ダイエット 運動

ダイエットの基本は食事制限と運動をすることです。そのダイエット中の運動についてや、効率のいいダイエット方法などについて書いていきます。
 

ダイエット 筋トレ

ダイエットを効率よく進めていきたいのでしたら、筋トレは行っていった方がいいですよ。
筋トレをすると、脂肪が燃えやすくなるので痩せやすくなります。

筋肉が脂肪を燃やす働きをする、というのは知っている人が多いのではないでしょうか。
つまり、筋肉量が増えていけば、痩せやすく、そして太りにくい体質になっていくことが出来るのです。
基礎代謝アップも期待出来るので、ダイエットの効率は良くなりますし、リバウンド対策にもなりますよ。

そして、運動中心でダイエットをしている人は、有酸素運動前に筋トレを行っていくのがおすすめです。
筋トレを行うと、成長ホルモンというホルモンが分泌されます。
そのホルモンは、体脂肪を分解する働きがあると言われていますので、有酸素運動前に筋トレを行うと効率よく脂肪を燃やしていくことが出来るのです。

筋トレだけ行っていっても体重を落としていくことは出来ませんが、ダイエット効果をアップすることは出来ます。
外出出来ない時や、運動をする時間が無い人は軽い筋トレを出来るだけ毎日行っていけるといいですね。

ただ、筋肉痛が起きている間は、筋肉が回復出来ていない状態ですから、同じ場所の筋トレは避けていきましょう。
筋肉痛がしなくなってから筋トレを行っていった方が、怪我をしないで済む可能性が高くなりますよ。



ダイエット方法

ダイエット方法も色々ありますが、基本は食事制限と運動になります。

食事制限の中に、炭水化物抜きダイエットがあったり、置き換えダイエット、朝バナナダイエットなどがあります。
そして運動は有酸素運動がメインにはなりますが、効率よく体重を落としていきやすくするために筋トレを取り入れたりもしますね。
有酸素運動の中にも、ウォーキング、ジョギング、水泳などと種類もあります。

どの方法を利用していっても、最終的に目標体重になれていれば、それでいいと思います。
ただ、自分の体に負担があるようなダイエット方法は選ばないようにしていきましょう。

怪我をしたり、体調を崩したり、心のバランスを崩すような方法だと、いくら目標体重になれても結果としては悪い方ですからね。
無理の無い範囲で、健康的に痩せていけるのが一番です。

短期間で痩せたいという人も多いと思いますし、短期間で痩せる方法もありますが、多少は長い目で見てじっくりダイエットに取り組んでいける方がいいと思いますよ。

ちなみに、なるべく体に負担が無い方法で短期間で痩せるのであれば、置き換えダイエットがおすすめです。
1食、もしくは2食をダイエット食品などの低カロリーのものにしていくことで、体重を落としていくことが出来ます。
ダイエット食品なら、栄養バランスも取れていますので、他の食事で足りなかった栄養補給もしていけますよ。

短期間での結果を望むなら2食がいいそうですから、朝と夜をダイエット食品に置き換えて様子を見てみてはどうでしょうか。
もちろん、昼食もなるべく低カロリーのものを意識しつつ、適度な運動も行っていけるとより効果が期待出来るはずですよ。



ダイエット 朝食

ダイエット中の朝食は食べても食べなくてもどちらでもいいと言われています。

大事なのは、一日の摂取カロリーを調整出来ているか、になります。

朝食を食べなければ、その分、昼や夜の選択肢に余裕が出てくるので、急に誘われても多少は気が楽になると思います。
朝食を食べたとしても、朝食べたものは昼間の内に消化されますので、夜の22時以降に行われる脂肪蓄積に影響はありません。

食べるか食べないかで迷うのであれば、ストレスの少ない方法を行っていきましょう。
ストレスを抱えると、食欲が増すと言われています。
食欲が増せば、食べる量は増えてしまいますし、我慢がよりつらくなってきます。
ダイエットに悪影響が出てきてしまいますので、なるべくストレスが無い状態でダイエットを進めていけるのが理想です。

食べても食べなくても、どちらでも問題無いのですから、時間に余裕があるのであれば食べていってみてはどうでしょうか。
そうすれば、日中も活動しやすくなりますし、昼食のドカ食いなども避けられるはずです。

食べてしまうことに不安を感じるなら、階段移動や一駅歩いたりして、運動量を増やしていけばカバーすることは出来ますよ。

ダイエットはすぐに効果を出そうとしないで、多少は長い目で見て、無理の無い範囲で行っていきましょう。