2006年05月24日

開平方(平方根の求め方)

 一般には「平方根を求めろ」と言われれば、電卓を叩けば済む。例えば572の平方根(2乗して572になる数)は
23.9165・・・
 さて、これを筆算で求めようとすればどうするか?
572=2×2×11×13
となるから、求める平方根は
2×(11の平方根)×(13の平方根)
 しかし、素数である1113の平方根は別途に求めなければならない。それなら572の平方根を直接求めるほうが早い。
 では、どのように計算するか?
参考:
第5章 無理数と無理式
 5.2 数の開平方
モノグラフ 式の計算
モノグラフ
式の計算

¥760
科学新興社
フォーラム・A
監修:矢野健太郎
著者:宮原 繁
続きを読む

differentia_zone at 09:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)数学 | 教科書にない!

2006年05月11日

教科書に誤表記・・・文部科学省のレベル低下

 おそらく、10年前だったら絶対に起こりえない失態だと思う。
教科書:中学校で使用の半数に誤り 文部科学省調査
 今年度から中学校で使われている教科書134点のうち、ほぼ半数の65点で計208カ所の誤りがあることが文部科学省の調査で分かった。誤りは全9教科16科目の教科書で見つかり、同省は「誤りがあってはならないだけに非常に残念。検定作業を一層慎重に行うとともに、出版社にもチェック体制を強化してもらう必要がある」と話している。
 こんな単純ミスが増えてきた事を考えても、技術大国日本が崩壊し始めているのではないだろうか。続きを読む

differentia_zone at 16:13|PermalinkComments(1)TrackBack(0)Opinions | 教育

2006年05月05日

金融再生から見た国民年金の矛盾

 1992年の銀行の利払い利息の支払総額は11兆4000億円だった。それが2001年には1兆2000億円。低金利によって銀行は年間10兆円を超える支出を削減したわけである。
三菱UFJ:公的資金、5月中にも完済へ 3メガバンク初
 三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)は、国から投入されていた公的資金を5月中にも完済する方針を固めた。国が公的資金の投入で取得した優先株を全額、市場に売却してもらう。公的資金の完済は、みずほFG、三井住友FGに先駆けて、3メガ銀行グループでは初めてになる。
 ゼロ金利の10年間で、銀行が減額した利払い利息の総額は約154兆円と言われている。一方で預金の引出/振込の手数料の値上げで6パーセント程度の収益増もあったのだから、公的資金の返済が未だに終わっていない方が怪訝しいくらいだ。
 そういえば・・・国民年金の受給総額は、納付金額の1.7倍程度との政府試算が発表されていたはず。これを銀行預金にした場合をシミュレートしてみた。続きを読む

differentia_zone at 05:59|PermalinkComments(1)TrackBack(0)Opinions | 記事

2006年05月03日

高速道路の渋滞を科学すると

 道路公団が民営化されたにも関わらず、計画された高速道路は全線建造という結果になった。基本的に「新規の道路は造らない」とした民営化当初の前提が壊れて、民営化そのものが疑問視されている訳だが・・・。
本当に大丈夫?第二東名建設=神奈川
 記事によれば支社長の言葉として「現東名高速は2004年に年間4700回の渋滞があり、1日10回以上の計算になり、解消は急務だ」とあるが、どこで起こった渋滞なのかが定かでない。神奈川県内においては東部の大和、横浜、川崎方面の渋滞が深刻で、大和以西海老名までの計画しかない現行の第二東名建設計画に何の意味があるのか私には分からない。
 高速道路の渋滞を検討するには待ち行列理論と言う考え方を用いる。中学や高校では待ち行列理論の名称すら聞かないだろうし、大学でもオペレーションズリサーチの専門分野でしか勉強する機会はないかも知れない。と言う事は、一般の人間では、高速道路で渋滞の発生するメカニズムに関する知識は持ち合わせていないのである。
 では、この支社長の言・・・正しく「渋滞を解消させる」ための検討を行った上での言葉かどうかを考えてみる。続きを読む

differentia_zone at 07:17|PermalinkComments(1)TrackBack(0)数学 | 教科書にない!

2006年05月02日

民事裁判の傍聴(その2)

 いくつか民事裁判を傍聴してみると、確かにトンデモナイ裁判官はいる。『民事裁判の傍聴(その1)』の時の裁判官のように不都合な申請に聞こえないフリをして一目散に逃げ去る裁判官もいたし、原告に対する態度と被告に対する態度が明らかに違う裁判官もいた。
橋下弁護士 テレビ出演で困ったイジメ!?
 今後の予定などを決める際、裁判官は彼に「これでいいかな?」と聞いて来るそうで、「はい」と答えるともう一度訊ねて来るのだとか・・・。結局彼が「いいとも!!」と言うまで、何度も訊いてくるのだそうですよ(笑)。楽しそうな職場ですが、こんな裁判官で大丈夫なのでしょうか(笑)?
 さすがに、これは話題作りのネタであって、こんな裁判官はいないと思いたいが・・・いたとしても今更驚く事ではない。続きを読む

differentia_zone at 02:17|PermalinkComments(3)TrackBack(0)社会 | 教科書にない!

2006年04月30日

戸塚ヨットスクールの教育論

 戸塚ヨットスクールと言えば、そのスパルタ方式の教育方針で問題児の更正を目指した私塾である。その過激なスパルタ方式にために入塾生から死者を出したり行方不明者を出したために、校長の責任を問われた事件である。
戸塚校長:刑期終え出所 「体罰は教育」と今後も活動
 厳しい体罰で訓練生4人が死亡した「戸塚ヨットスクール」事件で、傷害致死罪などに問われて実刑が確定、服役していた同スクールの戸塚宏校長(65)が29日、刑期を満了して静岡市葵区の静岡刑務所を出所した。戸塚校長は「体罰は教育」などと改めて独自の教育論を展開。スクールをはじめとする活動に今後もかかわっていくという。
 公立学校の教員採用試験では、面接の際に必ず「体罰をどう思いますか?」と質問される。これに対しての正解は決まっていて「どんな理由があっても、体罰はいけないと考えます」と解答しなければ、教員採用試験には通らない。と言う事は・・・仮に心の中でどう思っていたとしても、戸塚ヨットスクルール校長の「体罰は教育」論には、現役教員からの表向きの賛同者は絶対に得られない訳だ。
 そう言う意味では、戸塚宏校長の教育論は最初から孤立するしかないのだが・・・彼の主張にも一応の根拠はある。彼の教育方針により「更正した生徒は沢山いる」と言う事実である。続きを読む

differentia_zone at 16:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Opinions | 教育

ゆとり教育・・・愛国心を明示する意味?

 現在の教育基本法改正の論点は、条文に明示的に「愛国心」を表記するかどうかに絞られている。「愛国心」に人が拒否反応を覚える理由は、おそらく思想統一を危惧しているからだ。
教育基本法の改正案:「愛国心」などめぐり激しい論戦も
 政府は28日、「教育の憲法」と呼ばれ、戦後教育の基本方針となってきた教育基本法の改正案を閣議決定し、衆院に提出した。連休明けから始まる国会審議では、新たに盛り込まれた「愛国心」表記に関する条項が、教育現場に及ぼす影響などを巡り、激しい論戦が展開されそうだ。実現すれば、1947年の制定以来初めてとなる改正の行方を追った。
 100年ぶりに監獄法が改正され、この5月から施行されている。これまで各刑務所毎に対応がまちまちだった矯正教育が義務化され、そのプログラムにも統一の動きが出て来ている。
 思想統一という危惧が、あながち的を外してはいないのかも知れない。続きを読む

differentia_zone at 04:01|PermalinkComments(4)TrackBack(0)Opinions | 教育

2006年04月28日

ゆとり教育・・・知識偏重型教育の反動?

 学校教育の現場では、既に「ゆとり教育」とは悪の代名詞にようになっている。実際、ゆとり教育のもたらしたものでハッキリと結果に表れているのは学力の低下だけである。分数の計算のできない大学生・・・等も冗談や漫才ではないリアル世界の話らしい。
教育基本法改正案:現場置き去り論議、教師に賛否と不安
 教育基本法を59年前の制定以来初めて改正する法案が閣議決定した。「国を愛する心」の表記をめぐって法案を取りまとめた与党内でも論議があった。いじめ、学力低下、学級崩壊……。基本法は教育現場が抱える深刻な問題に影響を与えるのか。現場を置き去りにした論議に、各地の教師たちは、賛否と不安の声が入り交じっている。毎日新聞は改正案提出を機に、本支社を通じて各地の教師11人に同法への認識や改正の影響を聞いた。
 教育基本法の条文の中に「愛国心」を表記すれば、「分数の計算のできない大学生」を減らせるのだろうか? そんな訳が無いのは分かり切っている。(笑)
 根本的な問題は、教育基本法の条文の表記ではなく現場の運用の問題にある。今回の教育基本法改正等は、単なる看板の付け替え以上の意味はない。 続きを読む

differentia_zone at 03:11|PermalinkComments(2)TrackBack(0)Opinions | 教育

2006年04月27日

政治家の給料と退職金

 一般人の感覚からすれば、どんでもない金額の退職金である。
経済諮問会議:「知事の退職金高すぎ」 首相が返上促す
 27日の経済財政諮問会議で、小泉純一郎首相は「知事や市長の退職金が高すぎる。私も(退職金は)いらないから(知事や市長にも)あきらめてもらったらどうか」と、首長が率先して人件費削減に取り組むよう促した。
・・・<略>・・・
 与謝野馨経済財政担当相は「小泉首相は、1期4年で知事は4000万円、市長は2000万円をもらったりするのは異常な水準だとの認識を示した」と説明。5年務めた小泉首相の「退職金」は658万円となる。
 しかし、高すぎるのは退職金だけではない。年収ベースで考えると(2006年現在で)総理大臣が約4100万円、都道府県知事で約2000万円。都道府県知事の側からすれば、年収ベースの格差を埋めるために退職金を高く設定しているといえる。  是正しなければいけないとんでもない金額は他にも沢山ありそうだが?続きを読む

differentia_zone at 22:27|PermalinkComments(4)TrackBack(0)社会 | 教科書にない!

2006年04月22日

高松塚古墳・・・文化庁のレベル低下(4)

 文化庁の認識の低下は、想像を超えているらしい。(笑)
高松塚古墳壁画問題:「文化庁に公表進言」 辞意の渡辺座長、証言
 奈良県明日香村の高松塚古墳(7世紀末〜8世紀初め)で02年に起きた国宝壁画の損傷事故で、当時、東京文化財研究所(東文研)所長で補修を指示した渡辺明義・同古墳壁画恒久保存対策検討会座長が19日までに、毎日新聞の取材に対し、文化庁に損傷事故を発表するよう伝えたことを明らかにした。事故報告は当時の担当の美術学芸課長と文化財部長まで上がっていたとされており、文化庁が合議の上、損傷事故を公表しないと決めた可能性が出てきた。
・・・<略>・・・
 毎日新聞の取材に対し、当時、文化財部長だった木谷雅人・京都大副学長は「損傷のことは記憶にない」、担当の美術学芸課長だった湯山賢一・奈良国立博物館長は「文化庁の調査会で話すことになっており、今、お答えすることは何もない」と話している。
 高松塚古墳の壁画には多くの謎がある。まず、これらの壁画には故意に傷つけたとしか考えられない損傷がある。そして、東西南北にそれぞれ四聖獣(白虎、玄武、青龍、朱雀)が描かれているが朱雀だけがなく、天空を描いた星宿には北斗七星がない。精密に描かれているにも関わらず、何故そのような欠落があるのか?  埋葬者に関しても「石室の遺骨には頭蓋骨がなかった」という謎がある。続きを読む

differentia_zone at 04:45|PermalinkComments(6)TrackBack(0)社会 | 教科書にない!