇所が痒くなるっていうね。もぐら叩きみたいでしょ?生活に深刻な影響を与えるものではないから最低限の対応しかしていないけど、やっぱり皮膚科行ったほうがいいのかなあ。

靴紐はしっかり締めた方がトラブルが起きにくいらしい

今まで靴を履く時は脱ぎやすいようにある程度靴紐を緩めていたんだけれど、どうやら靴紐って毎回きっちりと締めるのが本当に正しい履き方みたいだね。

なんでも靴ずれを起こしたり履き心地が悪いとか言う人のほとんどが自分のように靴紐を緩めている人なんだとか。これ聞いた時は当たり前の事なんだろうけど「なるほど」って思ってしまったよ。

そして反対に履く時にきっちりと紐を締めていれば少しくらい靴のサイズが大きくても違和感を覚えにくいらしい。とはいってもブーツなんかの場合一回一回紐締めるのって面倒くさいよなあ。

人間だって動物なのだから冬眠くらいするだろう

季節如何に関わらず寒くなると冬眠してしまう動物がいるが、俺は彼らの気持ちがよくわかる。

というのも、毛布を必要とするくらい気温が下がってくると、たとえ眠くなくてもベッドに入り毛布に包まりたくなるんだ。

そしてそうやって暖かい、心地良い環境でじっとしていると次第に睡眠欲が強くなってくる。で、最終的に数時間程眠ってしまうというわけだ。これって睡眠時間に大きい差があるだけで本質的には冬眠と同じだよな。

寒くなるとこのような行動を起こす回数が上がることを考えると、やはり人間も動物なんだなあって思うよね。

蚊の素早さと吸血量は比例する

蚊もやはり人間同様お腹がいっぱいだと動きが鈍くなるんだね。

というのもこの間一匹の蚊に何箇所も刺されてとても不快な思いをしたので、部屋中見渡して件の一匹を探し回ったんだ。

するとやけに鈍重に飛ぶ蚊を見つけた。で、この時思ったんだよね「動きが鈍い蚊は血をたくさん吸っている」って。まあ当たり前のことだけど。

そして案の定退治したら手に自分の血がたくさん付いていた。推測が正しいと判明した瞬間だ。

で、ここから同時に速く動く蚊は血を全然吸っていないということも確定する。そういう奴を見つけたらそっとしておくとしよう。血を吸ってきたら話は別だが。

最近の銀だこについて

ついこの間値上がりしたばかりの銀だこがもう値下がりしたね。価格は8個550円っていう値上がり前と後の中間点。

自分の考えは、巷で言われている「たこ焼きはもっと安いもんだろ!」なんてものではない。マクドナルド・モスバーガー・フレッシュネスバーガーに価格差があるように「高いたこ焼き」があってもいいと思うから。

でも値上がりする際の言い分が、銀だこ自身が元々掲げていたモットー・方針と食い違うものだったからアホくさいなとは感じた。

それにしてもこうやって話題になっていると久しぶりに食べたくなってくるものだね。最後に食べたのは小学生の時だったからもう味忘れたよ。

ニュース番組のMCだからといって識者・知識人というわけではない

ずっと「ニュース番組でMCを務めている人は識者」という認識でいたのだが、実際そうでもないんだなあってことに最近気がついた。

政治関連のニュースを報道している時なんか顕著だ。「え?何言ってんの?」ってことを平気で口にするんだもんなあ。がっかりだよ。

まあ政治に関する事柄だと、局の方針上自分の意見とは違うことを言わないといけない時とかあるんだろうけど、その分を鑑みてもアホな発言が多い。

これに気がつくとニュース番組がなんかしょうもないものにしか見えなくなってくる。